電車を使えば早く快適に遠くへ移動する事ができますが、

ネックなのが「乗車券(切符)」ですよね。

 

特に新幹線を使うとなると必要な切符がたくさん増えて、

どう購入したらいいのか、どれを改札に通せばいいのか分からなくなります。

そこでここでは新幹線の乗車券と特急券の違いや、改札の通過の仕方も詳しく解説します。

 

電車に乗りたいけど乗車券の違いや改札の通過の仕方が分からないという方は、

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





電車の乗車券(切符)の基本

新幹線の乗車券と特急券の違いや改札の通過の仕方を解説する前に、

まずは電車の乗車券(切符)の基本を説明しておきましょう。

 

電車に乗るには切符と呼ばれる乗車券が必要ですよね。

名刺の1/4くらいの小さな紙です。

 

最近ではICOCA(イコカ)やPASMO(パスモ)など、

乗車券を買わずに専用の電子カードで直接お金を支払う場合もありますが、

ここでは紙の乗車券で統一します。

 

さて、普通電車に乗る時に乗車券を買うとしたら、

切符は現在地駅と到着地駅が印字された1枚だけですよね。

 

でも、乗る電車によっては切符が2枚必要な時があります。

それはどういう場合なのでしょうか。

実は電車には、「特別早い電車」があります。

それが、「新幹線」や「特急」と言った電車です。

 

これらの電車は「速さ」に特化した特別な電車で

普通の電車より早く移動できるのはいいのですが、

その分維持や整備費用にたくさんお金がかかるのでその分のお金を稼ぐ為に

普通の電車賃だけでは乗れない事になっています。

 

新幹線や特急など特別早い電車に乗る場合は、

基本の電車賃にプラスして、特別料金を払わなくてはいけません。

 

これがもう1枚の乗車券、特急券です。(以下、特急券)

つまり新幹線や特急に乗る時は、

普通の乗車券プラス特別料金で特急券を購入しなければいけません。

 

ですから「特別早い電車に乗る時」は、乗車券と特急券の2枚必要なんですね。



スポンサーリンク




新幹線の乗車券と特急券の違いは?

特別早い電車に乗る時は、

普通の乗車券と特別料金の特急券の2枚が必要なのは分かりました。

 

ところで特別早い電車と言えば、思いつくのは「新幹線」ですよね。

 

では、新幹線に乗る時はどうでしょうか。

 

新幹線に乗るには

乗車券

特急券

の2枚が必要です。

 

どちらか片方では、新幹線に乗る事はできません。

 

ではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず乗車券から見ていきましょう。

乗車券は最初でも説明した通り、「電車に乗るなら必ず必要な基本の電車賃」です。

 

新幹線だろうと普通の電車だろうと、電車に乗るならこれがないと始まりません。

 

では次に、特急券です。

特急券は、新幹線のような特別早い電車に乗る時に必要になる切符です。

 

だから新幹線には2枚の切符が必要なんです。

 

乗車券と特急券の違いは分かりましたか?

また、新幹線の特急券にはいくつか種類があります。

 

一般的には以下の3つです。

 

指定席

グリーン席

自由席

 

それぞれの特急券を解説していきますね。

 

まずは指定席の特急券です。

新幹線では席を指定した乗車券を購入する事ができます。

指定席の良い所は、「必ず座れる」事です。

 

電車と言うと席は早い者勝ちな事も多いですが、

指定席が決められていると、その席には指定席の乗車券を持った人が座る権利があります。

 

ですから先に人に席を取られていたという事もなく、

ゆっくり後から乗ってきても、安心して座る事ができるという訳です。

 

次にグリーン席です。

こちらは「さらにゆっくり座りたい」という方に用意された席です。

 

おしぼりやひざ掛けがもらえたりと、指定席にはないサービスもあります。

またグリーン車車両には特殊な防音装置も装備されており、

静かな電車の旅を楽しむ事ができます。

 

