お通夜やお葬式で参列者が持参する数珠。

色々な色で売られている数珠ですが

決まりはあるのでしょうか?

 

色によって意味があるのか、

また房の色も決まっているのか

など数珠に関してのあれこれを

今回は詳しくご紹介したいと思います!



スポンサーリンク





お通夜に持っていく数珠ってどういう意味があるの?

数珠(じゅず)は全国的に使われている仏具のことです。

お通夜や葬式で唱える念仏の時に、回数を数える為に使われることから、

「念珠」と呼ばれることもあります。

数珠はお通夜や葬式で合掌をするときに手にかけたり、

音を出すように揉んだりするために使うものです。

 

数珠を手にかけ、心を込めて合掌をする事で、

「功徳を得る」と言われているのです。

また、数珠は持っているだけで魔除けや厄除けになると

言われているようなので常時携帯しておくと良いと思います。

 

一般的に数珠の珠の数は108個ついた「本式数珠」

というものを使用しますが宗派によって様々なので

使用する際は身内に訪ねてみると良いかもしれません。

 

また今は略式数珠と言って珠が108個ではなく

54個、36個、27個の数珠も売っています。

自分の宗派がわからない、という方には略式数珠を持っておくと良いでしょう。

 

持ち方は基本的に左手に数珠をかけ、

合掌する際は右手を左手に添えるようにし手を合わせます。

また両手に数珠をかけて合掌する方もいます。

数珠の輪に手を通すことで、仏の世界と自分を結ぶことができるそうです。

数珠の握り方は宗派によって異なるので聞いてみてくださいね。

 

数珠はお通夜や葬式に必要かと疑問に思う方がいるかと思いますが

数珠を持って葬儀やお通夜に参列することがマナーとされていて

社会人にとっては、きちんとしたな服装と一緒に

持っていかなくてはいけない必須のアイテムなんです。

 

数珠は、自分の身代わりにもなるもので、

簡単にいえばお守り、自分の分身なのです。

そのため、数珠は貸し借りをするようなものではありません。

自分の数珠がない場合は略式の数珠を購入するか、

自分の宗派の本式数珠を購入するといいでしょう。



スポンサーリンク




数珠の珠や房の色について!お通夜にNGな色ってあるの!?

数珠の珠というのは石や木で出来ており、多くの素材が使われています。

数珠は持ち主のお守りなので女性の数珠の場合は珠も房も

基本的に好きな素材や色から選ぶことができるそうです。

ちなみに数珠の素材は「水晶」は千億倍の福があると言われているので

パーツとして使用される定番のようです。

 

<数珠に使われている素材>

・木の実

・天然石

・香木

・木

・象牙

・琥珀

・珊瑚

・真珠

・ガラスやプラスチック

 

房は「頭付房」「紐房」「切り房」「梵天房」の

4種類があり、これも好みで選んでもいいものです。

しかし「紐房」は男性のみと決められているようですね。

 

房の素材はシルクのものと人工的に作った化学繊維が

ありますが見た目はほとんど一緒です。

シルクは肌触りもよく光沢もきれいなので

人工繊維と比べると金額も全然違ってきます。

 

色に意味があると思われがちですが、

実際は色に意味があるというよりは

使っている「石」や「木」に意味が込められているので

素材を選ぶ際は調べてから選ぶと良いかもしれません。

 

しかし地域や慣習によって色が自由ではない場合もあります。

東海や北陸地方などは、葬儀・お通夜、法事、慶事の時に

別の色を使わなくてはいけないようで

葬儀・お通夜…房は白で球は透明

法事…色のついた珠と色のついた房。

慶事…

と言ったように使い分けるそうです。

一度自分の地域はどのようになっているのか聞いてみると良いかもしれませんね。



スポンサーリンク




数珠には男女に違いはある?お通夜にはどんな数珠を使うといいの?

数珠には男性用と女性用に分かれており、

男性用の数珠を女性が使ったり、

女性用の数珠を男性が使ったりすることはありません。

 

男性用の数珠は女性用に比べ一つ一つの珠が大きく、黒や茶色など

落ち着いた色が多いです。

女性用は男性用の数珠に比べると珠が小さく、色も明るいです。

 

男女兼用の数珠というものは存在しないので注意してくださいね。

 

こちらは男性用の略式数珠です。

珠の素材は緑檀(生命樹)というものを使用しており

房は正絹で頭付房です。

職人が手作りしている数珠になっています。

 

こちらは女性用の略式数珠です。

本水晶と紅水晶で仕立てています。

色は親玉と二点玉にピンクの紅水晶を使用しており、

房もピンクの頭房で仕上げてあります。

 

数珠の種類は

「本式数珠」と「略式の数珠」の二種類あり、

本式数珠は珠が108個付いていて二連にして使うものに対し

略式数珠は数珠の基本的な形を守って作られた数珠なので

宗派や場所を選ばず使えるものなっています。

 

自分の宗派を知っている方は本式数珠を持っていたほうが良いですが

現在は数珠を買う人の7割ほどが略式数珠を選ぶようです。

本式数珠の場合、他の宗派の葬儀やお通夜に参列する際に

持っていっても問題はありませんがあまりいい顔を

しない人がいるかも知れません。

 

身内や自分の宗派と同じ人の葬儀やお通夜などに参列する際は本式数珠を使用し、

他の葬儀やお通夜などに出席する際は略式を使うなど使い分けている方もいるそうです。

 

こちらは女性用の曹洞宗用本式数珠です。

本真珠を使用しており、房は正絹の頭付房が付いています。

色を選べる数珠袋も付いており、

プレゼントにも最適な商品です。

関連記事:葬式のハンカチの色は?白でもいい?男性と女性で違う?

数珠の紐が切れてしまった!縁起が悪い?

ブレスレットやネックレスが切れてしまったり

鏡が割れてしまうなど、物が壊れることを

縁起が悪いと思う方はたくさんいらっしゃいますよね。

 

中でも自分の分身や、お守りと言われている

数珠が切れてしまったら当然驚き、不安になるはずです。

 

しかし大丈夫!

数珠が切れるということは縁起が悪いことではないのです。

数珠が切れてしまったときは仏様が

「障害を事前に取り除いた」「厄を切った」

と考えるといいそうです。

 

しかし、数珠が頻繁に切れる、というときは

御自身の菩提寺に相談すると良いかもしれませんね。

 

お通夜や葬式の途中で切れてしまった場合、

亡くなられた方の「未練」などが数珠を切ってしまう

という可能性があるそうです。

 

あまり使う頻度が多くない数珠が葬式やお通夜の最中に

切れるということはあまりないと思うので

亡くなられた方がやり残したことや言い残したことなど

なにか心当たりはないか話し合うと良いかもしれません。

 

数珠が切れてしまった場合、珠が外れてしまうと思いますが

それらはしっかり集めて、購入したお店や

修理してくれるようなところで

しっかり修理をしてもらって下さい。

 

珠を何個かなくしてしまった場合でも

球を足して修復してくれるので安心ください。

 

数珠が切れることは縁起が悪いことでは

ありませんが、それでも同じ数珠を使いたくないという場合は

供養してもらうといいでしょう。

 

ここまでの説明で気がついた方が多いとおもいますが

数珠というものは「捨てる」という選択肢はありません。

修理か供養を行いましょう。



スポンサーリンク




関連記事:葬式でのネイルマナー!色は?隠すには手袋がいい?

まとめ

いかがでしたか?

お通夜で使う数珠の色や種類、男女の違いなど

わかっていただけたでしょうか?

 

数珠は念仏の時に、回数を数える為に使う仏具。

数珠は自分自身の分身やお守りと言われている

男性用と女性用としっかり区別されており、男女兼用の数珠はない

色は自分の好きな色を選んでもいい

切れてしまっても縁起の悪いものではない

 

宗派などで使い分けられることのある本式念珠を使う際はお通夜に

参列する方の宗派などを確認してから持ってくと良いかもしれません。

 

また、数珠は5,000~10,000円前後で買うことができるものです。

自分好みの素材や品質などで選ぶので高いから良い、というわけでもないのです。

自分に合った数珠を大切に使用しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク