秋も深まる10月。

暑い日も少なくなり、木陰や夜は涼しいか少し肌寒く感じられる季節ですね。

木々も緑から茶色や黄色などに色づき始め、紅葉が少しずつ進んできますよね。

 

そんな10月にはどんなことがあるのでしょうか。

いくつか紹介していきましょう。



スポンサーリンク





10月の風物詩といえば?

10月と聞いて、ぱっと思い浮かぶことは、「秋」ですね。

9月の日中ほどの暑さもなく、風も心地よいものに変わったりして、

「秋」を徐々に感じられる時期ではありますよね。

では10月にはどんな風物詩があるのか、紹介していきましょう。

 

紅葉

秋といえば、紅葉の季節ですよね。

木々の葉が夏の緑から赤や黄色へ変わっていくその様は、とても綺麗ですよね。

一般的に、紅葉するのは落葉樹とされており、落葉の前に色づきます。

 

10月がおおよその地域で紅葉するため、紅葉=10月というイメージになっていますが、

北海道は一足早く9月に紅葉のシーズンを迎えます。

そしてそこから見頃が南下していく「紅葉前線」が天気予報などで伝えられます。

 

サンマ

秋の味覚の代表格であるサンマですが、漢字で書くと「秋刀魚」ですね。

この由来は、秋が旬であることと、銀色で細い形で刀を連想させることから、

この漢字になったと言われています。

 

秋のサンマは、脂がのっていて、塩焼きが一番有名な食べ方です。

サンマには脳梗塞や心筋梗塞などを予防する効果があるとされており、

また体内の悪玉コレステロールを減らす作用や脳細胞を活発化され、頭の回転が

良くなるといわれています。

 

衣替え

季節に応じて、服を替えることですが、一般的にはタンスなど収納場所にある服を

入れ替えたりすることですね。

ではこの衣替え、いつからやっていたのでしょうか。

衣替えの始まりは、実は平安時代の宮中行事だったのです。

そこから民間に広がり、江戸時代に着物が増えたため、衣替えを制度化したのです。

 

明治時代に軍人や役人の制服の衣替えの時期が制定され、学生服や一般の人に広まり、

定着していったとされています。



スポンサーリンク



10月の行事といえば?

では行事は何を思い浮かべますか?

いくつか紹介しますので、自分の経験の中ではどんなことをしたか、

思い出してみてください。

 

運動会

そもそも運動会は明治時代から行なわれており、当時は「運動会」という名前ではなく、

体育大会、競闘遊戯会、体操会などという名称で行なわれていました。

 

現在は、中学校や高校では「体育祭」と呼ばれるところが多く、その他では

運動会・体育大会・スポーツ大会など、多様な呼び方をしています。

 

また、行なわれる時期も、昔は10月がもっとも多かったのですが、最近は

5月や6月に行なわれるところも増えてきました。

 

何故かというと、秋であれば練習するのは、夏がメインですよね。

昨今の夏の異常な暑さで熱中症などが起きるのを防ぐため、

秋には文化祭などがあるため、

また地域によっては台風などの自然災害が多発する時期でもあるため

などと理由は様々です。

しかし、まだまだ、秋に運動会を行なうところは多いですね。

 

十三夜

9月には十五夜がありましたね。

そのおよそ1カ月後にあるのが、十三夜です。

日にちは毎年変わるのですが、大体10月20日前後となります。

 

十五夜は「中秋の名月」と言うことに対し、十三夜は「後の名月」と言われます。

また、十三夜も十五夜と同じでお月見を行なう日とされ、同じようにススキや

お団子を供えます。

他には秋の農作物(栗など)や秋の七草を供えることもあるようです。

 

ちなみに、十五夜と十三夜、両方でお月見をするのが縁起が良いとされています。

十五夜は多くの方がお月見をすると思いますが、それでは「片月見」と言われ、

縁起が良くないようなので、十三夜も行ない、縁起を担ぎたいですね。

 

文化祭・学園祭

学生時代に行なうお祭りですよね。

一応、文化祭とは生徒の日常の活動成果を発表する目的とされています。

ですので、幼稚園や小学校などでは学芸会・学習発表会・生活発表会、などと

言われることが多いです。

そして、中学校や高校・大学となると、文化祭・学園祭と称することが多いですね。

 

文化祭は、仲間と目的を持って、様々な共同作業を行なうことにより、

仲間との絆や達成感を味わうことが出来ます。

学校内の生徒や先生だけで楽しむ学校もあれば、外部の方(保護者や周辺住民、他校の

生徒など)も参加できる学校もあり、それぞれ特色を打ち出して、楽しんでいます。



スポンサーリンク



10月の行事食といえば?

では食事に関しては、どういったものがあるのか、代表的なものを紹介しましょう。

 

栗ご飯

秋になると、お店でも栗ご飯のメニューがたくさん出てきますよね。

でもなかなか自宅で栗ご飯をする家庭も少なくなったのではないでしょうか。

 

家庭では、なかなか生の栗を手に入れる機会も少なくなったり、栗の処理が少し

面倒だと感じる人が多くなり、下処理された栗を購入して栗ご飯を炊く家庭が

多いと思います。

 

ご飯は、栗を丸ごと使い、ご飯自体に少しだけ塩が入っているので、なおさら栗の甘みが

感じられるようになっています。

 

豆腐

なぜお豆腐が10月の行事食かわかりますか?

10月2日が豆腐の日なのです。

とう(10)ふ(2)で、豆腐の日となるのです。

 

これは1993年(平成5年)に日本豆腐協会が記念日として制定されました。

大豆の効能がすべて含まれており、消化も良いので胃腸が弱っている時には

とても効果があります。

 

イワシ

先ほどの豆腐と一緒で、10月4日がイワシの日とされました。

これは1985年(昭和60年)大阪府多獲性魚有効利用検討会で、イワシの日と

制定されたのです。

 

なぜ大阪かというと、大阪湾はイワシ類が大量に獲れるらしく、アピールするために

イワシの成分などをアピールするために、制定されたのです。

特にイワシは脳細胞を作るDHAが豊富に含まれている魚です。

関連記事:加湿器で結露が窓に!対策や結露しにくい加湿器について詳しく解説!

10月にはどんなイベントがある?

では一体、どんなイベントが行なわれているのでしょうか。

 

体育の日

体育の日が制定されたのはいつかご存知ですか?

1966年(昭和41年)なのですが、この2年前、つまり1964年(昭和39)年に

東京オリンピックが行なわれ、その開会式が10月10日でした。

それを記念して、1966年から10月10日を体育の日とし、祝日とされました。

しかし、2000年(平成12年)から体育の日は10月の第2月曜日となりました。

 

では、この体育の日に何が行なわれているのでしょうか。

やはり、スポーツに関するイベントが多く行なわれています。

そのいくつかを紹介します。

 

  • 出雲全日本大学選抜駅伝

1989年から毎年体育の日に行なわれている駅伝です。

海外の大学を招待していることで有名で、サンフランシスコ州立大学や韓国大学選抜

チームなどが参加しています。

この駅伝が大学駅伝のシーズン幕開けとなり、大学三大駅伝の1つとなっています。

ちなみに大学三大駅伝のあと2つは、「全日本大学駅伝」「箱根駅伝」です。

 

  • 新宿スポレク

新宿エリアで開催されるスポーツ・レクリエーションイベントで、子どもから

お年寄りまで参加できるイベントです。

新宿コズミックセンターや新宿スポーツセンターなどが会場となり、

一流アスリートによるイベントや、区内で活動する団体が行なう体験コーナーなどが

ほぼ無料で体験できるのです。

 

  • サイクル耐久レース

岡山国際サーキットで開催される自転車による耐久レースです。

時間も2時間・3時間・5時間とあり、チームだけでなくソロ参加も可能です。

また、キッズやファミリー、ママチャリなどのレースもあり、

家族から本格派まで楽しめるイベントです。

 

鉄道の日

鉄道の日があったことをご存じでしたか?

これは10月14日で、日本初の鉄道が開業したのが1872年の10月14日だった

ことから、この日を鉄道の日とされました。

各地で日にちはこの日前後とバラバラですが、鉄道の記念イベントが行なわれています。

 

  • 「鉄道の日」フェア(長野県)

運転シミレーションが出来たり、ラッピングカーの展示がされていたり、出店があったり、

スタンプラリーが出来たりと、子どもも大人も楽しめるイベントです。

抽選で新幹線の体験乗車が出来ることもあり、毎年様々な体験をさせてもらえます。

 

  • 黒部峡谷鉄道 鉄道の日イベント(富山県)

黒部峡谷を走るトロッコ電車の車庫を見学出来たり、手漕ぎトロッコに乗れたり、

犬釘打ち体験が出来たりと、普段出来ない体験が出来ます。

また鉄道くじも販売され、毎年人気となっています。

 

  • トレインフェス(高知県)

車両基地が無料開放となり、普段立ち入れない場所に入れます。

車両の連結・解放が見れたり、緊急時の後の点検車両に乗れたり、

整備の方と床下見学や洗車体験が出来たりと、普段見れないところが見れます。

 

ハロウィン

10月と言えばハロウィン、と称されるほど、ここ数年で定着しました。

ハロウィンの始まりはアイルランドやスコットランドで、古代では11月1日が

新年だったため、前日の10月31日は死者が家族に会いに来るとされ、

悪霊も来るとされていました。

その悪霊が悪さをするので、驚かせて追い払おうと仮面を被ったりしたことが始まりです。

 

ちなみに、ハロウィンではかぼちゃをくり抜いてランプのように使っていますが、

アイルランドではカブを使用するのです。

アメリカに伝わった際に、カブがあまり馴染みがなかったので、豊富なかぼちゃで

定着したと言われています。

関連記事:秋財布2018の購入時期!購入日のおすすめはこの日!



スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか。

10月は、食欲の秋と称され、様々な美味しいものが出来てきました。

 

そんないろんな食物が収穫出来る時期ですから、いろいろなものが

食べられることに、感謝をして、たくさんのものを食べたいですね。

関連記事:秋財布はいつからいつまでに買うの?借金がある人がいい?



スポンサーリンク