新入社員のお勤め生活もいよいよあと少しで始まりますね。

新たな生活に不安も多い反面胸を躍らせる楽しみも

いっぱいあるのではないでしょうか?

 

その中の一つと言えばやっぱり新入社員として

働くからには「ボーナス」の存在が気になりますよね!

 

ボーナスと言えば単純に考えても給与とは別に貰えるもので

何に使おうかなど色々悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

 

今回はそんな新入社員のボーナスについてご紹介していきます!

 

年に二回あるボーナスはいつ頃貰えるの?平均は?

ボーナスの使い道でおすすめは何?など

新入社員の方にとっても役に立つ「ボーナス」について

お届けしたいと思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク





新入社員のボーナス、夏と冬と両方貰えるの?

ボーナスとは夏は前年10月~3月の勤務に対して

冬は4月~9月の勤務に対して支払われる事が多く

単純に考えると4月入社の新入社員は

夏のボーナスは対象ではない事になります。

 

しかし多くの企業では寸志として賞与を支給される

事が多いので満額とはいきませんが支給が期待できます。

 

しかしボーナスとはしっかりと労働基準法などで

定められているものではなく企業側として

必ずしも支給しなければいけないものではありません。

 

それでも企業側の業績や入社時の規定など契約内容も

関係してきますが多くの企業で新入社員へのボーナスが

支給される事を期待できるといえるでしょう。

 

しかし民間企業は業績次第によっては

支給額に増減があり業績悪化の場合には

ボーナス自体がなくなる事もあるようです。

 

公務員の場合も経済状況にもよりますが

夏のボーナスは4月~6月までの2ヶ月分として支給され

冬は満額のボーナスが支給されます。

 

<夏のボーナス>

民間企業:6月下旬~7月上旬

公務員:6月30日頃

 

<冬のボーナス>

民間企業:12月上旬~中旬

公務員:12月10日頃



スポンサーリンク




関連記事:新入社員の歓迎会での服装!女性・男性別に詳しく解説!

新入社員のボーナス、夏と冬の平均は?

支給されるとすれば気になるのはその金額ですよね。

新入社員のボーナスの平均額はどうなっているのでしょうか?

 

公務員と民間企業では少し変わってくるので

ここではそれぞれをご紹介したいと思います。

 

公務員のボーナス平均額は?

公務員のボーナス支給額は経済状況で

年度ごとに変わっていきます。

 

人事院という機関で公務員の給与は定められており

そちらのボーナス支給割合から平均額は

夏が87000円~107000円前後

冬が314000円~384000円前後となります。

 

地域により差はあるかと思いますが上記が

新入社員の公務員ボーナスの平均額と言われます。

 

上と下の開きとしては最終学歴が高校卒業か

大学卒業かでの支給額の違いのようです。

 

民間企業のボーナス平均額は?

民間企業の場合は職種や経営状況が大きく影響し

算出方法も変わってくるかと思います。

 

業績が良い場合上乗せされたボーナスも

期待できるという事ですね!

 

しかし新入社員に関しては寸志として一律というケースも

少なくないので夏は「期待せずもらえたらいいな!」位の

気持ちでいた方が良いかもしれませんね。

 

夏のボーナスの場合労働組合のある企業では

基本月給の半額~1ヶ月分を

支給されるケースが多いとされています。

 

平均額としては

夏は上場企業で90000円前後

中小企業で50000円~80000円前後

 

冬は上場企業で180000円~360000円前後

中小企業で100000円~320000円前後となります。



スポンサーリンク




関連記事:新入社員の挨拶の例文!一言や歓迎会など場面別に解説!

新入社員のボーナスの使い道でおすすめは?

待ちに待ったボーナスを支給されたら

皆さんは何に使おうと思っていますか?

