長期休暇や夏休みなどを利用して、家族でキャンプに出掛けよう、

と考えた時に悩むのが「どこへ行こう?」ではありませんか?

 

あまり遠くだと行きだけでなく帰りの運転が大変ですし、

キャンプの準備にもお金がかかりますから、できるだけ節約したいですよね。

 

そんなあなたにおすすめしたいのが、千葉のキャンプ場です。

都心からアクセスがしやすい場所にあるにも関わらず、

自然豊かでキャンプ場も豊富です。

 

車でなくても電車やバスなどでも行きやすいので、

今度の週末にキャンプしよう!と思い立ってすぐに行けるのがうれしいですね。

そこで今回は、格安&無料で楽しめる千葉のおすすめのキャンプ場をご紹介します。



スポンサーリンク





千葉のキャンプ場!無料・安いおすすめはココ!<無料のおすすめ>

千葉のキャンプ場で、無料で利用できるところをご紹介します。

無料といっても設備は整っていますので、宿泊はもちろんデイキャンプで

バーベキューを楽しむのもおすすめです。

 

四街道総合キャンプ場

K’ママさん(@k_mama_family)がシェアした投稿

四街道ICに近く、通常はデイキャンプのみですが夏休み期間中は宿泊可能です。

デイキャンプは、利用日前月の1日から前日まで予約を受け付けています。

受付は四街道総合公園管理事務所で、先着順の受付です。

 

宿泊は7月21日の宿泊から8月30日までの宿泊が可能で、

市内在住や在勤であれば6月1日から、その他の場合は8日から受付が開始です。

レジャー施設ではないため、飲酒やペットの持ち込みは禁止されています。

 

かまどや流し、調理台といった設備があり、トイレの設置もされています。

数に限りはありますが、宿泊の場合テントやシートの利用もできます。

炭置き場も設置されているので、バーベキューを安心して楽しめるのもうれしいですね。

 

橘ふれあい公園 出会いの広場

FreeMANさん(@freeman1979izumi)がシェアした投稿

除草剤を使用していない芝生なので安心して寝転べる公園で、

橘堰の水辺近くでキャンプが楽しめます。

アスレチックもあるので、自然を楽しみながら遊べます。

流し場とトイレの設備はありますが、キャンプに関する道具は持ち込みになります。

 

芝生があるため、キャンプやバーベキューをする時には、

事前に許可申請書の提出が必要です。

事前予約が必要ですが、メールやファックスでも申し込みすることが可能です。

受付は香取市役所都市整備課でおこなっています。

 

キャンプの時に持っておきたいのがフライシートです。

デイキャンプではほぼ必要ありませんが、夜の気温変化や急な雨の時などに、

フライシートがあるとテント内が快適です。

こちらのシートは強い雨にも耐え、夏の日差しをやわらげてくれます。



スポンサーリンク




千葉のキャンプ場!無料・安いおすすめはココ!<格安で楽しめるおすすめ>

無料のキャンプ場は人気がありますので、やはりすぐ予約で埋まってしまいます。

でも有料だと高いイメージがありますよね。

でも千葉のキャンプ場は比較的お手軽な価格で提供されていますので、

家族でも安心です。

今回は格安で楽しめる人気のキャンプ場をご紹介します。

 

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

Chenchekaiさん(@chenchekai)がシェアした投稿

成田ゆめ牧場に隣接するオートキャンプ場です。

オートキャンプ場は車で乗り入れることができるキャンプ場ですが、

送迎バスがあるので電車でも行くことが可能です。

 

さらにテントや寝袋、バーベキューの道具などキャンプに必要な道具が

レンタルできるので、手ぶらで遊びに行けることから人気を集めています。

予約をしておけば、キャンプ場から何度も出入りが可能なので、

牧場で遊んだり近くの温泉施設にも行くことができます。

 

キャンプ場にはシャワーしかありませんが、24時間利用できますし、

トイレも完備されています。

電源サイトもあるので、スマホなどの充電が心配な時にはおすすめです。

 

事前に予約が必要なのと、大型連休時には料金が変更されますので

お出掛けの前に確認をしておきましょう。

基本は大人2000円、子供1000円です。

 

有野実苑オートキャンプ場

Seiya Aidaさん(@seiyaaida)がシェアした投稿

東京都心から90分というアクセスの良さにもかかわらず、

大自然に囲まれた有野実苑オートキャンプ場は、

区画がしっかり区切られているのでプライベートがしっかり守られていて安心です。

 

温水シャワーや炊事場でも温水が使えるので、冬のキャンプも楽しめます。

家族風呂や露天風呂があるのもうれしいですね。

夏に解放されるミニプールや自然とふれあえるアスレチックのある子供ひろばなど

家族連れにもうれしい設備が豊富です。

 

料理教室や収穫体験、各種イベントも豊富なので、キャンプ以外にも色々体験ができ、

ここでしかできない楽しみ方ができるのでおすすめですよ。

通常サイトは2000円ですが、夏季やハイシーズンは料金が割り増しになります。

 

夏の扇風機や、冬の電気毛布など、電気が必要となることが多く、

車も夜間はエンジンを切る必要があるのでポータブル電源は必須です。

こちらは大容量で、ソーラー充電も可能なのでキャンプにはおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューの差し入れ!デザートやお菓子でおすすめは?

千葉のキャンプ場!無料・安いおすすめはココ!<予約不要!格安のおすすめ>

キャンプに行こうと思ったけど、予約が必要なところは結構多いもの。

ハイシーズンなどは人気が集中するので仕方ありませんが、

直前になるまで休みが分からない時もありますよね。

そんな時におすすめなのが、予約不要のキャンプ場です。

 

早めに出掛ける必要がありますが、

思い立ってすぐに行きたい!という時におすすめの格安キャンプ場をご紹介します。

 

多々良北浜海岸キャンプ場

aikoさん(@aistagram_1003)がシェアした投稿

夏の間、7月から8月限定で利用できるキャンプ場です。

7月中旬から8月中旬まで開設される海水浴場も利用でき、

宿泊やデイキャンプも楽しめます。

 

宿泊は1人500円、日帰りは300円ですが、駐車場料金が1台500円必要です。

夜は満天の星空が楽しめることもあり、人気のキャンプ場なので、

お出掛けの際は、早めに出掛けるよう計画を立てておきたいですね。

 

根本マリンキャンプ場

まゆちんさん(@mami_mami_mama)がシェアした投稿

千葉県一の広さを誇る砂浜キャンプ場です。

車で乗り入れることが可能な上、海のすぐそばでキャンプができるため

こちらも人気のキャンプ場となっています。

海水浴場の開催されている期間と同時期に利用可能です。

 

料金は中学生以上が700円、子供が200円です。

キャンプ道具は全て持ち込みです。

場所は広いのですが、砂浜なのでテントを張る時には砂袋が必要です。

 

シャワーやトイレ、炊事場などの設備はありますが、

売店がないので準備はしっかりしていきましょう。

 

砂浜のように柔らかい場所で使えるペグです。

収納袋もついていて、ペグと一緒に洗って何度でも使えます。

もちろん普通の土にも使えるので、常備しておきましょう。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューで盛り上がる食材はコレ!面白い変わり種もご紹介!

まとめ

都心からも比較的アクセスが便利な千葉県で、

格安で楽しめるキャンプ場をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

キャンプをするファミリーが増加いていることもあり、

特色あるキャンプ場も増えてきています。

温泉やシャワー施設が充実しているところも多く、

家族連れや女性も気軽にキャンプが楽しめます。

 

道具はレンタルできるところもありますので、

ぜひキャンプデビューしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク