氏神様に赤ちゃんの誕生を報告して、

赤ちゃんが健やかに育つようにと祈る、お宮参り。

 

赤ちゃんやパパママにとって

とても大切な行事のひとつになるのですが、

意外と知られていないのが、「誰と行くのか」ということ。

 

パパやママの両親は呼んでいいの?

義両親は呼ばないとダメ?

などなど。

 

そこで今回は、お宮参りには誰と行くのが正解なのか、

詳しく解説していきたいと思います。

 

パパやママはもちろん両親や義両親も晴れやかな気持で

お参りが出来るようにぜひ、チェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク





お宮参りは誰と行くものなの?

生まれた土地の守り神である、氏神様にお参りをする、お宮参り。

 

地域によって違いはありますが、

本来は男の子の場合は生後31日や32日目、

女の子の場合は32日や33日目に

お宮参りをするとされています。

 

とはいえ最近では、赤ちゃんやママの体調、

季節、休日やお日柄などに合わせて

都合のいい日にちに行うことが多いようです。

 

また、最近のお宮参りの流れとしてはお参りを終えたら、

フォトスタジオなどで記念撮影をして

その後に食事会などを催すことも多いそうです。

 

お宮参りだけではなく、

「お参り&家族で楽しく集まる日」となっているようですよ。

 

そんな「みんなで楽しくお宮参り」が

主流の昨今ですが、そもそも本来は

お宮参りとは誰と行くのか、ご存知ですか?

 

お宮参りというと、ベビードレスを着た赤ちゃんや

正装をしているパパやママと一緒に、

祖父母らしき方も一緒にいる様子が思い浮かびますよね?

 

この祖父母は、義両親、両親、どちらなのでしょうか?

ちょっと、気になりますよね。

 

実は、元々お宮参りには古い習慣からのしきたりがあり、

お宮参りに誰と一緒に行くのかについては

ある決まり事があったそうです。

 

地域によって違いはあるものの、昔は、一般的にお宮参りは

 

「ママの両親がお膳立てをして赤ちゃんとパパ、

そしてパパの両親がお宮参りをしていた」

 

そうです。

 

ママにとっての義両親なうえに、ママはお宮参りに行かない!?

 

驚いてしまいますよね!

 

昔は「赤ちゃんはパパ方系の家の孫である」と

されていた為、お宮参りに参加していたのは

ママにとっての義両親のみだったそうです。

 

また、お宮参りとはただ単に赤ちゃんの健康を

祈るだけではなく、氏神様に赤ちゃんの誕生を報告して

赤ちゃんを見てもらうことでもあります。

 

氏神様が守られている地域に、

赤ちゃんも仲間入りさせてもらって

「氏子入り」することが目的でもあるのです。

 

その為、結婚後に夫方の家で祖父母と

同居していることも多かった昔は、

「赤ちゃんと同じ氏神様である義両親と共に

お宮参りをする」というしきたりがあったそうです。

 

ママがお宮参りに参加していなかった理由としては、

 

昔は、お産は「けがれ」と考えられていて

お宮参りの時期である産後1ヶ月は

けがれをはらう為の忌明けがすんでいないと考えられ、

ママは家の中で過ごすとされていたそうです。

 

「けがれ」とは、ちょっと驚いてしまう言葉になりますが、

本当のところは、産後で疲れているママに

無理をさせないようにという考えでもあるようです。

 

その為、お宮参りの際にはママにとっての義両親、

姑となるパパ方の祖母が赤ちゃんを抱っこして

お宮参りに参加するというしきたりもあったそうですよ。



スポンサーリンク




お宮参りは誰と行く?両親は?義両親は呼ばないとダメ?

昔はちょっと驚きのしきたりがあったとされるお宮参り。

正直、ママとしては心中複雑だったりもしますよね?

 

ただ、これは昔の話しで、

現在ではもっと柔軟になっているようです。

 

昔は結婚というと、夫の家に同居することが多かったようですが

最近では同居どころか、同じ土地で暮らすことさえも

少なくなっていますよね?

