卵は色んな料理に使える上に安いですから、たまに買い過ぎてしまいます。

そしてついつい使い切れずに賞味期限を切らしてしまう事もありますよね。

 

生卵は、賞味期限が切れたら捨てるしかないのでしょうか?

 

そこでここでは生卵の賞味期限や冷蔵庫や常温で保存した場合の保存期間について、

また賞味期限切れでもゆで卵や目玉焼きにしたら大丈夫なのかを説明します。



スポンサーリンク





生卵の賞味期限はどれくらい?

生卵の賞味期限はどれくらいかや冷蔵庫や常温だと何日持つ前に、まずは

「賞味期限」について軽く説明しておきましょう。

 

賞味期限は、よく似ている消費期限という言葉とセットで覚えておくと便利です。

ほとんどの食品には、

この「賞味期限」か「消費期限」という言葉と日付が一緒に印刷されています。

 

2つの意味の違いは以下のようになります。

 

・賞味期限…未開封やパッケージに表示されている適切な保存方法で保存した場合、

おいしく食べる事ができる期限の事。

 

味は落ちるが、賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるという事はない。

インスタントラーメンや缶詰など、

長持ちする上にすぐには悪くならない食品に付けられる。

 

・消費期限…未開封やパッケージに表示されている適切な保存方法で保存した場合、

安全に食べる事ができる期限の事。

 

この期限が過ぎると安全に食べる事ができず食中毒を起こす可能性があるので、

消費期限が過ぎてしまった場合は捨てる事が推奨される。

 

生肉やもやしなど、長持ちせずすぐに悪くなる食品に付けられる。

 

つまり、賞味期限の場合は期限を少し過ぎても大丈夫だけど、

消費期限は1日でも過ぎたら危ないという事ですね。

 

では、生卵はどちらの期限がつけられているのかというと、

「賞味期限」です。

 

生卵は生ものなので消費期限のような感じがしますが、意外ですよね。

 

では、生卵の賞味期限はどのくらいなんでしょうか。

生卵はスーパーで買う人が多いと思いますが、

スーパーで売られている卵の賞味期限はだいたいどこも「2週間」です。

 

ただ、実際の生卵の賞味期限は夏(7月~9月)で産卵後2~3週間ぐらい、

冬(12月~3月)で産卵後2か月くらいとなり、

印刷されている賞味期限よりもやや長くなっています。

 

冬なんかはびっくりするくらい長持ちしますよね。

でも、冬にスーパーに行っても「賞味期限2か月の生卵」なんて見た事ありません。

 

それにはちゃんと理由があります。

例えば養鶏所からスーパーへ並ぶまでの配送時間を含めると

時間を少し使ってしまいますし、

あまり料理をしない人は生卵の冬の期限を

そのまま夏の期限に当てはめてしまう人もいる可能性もあります。

 

ですから混乱しないように、生卵の賞味期限はいつでも

一律2週間にしている所が多いようです。



スポンサーリンク




冷蔵庫や常温だと生卵は何日持つ?

では、次に生卵の保存について説明しましょう。

 

生卵は冷蔵庫や常温で何日持つ?という話ですが、

生卵には「購入した後は冷蔵庫で保存してください」と書いてあります。

 

ですからまず、生卵は常温ではなく冷蔵庫で保存するのが基本です。

 

ただ、生卵はスーパーでは常温で売られている事もありますよね。

実は生卵は、涼しくて風通しの良い場所なら常温でも20日ほど持ちます。

 

なぜ家では冷蔵保存しないといけない生卵がスーパーでは常温で置かれているかというと、

生卵は「温度変化」に弱いからです。

 

スーパーで卵が冷蔵されると、卵は購入される時に一旦常温になります。

 

そうなると、スーパー(冷蔵)→購入(常温)→家(冷蔵)という風に

短い期間で温度がコロコロ変わり生卵に負担がかかってしまいます。

 

それよりはスーパー(常温)→購入(常温)→家(冷蔵)の方が温度変化が少なく

より安全という事でスーパーでは常温で置かれています。

 

ただ、最近は冷蔵技術も向上したので、生卵を冷蔵で置いているスーパーもあります。

 

ですから家でも一応、生卵を常温で保存する事は可能です。

 

しかし、ただでさえ割れやすくしかもよく使う卵を、冷蔵庫ではない

風通しの良い涼しい場所にわざわざ離れて置く必要もあまりありませんよね。

 

常温で置いておくよりは他の食材と一緒に冷蔵庫に保存した方が使いやすいし安全です。

 

また生卵の冷蔵庫での保存方法ですが、ポイントが3つあります。

 

1.ドアポケットなど冷蔵庫入り口近くの卵専用ケースは使用しない。

2.生卵はパッケージごと保存する。

3.卵のとがった方を下に向けて保存する。

 

まず1の「ドアポケットなど冷蔵庫入り口近くの卵専用ケースは使用しない」

についてですが、冷蔵庫にはドアポケットや手前の一番下のへこんだ場所に

卵を入れる専用のポケットがついている事がありますよね。

 

わざわざ卵が入るように10個くらいの丸型に作られているので、

ついパッケージから取り出して生卵をそこに入れたくなりますが、

実はそれはあまりおすすめできません。

 

その理由としては、まず生卵が「温度変化に弱い」事が挙げられます。

 

冷蔵庫の中身を取り出すために冷蔵庫の扉は割と頻繁に開けられますが、

ドアポケットなど冷蔵庫の扉の近くは、その為に温まりやすい場所です。

 

せっかく生卵を涼しい冷蔵庫にいれていても

パカパカ扉を開くことで頻繁に外の生暖かい空気にさらされて

温度が変化してしまう事もあります。

 

生卵は温度変化に弱いので、冷蔵庫にしまう場所はきちんと考えなくてはいけません。

ではどこならいいのか?という事についてですが、

生卵を保存する冷蔵庫のおすすめの場所は、「引き出しの中」です。

 

引き出しの中なら冷蔵庫の扉を開けても冷えたままですから温度はあまり変化しません。

また、卵はパッケージのまま保存するのが基本です。

 

次に2の「生卵はパッケージごと保存する」についてですが、

使いやすいようにパッケージから取り出して冷蔵庫で保存する人もいます。

 

ですがこれはあまりよくありません。

 

実は卵の殻には小さな無数の穴があいていて、中まで貫通しています。

 

人の手には雑菌がたくさんついていますから、取り出した生卵をすぐ使うのであれば

問題ないですが、そのまま冷蔵庫で保存すると卵の殻に雑菌が付着したまま保存される事になり、衛生的にあまりよくありません。

 

卵には直接触らず、使う時だけパッケージから取り出すという扱い方がおすすめです。

 

最後に3の「卵の尖った方を下に向けて保存する」についてです。

 

卵をよく見ると、その形は完全な楕円形ではなく

片方は丸く片方は尖っている事に気が付きます。

 

実は卵は生きていて、外の空気を取り入れて呼吸をしています。

生肉や生魚と違い、生きているから保存期間が長いんです。

 

そして卵の尖っていない方には「気室」と呼ばれる卵が呼吸をする空間があります。

 

普通卵は古くなってくると、黄身が中心から浮き上がってきます。

そして黄身が卵の殻に付着してしまうと、付着したところから悪くなっていきます。

 

ですが丸い気室がある方を上に向けていると、黄身が浮き上がっても気室で遮られて

卵の殻に付着しない為、悪くなりにくいのです。

 

おいしく卵を食べたいのなら、パッケージごと尖っている方を下に向けるといいですね。



スポンサーリンク




賞味期限切れでもゆで卵や目玉焼きなら食べれる?

では次に、賞味期限切れの生卵でも

ゆで卵や目玉焼きなら食べられるのかを見ていきましょう。

 

卵は10個も入っているので、

使い切れずうっかり賞味期限切れにしてしまう事もありますよね。

 

多少悪いものでも「火を通せば大丈夫」なものは多いので、賞味期限切れの生卵も

ゆで卵や目玉焼きなど加熱してしまえば大丈夫な気がしますよね。

 

実際はどうなんでしょうか。

 

まず、卵は期限が過ぎたらすぐ捨てるべきという消費期限ではなく、

期限が過ぎても味が落ちるだけで安全面はまだだ丈夫という賞味期限が付いています。

 

ですから、期限が過ぎたからと言ってすぐに食べられなくなるという訳ではありません。

賞味期限切れの生卵を使うというのはダメではありません。

 

ただ、あまりに期限が過ぎ過ぎてしまうと味だけではなく当然衛生面でも悪くなります。

 

