お彼岸に喪家(不幸があった家)を訪ね、お線香をあげる事もありますよね。

 

通夜や葬式では喪服や礼服が必要でしたが、

お彼岸ではどんな服装で行けばいいのでしょうか。

また、お彼岸特有のマナーがあったりするのでしょうか。

 

そこでここでは、お彼岸の訪問時の服装やマナー、またおすすめのお供え物を紹介します。

お彼岸に喪家へ行こうと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。



スポンサーリンク





お彼岸って?

お彼岸の訪問時の服装やマナー、またおすすめのお供え物を紹介する前に、

まずはお彼岸について軽く説明しておきましょう。

 

お彼岸とは、仏教用語で「あの世」という意味です。

 

その意味から派生して、日本ではお彼岸は

「故人や先祖など亡くなってあの世にいる人を供養する為にお墓参りをする期間」

という風に捉えられています。

 

お彼岸がお盆や法事と違うのは、お彼岸が「お墓参りをするだけ」だという事です。

 

同じような供養関係の行事だとお盆や法事がありますが、そちらは

喪家に人が集まって食事をしたり、お坊さんにお経を読んでもらったりしますよね。

 

ですがお彼岸は特に集まって何かするという訳ではなく、

純粋に自分の家から直接お墓に行き、

お墓の掃除をして花を生けたりして手を合わせた後は

そのまま自分の家に帰るという流れになります。

 

ただ、初彼岸という故人がなくなって最初に迎える彼岸では、

故人のお骨が墓ではなくまだ家にある場合もあるので、

その時は喪家に手を合わせに行く事もあります。

 

また喪家に行く状況としてはほかに、

故人と特に親しくしていた場合お墓参りとは別に

家にある仏壇にお線香をあげに行く事もありますし

通夜や葬儀、四十九日に一度も参加できなかった場合はお彼岸をきっかけに

喪家へ足を運ぶ事もあります。

 

墓参りにせよ喪家の仏壇にせよ、

どちらも故人や先祖を忍んで手を合わせるだけ、という事には変わりありません。

 

ではそんなお彼岸は、いつあるんでしょうか。

 

日本では事あるごとに墓参りをしている気がしますので、

1年の半分くらいはお彼岸なんじゃないかと思う方もいるかもしれませんね。

 

お彼岸の時期ですが、お彼岸は1年に2回あります。

春分の日を中心とする春のお彼岸と、秋分の日を中心とする秋のお彼岸です。

 

もっと具体的に言いますと、春分の日と秋分の日、

それぞれの前後3日を取った計7日間がお彼岸の期間となります。

また、お彼岸の初日を「彼岸の入り」、

ちょうど中間の日を「中日」(春分の日・秋分の日)、

お彼岸の最終日を「彼岸の明け」と言います。

 

2018年を例にとるならば、以下のようになります。

 

春の彼岸

3月18日(彼岸の入り)

3月19日

3月20日

3月21日(春分の日)(中日)

3月22日

3月23日

3月24日(彼岸の明け)

 

秋の彼岸

9月19日(彼岸の入り)

9月21日

9月22日

9月23日(秋分の日)(中日)

9月24日

9月25日

9月26日(彼岸の明け)

 

お彼岸にお墓参りや喪家へ行き仏壇に手を合わせると言えば、

この期間に行くのが定例となっています。



スポンサーリンク




お彼岸の訪問時の服装は?

お彼岸は基本的には純粋にお墓参りをするだけですが、

色々な理由から喪家へ足を運ぶ事もある事が分かりましたね。

 

そこで気になるのが、訪問時の服装です。

通夜や葬儀では喪服や礼服、法事では黒のスーツやワンピースと

葬儀関係の服装はある程度決められています。

 

特に人の死に絡む儀式ではTPOに合わない服装をしてしまうと

まわりから大ひんしゅくを買ってしまいますから気をつけたいですよね。

 

ではお彼岸で喪家へ行く場合、どんな服装で行けばいいのでしょうか。

お彼岸は通夜や葬儀、法事と言った「儀式」は特にありません。

ですから、そこまでかしこまった服装をする必要はありません。

 

普通のお彼岸であれば、明るすぎずそこそこの上品さがあれば普通の服で大丈夫です。

「上司の家にお呼ばれするような格好」と言えば分かりやすいでしょうか。

 

ただ、初彼岸(四十九日を過ぎてから故人が初めて迎える彼岸)では、

まだ遺族も悲しみの最中でしょう。

 

ですからその心情を邪魔しないように

男性は黒のスーツ、女性は黒のワンピースなどがいいでしょう。



スポンサーリンク




お彼岸のマナーは?

お彼岸の服装は分かりましたが、ほかに守らなければいけないマナーはあるのでしょうか。

お彼岸のマナーは、ほかには主に以下の2つがあります。

 

1.訪問する時は、事前に連絡をする。

2.お供え物を持っていく。

 

まず1の「訪問する時は、事前に連絡をする」から見ていきましょう。

お彼岸の時期に「手を合わせに行く」のであれば、

相手の家へ事前連絡をしていた方がいいです。

 

普通に遊びに行く為に人の家を訪問する時も、きちんと先に連絡を取りますよね。

それと同じです。

 

また特に初彼岸の場合は連絡は大事です。

 

初彼岸の場合、故人のお骨が家にある事が多く直接家に来る人も多く、

さらに故人の親族が遺族が落ち込みすぎていないか、

何か手伝う事はないかと様子を見に来ている事もあります。

 

「四十九日も過ぎたし、そろそろ家はガラガラだろう」と思ったら

意外に人がワラワラいた…という可能性もあります。

 

故人の親族がいると、外部の人間としてはあまり長居もできないですよね。

 

ですから、お彼岸の時期に訪問する時はきちんと相手の都合を聞くようにしましょう。

 

次に2の「お供え物を持っていく」です。

彼岸の時期に喪家を訪問するという事は、故人に会いに行くという事です。

それならばその故人に供える為にもぜひ手土産を持っていくべきです。

 

また、例え彼岸でなくても相手の家へ訪問する時に手土産を持っていく、

というのは大人の付き合いでは割と常識です。

 

お彼岸の場合は、手土産が「お供え物」という名前を変えただけだと思って下さい。

家を訪問すればお茶などを出してくれるでしょうし、もらいっぱなしはよくありませんよ。

 

また、お供え物を用意したら掛け紙(のし紙の「のし」がない、弔事用のもの)を

つけるのを忘れないようにしましょう。

 

掛け紙の中央上部には「御供」、

そして中央下部には自分の名前を苗字、またはフルネームで書きましょう。

お店であれば、「お供え物なので掛け紙をつけてください」と言えばつけてくれます。

 

また掛け紙には包装紙の内側にかけるものと外側にかけるもの

(いわゆる内のしと外のし)がありますが、お供え物なら外のしがおすすめです。

 

彼岸の時期は色々な人が来る事があり、それぞれがお供え物を持ってくると

誰がどんなお供え物を持ってきてくれたか家人でも分からなくなる事があります。

 

ですが、外のしをつけて名前が外から分かるようにしていると、家人もぱっと見て、

「あ、あのお供え物はあの人が持ってきてくれたんだったね」と知る事ができますよ。

関連記事:護摩木の書き方!願い事・年齢や表裏について詳しく解説!

お彼岸に持っていくおすすめのお供え物は?

お彼岸の時期に喪家へ訪問するなら、お供え物は欠かせません。

では、どういうものを持っていけばいいのでしょうか。

 

ではここで、お彼岸に持っていくおすすめのお供え物を紹介します。

 

1.日持ちのするお菓子

一番のおすすめは、日持ちのするお菓子です。

 

予算は2000円~3000円のもので、例えばおせんべいや羊羹など、

せめてお彼岸の期間である7日間は常温で放置しても大丈夫なものが良いでしょう。

 

お彼岸の時期には喪家を色んな人が出入りする場合があり、

その時はお茶と茶菓子が必須になります。

 

お彼岸でゆっくり故人を忍びたいのに、

訪問客をもてなす為の茶菓子を選んだり買ったりするのは大変です。

 

ですがそんな時にお供え物を茶菓子にしておくと、

それをそのままもてなし菓子として人に出す事もできますし、

勿論疲れた時に家の人が食べる事もできます。

 

日持ちのする菓子はお彼岸の時期にはかなり色々と役に立つので、

喪家の事を考えるとお菓子がおすすめです。

 

2.季節の果物

お彼岸のお供え物として、季節の果物もおすすめです。

こちらも予算は2000円~3000円です。

 

果物は日持ちしなさそうだけどいいの?と思うかもしれませんが、

果物は旬で新鮮な物なので仏壇に供えれば生花のように華やかになりますし、

7日間程度でしたら常温でも大丈夫です。

 

見た目もいいですし、こちらも忙しくて茶菓子が何もない時に

家人がほかの訪問客に茶菓子としてふるまう事もできますからおすすめです。

 

3.故人の好きな物

故人とよっぽど親しかったのなら、「お供え物として以外にも色々と役に立つ物」ではなく

故人の好きな物を純粋に「お供え物」として持っていってもいいでしょう。

 

ただし、家の人はそれが苦手だったり食せなかったりする事もあるので、

故人の個人的な嗜好品の場合は量を少なめにした方がいいですね。

 

ただ、量が少ないとそれはそれで決まりが悪いので、その場合は、

やはりそれとは別にお菓子か果物をお供え物として持っていく方がいいでしょう。

 

4.お線香

お供え物として、食べ物以外を持っていきたいならお線香がおすすめです。

仏壇がある家ならお線香は必需品なので、助かりますよ。

 

特に最近だと、より細かなフレグランスの線香が出ています。

 

コーヒーの香りのお線香

 

例えばこちらはコーヒーの香りのするお線香です。

 

コーヒーの香りは人の心をリラックスさせる効果がありますし、

故人がコーヒー好きならなおさらいいですよね。

食べ物以外でしたら、このような香りで楽しむものを持っていくのもおすすめですよ。



スポンサーリンク




関連記事:カメムシの卵が網戸に!駆除対策や時期について詳しく解説!

まとめ

お彼岸は通夜や葬儀、法事と比べると儀式ではない為制約も少ない緩やかな行事ですが、

事前連絡をする、お供え物を持っていくなど一応のマナーはあります。

 

きちんとマナーを守って、静かに故人を忍んでくださいね。



スポンサーリンク