バーベキューは楽しいですが、後片付けをしなければいけないのが少し面倒ですね。

特に道具がレンタルではなく自前の物だと、

しっかり掃除しないと次に使用する時に使いにくくなってしまいます。

 

そこでここでは、特に面倒なバーベキューコンロの洗い方や掃除方法、

また簡単なお手入れの仕方を解説します。

 

バーベキューコンロの洗い方が分からない、または簡単な掃除方法を知りたいという方は

ぜひ参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





バーベキューコンロを使う前と使った後にする事

バーベキューコンロと言えば、

このような、バーベキューをする時に肉や野菜など食べ物を焼く機材の事です。

大まかに見ると

直接食べ物を乗せる網

炭を入れる器

スタンド

に分かれています。

 

この中でも特に汚れるのは網と炭を入れる器です。

 

しかも大きいので洗うのは大変です。

ですが、ちょっとしたコツでバーベキューコンロが汚れないようにすれば

その手間が半分ほどに軽減されます。

 

そこでバーベキューコンロの洗い方や掃除方法、

また簡単なお手入れの仕方を説明する前に、

まずはバーベキューコンロが汚れにくいちょっとしたコツを紹介します。

 

バーベキューコンロを使う前に

網…

バーベキューで食べ物を網に乗せる前に、

網の上にハケなどで酢か油をたっぷり塗ってください。

 

そうする事で食材が網にこびりつきにくくなります。

 

家でもフライパンで焼き物をする場合は油を敷きますよね。

それと同じです。

ちょっとした事ですが、使い終わって洗う時に洗いやすさが格段に変わります。

 

コンロ…

バーベキューをする時は、バーベキューコンロに炭を入れますね。

その炭を入れる前に、コンロの中(内側)にアルミを敷いてください。

 

こうする事で炭の汚れが直接付くことも、

網の上で焼いた食べ物のくずや脂が落ちてこびりつく事もありません。

 

・コンロ専用アルミ

 

コンロの中にあらかじめアルミを敷くというのは割と常識になりつつあり、

最近ではこのような「コンロの中に敷く専用のアルミ」なんてのもあります。

 

このようなアルミはしっかりとした器の形をしているので、破れる心配もありません。

 

中に敷くのは普通のアルミシートでもいいですが、

もっと手間を省きたいならこちらのようなアルミをおすすめします。

 

バーベキューコンロを使った後

 

網…

食事が終わり、もう焼くものはないという状態になったら、

バーベキューコンロの網の上にアルミホイルを被せてください。

 

こうする事で網の上に乗っている肉の脂や野菜くずがしっかりと燃え、炭になります。

 

脂のままだとダラダラしてしまって中々キレイに落ちませんが、

全て炭の状態になってしまえばタワシで簡単に落とす事ができますよ。

 

以上がバーベキューコンロが汚れにくくなるコツです。

簡単な事ですが、これがバーベキューコンロを後で洗う時かなり楽になる方法ですので

バーベキューをする時はぜひ実践してみてください。



スポンサーリンク




バーベキューコンロの洗い方や掃除方法は?

バーベキューでは肉や野菜を焼く為にバーベキューコンロを使いますよね。

レンタルではなく自前の場合、自分達で掃除をしなくてはいけません。

 

では、バーベキューが終わった後、

バーベキューコンロの洗い方や掃除方法はどうすればいいのでしょうか。

 

バーべキューコンロで特に汚れるのは、

炭を入れる器

直接肉や野菜などの食べ物を乗せる網

です。

 

あとのバーベキューコンロを支える脚立だったり細かい留め具などは、

濡れた布で拭けばすぐに綺麗になります。

 

ですからさきほどの2つの洗い方や掃除方法を重点的に見ていきましょう。

まずは網から見ていきます。

 

食べ物を焼き終わり、アルミホイルを被せて網の上の物が全部炭になったら、

ある程度冷えるのを待ってからまずは水に浸けて冷やします。

 

網が冷えたら、そのままタワシなどでこするとキレイに炭が落ちます。

脂も全て燃えてしまっているので、ベタつく事もありません。

 

次に炭を入れる器になっている部分です。

こちらは、まず網を取り除きます。

 

中には炭が入っていますね。

器を洗うには、この炭を出してしまわなければいけません。

 

火消し壺がある場合は炭は火消し壺に入れます。

もしない場合は、燃える事のない金属のバケツのような入れ物に入れてください。

 

ただ、適当な金属のバケツを使う場合は少し注意が必要です。

火は消えていても、炭は長時間高熱を維持しています。

 

炭を入れた火消し壺は熱くなりますが、

火消し壺の場合はその熱が地面に伝わらないように

スタンドがついていたり、底が分厚くなっていたりします。

 

ですが適当な金属のバケツだとそういう装置はついていないので、

高熱の炭が入ったバケツをそのまま直に地面に置くと熱が地面に伝わって

雑草が燃え火事に繋がる事があります。

 

ですから適当な金属のバケツを火消し壺として使う場合は、

バケツを絶対燃える事のない石の上などに置いてから炭を入れて下さい。

 

また、炭も自前で用意している事がありますよね。

灰になっていない炭や細かく砕けていない炭は、次回も使う事ができます。

もしまたバーベキューをするつもりなら、使えそうな大きい炭はとっておきましょう。

 

さて、使えそうな炭を取り除くと、後は灰と食べ物の燃えカスだけですね。

 

最初のバーベキューコンロが汚れにくいコツで紹介した通り、

もしアルミを敷いていたなら、器が冷えるのを待ってから、

灰ごとアルミで包んでしまえばOKです。

 

もしバーベキュー場に灰や炭捨て場があるならそこへ捨て、

ない場合は家に持って帰りましょう。

 

灰や炭は自然の物っぽいのでごみ捨て場がなくても

ついその辺に捨ててしまいそうになりますが、

灰や炭は勝手にその辺に捨ててはいけません。

 

熱を持った灰や炭は適当に放置すると火事を引き起こす可能性があります。

 

バーベキューをするのは川辺や高原など森林の近くが多いと思いますが、

森林には落ち葉や草など燃えやすいものがたくさんあります。

 

もし捨てた灰や炭から火が燃え移り

過失で森林に家事を起こしてしまうと、例え人に被害が出ていなくても

森林法違反として罰せられます。

 

今の警察は優秀で、

誰が捨てた灰や炭が火事を引き起こしたのかも調べる事ができますよ。

ですから、炭や灰の処理による火事には絶対に気をつけてくださいね。

 

さて、器の中のものを全部取り除いたら、

アルミをしていたならそんなに汚れていないはずです。

濡らした雑巾でさっと拭けば、汚れは落ちます。

 

また、使い終わったバーベキューコンロは家に持ち帰った後、

しっかり乾燥させてから仕舞いましょう。

 

湿気があるとそこからカビが生えたりサビついたりしてしまいますので

水分が付着しないように新聞紙で包んだり、乾燥材を置いておくといいです。



スポンサーリンク




関連記事:会社のバーベキューの服装は?手土産のマナーについても詳しく解説!

バーベキューコンロの簡単なお手入れ方法は?

バーべーキューコンロの簡単なお手入れ方法ですが、

さきほどの書いた通り、「できるだけ汚さないように使う」事が

簡単なお手入れで済む事につながります。

 

また、しまう時にきちんと湿気対策をすれば、

定期的に取り出して様子を見るなんて事もしなくて大丈夫です。

 

バーベキューコンロはがっつり汚れてしまうと、「もう二度とバーベキューなんてしない!」

と思ってしまうほど掃除が大変です。

 

ぜひ今回のコツを実践して、

簡単なお手入れで済むようにして次のバーべキューも楽しめるようにしてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューの差し入れ!デザートやお菓子でおすすめは?

まとめ

バーベキューコンロは「汚れても仕方がない」と思いがちですが、

ちょっとした工夫ではかなり軽い汚れだけで済ませる事ができます。

 

そうすればお手入れも簡単なので、

ぜひ簡単なお手入れを目指してバーベキューコンロをキレイに使ってくださいね。



スポンサーリンク