風邪予防など日々の健康を保つため、

室内の乾燥を避けるために加湿器を利用している方は多いと思います。

今では空気清浄機と加湿器が一体化したものも売られており、

年中活躍してくれる便利な家電製品でありますよね。

 

しかし加湿器を使用する時間が長くなると、

だんだん加湿器から変な臭いがしてくることはないでしょうか?

 

テレビのニュースでも放送されていたこともありますが、

加湿器が原因で病気になってしまうことがあります。

健康を保つために購入した家電製品で体調を崩してしまっては、

元も子もないですよね・・・

 

家電製品のお手入れってなんとなく面倒くさそうなイメージがありますが、

手軽ににおい対策をすることができますよ!

 

ここでは加湿器の本来の機能を引き出すためにも、

加湿器の臭いの原因や対策方法をご案内していきたいと思います!



スポンサーリンク





加湿器が臭いを放っておくと大変!?

さて、今日も加湿器の水を取り替えて加湿開始!

なんとなくカビ臭いような気がするけれど、水に含まれてる塩素臭だから大丈夫!

 

いやいや!その臭いを放置しておくと、大変なことになるかもしれませんよ!

 

加湿器から臭いがする主な原因は「カビ」や「雑菌」になります。

風邪予防のために加湿器を回しているはずが、

いつの間にか加湿器内で繁殖したカビや雑菌を部屋中に振りまいてしまうこととなります。

これが所謂、「加湿器病」というものです。

 

加湿器病とは、過敏性肺臓炎と言われるアレルギー性の肺の病気です。

超音波式加湿器で発生しやいとされ、症状は風邪と似た咳や発熱などですが、

アレルギー反応が激しい場合には呼吸困難も起こす大変な病気です。

 

加湿器を使っているのに咳が出る・・・

それはもしかすると、加湿器内のカビが原因のアレルギー反応の可能性が!

 

加湿器からする臭いって、実はとても怖いものだったんですね・・・

加湿器の臭いの原因について、次項でより詳しく見ていきたいと思います!



スポンサーリンク




加湿器の臭いの原因は?

前項でも書いておりますが、

加湿器の臭いの原因は主に加湿器内で増殖してしまった「カビ」や「雑菌」です。

 

加湿器には「超音波式」や「スチーム(加熱蒸気)式」などの多様な種類があり、

それぞれの特徴も違っております。

種類ごとにそれぞれの一長一短はありますが、

どの加湿器でも普段からしっかりと手入れを行っていないと、

加湿器そのものがカビや雑菌の温床となってしまいます。

 

少しだけ話がそれますが、

「流れる水は腐らず」ということわざを聞いたことはないでしょうか?

ことわざの意味としては、

努力を怠らずに活動を続けていけば前進することが出来るというものです。

いい言葉ですねえ・・・

 

しかしこのことわざとは逆に、「流れない水は腐る」という言葉もあります。

 

加湿器で加湿するためには、付属のタンクに水を入れて使用しますよね。

タンクに入っている水は流動しているわけではないため、水は徐々に腐っていくのです。

加湿器を使用していないときにタンク内の水を放置しておくと、

それだけでカビや雑菌が繁殖してしまいます。

また、タンク内の水を使い切らずに継ぎ足しして使って行くと、

古い水の雑菌がどんどん増殖してしまうことになります。

 

加湿器の手入れを怠るとタンクに入れた水や蒸気の吹き出し口から雑菌が繁殖し、

その結果加湿器から嫌な臭いが・・・

しかもこれを放置していると病気を患う可能性があるというんですから、怖いですよね。

 

安心して加湿器を使うためには、

きちんとした手入れを心がけることが大切なことがお分かりいただけたでしょうか。

 

加湿器から臭いがし始めたら、それは危険信号です!

加湿器の臭いの原因がおわかりいただけたと思いますので、

次項でその対策方法を見ていきます!



スポンサーリンク




関連記事:加湿器で寒い部屋の対策!超音波式だと寒くなる?

加湿器の臭い対策には重曹やクエン酸が効果的!

