長島スパーランドは人気のレジャー施設ですが、

多くの人が利用する為アトラクションに乗るのに並ぶ事も多いです。

 

ですが、せっかく時間を取って遊びに来ているんですから

「ただ黙って待つ」という時間は少ない方がいいですよね。

 

そこでここでは、

長島スパーランドの平日や土日の待ち時間の目安について詳しく解説します。

 

長島スパーランドをできるだけ並ばずに楽しみたいという方は、

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





長島スパーランドって?

長島スパーランドは1966年3月にオープンしたレジャー施設で、

三重県桑名市長島町浦安にあります。

 

有名なのはその面積で、広さは日本一の敷地面積を持つ東京ディズニーランドに次いで

2番目の大きさを持つレジャー施設になります。

 

絶叫マシンが多く、そのアトラクションを目当てに来るお客さんも多いです。

勿論それだけではなく、気軽に楽しめる緩やかなアトラクションも充実しています。

 

夏には巨大な屋外プールが開放され、

遊園地だけでなくプール施設としても人気が高いんですよ。

 

ガチめなお客さんからふわっと遊びに来るファミリー層まで、誰もが楽しめる施設です。

 

また長島スパーランドは長島リゾートと呼ばれる大型施設の中に入っており、

ほかにはホテルや温泉、植物園に

アンパンマンミュージアムやアウトレットモールと色んな施設が併設されており、

遊園地だけではできない色んな楽しみ方もできる場所となっています。

 

長島スパーランドの営業時間は、通常は9:30~17:00ですが

イベントがある日や連休によっては~18:00、~19:00、~22:00などに変わります。

 

また休みも不定休ですので、もし長島スパーランドへ行く場合は

その日の営業時間や休みでないかを

しっかりチェックしてから遊びに行くようにしましょう。



スポンサーリンク




長島スパーランドの待ち時間の目安は?平日と土日にはどんな違いはある?

では、さっそく長島スパーランドの待ち時間の目安を平日・土日に分けて

見ていきましょう。

まずは平日からです。

 

東京ディズニーランドに次ぐ施設、となるとつい

「いつでも超満員」をイメージしがちですが、意外にそうではありません。

 

長島スパーランドは人気の施設ですが、平日は割と空いていて、

どのアトラクションも0分~30分程度の待ち時間で遊べます。

 

平日は朝から並んでいるという事はあまりありませんから、

待つ時間をできるだけ短くしたいなら開園したばかりの9:30頃がおすすめです。

 

もしくは、皆が帰り始める夕方頃も待ち時間が少なくなります。

 

閉園時間が22:00の時に夕方から遊びに行くと、

長島スパーランドをがっつり楽しむ事ができますよ。

 

次に土日です。

土日はやはり人が多くなるので、平日よりは待ち時間が長くなります。

待ち時間の目安としては、30分~60分を見ていくといいでしょう。

 

ただ、これは平均的な待ち時間なので、人気の施設だとそれ以上待つ場合もあります。

 

また、平日でも連休や長期休み期間が含まれていると土日以上に混む事があります。

平日・土日を分けず、人が殺到しやすい混雑日も見てみましょう。

 

春休み期間(3月下旬~4月上旬)

ゴールデンウィーク(5月上旬)

夏休み期間(7月下旬~8月いっぱい)

シルバーウィーク(9月下旬)

冬休み期間(12月下旬~1月上旬)

 

この期間は平日・土日関係なくかなり人が混みます。

もし時間を割と自由に選べるのなら、この期間は外した方が待ち時間は少なくなりますよ。



スポンサーリンク




関連記事:修学旅行のキャリーバッグの大きさは?中学生と高校生の場合について詳しく解説!

長島スパーランドで待ち時間を短くするには?

人気のアトラクションは並ばないといけないというのは分かりますが、

こちらもせっかく時間を取って遊びに来ているのですから

できるだけ待ち時間は短い方がいいですよね。

 

では、長島スパーランドで待ち時間を短くするにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは長島スパーランドで待ち時間を短くする6つの方法を紹介していきますね。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、1つめは、「前売り券を買っておく」です。

長島スパーランドは入場チケットを買って入口でそれを渡す事で入場する事ができますが、

土日だとそのチケット売り場が並んでいる事が多いです。

 

そうなるとせっかく早めに来たのに入る前から並ばされて

けっこうな時間ロスになってしまいます。

 

