夏になると紫外線が強くなり、

出かけるときには入念にお手入れをして気をつけているという方は多いと思います。

しかし、油断しがちなのが春の紫外線対策です。

実は春こそ紫外線を侮ってはいけないということをご存じでしょうか。

 

日差しはあるけれど、まだ涼しい風が気持ちいい季節だからと言って、

紫外線をあまり気にせずにいると大変なことになってしまいます。

 

春の紫外線量は、夏に負けずと劣らない程の強い力をもっているのです。

寒い冬が過ぎてお出かけが楽しくなる季節ですが、

十分に紫外線対策をしてお出かけしましょう。

 

今回は、春の紫外線量や気をつけるべき時間帯、対策について詳しく解説していきます。



スポンサーリンク





春の紫外線は侮れない!気をつけるべき時間帯は?

春は暖かい日差しが降り注ぎ、外出するのが楽しくなる季節ですよね。

しかも真夏のような照りつける日差しではないため、

ついつい紫外線対策を怠ってしまいがちです。

 

しかし、春は紫外線量が急激に増える時期でもあるのです。

そのため少しの外出時間でも、お肌に気をつかって紫外線対策をする必要があります。

 

冬服だと隠れていた腕や首回りも、

春になると服装も薄手になり自然と露出されてしまいがちです。

気づかないうちに、紫外線をたくさん浴びていることになっているのです。

 

また、紫外線は日差しが隠れていると思っていても、注意が必要です。

紫外線量が最も多いのは7,8月とされていますが、

4月~6月もそれとほとんど変わらないくらい紫外線量は多いのです。

つまり1年のうちの半分程は紫外線に気をつけなければいけないというわけですが、

1日の中でも時間帯によって紫外線量は変わってきます。

 

紫外線の強い時間帯としては、正午前後の10時~14時が最も多いとされており、

この時間帯で実に1日に降り注ぐ紫外線量の50%以上を占めています。

10時~14時の外出時には、特に紫外線対策に気を配る必要があるということです。



スポンサーリンク




関連記事:帽子で髪型が崩れる!髪がぺちゃんこにならない方法!

春の紫外線量は夏よりも多い?

紫外線には種類があるということをご存じでしょうか。

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があり、

この2つの紫外線にはそれぞれ特徴があり、季節によってピークも違ってきます。

 

一般的に日焼けの原因とされている夏の強い日差しに多く含まれているのが、UV-Bです。

UV-Bは全部の紫外線量の約5%を占めています。

UV-Bの特徴は、エネルギーが強く肌の表面にダメージを与え、

火傷のように肌が赤くなったり、黒くなったりする原因になります。

ですから、肌の表面が日焼けするのが特徴で、奥まで入り込んでくることはありません。

 

しかし、春の紫外線は夏の紫外線と特徴が異なります。

春の紫外線量でピークを迎えるのが、UV-Aです。

 

UV-Aはエネルギー自体はUV-Bより弱いのですが、肌の奥まで浸透し、

コラーゲンなどを作る細胞組織を破壊してしまうため、

しみやたるみ、乾燥の原因になります。

 

皮膚の表面に受けるダメージが少ないのであまり実害を感じることはありませんが、

知らず知らずの内に美容の敵となり、肌の老化を進める原因になってしまうのです。

春先に肌のトラブルが増えてくる原因は、

このような紫外線によるダメージの蓄積であることが考えられますので、

春こそ紫外線対策を十分に行うことをおすすめします。



スポンサーリンク




関連記事:新入社員のボーナス、夏と冬の平均は?使い道でおすすめは?

春の紫外線対策をご紹介!