臭い対策として根本的な部分になりますが、

まずは加湿器本体を清潔に使用することが重要です。

 

タンクを取り替えるときは、タンク内を洗浄してから水を入れ替える。

加湿器本体に水アカや汚れが付いている場合は、拭き取るなどなど。

こういった部分に気を配るだけで、加湿器の臭い対策はできます。

 

でも、水洗いだけではなかなか臭いって落ちてくれないんですよね。

 

そんなときは、「重曹」の出番です!

薬局ではもちろん、いまでは100円ショップでも気軽に購入できるので、

加湿器の臭い対策として重曹はオススメです。

 

リーズナブルで保存にも便利な1kg袋の重曹です!

使いやすさはもちろん、長期保存ができる様に気を配っているので気軽に使えますよ!

用途ごとの使い方マニュアルも付属しているというのも嬉しいです。

 

重曹には消臭効果があります。

「ぬるま湯1リットル」に「重曹大さじ2杯」を溶かし、

そこにタンクやフィルターを1時間程度浸け置きしておくだけで

嫌な臭いとおさらばです!

 

加湿器のタンクの臭い対策は重曹で大丈夫ですが、

フィルターやトレーに白い石膏のような固まりがついている場合もありますよね。

この固まり、楊枝などでこすってもなかなか落ちなくて困りませんか?

 

加湿器のしつこい汚れに困ったときは、「 クエン酸」を使いましょう!

 

赤ちゃんがいる家庭でも利用できるよう、安心安全に気を使われているクエン酸です!

長期保存はもちろん、リーズナブルで使いやすいのでオススメです。

色々な用途で使うことができるので、クエン酸を常備しておきたい方はぜひこちらを!

 

石膏のような固まりは「水アカ」です。水アカはクエン酸で分解することが出来ます。

「水1リットル」に「クエン酸大さじ1杯」を溶かし、

2~3時間程度浸け置きをしておくと、しつこい水アカもキレイに落ちてくれます。

 

ひとつ注意ですが、

クエン酸を溶かした水に素手で触れるとピリピリとした感覚がすることがあるので、

ゴム手袋などを装備してから掃除するようにしましょう!

 

もちろんしつこい汚れも重曹で落とすことも出来ますが、

重曹では水アカを分解することが出来ないため、

研磨剤のようにこすって落とす形となります。

加湿器を傷めないという点を考慮すると、

しつこい汚れにはクエン酸を利用することがオススメですね。

 

ただクエン酸を利用した場合は重曹と比べて浸け置きの時間が長いので、

十分に時間があるときに掃除しましょう。

 

加湿器のタンクやフィルターの浸け置きが終わったら、

水でよくすすいで乾燥させましょう。

乾燥前に加湿器に戻してしまうと、そこからまた雑菌が繁殖してしまいますので、

きちんと乾燥させてから戻すようにしましょう!

 

一通り加湿器の掃除は終えたけれど、まだ臭いが残ってる・・・?

 

そんな時は、重曹を溶かした水をタンクに入れて加湿器を運転することで解決できます。

「水1リットル」に「重曹大さじ1杯」をしっかりと溶かしタンクに入れます。

重曹の溶け残りがある場合はカスとしてタンク内に沈殿して汚れてしまうので、

しっかりと溶かすことがポイントです。

 

これでフィルターの消臭効果もアップしますので、

どうしても臭いが取れないという場合は

重曹を溶かした水で加湿器を運転してみてください!

 

加湿器から臭いがし始めてからでもまだ遅くはありませんので、

今回ご紹介したお手入れの方法をお試しいただければ幸いです。

重曹やクエン酸など手に入れやすいもので加湿器の臭い対策をすることが出来ますので、

加湿器の臭いに困ったときの参考にしてくださいね!



スポンサーリンク




関連記事:加湿器で結露が窓に!対策や結露しにくい加湿器について詳しく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

加湿器の臭いの原因や対策方法についてご案内しましたが、

室内の環境をキレイに保つためには普段からの手入れが大切ですね。

私は面倒くさがりなので色々とやらかしてしまうこともありますが、

ほんの少し気を付けるだけで加湿器をより効果的に使うことができます。

 

加湿器から臭いが出始めるということは、

部屋に雑菌を振りまくということと同じこと。

・・・これは怖い。

そうならないためにも、普段から加湿器をこまめに手入れするよう心がけたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク