太陽が燦々と降り注ぐ、8月。

8月の風物詩といえば何が思い浮かびますか?

 

「暑い、暑い、暑い、とにかく暑い!」

 

確かにその通りですが、それだけで8月を終わらせてしまってはもったいない!

実は8月には、日本が誇るべき風情ある食べ物や行事がたくさんあるのです。

 

その行事にちなんだ「行事食」と

呼ばれているものもとても奥深くて趣があります。

 

今回は、そんな8月の行事食や風物詩、

8月といえば?で思い浮かぶ食べ物や

行事などを紹介していきたいと思います。

 

きっと、日本の夏をもっと好きになるはずですよ。



スポンサーリンク





8月の風物詩、行事といえば何がある?

とにかく暑い、8月。

 

ここのところ、年々暑さが酷くなっているような気もしますよね?

そんな、暑さに埋もれてしまいがちな8月ではありますが、

実は8月には様々な行事があるってご存知でしたか?

 

まずは、8月の風物詩とも言える

行事やイベントなどを見ていきましょう。

 

8月の風物詩の行事といえば、立秋

毎年8月8日前後にあたるこの時期は二十四節季では「立秋」とされて、

季節が夏から秋へと変わり始める時期と言われています。

 

暦の上では秋となり、この日以降に夏のお便りなどを出す場合は

「残暑お見舞い」として出すことになりますよね。

 

8月上旬というと感覚的には「まだまだ夏真っ盛り」

ではあるかもしれませんが、少し注意して空を見てみてください。

 

巻き雲と呼ばれる秋の雲を見つけることが出来るかもしれません。

「暑さも、もうひと頑張り!」そんな知らせをくれる

大事な行事のひとつなのです。

 

8月の風物詩の行事といえば、お盆

地域によって様々なイベントなどが

開催されるお盆は、8月の風物詩ですよね

先祖の霊を祀る大きな行事のひとつになります。

 

一般的に多くの地域は8月13日~16日がお盆時期とされていて、

13日は迎え盆、16日は送り盆になります。

 

精霊馬と言って、きゅうりやナスに割り箸をさしたものを飾ったり、

盆踊りが開催されたりする地域もありますよね。

盆踊りも8月の風物詩のひとつでもあります。

 

また、灯篭(とうろう)に火を灯して、お供え物と共に川や海などに流す

「灯篭流し」を行う地域や、京都では「大文字焼き」が行われることでも有名です。

 

会社がお休みになることもあり、帰省したり行楽地へ出掛けたりで

お盆時期は、毎年あっという間に終わってしまいますよね。

 

ですが、たまには「お盆」の由来やその意味などを、見直しながら過ごすのも

いいかもしれませんよね。

 

8月の風物詩の行事といえば、花火大会

夏の夜といえば花火大会!

8月は全国各地で花火大会が行われますよね。

 

「ヒュ~、ドドン!」

 

花火のこの音はまさに8月の風物詩。

「日本の夏だ!」などと、思います。

我が家の近所でも8月にはあちこちで花火大会が行われます。

 

ベランダから眺めることも出来るのですが、

実は我が家の愛犬がこの花火の音が大嫌いで

毎年8月のこの時期は、花火の音を怖がって

パニック状態になってしまう為

花火をゆっくり楽しむことが出来ないのです。

 

「花火の音と怖がる愛犬」それがある意味

我が家の8月の風物詩となっています。

 

8月の風物詩の行事といえば、夏祭り

花火と同様に夏祭りも、8月の風物詩とも言える代表的な行事で

各地で様々なお祭りが行われますよね。

代表的なもので言うと

 

京都の祇園祭

大阪の天神祭

青森のねぶた祭り

秋田竿燈まつり

仙台の七夕まつり

 

などがあります。

 

いつか一度は行ってみたい有名なお祭りばかり!