紫外線対策と言っても、一体何をすればいいのでしょうか。

日焼け止めクリームを頻回に塗るというのも有効な方法ですが、

家事や仕事で忙しい中1日に何度も丁寧に塗り直すというのは

時間も労力もかかってしまいます。

ここからは、誰でも簡単にできる紫外線対策をご紹介していきます。

 

まずは、紫外線量の多い時間帯の外出はなるべく避けるという方法です。

これだけでかなりの紫外線対策になります。

 

10時~14時の時間帯は最も紫外線量が多いため、

その時間帯は掃除や洗濯などの室内での時間に当て、

買い物などの外出は朝や夕方以降の時間帯をおすすめします。

 

紫外線対策のアイテムとしては、つばつきの帽子やサングラス、ストールなどです。

日傘も良いのですが、小さい子供と一緒に外出している際や、買い物の場合には、

両手が使える方が便利ですよね。

帽子のつばはなるべく広いものが良いでしょう。

 

つば広帽子

取り外せるフェイスカバーとセットで購入できるので、日差しの強い日でも安心です。

約13cmの長いつばが紫外線から守ってくれます。

面ファスナーで簡単に取り付けができるので、

ボタンを調整するだけでシーンに応じたカバーができます。

 

さらに、フェイスカバーの後ろ側に保冷剤を入れることができるポケットもあるので、

暑い日でもひんやり気持ち良くお出かけすることができますよ。

 

 

また、サングラスの使用で、目に入る紫外線も防ぐ方法もあります。

首回りや胸元、背中のラインも見落としがちな日焼け部分ですので注意しましょう。

このような部分は、皮膚トラブルが起こると目立ちやすい部分でもありますので、

日頃から意識してケアする必要があります。

 

春先は、まだ少し肌寒い時期でもありますから、

ストールで首回りをオシャレに着飾りながら紫外線対策も行うのがおすすめです。

 

アームカバーロング丈 手のマスク

紫外線を90%以上遮断し、肩口までカバーしてくれるので、

紫外線対策にはばっちりの手袋です。

春先のまだ少し肌寒い季節にはピッタリです。

縫い目無しの一体形成により、優れた通気性が実現しました。

 

汗のべた付きも抑えてくれるので、車や自転車の運転にも使用できます。

指先が出ているので、スマートフォンを使用する際にも、わざわざ脱ぐ必要が無いのです。

肌に触れる面の繊維には、天然保湿成分のコラーゲン、アミノ酸が含まれており、

肌の乾燥を防ぎ、さらに潤いを保持させてくれます。

 

 

そして、日焼け止めの選び方にもポイントがあります。

日焼け止めにはSPFとPAという指数があるのですが、

それぞれSPFはUV-B、PAがUV-Aへの防止効果があります。

春に注意するべき紫外線はPAなので、

使用する日焼け止めはSPFがあまり高くないもので問題ありません。

 

SPFの値が高ければ高い程紫外線対策への効果は大きいのですが、

それだけ皮膚への刺激も強いということになります。

低いSPFでも十分春の紫外線のUV-Bは防ぐことができますので、安心してください。

 

春の紫外線対策でのおすすめは、スプレータイプの日焼け止めです。

顔に使用できるものであれば、メイクの上からでも使用できるので、

仕事や家事の合間にもサッと塗ることができます。

 

また、日焼け止めの使用と同時に行ってほしいのが保湿ケアです。

春の暖かさを感じるとは言え、まだまだ乾燥の季節は終わりません。

紫外線から肌を守るためには、潤いを保持することも大切なのです。

日焼け止めの使用と同時に保湿も行うことで、

肌の奥まで水分を補い、肌を守ることができます。

 

日焼け止めスプレー リベルタ サンスクリーンスプレーライオス

髪やメイクの上からもシュッと一吹きできるUVスプレーです。

ノンアルコール、ノンパラベン、無着色、無鉱物油なので、

小さいお子さんでも安心して使用することができます。

素肌へのつけ心地も良く、なめらかで付けたあとも白くならないのが特徴です。

忙しい朝でもサッとつけることができ、紫外線をガードしてくれます。



スポンサーリンク




関連記事:北枕で寝てはいけない理由は?北枕で寝るとどうなる?

最後に

春の紫外線は、私たちの身体にジワジワと影響を及ぼしていきます。

真夏の紫外線にはもちろん十分な注意が必要ですが、

春先の暖かい日差しにも気をつけなければなりません。

 

若いうちにはあまり気にならなかったしわやシミ、たるみが、

年を重ねる毎に過去に受けた紫外線が影響で皮膚トラブルの原因になっていくのです。

後悔しないように、いまから簡単にできる紫外線対策を心掛けてください。

 

春のポカポカ陽気が気持ち良いからといって油断は禁物です。

ぜひ、参考にしてみてください。