イースターという言葉は、最近日本でもよく聞きますね。

イースターの時期になると

雑貨屋にはうさぎや卵のおしゃれなインテリアが目玉になりますし

スーパーなどでも卵型のお菓子が並ぶのをよく見かけます。

 

その時期にテレビや雑誌でイースター特集を見たという方は多いかもしれません。

 

でも、イースターとは言葉自体は知っていても

どんなイベントなのかしっかり知っている方は、

日本ではまだ少ないのではないでしょうか。

 

そこでここでは、イースターの意味や由来、時期はいつかについても詳しく解説します。

 

イースターとは何なのかについて詳しく知りたい方は、

ぜひこの記事を参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





イースターとは?

まず、「イースター」とはそもそも何なのかについて見ていきましょう。

イースターとは「キリストの復活を祝う日」で、日本語では「復活祭」とも書かれます。

 

イースターは日本では馴染みが薄いですが、キリスト教にとっては重要なお祭りで、

キリスト教徒の多い国ではキリストの誕生日とされるクリスマスよりも

キリストが復活した日とされるイースターの方がメジャーなくらいです。

 

イースターの祝い方は基本的にはクリスマスと同じで、家族でごちそうを食べます。

また、イースターの独特のイベントとしてゆで卵にカラフルな色をつけて飾ったり、

その卵を隠して子供探させたり、その卵を転がして遊ぶというものもあります。

 

なぜ卵が使われるのかと言うと、卵は生命の誕生の源のシンボルだからです。

キリストの命の復活を祝うイースターにはふさわしい食べ物なんですね。

 

また、イースターと言えば「うさぎ」も有名ですが、

これはイースターを祝う時期と同じ時期に祝っていた

土着の宗教の女神エオストラのシンボルがうさぎだった為、

一緒にお祝いしてしまおうという事で一緒にイースターのシンボルになったようです。

 

なんか適当だな、と思うかもしれませんが、そもそもイースターという言葉も

このイオストラという女神の名前が語源だと言われていますので、

意外に繋がりは深いんですよ。



スポンサーリンク




イースターの時期はいつ?

では、イースターの時期とはいつなのでしょうか。

イースターの日ってあまり印象にないですよね。

 

実はそれには理由があって、イースターの時期は毎年変動します。

それは、イースターの時期が毎年

「春分の日が過ぎた後の最初の満月から数えた最初の日曜日」となっているからです。

 

日本にも毎年変動するイベントとして節分の日などがありますよね。

 

ですが節分の日が2~3日しかズレないのと比べるとイースターの時期は

毎年「3月22日から4月25日の間」になりますから

大きい年では約1ヶ月もズレる事があります。

 

イースターがいつなのかというイメージが「冬の終わりの3月」だったり

「春真っ盛りの4月」だったりするのはこのせいなんですね。

 

イースターの時期は咄嗟に計算するのは難しいので

「イースターはいつ?」という問いには

大雑把に「冬の終わりから春の初めの頃」と覚えておくと良いですね。

イースターの意味や由来は?

上記でも軽く説明しましたが、ここではイースターの意味や由来を見ていきましょう。

 

まずイースターの意味ですが、イースターは英語でEasterと書き、

キリストの復活を祝う日になります。

 

キリストの復活とは何なのかについてですが、

キリストは一度人によって処刑され死にました。

しかしその後奇跡の力で生き返ったとされています。

 

それを祝うために設けられた日がイースターです。

 

キリストは神様の血を引く神の子とされていますが

この世に産まれるという行為は神の子でなくてもできます。

 

ですが「生き返る」というのは選ばれた神の子しかできないので

キリストが生まれたクリスマスよりも生き返ったとされる

イースターの方が重要視されるのは分かる気がしますね。

 

そしてイースターの由来ですが、

由来はまずイースター(Easter)の語源になったとされる

エオストラ(Eostra)という女神から始まります。

 

このエオストラはキリスト教とは関係のない神様です。

キリスト教が拡がる前のその地域では、

春の恵みに感謝するとしてこの神様をイースターの時期にお祝いしていました。

 

そして年月が過ぎその地域にキリスト教が拡がってからは、

この神様のお祝いに上乗せする形でキリストの復活も一緒にお祝いするようになりました。

 

キリスト教とイースターの関係については

こちらの動画で牧師さんが分かりやすく説明していますから、

詳しく知りたい方はぜひ見てみてくださいね。

日本でのイースターはどういう扱い?

