一昔前までは水道水で喉を潤すことが当たり前でしたが、

衛生面、健康面などさまざまな理由から

ミネラルウォーターを買ったり、ウォーターサーバーを設置したりする人も増えています。

 

そんな中、ミネラルウォーターの売り場で必ず見かけるのが、

今回のメインでもある「クリタルカイザー」です。

飲んだことがあるという方も多いでしょうが、

クリタルカイザーが軟水なのか硬水なのか、意識したことはありますか?

 

また、実はクリスタルカイザーには水源が2つあるというのをご存知でしたでしょうか。

水源?そんなのどうでも良いよ、と思ったかもしれませんが、

その水源によって含まれているミネラルの量が変わってくるのです。

そうなれば、俄然話も変わってきますよね。

 

今回は、有名ミネラルウォーターブランドのクリタルカイザーについて、

水源による硬度の違い、そして見分け方について解説していきます。



スポンサーリンク





軟水・硬水とは?硬度によるそれぞれの特徴を押さえておこう!

そもそも硬度とは、

水に含まれるカルシウム濃度とマグネシウム濃度によって表される指標のことで、

WHOの定義によると軟水は硬度120mg/L以下、

それ以上の硬度になるとを硬水と呼ぶとしています。

 

ただ、一般的にはその中央に中硬水という中間値を設けて、

硬度100mg/L以下を軟水とし、硬度101~300mg/Lを中硬水、

301mg/L以上を硬水と呼んでいます。

 

軟水と硬水はカルシウムとマグネシウムの濃度が若干異なるだけの違いなのですが、

実際に飲んでみると、多くの人が口当たりや味の違いを感じるでしょう。

一般的には軟水の方が柔らかい口当たりで飲み下しやすく、

硬水はやや苦みを感じ、口当たりも重くなります。

 

日本の水道水が軟水ということもあり、

日本人は軟水のミネラルウォーターの方が飲みやすいと感じる方が多いです。

実際、日本のメーカーが販売しているミネラルウォーターは、ほとんどが軟水です。

 

一方、海外メーカーのミネラルウォーターは硬水であることも多いです。

日本のミネラルウォーターと飲み比べてみると、

その違いが分かりやすいと思います。

 

日本人にとっては少し飲みにくい硬水ですが、

軟水では得られないメリットもたくさんあります。

 

1つは、含まれるミネラルの多さです。

例えば運動をして失われたミネラルを補給するにはうってつけですし、

食事制限などをしているときにも、不足しがちなミネラルを補給できます。

便秘改善効果などもあり、軟水と比べて健康効果が高いのが硬水の特徴になります。

 

逆に、赤ちゃんやお年寄りなど、ミネラルの吸収・排泄機能がうまく働いていない場合は、

吸収されなかったミネラルが腸を刺激して下痢などの症状を引き起こす恐れがあります。

酷い場合には脱水になり、体力も一気に奪われてしまいますので、注意が必要です。



スポンサーリンク




クリスタルカイザーの硬度は軟水・硬水どっち?シャスタ産・オランチャ産で違う?

それでは、クリタルカイザーの硬度に話題を移しましょう。

 

まず、私たちが手に取ることができるクリタルカイザーは、

正規輸入品と並行輸入品の2種類があります。

 

前者の正規輸入品は、アメリカカリフォルニア州のマウントシャスタが水源のもので、

日本では大塚ホールディングス傘下の大塚食品が輸入販売を行っています。

スーパーや薬局などで見かけるのは、こちらのクリタルカイザーになります。

 

クリタルカイザー シャスタ産

シャスタ産のクリタルカイザーを正規輸入している国内唯一の企業が、大塚食品です。

マウントシャスタのわき水を直接ボトリングすることで新鮮さや純粋さを保ち、

衛生面での安全性も確かな信頼できる商品です。

赤ちゃんのミルク作りなどにも、安心してご利用いただけます。

2ケース単位で購入すると送料が無料になるので、

まとめて買うのがよりお得ですよ。

 

一方、ネットショップなどを中心に販売されているのが、

アメリカカリフォルニア州のオランチャが水源のものになります。

 

クリタルカイザー オランチャ産

こちらは並行輸入品のオランチャ産クリタルカイザーです。

500ml24本で1100円という破格の価格というのが、オランチャ産の特徴ですね。

毎日たくさん水を飲むという人には、

コストパフォーマンスに優れたオランチャ産がおすすめです。

 

 

ちなみに硬度はそれぞれ、シャスタ産が38mg/L、オランチャ産が67mg/Lと

先ほどの定義で見るとどちらも軟水ということになります。

日本の水道水の平均硬度はだいたい50mg/Lくらいなので、

口当たりとしてはほとんど遜色がないと言えるでしょう。

 

ちなみに、シャスタ産はオランチャ産に比べると硬度が低いですが、

バナジウムという天然ミネラルが微量含まれています。

バナジウムには血糖を下げる作用やコレステロールの沈着を防ぐ作用があります。

 

また、シャスタ産は正規輸入品ということで、

オランチャ産に比べて若干価格が高くなっています。

コスパを重視するなら、オランチャ産のクリタルカイザーを購入すると良いでしょう。

 

しかし、その分シャスタ産は衛生面での検査体制がかなり厳格なので、

品質の安定さは非常に高いと言えるでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:缶ジュースの賞味期限の表示や見方!1年・2年過ぎても飲める?

クリスタルカイザーのシャスタ産・オランチャ産の見分け方を紹介!

シャスタ産・オランチャ産と、クリタルカイザーには2種類あることを紹介しました。

とは言え微妙に成分が異なるものの、軟水であることには変わりありません。

ただ、同じ名前で2つの商品があると、比べたくなるのが人間です。

 

ここからは、シャスタ差とオランチャ産の違いについてもう少し掘り下げていきます。

 

まず、一番はっきりと見分けられるのが、キャップの色です。

基本的に、正規輸入品であるシャスタ産のクリタルカイザーのキャップは青色です。

一方、オランチャ産のクリタルカイザーのキャップは白色になっています。

これなら、一目見れば見分けがつくでしょう。

 

また、価格を見るという方法もあります。

オランチャ産の方が安く販売されていることが多いので、

同じ量で価格が違うものを見た場合には、基本的に安い方がオランチャ産と言えます。

 

最後はマニアックな方法ですが、味の違いです。

シャスタ産・オランチャ産はそれぞれ硬度が38mg/L・67mg/Lなので、

口当たりが若干異なります。

 

さらに詳しく成分を比べてみると、

シャスタ産はカルシウムが6.4mg/L、マグネシウムが5.4mg/Lで、

オランチャ産はカルシウムが22.4mg/L、マグネシウムが2.7mg/Lとなっています。

 

人間の味覚はカルシウムを甘くまろやかに、マグネシウムを苦く硬く感じるので、

オランチャ産の方が甘く、シャスタ産の方が苦く感じるはずということですね。

 

しかし、日本人にはシャスタ産のクリタルカイザーが人気です。

その理由は、硬度ではなくpHが関係していると考えられています。

実はミネラルウォーターは水源が異なると、硬度の他にpHも異なるのです。

 

具体的にはシャスタ産はpH=7.6、オランチャ産のpHは6.3~7程度とされています。

日本で販売されているミネラルウォーターの多くは中性~アルカリ性なので、

pHがちょうど良いシャスタ産の方が飲みやすい口当たりになっているのでしょう。

 

気になった方は、ぜひ飲み比べてみてください。



スポンサーリンク




関連記事:風水で寝室のベッドの位置や向きはどうすればいい?ベッドカバーの色は?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段何気なく口にするクリタルカイザーも、

硬度や水源に目を向けてみると新鮮ですよね。

 

ただシャスタ産でもオランチャ産でもクリタルカイザーは軟水なので、

日本人の口には合いやすいかと思います。

バナジウムの健康効果を期待するならシャスタ産、

コストパフォーマンスを重視するならオランチャ産という選び方がおすすめです。



スポンサーリンク