修学旅行の季節。

学校の友達と行く旅行は、人生の中でもとても大切な思い出になります。

準備万端にして、思いっきり楽しみたいですよね。

 

一昔前は、修学旅行のバッグといったらボストンバッグ等が主流でしたが、

近頃は、修学旅行にキャリーバッグを持っていくことも多くなりました。

修学旅行のためにはじめてキャリーバッグを購入する人も

いるのではないでしょうか?

 

今回は、修学旅行に持っていくキャリーバッグについて、

女子の場合はどんなものを選べば良いか、色やサイズに注目しながら

紹介していきます。



スポンサーリンク





修学旅行で使うキャリーバッグのサイズは?

キャリーバッグの売り場を見てみると、海外旅行に行く人が使うような

とても大きいものから、コンパクトなものまで、さまざまなサイズがありますよね。

修学旅行でキャリーバッグを使うときは、どんなサイズを選べば良いでしょうか。

 

サイズを選ぶには、まず、これから行く修学旅行の期間を考えてください。

2泊3日?

3泊4日?

4泊5日?

当然ですが、期間が長くなるほど、大きなものが必要となります。

 

一般的には、「1泊あたり10リットル」がサイズの目安と言われているため、

2泊3日の修学旅行なら、20~30リットル。

3泊4日の修学旅行なら、30~40リットル。

4泊5日の修学旅行なら、40~50リットル

キャリーバッグが目安と言えるでしょう。

 

ただし、これはあくまでも目安のサイズです。

修学旅行の季節が初夏~夏の暖かい季節なら、着替えも軽装で済みますし、

逆に冬に近づくと、夏よりも服の厚さが増えますよね。

 

ホテルに泊まる場合でなければ、化粧水やクシ、コップに歯ブラシ、ドライヤーなど、

細々としたものも持っていく必要がありますし、

学校によっては、修学旅行に合わせた課題があるところもあって、

普通の旅行より荷物が増えるかもしれません。

 

修学旅行の季節や内容によって、必要な荷物の量も変わってきます。

必要な荷物を揃えて、どれくらいの大きさが必要か確認してから、

キャリーバッグを購入するのがおすすめです。

 

迷ったときは、少しだけ大きなサイズのものを。

(3泊4日なら35リットルから40リットルくらい)

急な荷物が増えたり、帰りにお土産を持って帰るとき、大きさに余裕があると便利です。

 

学校の決まりで、大きさに制限がかかっていることもあります。

そのときは、決まりに従ってくださいね。



スポンサーリンク




修学旅行のキャリーバッグにおすすめのデザインは? 女子向けの色や形、素材など!

キャリーバッグの大きさがある程度決まったところで、

今度はキャリーバッグのデザインを選んでいきましょう。

 

とはいえ、キャリーバッグ売り場には、

素材も色も、様々な種類のキャリーバッグが売っています。

迷ってしまいますが、一体どんなものが良いのでしょう?

 

修学旅行はあくまでも「勉強のための旅行」であるという前提がありますので、

派手な柄のキャリーバッグはあまり適切ではないかもしれません。

学校によっては、「派手な柄のものにならないように」と事前に注意があったり、

指定はなくても、落ち着いた柄を選んでくる修学旅行生が多い傾向にあります。

 

それなら、真っ黒やグレーなどの無地が一番良いのでしょうか?

黒やグレーの無地は一番無難なに見えますが、注意点があります。

それは、「他の生徒のキャリーバッグと見分けがつきづらい」という点です。

 

修学旅行では、クラス全員分のキャリーバッグをバスのトランクに入れたり、

飛行機の荷物受け取り口で自分のバッグを探し出して取るなど、

たくさんのバッグの中から自分のものを素早く見つけなければならない機会が

普通の旅行よりも多くなります。

 

黒やグレーの無地は、女子・男子を問わず

多くが選ぶ柄になりますので、

修学旅行のために新しく買う場合は、違うものにしたほうが良さそうです。

 

修学旅行のキャリーバッグとして適しているのは、

「派手すぎず、だからといって他の人とも重なりすぎない色・柄のもの」

が良いと言えるのではないでしょうか。

 

それから、キャリーバッグを選ぶ際は素材等も考える必要があります。

大きく分けて、キャリーバッグには

「ソフトタイプ」「ハードタイプ」の2種類があります。

 

ソフトタイプは、外装に布などをつかったもので、中身がつまると膨らみます。

中身の量によって大きさの融通がきき、重さも軽めなのが利点ですが、

反面、布であることが多いので、雨には強くありません。

また、外からの刺激で中のものが潰れてしまうこともあります。

 

ハードタイプは、その名の通り硬い素材でできたものです。

外からの衝撃等から荷物を守ってくれますが、少し重いことが多いです。

 

修学旅行では、生徒のキャリーバッグをトランクにつめるために重ねたり、

集団で外を歩くため十分に雨対策ができないことも考えられます。

そのため、雨や衝撃に強い、ハードタイプのものがおすすめです。

 

それでは、実際にどんなデザインのキャリーバッグが良いのでしょうか。

いくつかおすすめ例をご紹介します。

 

金具等に色がついているタイプ

黒やグレーなどの無難な色を選んだ場合も、金具の色が茶色など

すこし違う色使いをしていると、

他の人との見分けも付きやすく、また、おしゃれな印象になります。

遠目からでも自分のバッグが発見しやすいので、修学旅行にもぴったりです。

 

ネイビーやブラウン、ダークレッド等、無地の色付き

無地のシンプルなデザインでも、色が変わるだけで印象はガラリと変わります。

ネイビーやブラウンのキャリーバッグを選べば、

落ち着いた印象で浮くこともありません。

制服で修学旅行に行く場合は、制服やスカーフの色とのバランスも考えて

色選びをするとよりお洒落ですね。

 

外装部分に模様がある

ハードタイプのキャリーバッグは、

外装に凹凸の縦ラインが入っていることが多いですが、

中にはデザインがあしらっているキャリーバッグもあります。

黒などの無地であっても、表面にデザインがあると一気に可愛くなりますね。

 

特に女子は、友人のキャリーバッグの色や柄が気になるもの。

仲の良い友人がいるなら事前に相談しても良いですし、

去年行った先輩に聞いてもいいかもしれません。

修学旅行前に、いろいろ相談をするのも楽しいですよ。



スポンサーリンク




関連記事:帽子で髪型が崩れる!髪がぺちゃんこにならない方法!

修学旅行のキャリーバッグ活用術! 収納の方法や、あると便利なアイテムは?

せっかく選んだ素敵なキャリーバッグ。

修学旅行先で、しっかりつかいこなしたいですね。

 

外側は素敵なキャリーバッグだけど、中を開いたら荷物がぐちゃぐちゃ…

来るときは入っていたのに、帰るときには上手に入らない…

なんてことがあると、せっかくの旅行も少し憂鬱になってしまいます。

 

それでは、キャリーバッグはどのように活用すれば良いのでしょうか?

 

まず、キャリーバッグに荷物をつめるときの基本から。

キャリーバッグにかぎらず荷物をつめるときには、

下の方に重いものをつめましょう。

 

キャリーバッグは、移動するときのように車輪を下にするときと、

トランクや網棚に入れるときのように、平らで広い面を下にするときがあります。

このことを意識して、ドライヤーや本、化粧品などの重いものを

つめていくと良いでしょう。

 

そこから、だんだん上が軽くなるように物をつめていきます。

形が崩れると困るものは、できるだけ上の方に。

衝撃を防ぐ場合は、荷物の真ん中に。

これを意識すると、キャリーバッグの中で荷物がぐちゃぐちゃになることが

ぐっと少なくなります。

 

また、荷物をつめるときには、服などを小分けにできる

「圧縮袋」などを活用すると便利です。

 

これを活用することによって、荷物の容量を小さく出来ますし、

片付けも楽になります。

一部の洋服やタオルなどは、行きにはあえて圧縮袋には入れずに、

衝撃から中の物を守れるよう、クッション代わりに使いましょう。

 

荷物が増えて隙間がなくなったら、それらの服も圧縮袋に入れることで、

容量を調整することもできます。

 

まとめると、

キャリーバッグの向きを意識して、荷物の重さなどで詰める場所を決める

圧縮袋を活用したり、タオルなどをクッション代わりにして工夫する

この2点に注意すれば、荷物の整理にこまることはグッと少なくなります。

ぜひ、活用してください。



スポンサーリンク




関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

修学旅行を最大限に楽しむために、キャリーバッグ選びも重要なポイントです。

 

今回紹介した選び方や、荷物をつめるときの工夫を参考に、

一度きりの修学旅行を、めいいっぱい楽しんでくださいね。



スポンサーリンク