 

その為現在では「その土地の氏神様と縁がない義両親をわざわざ遠方から

呼ぶ必要はない」とも言われているそうです。

 

とはいえ、義両親も、両親も孫が可愛くて仕方がないはず!

お宮参りを楽しみにされているおじいちゃんおばあちゃんって

多いですよね?

 

なので、最近のお宮参りは先にも挙げたように食事会も兼ねて

「両家が集まる日」としていることが多いようです。

 

具体的に誰とお宮参りをしているのか、

最近のデータを調べてみると

 

1位:赤ちゃん、パパ、ママ、義両親、両親

2位:赤ちゃん、パパ、ママ

3位:赤ちゃん、パパ、ママ、義両親

4位:赤ちゃん、パパ、ママ、両親

 

この場合の義両親とはママから見た場合になります。

ママにとっては気を使う存在の義両親ではありますが、

お宮参りには参加してもらっている方が多いようですよ。

 

これもひとつの親孝行!

 

「呼ばない」などと言わずにパパの為にも義両親もお宮参りに

参加してもらうようにしましょう!



スポンサーリンク




お宮参りは誰と行く?義両親や両親への気配りポイント!

最近のお宮参りは、昔ほど「こうでないといけない」などの

しきたりがなくなってはいるものの、

家によっては「こうするべき」などの

考えや習慣が残っていることもあるそうです。

 

その為、義両親であっても、両親であっても

「こうしなさい、ああしなさい」などの指示や

「これはイヤ、これはダメ」などの不満や文句が

出ることも多々あるそうです。

 

少子化でパパやママがひとりっこだと

義両親や両親の方がパパやママより、

お宮参りに盛り上がってしまうこともあり

中には義両親や両親の兄弟までもが参加することもあるのだとか。

 

皆に祝ってもらえるのは、

赤ちゃんにとっては嬉しい事なのですが

「お宮参りってこんなに大変なの?!」と、

疲れてしまうパパやママもいるそうです。

 

特にママは産後間もなく、授乳や育児に疲れているはずですよね?

出来る限りお宮参りもスムーズに穏やかにしていきたいものです。

 

そこでいくつか義両親や両親への気配りポイントとも言える

注意点を紹介しておきたいと思います。

 

ここを押さえておけばきっと面倒な揉め事や

不満の声は発生しないはず!

 

少し先手を打って楽しく穏やかにお宮参りが

出来るようにしていきましょう。

 

お宮参りでの義両親や両親への気配り「呼ぶ、呼ばない」は統一する

「嫁姑問題は永遠のテーマ」

などとも言われているくらいですから、

時にママにとっては義両親って

ちょっと難しい存在だったりもしますよね?

お気持ち、よくわかります!

 

本音としてはお宮参りも、義両親は呼ばないで、

自分の両親だけ呼んで行ったほうが

気が楽なのもわかります!

 

でも、正解としては

 

義両親、両親、呼ぶならどちらも呼ぶ、

義両親、両親、呼ばないのならどちらも呼ばない!

 

など、統一することが大切です。

 

例えば、義両親や両親の住まいが遠方で

「恐らく来るのは大変だろう」と、

気を使って呼ばない気持ちであるにしても

断られることを承知で、一応お誘いすることがいいようです。

 

もし、どちらも呼ばないのであれば

義両親も自分の両親も呼ばないこと!