では賞味期限切れの生卵はいつまでなら使えるのかというと、

「本来の賞味期限の1.1倍~1.2倍までの期限」を目安にしましょう。

 

生卵の賞味期限は2週間ですから、それから1日~2日までなら大丈夫です。

それを過ぎていたら、もったいないですが食中毒の事を考えて捨てましょう。

 

賞味期限切れ、でもまだ1日しか過ぎていないというセーフな生卵があるとしましょう。

これの食べ方ですが、まず生はあまりよくありません。

 

卵には自然界に広く存在しているサルモネラ菌という菌が非常につきやすい食品です。

サルモネラ菌は家の中にも存在する身近な菌なので、

それを除外するという事はできません。

 

サルモネラ菌を予防する一番の方法は、「口に入れないようにする」という事です。

 

このサルモネラ菌は少しの量でも食中毒を起こしやすい強力な菌なので、

安全面を考えて賞味期限が切れた生卵を生で食べるのはおすすめできません。

 

ただこのサルモネラ菌というのは熱に弱く、70℃以上で1分以上加熱すれば死滅します。

 

つまり1~2日過ぎた賞味期限切れの生卵でも、

70℃以上で1分以上加熱すれば、ゆで卵や目玉焼きで食べても大丈夫という事です。

 

70℃以上で1分以上というのは、外側だけではなく内側も含みます。

ゆで卵や目玉焼きは半熟にするのが好きという人もいますが、半熟にしてしまうと

外側はしっかり70℃で1分以上加熱できていても、

内側は温度が足りていない事もありますので

賞味期限切れの生卵をゆで卵や目玉焼きにする場合は固ゆでにしましょう。

 

レンジで簡単ゆで卵

 

ゆで卵はおいしいですが、簡単な料理の割りに

鍋とコンロをひとつ占領しますし時間もかかって地味に面倒ですよね。

 

特にいくつも同時に料理をしている時は

ただ茹でるだけのゆで卵がいつまでもコンロに居座っていると大変です。

 

そこでおすすめなのがこちらのレンジでできるゆで卵器です。

こちらは機械にセットしてレンジにかけるだけで

固ゆで・半熟どちらでも自由に作る事ができます。

 

「あー!半熟にしようとしたら固ゆでになっちゃった!」という失敗もなく

時短にもなるので、ゆで卵を正確に簡単に作りたい方にはぜひおすすめですよ。

関連記事:さつまいもの食べ過ぎで便秘や腹痛になる?胃痛になる可能性もある?

ヒビが入った生卵は危険!

最後に、ヒビが入った生卵について説明します。

「いつの間にか生卵にヒビが入っていた」、

「うっかりぶつけてしまい、生卵にヒビを入れてしまった」という場合がありますよね。

 

ヒビが入った卵というのは、衛生的にとても危険です。

 

卵の殻は非常に優秀で、様々な菌から卵の中身を守っています。

ですがその反面卵の中身というのはとても弱く、

菌が入り込むとすぐに悪くなってしまいます。

 

たとえ内側までヒビが貫通していなくても、

そこから湿気が入り込んで中でカビが増殖したりする事もあります。

 

ですからもし「今ヒビを入れてしまった」という場合は、

その日の内に使ってしまいましょう。

 

問題は、「いつ付いたか分からないヒビがある」場合です。

 

この場合はすでに卵の中身が菌で汚染されている可能性が非常に高いので、

もったいないですが捨てましょう。

 

卵の保存というのは生ものにしては長いですが、

それは卵の中身自体が悪くなりにくいというのではなく、

卵を覆っている殻の力が優秀という事なんです。

 

卵の中身自体は、冷蔵庫で保存しても2日程度しか持ちません。

ですからその殻が少しでも損傷を受けていてそれがいつか分からない場合は、

中身はすでに悪くなっている事がほとんどなので、破棄する方が良いでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:大根に甘い部位辛い部位がある理由はなぜ?上下どっちが辛い?

まとめ

生卵は基本冷蔵庫保存で、2週間持ちます。

また1~2日程度なら、賞味期限切れでもゆで卵や目玉焼きにすれば食べる事ができます。

 

卵は生ものとしては割と長い保存期間があり、

色んな調理にも使える非常に便利な食品なので、うまく利用してくださいね。



スポンサーリンク