ですが前売り券を買っておけば並ばずにスムーズに入場できますし、

ほかの人が並んでいる分先にアトラクションを楽しむ事ができます。

 

長島スパーランドで遊ぼうという時は、ぜひ前売り券を購入してみてください。

 

前売り券は長島スパーランドでも買う事ができますし、

ローソンやファミリーマートなどのコンビニでも手に入れる事ができますよ。

 

前売り券の詳しい買い方については、

こちらの公式サイトからチェックしてみてください。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、

2つめは、「「今日のパーク情報」を利用する」です。

 

長島スパーランドには、それぞれのアトラクションの

現在の待ち時間をリアルタイムで知る事のできる公式スマホサイトがあります。

 

こちらの長島スパーランドのページから、

「今日のパーク情報」をクリックすると、

アトラクションの待ち時間を見る事ができますよ。

 

例え土日で混んでいても、

この情報を見ながらだと効率的にアトラクションを周る事ができると思います。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、3つめは、「乗車優先券を購入する」です。

 

長島スパーランドには、特に人気のアトラクションが3つあります。

それは「アクロバット」「嵐(ARASHI)」「スチールドラゴン2000」です。

 

この3つはいつも人が並んでいるのでせっかく長島スパーランドに来ても

待ち時間が長すぎて諦めて帰ってしまうという事も多いです。

 

ですがこの3つに関してほぼ0分の待ち時間で乗れてしまう、

乗車優先券というものがあります。

 

ですからこの乗車優先券さえあれば、待ち時間を気にせず楽しむ事ができるという訳です。

 

ただし、こちらは売り方が少し特殊なので注意が必要です。

 

乗車優先券は前売り券など事前に販売されるものではなく、

土日祝日や連休・長期休み期間などの混雑予定日当日に、

30分以上の待ち時間が発生した時に数量限定で販売される仕組みです。

 

もしその該当する日に長島スパーランドにいて、乗車優先券を売り出していたら

早めに確保してしまいましょう。

 

詳しくはこちらのページを見てみてくださいね。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、

4つめは、「プール解放期間にアトラクションで遊ぶ」です。

 

夏になると、長島スパーランドでは大型プール施設が開放されます。

 

夏になると長島スパーランドに来るお客さんは増えますが、その大半はプール利用者です。

ですからアトラクションは、逆に土日でも空いている事が多いんです。

 

どうしても土日しか長島スパーランドに行く時間が取れないのなら、

夏休みの期間で皆がプールを楽しんでいる間にアトラクションに乗るのもおすすめですよ。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、

5つめは、「アトラクション運休日を避ける」です。

 

絶叫系アトラクションは特に危険が伴うので、

運休日を設けてしっかり点検をする事があります。

 

もし長島スパーランドに行く日が運休日と被ってしまうと、

乗れるアトラクションが一つ減ってしまいますから

お客さんがほかのアトラクションにより集中して待ち時間が長くなってしまいます。

 

できれば人気のアトラクションが全て営業している日に

長島スパーランドに行くようにしましょう。

 

長島スパーランドで待ち時間を短くする方法、

6つめは、「土日祝は、車でいく場合は開園時間より30分くらい早く着くようにする」です。

長島スパーランドは、遊園地の他に温泉や植物園なども併設されています。

 

見所がたくさんあるのはいい事ですが、

その分遊園地以外の目的のお客さんもたくさん来るという事です。

 

特に開園時間は被っている事が多いので、土日祝はすぐに駐車場がいっぱいになります。

駐車場で並んでしまっては、アトラクションの待ち時間以前の問題ですよね。

 

ですから長島スパーランドに車で行く予定の方は、

土日祝であれば早めに着くようにしましょう。

もしくはいっそ、公共機関を使って行った方がより長く遊べます。

 

以上が、長島スパーランドで待ち時間を短くする方法になります。



スポンサーリンク




関連記事:血糊の使い方!ハロウィンやコスプレでの服・顔への付け方を詳しく解説!

まとめ

長島スパーランドは日本で2番目に大きい敷地面積を持つ人気のレジャー施設ですが、

意外と平日は空いています。

 

もしできるだけ並びたくないという方は、普通の平日を狙っていくといいですよ。

 

土日や連休などはやはり人は多いですが、

待ち時間や混み具合がリアルタイムでサイト更新されていきますので

それをチェックすればかなり効率的に回れると思います。

 

利用時間やサイトをうまく利用して、長島スパーランドを楽しんでくださいね。