お風呂を使っていると、いつのまにか溜まっている白い汚れ。

洗剤でゴシゴシこすってもなかなか取れないことも多くて、

困りものですよね。

 

お風呂に出る黒い汚れやヌメヌメした汚れとも、種類が違うみたいで、

一体どうやったら上手に取ることができるのか、困った経験はありませんか?

 

今回は、そんなお風呂にできる白い汚れについて、

白い汚れの発生の理由から、効率的な取り方、

掃除に最適なものなどを解説していきます。



スポンサーリンク





お風呂の白い汚れの正体は?

お風呂を使っていると、気づいたら溜まっている白い汚れ。

ぼんやりした白い汚れが最初は溜まっていると思っていたら、

いつのまにかとっても硬く厚い汚れになってしまっていた、ということも。

 

この汚れの正体は一体何なのでしょうか?

カビ?シャンプーやリンス、石鹸などの汚れ?それとも……?

 

白い汚れの正体は、実は「水道水に含まれるミネラルなどの成分」です。

家庭で使う水道水の中には、水はもちろん、様々なミネラル成分が入っています。

カルシウムなどの水道水に溶けたミネラル分が、

水道水が蒸発したあとに残ってしまったのが、白い汚れの正体です。

 

また、洗い流しそこねた石鹸があると、石鹸とカルシウムが反応して、

より強い「石鹸カス」として残ってしまうこともあります。

 

お風呂やタイルの端など、水が残りやすい部分に白い汚れが溜まりやすいのは、

汚れの成分が水道水に含まれる成分だからだったんですね。

 

この汚れは、お風呂によくできる汚れとしてもう一つ代表的な、

黒っぽい汚れ、ヌメヌメした汚れとは種類が異なります。

こちらの汚れは身体を洗った時などにでた皮脂や垢が元になったもので、

細菌やカビなどの繁殖の元にもなりやすい汚れです。

 

一般的に、水道水に含まれるミネラル分からなる白い汚れは「水垢」、

皮脂や垢などの汚れからなる黒い汚れは「湯垢」と言われることが多いです。

 

掃除をするときに、汚れについて覚えておくと良いのは、

汚れの「性質」です。

汚れが「酸性」であれば、「アルカリ性」のものをかけ、

逆に汚れが「アルカリ性」であれば、「酸性」のものをかけると、

お互いの性質が中和されて汚れが取れやすくなるのです。

 

市販されているお風呂用洗剤は、「中性」のことが多いです。

これは単純にアルカリ性・酸性両方の軽い汚れを取るのには向いていますが、

頑固な酸性汚れ、アルカリ性汚れを取るのには力不足のことも。

 

白い汚れは「アルカリ性」のミネラル分が沢山重なってできるものなので、

「お風呂用の中性洗剤を使っても、なかなか取ることが出来ない!」

という事態になってしまうことも多いのです。

 

ちなみに、黒い汚れは逆に酸性の汚れ。

ヌメヌメした感覚もあるため、黒い汚れは目立ち始めるのが比較的早いので、

あまりひどくなりすぎないうちに中性洗剤で対応できることも多いですが、

もしもひどくなりすぎた場合は、アルカリ性の掃除用具を使うと効率的です。

 

今回は白い汚れへの対処方法が中心なので、

酸性の掃除用具と、効果的な使い方についてご紹介していきます。



スポンサーリンク




お風呂の白い汚れの取り方は? 重曹や酢、クエン酸を使うと良いって本当?

お風呂の白い汚れの正体は、水道水に含まれる「アルカリ性」のミネラル分でした。

それでは、実際に白い汚れを取るためには、

どんなものを使えばよいのでしょうか?

 

「アルカリ性」の汚れを落とすためには、「酸性」のものが効果的です。

一番のおすすめは、クエン酸。

こちらで紹介しているのは掃除用のクエン酸粉末ですが、

食用のクエン酸があるならそちらを利用してもOK。

食用に使うこともあるので、安全性の面でも安心です。

 

また、クエン酸がない場合にすぐに対応したいなら、

お家のお酢を使うことも。

クエン酸よりもお酢っぽいにおいが掃除中に気になることもあるかもしれませんが、

安全な酸性の液体のため、

昔からお酢は水回りの掃除に使われてきました。

しっかり洗い流せば、においなども問題ありません。

 

クエン酸やお酢の使い方は、実はとても簡単です。

まず、水とクエン酸を混ぜたり、お酢を水で薄めたりして、

酸性の水をつくります。

分量は、クエン酸なら水100ミリリットルに小さじ1杯程度。

 

白い汚れが気になる部分の範囲があまり広くない場合は、

スプレー容器などに作った酸性の水を入れ、汚れに吹きかけます。

その後、ラップなどで汚れの部分を覆い、3時間以上置いておきます。

3時間以上経過したら、スポンジなどでこすりながら水を流せばOK。

これだけでピカピカになります。

 

白い汚れがかなり分厚く固まってしまっている場合は、

キッチンペーパーやティッシュペーパーなど、水を多く含む紙を

酸性の水をふきかけた部分に更に重ね、その上からラップをすればOK。

こするときに少し目の荒い、硬めのスポンジを使ったり、

古いジーンズ生地を使うとより落ちやすくなります。

 

