洗剤や漂白剤に記載されている

「混ぜるな危険」

どのような種類の洗剤に記載されているか、

混ぜるとどう危険なのか、ご存知ですか?

 

今回はそんな「混ぜるな危険」と書かれた洗剤について

ご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク





「混ぜるな危険」の洗剤の成分・種類について!塩素系と酸性タイプが危険?

市販で売られている洗剤などによく記載されている

「混ぜるな危険」ですが、どのよう種類の洗剤に記載されているのでしょう。

 

「混ぜるな危険」と注意書きされているものは

基本的に洗剤や漂白剤です。

 

<洗剤の種類>

酸性、弱酸性、中性、弱アルカリ性、アルカリ性の5種類で、

酸やアルカリ性の成分が強ければ強いほど汚れ落ちが良いです。

 

<漂白剤の種類>

塩素系と酸化系の2種類があり、

塩素系は漂白力が強く、しみ抜きに使用されたり、その他にも除菌・殺菌がすぐれており、

カビを落とす洗剤などにも使用されます。

塩素系の漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムが配合されていて、この

成分は塩素を発生しやすい性質があります。

対して酸化系は塩素系に比べ漂白効果は穏やかで、油汚れなどに使用されます。

 

これらの洗剤は2種類以上の洗剤と併用して使用したり、

続けて使用したりしてしまうと

例えば酸系とアルカリ性の洗剤を一緒に使った場合中和され、効果が激減します。

また塩素系のものと酸性タイプのものが混ぜてしまうと有毒なガスが

発生してしまうのです。



スポンサーリンク




「混ぜるな危険」塩素系と酸性タイプを混ぜたらどう危険なの?

塩素系の漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムという成分が

含まれていると上記で説明しましたが、

次亜塩素酸ナトリウムというのは漂白するものに触れると

化学反応を起こし、すこしずつ塩素を放出しその塩素で

白くする効果を発揮するのですが、

次亜塩素酸ナトリウムが酸性タイプのものに触れると

短い時間で大量の塩素を放出してしまいます。

 

そう。

「混ぜるな危険」と表示された塩素系と酸性タイプを

混ぜてしまったときに危険とされているものは

「塩素ガス」のことなのです。

 

塩素ガスが引き起こす症状は

 

<吸い込んだ場合>

独特な臭いの刺激臭で目や鼻、喉に刺激を与えます。

濃度の濃い塩素ガスに長時間さらされてしまうと塩素ガス中毒になり、

死に至ることもあるのです。

 

また、死に至らなくても、大量に塩素ガスを吸い込んだ場合

頭痛や目眩、吐き気などに見舞われることもあるがあるので

十分に注意しましょう。

 

<飲み込んでしまった場合>

少量の場合や症状が軽い場合は

喉が痛くなったり、吐き気や嘔吐などの症状。

大量に塩素を飲み込んでしまった場合、

消化管出血や、肺水腫等の症状が起こります。

 

<目に入った場合>

強烈な熱さ、一時的に目が見えなくなる、目がチカチカする、

涙が止まらない、まぶたが腫れるなどの症状が起こります。

 

<皮膚についた場合>

塩素ガスの高濃度だと塩素で皮膚が火傷してしまうことがあります。

皮膚のただれなどといった症状が起こるでしょう。

 

塩素系と酸性系は何も洗剤同士だけでなく、

日常生活でも混ざりあうことがあるので気をつける必要があります。

塩素系の漂白剤は酸性タイプの洗剤だけに反応するだけではなく

日常に潜んでいる酸性のものとも化学反応をおこしてしまうからです。

 

例えば酢やレモンなどの酸性のものと接触しても

酸性タイプの洗剤と混ぜたときと同じような反応を起こし

塩素ガスを発生させます。

 

そして、実際に塩素系と酸性タイプを混ぜなくても

酸性系の洗剤orお酢などで掃除し、その洗剤を洗い流さないで

塩素系の漂白剤を使用した場合、併用したことで混ぜたことと

同じような反応を起こしてしまう可能性があります。

 

その他にも酸性タイプの洗剤をブラシや雑巾などの清掃用具につけて使用した場合、

その清掃用具で塩素系の洗剤を使ってしまうと

塩素ガスが発生してしまう危険があります。



スポンサーリンク




もし塩素系と酸性タイプを混ぜてしまったら?対処法は?