快適過ぎるくらい快適なので、グリーン車を使うのは

「移動する」というよりは「電車自体を優雅に楽しむ」方が多いですね。

 

最後に自由席です。

自由席は、自由席の区間ならどこでも座っていいという乗車券です。

 

ただ、「座ってもいいですよ」という乗車券なので

指定席やグリーン席のように席の指定まではされていません。

 

ですから帰省の時期などで席が全て人で埋まっていたら立つしかありません。

 

では最後に、自由席・指定席・グリーン席の気になる料金を見てみましょう。

【名古屋→東京】区間を見てみますと

 

自由席…4100円

指定席…4830円

グリーン席…8420円

 

となります。

 

自由席と指定席の差は730円ですが

自由席とグリーン席の差は4320円と2倍ほどになっています。

 

繁忙期、閑散期などで若干値段は変わりますが、だいたいこのような感じです。

 

ちなみにもう少し距離を伸ばして【博多→東京】区間を見てみますと

 

自由席…7,990円

指定席…9,130円

グリーン席…16,260円

 

となり、自由席と指定席の差は1140円、自由席とグリーン席の差は8270円と

その差はさらに若干広がります。

 

特にグリーン車は自由席の2倍ほどの料金がかかり

遠くに行けば行くほど値段がびっくりするほど跳ね上がるので、

購入する時は気をつけてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:マジックテープが復活する裏技!ふわふわで柔らかいループ面を復活させるには?

新幹線の改札の通過の仕方は?

では、新幹線に乗る時の改札の通過の仕方を紹介しましょう。

 

具体例を挙げた方が分かりやすいと思いますので、

ここでは新宿から広島にある呉という街に行くという設定で見ていきましょう。

 

この行先だと電車の乗り方は、

普通の電車→新幹線→普通の電車→目的地という乗り方になります。

 

電車に乗るにはまず切符を購入しなければいけませんよね。

 

自動切符販売機でも購入する事はできますが、

難しい方はみどりの窓口で直接駅員さんに頼みましょう。

 

みどりの窓口の場合、「新宿から呉まで、新幹線を使います」と言うと切符をくれます。

この時にくれる切符は、新幹線を使うので乗車券と特急券の2枚セットです。

 

さて、この時2つの切符の乗車駅と到着駅をよく見てみてください。

こう書いてあるはずです。

 

・乗車券

東京都区内→呉

 

・特急券

東京→広島

 

 

「あれ?行先は同じはずなのに乗車券と特急券の乗車駅も到着駅も違う…」と

思いますよね。

 

これは、2つの切符の「使える区間」が違うからです。

 

まず乗車券から見ていきましょう。

乗車駅が「東京都区内」とありますよね。

 

電車に乗り慣れていない人はここから

「どういう事?新宿じゃないの?」と混乱しがちです。

 

実はこれはある特別ルールが適応されている為、こうなっているのです。

 

実は新宿のある駅周辺は駅が密集しているので、

いくつかの駅をまとめて「東京都区内」とし、

そこに指定されている駅なら新宿を含むどこの駅から乗ってもいいですよという

規則があるんです。

 

絶対に新宿駅から乗らないといけないという事ではないので、

敢えて「新宿駅」とは書いてないんですね。

 

ですから、東京都区内と書いてあるからと言って「東京都区内駅」がある訳ではなく

だから新宿駅からは使えないという事でもないので安心してくださいね。

 

また、到着駅はそのまま行先の「呉」となっています。

これは最終的に呉に行くのですから特に疑問はありませんよね。

 

次に特急券です。

特急券は乗車駅が東京、到着駅が広島となっていますよね。

 

「何で新宿じゃなくて東京からしか使えないの?

到着駅は呉なのに、広島って書いてあるのはなぜ?」ともっと混乱するかもしれません。

 

でも、これもよく考えれば分かります。

まず特急券は、新幹線が通っている区間しか使えません。

 

そして新宿→呉の区間で新幹線が通っているのは東京→広島までなんです。

 

例え新宿→呉までの切符を購入したとしても、

新幹線に乗るのは東京から、そして降りるのは広島なので

特急券は乗車駅が東京、到着駅は広島になっています。

 

疑問は解けましたか?