お風呂の床など広い範囲にうっすらと広がった白い汚れは、

同じように酸性の水をまんべんなく上からかけて、

ラップなどをかけずに暫く置き、暫くしてからブラシなどでこすりつつ

水で洗い流せば綺麗になります。

 

小物や浴槽を一気に洗いたい場合は、

お湯を張った浴槽にそのままクエン酸やお酢を溶かして、

その中に小物を入れて漬け置き、3時間以上経過してから水でしっかり流します。

 

これらを行うと、白い汚れはかなり綺麗に落とすことができますよ。

ポイントは、クエン酸やお酢の成分を、

蒸発しないように注意しながら3時間程度つけたままにしておくこと。

アルカリ性の汚れを中和するための時間が必要だからです。

 

ところで、よくお掃除に使われる「重曹」は、

白い汚れには使えないのでしょうか?

重曹の用途を見ても、「浴槽の洗浄」が入っています。

生活の中の様々な掃除場面で使える重曹は、今回も有効なのでは?

 

答えは、「白い汚れについては、使ってもあまり効果的ではない」です。

 

重曹の性質は「アルカリ性」。

今回の白い汚れもアルカリ性なので、同じ性質で、汚れを中和することができません。

ただし、お風呂の汚れには白いアルカリ性の汚れだけでなく、

黒ずみやヌメヌメした汚れなど、酸性の汚れもあります。

このような酸性の汚れに対応するには、アルカリ性の重曹が最適です。

 

お風呂の白い汚れと黒い汚れ、両方を完璧に綺麗にしたい!という場合には、

クエン酸などの酸性のものでアルカリ性の汚れを綺麗に落として、

その後に重曹で酸性の汚れも落としてしまうと良さそうですね。



スポンサーリンク




関連記事:綿とポリエステルの違いは?暖かさや毛玉・しわについて詳しく解説!

お風呂の白い汚れを取るためにクエン酸やお酢を使う時の注意点は?

クエン酸やお酢を使うと、お風呂の白い汚れが綺麗になることがわかりました。

これらをつかっていざお掃除をするときに、

注意するべきいくつかのポイントをご紹介します。

 

1つ目の注意点は、

「お風呂でつかわれている素材が、酸性に弱いものでないか注意する」こと。

鉄や大理石などの素材は、一般的に酸性に弱いと言われています。

 

そもそも「錆び」とは「金属が酸化すること」です。

よって、一般的に「錆びやすい」といわれる素材は、酸性に弱いです。

水道の蛇口部分のような場所は

錆びにくくするために酸性にも強い加工がされていますが、

浴室で使っている小物の中には、そうではないものがあるかもしれません。

使うときには十分注意してください。

 

また、大理石などの素材は錆びではありませんが、

酸性のものをつけると変質してしまいます。

大理石を使った浴室の場合は、日頃から丁寧に掃除をしておいて、

白い汚れがたまらないようにするのが一番です。

 

2つ目の注意点は、

「掃除したあとは綺麗にすべて洗い流す」こと。

 

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、

普通の中性洗剤でお掃除すると、うっかり隅の方に洗い落としがあることも。

酸性のものを使うときは、

鉄や大理石でなくても、あまりに長期間を置きすぎると

素材にダメージが入ってしまう可能性があります。

 

もちろん、クエン酸やお酢はあまり強い酸性ではないので、

大事になることはほとんどありませんが、

せっかく掃除したのに、へんな汚れや傷になってしまう可能性は

少しでも少なくしたいですよね。

掃除のために吹きかけた部分は、入念に洗い流すように気をつけましょう。

 

3つ目の注意点は、

「アルカリ性の掃除用具と混ぜるのは避ける」こと。

 

さきほど、「重曹」でお風呂の酸性汚れを落とすこともあるため、

アルカリ性の汚れをクエン酸やお酢で落とした後に、

酸性の汚れを重曹で落とす、という方法をお伝えしました。

 

しかし、重曹とクエン酸やお酢を同時に使うことは避けてください。

アルカリ性と酸性のため、この2つも同時に使うと中和されてしまいます。

重曹とクエン酸やお酢であれば有害なものは出ませんが、

それぞれの効果が打ち消されてしまうことも考えられます。

 

市販されている、「重曹+クエン酸の効果!」とうたわれた洗剤は、

そのために調整された洗剤ですので、

それぞれ単体で使うときは、順番に使うようにしてください。



スポンサーリンク




関連記事:加湿器で結露が窓に!対策や結露しにくい加湿器について詳しく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お風呂によく発生する白い汚れについて、

白い汚れができる理由から、

その効果的な取り方まで、詳しく解説しました。

 

これまで白い汚れがなかなか取れなくて悩んでいた方は、

クエン酸やお酢をぜひ使ってみてください。

びっくりするほど簡単にきれいになるので、

お風呂掃除も楽しくなるかもしれません。

 

上手にクエン酸やお酢を使って、綺麗な浴室にしてくださいね。