「浴衣を着てお祭りへ行く」それだけでワクワク

してしまいますよね。

 

8月の風物詩の行事といえば、甲子園

8月の風物詩といえば?と聞かれて、「甲子園」と答える方も

意外と多くいるそうです。

 

確かに、炎天下の中で汗と涙を

拭いながら戦う球児のあの姿は心を打たれます。

まさに日本の夏、これぞ8月の風物詩!

とも言えるかもしれませんよね。

 

テレビやラジオなどから聞こえてくる「ウ~~」というサイレンのような音や

「カキ~ン」と金属バットが鳴る音などから夏や8月を連想する人も多いようですよ。

 

様々な記念日にちなんだ行事が多いのも、8月の風物詩

実は8月は記念日などが多い月だってご存知でしたか?

 

それに伴い様々な行事やイベントが行われているようです。

どんな記念日あるのか見ていきましょう!

 

・8月6日 広島原爆の日

・8月9日 長崎原爆の日

・8月10日 道の日

・8月11日 山の日

・8月15日 終戦記念日

・8月29日 焼肉の日

 

などになります。

 

8月6日の広島原爆の日には毎年平和公園で追悼の行事が

行われていますよね。

テレビなどでもよく中継されています。

 

また、この日の夜には世界の平和を願い灯篭流しなどの

行事も行われているようです。

改めて平和の大切さを考えさせられますよね。

 

そして、8月29日が焼肉の日だったとは知りませんでした!

8=焼き、29=肉で、焼肉。

1993年に全国焼肉協会によって制定されたそうです。



スポンサーリンク




8月の風物詩、食べ物には何がある?

暑くてちょっと食欲も減退しがちな、8月。

だけど実は、8月ならではの

美味しい食べ物もたくさんありますよ。

 

そこで、8月の風物詩とも言える

美味しい食べ物を紹介していきたいと思います。

食欲、グングンわいてくるはずですよ!

 

8月の風物詩の食べ物、定番といえばコレ!

8月の風物詩の食べ物。

暑い夏だからこその食べ物といえば

 

「そうめん、冷や麦、冷やし中華」

 

夏を代表する、8月の風物詩3トップと

言っても過言ではないかもしれません。

 

一時、歌でも流行りましたが、中華屋さんのメニューや看板などで

「冷やし中華はじめました」と書かれているのを見ると

「8月だな」と思いますよね、まさに8月の風物詩です。

 

また、夏といえばそうめんも定番で

風物詩としてすっかり定着していますが、

そうめんって普段どのように食べてらっしゃいますか?

 

ネギや海苔などの薬味だけだと

少し栄養面に不安があったりもしませんか?

そこでおすすめなのが、そぼろそうめん!

 

ひき肉(鶏でも豚でも合挽でもなんでもOK)と

みじん切りにした玉ねぎ、ピーマン、なすなど

家の冷蔵庫にある野菜と炒めてそうめんと一緒に頂きます。

 

栄養価がグッと上がるうえに細いそうめんにそぼろや野菜が絡まって

とっても美味しいですよ。

夏休のランチにはピッタリ!

ぜひ試してみてくださいね。

 

8月の風物詩の食べ物、果物や野菜といえばコレ!

8月に旬を迎える野菜や果物もたくさんありますよね!

食欲がなくてもジューシーな果物なら頂けたりもします。

 

そんな8月に旬を迎える野菜や果物を見ていきましょう!

 

すいか、もも、ぶどう、トマト、

枝豆、とうもろこし、ゴーヤ、かぼちゃ

みょうが、オクラ、にんにく

 

などなど、「これぞ、夏の風物詩!」ですよね。

 

特に8月といえばすいか!

海水浴などで、すいか割を楽しんだり、バーベキューなどでは川ですいかを

冷やして食べることも多いかもしれません。

 

また、暑い夏にはビールと枝豆!

お父さん達が大好きな夏の定番の風物詩になりますが、

枝豆の豆知識を少しご紹介!