このように、一緒に渡される切符でも役割はかなり違うんです。

 

さて、ではさっそく電車に乗りましょう。

新宿→東京までは普通の電車で行きます。

 

ここでまず新宿駅に入る為に改札を通りますが、この時必要なのは「乗車券のみ」です。

 

なぜなら、まだ新幹線には乗らないからです。

特急券は新幹線に乗るために必要ですが、

新宿→東京区間では全く新幹線は関係ないですよね。

 

だから必要ありません。

ですから、特急券は改札に通さずしっかりポケットにでもしまっておいてください。

 

東京に着いたら、まず普通の電車の改札を抜けます。

 

この時通すのも、入る時に使った「乗車券のみ」です。

基本的に、乗った時に使った切符のみを降りる駅の改札でも通します。

 

次に、東京→広島までは新幹線で行くので、

そのまま駅内を通って新幹線の駅に向かいます。

 

そして新幹線の駅に行く時には改札を入りますが、

この時使うのは「乗車券と特急券」です。

 

なぜならこれから乗るのは新幹線で、

新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要だからです。

 

また、乗車券と特急券は2枚ぴったり重ねて改札に入れるようにしましょう。

変に分けて入れると逆に機械が誤作動を起こす事があります。

 

さて、無事に新幹線に乗れました。

次に広島→呉までは普通の電車で行きますので、また普通の駅に移動します。

 

その為にはまず新幹線の駅を出る為に新幹線の駅の改札を抜ける必要がありますが、

この時必要なのは「乗車券と特急券」です。

 

なぜなら新幹線に乗る時に乗車券と特急券の2枚を使ったので、

降りる時も「この券を使いましたよ」という証明のために当然必要だからです。

 

さて、ここで改札を通ると、切符は1枚しか残りません。

残りの1枚は、改札で回収されてしまいます。

 

さて、乗車券と特急券のどちらの切符が回収されたと思いますか?

正解は「特急券」です。

 

特急券は新幹線に乗る時に必要でしたよね。

そして、もう新幹線は乗り終わって使わないので必要ありません。

 

あとは「東京都区内→呉」の乗車券さえあれば電車に乗れるので

特急券の方はいわゆるゴミとして回収されました。

 

機械に通すと問答無用で回収されてしまいますので、

もし何かの記念で特急券を取っておきたいという方は、

改札の一番端にある小部屋にいる駅員に「特急券は返してください」と言って

特急券を渡せば、切符を切った上で返してくれますよ。

 

さて、最後に広島→呉へ向かいます。

 

これは普通の電車を使いますので、

新幹線駅の改札を抜けた後は、普通の電車の駅の改札に行きます。

 

ここの改札で使うのは「乗車券のみ」です。

 

手元にこれしかないから当然ですよね。

乗る電車も、普通の電車なので乗車券以外必要ありません。

 

呉についたら、駅を抜けて街に出る為に改札を通ります。

ここで使うのも「乗車券のみ」です。

 

乗る時に乗車券のみを使ったので、降りる時もその乗車券のみでOKです。

 

これで無事呉に着く事ができました。

 

電車の切符は難しそうですが、

よ~く考えるとちゃんと理屈通りに作られているので逆に分かりやすいですよ。



スポンサーリンク




関連記事:風水で寝室のベッドの位置や向きはどうすればいい?ベッドカバーの色は?

まとめ

新幹線に乗るには乗車券と特急券の2枚必要です。

どっちがどっち?と思いがちですが、

意外と分かりやすいのできちんと仕組みを考えれば混乱せずに済みますよ。

 

また、改札の通過の仕方難しくありません。

どうしても改札を通るのが嫌であれば駅員室の横から通れば大丈夫です。

 

ぜひ快適な新幹線の旅を楽しんでくださいね。