もし塩素系と酸性タイプを混ぜてしまった場合

どのような対処をとれば良いのでしょう。

 

塩素ガスは濃度が低くても目や鼻、喉、に刺激を与え、

吸いすぎると肺水腫を引き起こす危険があります。

高い濃度の塩素ガスを長時間浴びてしまうと

塩素ガス中毒になり気管支痙攣、肺炎、上気道浮腫

などになり、最悪命が奪われてしまうのです。

 

そんな塩素系と酸性タイプを混ぜてしまった場合、

塩素系と酸性タイプを一緒に使ってしまい塩素ガスが発生してしまった場合は

急いで部屋を換気し、ガスの発生源から離れるようにしましょう。

また塩素ガスは空気よりも重い性質があるので下にたまります。

なるべく高いところの空気を吸いきれいな空気を体内に入れるようにしましょう。

 

目に入った場合や皮膚に付着した場合

水で15分以上洗います。

 

飲み込んでしまった場合

→嘔吐や痙攣が起きていなければ、

すぐに水でうがいをし、水または牛乳を飲みましょう。

 

塩素の致死量は700mlだそうで、間違って塩素系を飲んでしまっても

700mlを飲んでしまう可能性というのはとても少ないです。

しかし飲む量が少なくても塩素は人体に悪い影響を及ぼすことは

間違いないので絶対口に入れないようにしなくてはなりません。

 

小さい子供などは字も読めず、判断力も低いので

口にしてしまう可能性は非常に高いです。

塩素系漂白剤をほかの洗剤と混ぜてしまったり、

口にしてしまったりといった事故は子供に多いので、

子供の手の届かないところに置くことを心がけましょう。

 

万が一子供が塩素系を飲んでしまった場合その影響は大人に比べとても大きく

例え少量だとしても重症化しやすいです。

「混ぜるな危険」の5つの予防方法!

洗剤は2種類以上混ぜない

子供の手の届かないところで保管する

容器は移し替えない

使用するときは換気ができるところで

万が一のことを考え、塩素系の洗剤を使用する際は

ゴーグル、マスク、ゴム手袋などを着用する

 

塩素ガスを吸い込んでしまう事故は

掃除をしている最中に起こることが多く、

主婦などの方が被害に合われる事例が多いようです。

 

保管や使用方法はきちんと把握し、

「とても危険なもの」ということをしっかり頭に

叩き込んでおくことがとても大切だと思います。

関連記事:訂正印の場所は二重線の上?普通の印鑑でいいの?

安全な漂白剤!塩素系じゃなくて酸性タイプの漂白剤?

はじめの見出しでご紹介しましたが、漂白剤は

塩素系と酸性系の二種類あります。

酸性系は汚れに酸素が反応することで汚れが分解されます。

塩素系の漂白剤に比べ漂白力は弱いので洋服用の漂白剤として

商品化されています。

 

塩素系の漂白剤を普段の掃除で使用している方が多いですが、

実は酸性タイプの漂白剤は塩素系の刺激臭も無く、

掃除にも使えるので注目されているんです。

 

例えば茶しぶやコーヒーがこびりついたコップや湯飲み、汚れたまな板の漂白など。

40度以上のお湯2リットルに対し大さじ1杯の酸性系漂白剤をいれ

コップや湯呑、まな板などを浸して一晩つけおきする。

すると次の日にはきれいになっています!

 

トイレの汚れやお風呂掃除などにも使えるので万能ですよ。

しかし即効性はありません。

 

注意事項は

ステンレス以外の金属に使用すると変色したり劣化したりしてしまいます。

洋服についているボタンやファスナーなどの金属も例外ではありません。

金属の部分が剥げてしまったり、色が変わってしまうことはもちろん、

生地にも悪影響なので使用しないほうが良いです。

そのほかにも酸化系漂白剤はシルクとウールには使えません。



スポンサーリンク




関連記事:秋財布はいつからいつまでに買うの?借金がある人がいい?

まとめ

いかがでしたか?

塩素系と酸性タイプの洗剤の併用は危険

ということがわかっていただけたと思います。

 

また日常にも潜んでいるこの危険。

塩素系の洗剤や商品を使用する際は

周り見て、危険なものが無いかを確認してから

使用するようにしましょうね。