お気に入りの洋服に毛玉ができているのを見つけると、ガッカリですよね。

取っても取っても次々発生する毛玉は見た目にも悪いですし、

折角のお気に入りでも人前に着ていくのを躊躇ってしまいます。

 

実は、洋服には毛玉ができやすい素材・できにくい素材というものがあって、

買う時点で毛玉ができやすいかどうかがわかるんです。

どうせ買うなら、長く着られる洋服が良いですよね。

 

そこで今回は洋服にどうして毛玉ができるのか、

毛玉ができやすい素材・できにくい素材とは何なのか、

毛玉の予防法について解説していきます。



スポンサーリンク





毛玉はどうしてできるの?毛玉ができやすい素材は?

お気に入りの服に毛玉ができると、

見た目はもちろん、肌触りも悪くなるし嫌になりますよね。

できた毛玉を地道に取るのも面倒ですし、

どんどん生地が薄くなってしまいそうで怖いという方もいるでしょう。

 

そもそも、一体どうして服に毛玉ができてしまうのでしょうか。

その原因の一つは「素材」、そしてもう一つは「摩擦」です。

 

毛玉の正体は、毛羽立って絡まった繊維のカタマリです。

そのため、元々毛羽立ちやすい素材の服や、

同じ服でも摩擦が起こりやすい部位に毛玉ができやすいと言えます。

 

毛玉ができやすい素材の代表格と言えば、

ウールなどの動物線維や、ウールの代わりとして使われるアクリルなどが挙げられます。

セーターやカーディガンなどのニット製品によく使われる保温性に優れた線維ですが、

同時に毛玉ができやすい素材とも言えるということですね。

また、起毛素材もその名の通り毛羽立った毛が絡まりやすく、

毛玉ができやすい素材と言えます。

 

そして、天然繊維と化学繊維が混ざっている洋服も毛玉ができやすい素材になります。

一つ一つは良い素材であっても、

それらを混ぜ合わせてしまうと毛羽立ちやすくなってしまうのです。

 

ちなみに天然繊維の代表としては、綿、麻、ウール、シルク、カシミアなど、

化学繊維なら、ナイロン、レーヨン、アクリル、ポリエステルなどが挙げられます。

洋服を選ぶ際に毛玉ができやすい素材かどうかを事前に見極めておくのも、

毛玉で悩まないためには大切になると思います。

タグを見るときには素材名単体だけでなく、

天然繊維と化学繊維が混ざっていないかどうかもチェックしてみてくださいね。

 

また、毛玉ができやすい素材の名前を覚えておくのも良いですが、

そもそも洋服に使われる素材の名前はたくさんありますし、

アクリル〇〇%などの割合まで気にし始めると訳が分からなくなってきますよね。

 

そんなときは触った感触も参考にしましょう。

よりスベスベでツルツルな方が毛玉のできにくい素材ですので、

2択で悩んでいるときなどには、感触も判断材料の一つに出来ると思います。



スポンサーリンク



毛玉ができにくい素材を紹介!

どうせ買うなら、毛玉ができにくい素材の洋服の方が良いですよね。

続いては、毛玉ができにくい素材について解説していきます。

 

毛玉ができにくい素材の代表としては、綿や麻、シルクなどが挙げられます。

ただ、これらに化学繊維が混合されていると

途端に毛玉ができやすい素材になってしまうので

麻100%、シルク100%といったものを選ぶ必要があります。

 

防寒のための洋服にはなかなか麻やシルクは使われていないので、

ニット製品などを選ぶときには「綿100%」が一番おすすめになります。

 

ただ、真冬などの防寒には綿ではちょっと物足りない…という方は、

やはり毛玉覚悟でもウールなどの動物性繊維のセーターなどが欲しくなりますよね。

 

しかし実は、ウールと一口に言っても

カシミアや羊毛、アルパカやモヘアなどなど、様々な種類があります。

この素材によって繊維の太さが異なり、

カシミアが細く、次いで羊毛、アルパカ、モヘアの順に太くなります。

 

動物性繊維は毛玉ができやすい素材ということには変わりないのですが、

繊維が細いと、できた毛玉が知らないうちにポロッと切れていることが多いので、

見た目的には毛玉があまりついていないように感じます。

逆にモヘアのような太くて頑丈な繊維だと、できた毛玉がずっと洋服についたままなので、

どんどん毛玉が溜まって目立つようになるのです。

 

なので、カシミアやキャメルのような繊維の細い動物性繊維の洋服を選ぶと、

毛玉があまり目立たずに防寒ができると思いますよ。

関連記事:加湿器で結露が窓に!対策や結露しにくい加湿器について詳しく解説!