 

枝豆にはメチオニン、ビタミンB1、ビタミンCが

含まれていて、アルコールの分解や肝機能の働きを助けてくれる栄養素が

含まれているそうです。

 

なので、ビールに枝豆は理にかなった最高の組み合わせになるそう。

美味しい茹で方のポイントとしては

 

少なめの水で茹でる

塩の量は水の約4%(水1リットルなら塩40グラム)

固めに茹でる

茹でたらすぐ水に浸ける(浸けすぎには注意)

 

などになるようです。

 

今年の8月は美味しい枝豆「だだちゃ豆」は

いかがでしょうか!

 

 

だだちゃ豆を作り続けて40年、

富樫農園の最高峰のだだ茶豆です!

 

枝豆の中でも、だだちゃ豆は特に美味しいと言われていますよね!

甘くて香りがとっても豊か。

 

独特な旨味と香りのこもった、だだちゃ豆!

今年の8月にぜひ堪能してみてください。

 

8月の風物詩、お父さんと枝豆とビール!

美味しい晩酌セットを用意してあげてくださいね。

 

そして、8月の風物詩の果物からもうひとつ!

美味しい桃、黄桃の予約がスタートしていますよ!

 

 

あの、さくらんぼの佐藤錦発症の地、

山形県東根市からの直送です!

 

弾力のある果肉と濃厚な味が特徴のこの黄桃は

「マンゴーのようなロピカルな味わい」

と、評されているそうです。

 

黄桃ってなかなかスーパーなどでは見かけないですよね、

白桃とは一味違う夏の風物詩をぜひ味わってみてくださいね。

 

8月の風物詩の食べ物、魚といえばコレ!

8月の風物詩の食べ物、多くの魚などの海産物も旬を迎えるようです。

「8月といえば魚」と言っても過言ではないくらいのようですよ。

 

具体的には、

 

鮎、うなぎ、あなご、いわし、かじきまぐろ

かます、かんぱち、きす、かわはぎ、すずき

あわび、ウニ、車海老、昆布

 

などになるようです。

たくさんありますよね!

 

特に、あわびは秋口の産卵期を前に8月は身がふっくらとしている為、

美味しい旬の時期と、されているそうです。

 

高級食材と言われるあわび。

今年の夏は旬を味わってみてはいかがでしょうか!

 

 

三重県産の活きあわび、約500グラムのセットです!

 

海水のまま、湿らせたキッチンペーパーや

新聞紙に包まれて冷蔵便で送ってくれます。

 

お盆時期など、人が集まる際のおもてなしに、ドドンと豪華なあわび!

喜ばれること間違いなし、ですよね。



スポンサーリンク




関連記事:浴衣は左上・右上どっち?理由は?男女で違いはある?

8月の行事食といえば?

8月の風物詩となる食べ物といえば先に挙げた旬な果物や魚、

冷たい食べ物などがありますが、それとは別に「行事食」と

呼ばれるものがあるってご存知ですか?

 

行事食とは、その季節ごとの行事やお祝い、

イベントなどに食べる料理のことになります。

 

やはり、旬の食材などを使った料理が多く、

家庭だけでなく、幼稚園や小学校の給食や

病院、老人ホームなどで提供されることもあるようです

 

分かりやすいところで言うと、ひなまつりのちらし寿司や

端午の節句の柏餅、大晦日の年越しそばや

お正月のおせち料理も行事食になります。

 

そんな行事食ですが、実は8月にも行事食と呼ばれるものがあるので

紹介していきたいと思います。

 

ちらし寿司やおせち料理程知られていないので

ご存知ないかもしれませんよね、何を隠そう、恥ずかしながら

私は知りませんでした・・。

 

一緒に見ていきましょう!

関連記事:バーベキューで盛り上がる食材はコレ!面白い変わり種もご紹介!