 

その場合は、赤ちゃんとパパママだけでお宮参りをして、

おじいちゃんおばあちゃんには

お宮参りの写真を送るといいそうです。

 

可愛い孫の写真にきっとご満悦になられるはずですよ。

 

ただし!疎外感を与えてしまうことはNGなので

写真についても義両親、両親

両方の家に送るようにしてくださいね。

 

お宮参りでの義両親や両親への気配り「自分達が主体」で決めていく

昔は色々としきたりがあったものの、

先にも触れましたが現在のお宮参りは

「家族で楽しく集まる日」の意味合いが濃くなってきています。

 

その為、パパやママが主体となってお宮参りを取り仕切ってしまうのも

お宮参りを穏やかにすませるポイントになります。

 

義両親、両親どちらも孫の誕生を喜び、舞い上がってしまうことが多いそうで、

その流れでつい「あれこれ」と指図したり余計な口出しをしてしまう

おじいちゃんおばあちゃんになってしまうそう。

 

その為、義両親や両親の意見に翻弄されたり、

両家の親の意見との間で板挟みになって、

悩んでしまうパパやママも多くいるそうです。

 

そうならない為には、日程や食事についてなど

義両親や両親の希望を聞きながらも上手に擦り合わせて

自分達で決めていくことがポイント。

 

「自分達が主体でお宮参りをする、余計な口出しは無用!」という

姿勢でいることが大切になります。

 

地域によってはしきたりや習慣などが

残っていることもあります。

 

大事にするべきところは大事にして義両親や両親をたてつつ、

基本的にはパパとママが主体となって

お宮参りを取り仕切ることが成功のポイントになるようですよ。

 

娘や息子のそんな頼もしい姿を両親に見せることも

親孝行になるのかもしれませんよね。

関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

義両親や両親も喜ぶ可愛いお宮参りのベビードレスはコレ!

誰と行くのか、誰を呼ぶとか呼ばないとか

食事の場所を決めたりフォトスタジオを探したり。

 

パパとママは何かと大変なことが多い、お宮参りですが

きっと義両親や両親は可愛い孫の

大切な日を楽しみにしているはずですよね。

 

せっかくですから、可愛い赤ちゃんには

可愛い衣装を用意してさらに義両親や両親を

喜ばせてあげましょう!

 

そもそもお宮参りの主役は赤ちゃん!

赤ちゃんが和装ならパパやママも和装、

洋装ならパパやママも洋装にして

赤ちゃんに合わせるのがマナーになるそうです。

 

赤ちゃんの和装はレンタルを

利用されている方が多いのですが、

洋装の場合は購入している方も多いそうです。

 

そこで義両親や両親もご満悦になること間違いない

人気のベビードレスをいくつか紹介したいと思います。

 

まずは女の子からいきましょう!

 

ツーウェイオール、オーバードレス

ヘアアクセの三点セットのベビードレスです!

 

 

可愛いーっと、思わず声を上げてしまいました!

まさに天使のような可愛さですよね!

 

真っ白なフワフワなドレスに可愛いヘアアクセ!

ツーウェイオールは綿100%なので

赤ちゃんのお肌にも安心!

きっと着心地も優しいはずですよ。

 

おじいちゃん、おばあちゃんも可愛いお孫ちゃんに

メロメロになること間違いなし!

ですよね。

 

男の子にはこちらのタキシードタイプがおすすめ!

 

 

男の子らしいシンプルなデザインが嬉しい、

タキシードタイプのドレスになります!

お帽子も付いていますよ!

 

タキシードはドレスに縫着されているので

着にくさもなさそうですよね!

もちろん生地は綿100%。

 

タキシードにお帽子!

イケメンくんの雰囲気に義両親や両親もきっとご満悦!

 

可愛い赤ちゃんに可愛いベビードレスを着せて

みんなが嬉しい楽しいお宮参りにしてくださいね!



スポンサーリンク




関連記事:マザーズリュック大容量で軽いのは?かわいいおすすめはコレ!

まとめ

お宮参りには誰と行くのか、

義両親や両親は呼ぶのか呼ばないのか、

などを詳しく見てきました。

 

お宮参りの古い歴史には少し驚いてしまいましたが、

今は食事会も兼ねた「みんなで楽しいお宮参り」が

主流になっているようで安心しましたよね!

 

とはいえ、赤ちゃんはもちろんママは出産後はじめての

外での大きなイベントですから体調には十分留意してくださいね。

ご家族皆様が笑顔でお宮参りが出来ることを祈っています。

 

素敵なお宮参りになりますように。