スポンサーリンク



毛玉を予防するには?便利グッズも紹介!

毛玉ができやすい素材とできにくい素材を学んだところで、

最後にまとめとして洋服の毛玉を予防する方法を紹介していきます。

 

毛玉の予防には、まずはやはり毛玉ができにくい素材選びが大切です。

天然繊維100%の洋服は混合されたものに比べると少し値段が高くなってしまいますが、

毛玉の手入れの手間も少なくなりますし、長く着られることがメリットです。

安物買いの銭失いではありませんが、

冬の暖かい服は少し値が張ってでも良いものを選ぶのが良いでしょう。

 

そして、忘れてはならない毛玉のできる原因の根源は、摩擦です。

どんな服でも、そのままハンガーにかけて置けば毛玉はできません。

その服を着て活動する摩擦、その上から上着を着る摩擦などなど、

日常のあらゆる動きがその洋服の毛玉を生んでいるのです。

また、洗濯なども大きく摩擦がかかる原因の一つです。

その日々の摩擦が積み重なって、毛玉が生まれるというわけですね。

 

そのため、毛玉の予防にはこの摩擦をいかに減らすかも大切になります。

同じ洋服を続けて着ることは避けた方が良いですし、

外出から戻ったら速やかに着替えるのも毛玉予防には大切です。

 

洗濯するときも、毛玉予防としての理想は浸け置き洗いや優しい手洗いです。

洗濯機で洗うならば、必ず洗濯ネットに入れて専用の優しいコースで洗いましょう。

ネットに入れるときも、洋服を裏返して入れると表側の毛玉予防になります。

 

ただ、やはり摩擦を完全にゼロにすることは不可能です。

なので、一番の毛玉予防策は、着用後や洗濯前後にブラッシングを行うことです。

摩擦によって毛羽立ち、絡まり始めた繊維を、

着終わったあとに解してあげるということですね。

この「摩擦を蓄積させない」という姿勢が、最も大切な毛玉予防になります。

 

浅草アートブラシ

毛玉取りブラシと洋服ブラシが1本になった、

毛玉対策・予防にピッタリのブラシです。

優しい天然動物毛を使用しているので洋服にも負担をかけず、

毛玉を取りながら毛並みを揃えてくれます。

簡単な手入れですが、これだけでの洋服の寿命も延びます。

職人が仕上げた持ち手のフィット感も良いので、手入れを続けても疲れません。

 

undeg 毛玉予防スプレー

毎回ブラッシングするなんて面倒だ!という方には毛玉予防スプレーがおすすめです。

着る前にスプレーしておくだけで、

衣類を摩擦から守り毛羽立ちを抑制、毛玉予防ができちゃいます。

ウール、カシミア、アンゴラ、モヘア、コットン、アクリルなど、

水に弱い繊維以外にはなんでもスプレーできるのでとても便利です。

スプレー自体は無香料なので、柔軟剤や身につける香水の邪魔もしません。

関連記事:混ぜるな危険の洗剤の成分・種類は?塩素系と酸性タイプが危険?



スポンサーリンク



まとめ

洋服の毛玉は、日々の摩擦の蓄積によってできてしまいます。

また、洋服の素材によっての毛玉のできやすさは変わるので、

毛玉の予防は、洋服を選ぶ段階ですでに始まっているのです。

安いものを買って、毛玉だらけになったから買い直す…では結局損ですよね。

 

多少値が張っても良い素材のものを選べば、

買った後も手入れを続けることで、毛玉を予防しながら長く着続けることができますよ。

関連記事:新幹線の乗車券と特急券の違い!改札の通過の仕方も詳しく解説!



スポンサーリンク