8月1日「八朔の祝い」の行事食

八朔とは、はっさくと読み八月朔日の略になり、

旧暦の8月1日に当たります。

 

この頃に稲穂が実り始めることから収穫期前の最後のお祭りとして

お粥を食べる習慣があり、昔はすすきの穂を黒く焼いてお粥に混ぜた

「尾花粥」を食べていたそうです。

 

その後、江戸時代になって「黒ごま粥」に変わり、

黒ごまは不老長寿の妙薬と言われていたことから

暑気払いにも良いとされ、その後も長く食べられて今に至るそうです。

 

黒ごま粥は何も味付けをせず味噌を添えて食べられていたそうで

発酵食品である味噌と合わせることで消化吸収が高まり、さらに栄養価が

高まるとされていたそうですよ。

 

現代のように栄養価を示すデータなどが無くても

昔の方たちは、本能的に食品の持つ栄養素や

上手な食べ方をご存知だったのですね、

改めて尊敬の念を抱いてしまいますよね。

関連記事:関西で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!

8月13日~16日「お盆」の行事食

もともとは、7月の行事であったお盆ですが、現代では月遅れの8月をお盆としている地域が

多いですよね、そんなお盆の行事食です。

 

精進料理

お盆に霊共膳を供える習慣があるご家庭であれば

ご存知かもしれませんが、お盆といえば

仏前に精進料理を供える習慣があるそうです。

 

精進料理といえば、肉類などがなくて

菜食中心の食事になりますよね。

なぜ、このお盆に精進料理なのかというと、

仏教の教えにより、

 

「お盆の時期は殺生禁止の時期とされていた」

 

からになるそうです。

 

本来、お盆は仏教と深い関係のある行事であることから、

この教えにならってお盆に供える料理は「二汁五菜」の精進料理を

供えるとされているそうです。

 

そうめん

 

先に挙げた「8月の風物詩の食べ物」としてではなく、行事食として

お盆の15日にそうめんを供えるご家庭も多いそうです。

 

理由としては、先に触れましたがもともとは、7月がお盆の時期だった為

お盆と七夕は深い関連があると言われているのですが、その七夕の行事食が

そうめんとされているそうです。

 

その為、お盆時期が8月になった現代でも七夕の縁起をそのまま担いで、

そうめんを食べたり供えたりすることが多いそうです。

 

そうめんは、8月の風物詩としての

食べ物だけでなく、行事食でもあったのですね!

 

しかも、七夕の行事食でもあったとは驚きです。

夏にそうめんがよく食べられるのは、

さっぱりと食べやすいからだけではなく、

実は深い理由があるのかもしれませんよね

 

白玉団子

お盆の時期には白玉団子を供えるご家庭も多いそうです。

 

8月13日 お迎え団子

8月14日 お供え団子

8月15日 お供え団子

8月16日 送り団子

 

と、言われていて、あんこや甘辛いお醤油のたれと

合せて食べる行事食になるようですよ。

 

型菓子(落雁)

 

型菓子=落雁って、ご存知ですか?

私、昔親戚の家で食べたことがあるのですが

ただただ甘くて固いお菓子ですよね。

 

もち米などから作られた砂糖菓子になるのですが

これも8月の行事食になるそうです。

 

釈迦が弟子に「恵まれない人たちに甘いものを

振る舞うように」と教えたことが理由とされていて

やはり仏教の教えになるようですよ。

 

8月の行事食、意外と色々とあるのですね!

昔からの行事にちなんだ深い意味のある行事食。

 

日本人として、もっと大切にしていきたいものですよね。



スポンサーリンク




関連記事:犬と川遊びできる東京の穴場スポットはココ!

まとめ

8月の行事食や風物詩から

旬の食べ物や様々な行事を見てきました!

 

「夏休だ、お盆休みだ・・暑い!」などと

バタバタと過ぎてしまう8月ですが、

少し丁寧に過ごしてみたくなりましたよね。

 

行事の意味や旬の食べ物を味わって行事食を堪能する・・

そうすることでグッと深みのある8月になりそうです。

 

「今年の8月は、一味違った」そんな素敵な時間になりますように。