 

新入社員のボーナスの使い道として多いケースや

使い道としてのおすすめをご紹介していきます。

 

昔は年々ボーナスが増える事は当たり前であった事から

ブランド品や豪華な旅行などで使い切ってしまう方も

多かったですが現代では少し風習が変わってきています。

 

奨学金の返済や貯金

社会人は冠婚葬祭など急な出費が増え

入社2年目からは住民税など引かれる額も

大きくなっていくのである程度の貯蓄は

ボーナスの使い道として最適と言えるでしょう。

 

また奨学金の返済として苦しむ新社会人が多い事から

ボーナスを奨学金の返済に当てる方も増えているようです。

 

親御さんへのプレゼント

「育ててくれてありがとう」

社会人になって初めてここまで育てるために親御さんが

どれほど大変だったかに気付く方もいるのではないでしょうか?

 

そんな感謝を込めてボーナスで親御さんへ

プレゼントを贈る事がおすすめです。

 

家族での旅行や形に残るものなどそんなに高価な物でなくても

喜んでくれること間違いありません。

 

一生の思い出に残る品としてお父様お母様の

名前を入れたペアグラスはどうでしょうか?

 

こちらの商品はしっとりとした飴色が特徴の

ずっと使って貰う事が出来る湯飲み茶わんです。

鮮やかな金色文字仕上げで高級感たっぷり!

 

漆塗りのような艶と深みがあり喜んでもらえる事間違いなしです!

 

自分へのご褒美

頑張った自分へのご褒美に使うのもおすすめです。

 

ボーナスは会社側があなたへの頑張りを評価した

賞与になるので自分の為に使い明日からの

頑張りに繋げるのも立派なボーナスの使い道です。

 

ちょっと豪勢な旅行やブランド品など

今までのちょっとした夢をかなえるのはどうでしょうか?

 

ちなみに私は初めてのボーナスでブランド品の

財布を買いましたがやっぱりお値段が高いだけあって

長く使え社会人としての気品も備わり大満足の買い物でした。

 

長く使えるものだから飽きのこないシンプルな

デザインで必要性のあるものがおすすめです。

 

こちらのキーケースは誰がどんなスタイルで

持っていてもかっこよく使い勝手もとてもいいです!

 

プレゼントとしても喜ばれる商品ですが

せっかくの初ボーナスで自分へのプレゼントに

してみるのはどうでしょうか?

 

一年通して活躍してくれる電化製品もおすすめ!

 

こちらの商品は皆さんご存知のダイソン扇風機ですが

夏はお部屋を涼しく冬は温めてくれるだけでなく

空気清浄機としての機能も備わっています。

 

面倒なお手入れも簡単に行う事が出来るので

特に1人暮らしの方は一つ持っていると

一石三鳥で活躍してくれますよ。

 

見た目もスタイリッシュでとってもオシャレ!

お部屋に人を呼んだ時にも素敵な印象を与えてくれます。



スポンサーリンク




関連記事:新入社員の残業時間の平均は?試用期間中も残業代は出るの?

最後に

今回は新入社員のボーナスについてご紹介しました。

夏や冬の平均額は参考になりましたでしょうか?

 

就職される職種や契約内容により違いはあるかと思いますが

4月に入社したばかりの新入社員にも夏のボーナスを

支給してもらえるとなるとやる気も違いますね。

 

どんな使い道にするかをあらかじめ考えておいて

無駄使いを減らし有意義に使って下さい。

 

私は初月給で親へのプレゼント、初ボーナスで

自分へのプレゼントを購入し有意義に使えたと思っていますが

最近の子が使い道として選ぶ「貯金」という考えは

恥ずかしながら全くなかったです・・

 

時代と共にしっかりした方が増えて

きているのは、とてもすごい事ですよね!

 

しかし少額だけでも親御さんへの感謝を形にしたり

自分へのご褒美にしたりとした使い道もいいものですよ。

 

新入社員としてもらうボーナスは格別なものになるかと

思いますのでぜひ素敵な使い道を選んでくださいね。



スポンサーリンク