イースターの意味や由来、そして時期については分かりました。

でも、キリスト教徒の少ない日本では正直

「キリストの復活を祝う」と言われてもピンと来ませんよね。

 

「キリスト教徒でもないのにイースターを祝うなんておかしいかな」

と思ってしまう方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

 

クリスマスを考えてみて下さい。

クリスマスはそもそもはキリストの誕生日ですが、

日本で「キリスト様の誕生日」としてクリスマスを祝っている方は

おそらく少ないと思います。

 

それよりも単に「家族や恋人とごちそうを食べる日」「サンタクロースが来る日」

と考えている方の方が多いでしょう。

 

外国のお祝いは日本に入ってくると宗教色が消え、

単に「〇〇をする日」としてイベント化している事が多いです。

 

そして日本では、それでもいいんです。

 

ですからイースターも、キリストの復活を祝わなきゃ!と考えなくても

単に「カラフルな卵を飾る」「卵や兎型のチョコを食べる」など

イベントを楽しむだけでいいんです。

 

「イースターとは…」と難しく考えなくても、

「ゆで卵にイラストを描くのがオシャレだから、イースターが好き!」

それけでもOKです。

 

楽しい事は多い方が良いですから、

難しい事は考えず、日本風のイースターを楽しみましょう。



スポンサーリンク




関連記事:葬式でのネイルマナー!色は?隠すには手袋がいい?

イースターにおすすめグッズ!

 

イースターの小物ってかわいいですよね。

 

特に卵やうさぎは生命の象徴ですから、

イースターでなくても春に飾るにはもってこいのインテリアの素材です。

 

ただ、そんな大げさではなく

ちょこっとイースターのグッズを飾りたい方にオススメなのが、こちらのインテリアです。

値段が安く手が出しやすいのが特徴です。

 

このとぼけたようなうさぎの表情がとてもかわいらしいですよね。

またうさぎと卵が合体したようなデザインなので、

「うさぎと卵、どっちも飾りたい!」という方にもオススメです。

 

さらにこの組み合わせだと、「イースターのインテリアだ」と分かる人には分かる、

ちょっと面白い仕組みのあるインテリアですよ。

 

 

イースターと言えば、ゆで卵の殻に書かれたカラフルなイラストが有名ですよね。

 

日本には趣味で絵を描く方も多いですからぜひやってみたいという方も多いと思います。

ただ、日本人の心情として食べ物をキャンパスにするのは抵抗がある方もいるでしょう。

 

そこでオススメなのがこの「フェイク卵」です。

本物の卵のようですが偽物ですから落としてもヒビが入る事もありません。

 

本物のように中身が腐ってしまう事もありませんので、

描いたイラストをずっと取っておくことができますよ。

 

卵に描く絵の方に重点を持っていきたい方は、

ぜひこちらのフェイク卵を使ってみてくださいね。

 

 

イースターと言えば「卵」が目玉です。

 

普通の鶏卵にイラストを描いて楽しむのも良いですが、

せっかくの機会なので珍しい卵を食べてみてはいかがでしょうか。

 

そこでオススメなのが「ダチョウの卵」です。

日本に住んでいると、ダチョウの卵なんて食べる機会なんてほぼないですよね。

 

でもダチョウの卵も鶏卵と成分は同じなので普通に目玉焼きや卵焼き、

その他の料理の素材として使う事ができます。

 

特に友人同士や親子で楽しむイベントとしては思い出に残るイースターになりますよ。

 

「イースターと言えども食が命!」という方も、

ぜひこの機会にダチョウの卵に挑戦してみてください。



スポンサーリンク




関連記事:春休みの期間2018年はいつからいつまで?小学校・中学や高校・大学について詳しく解説!

最後に

イースターは日本ではまだまだ馴染みの薄い行事ですが、

イースターにちなんだ小物はとてもかわいいですし、

卵に色を塗るなんていうイベントはとても面白そうですよね。

 

イースターの意味や由来を見ていくと

元々はキリストの復活を祝う日ということになりますが、

日本のイースターは宗教色はほぼありません。

 

ですから純粋に「イベントだけを楽しむ」だけでも十分です。

 

ぜひ今年のイースターはあなたが面白いと思えるイースターらしい事をして

あなたの1年のカレンダーに楽しい行事のひとつとして組み込んでくださいね。



スポンサーリンク