4月1日と言えばエイプリルフールですね。

この日は「嘘をついていい日」とされていて、

日本でも個人から大企業まで盛り上がる有名なイベントになっています。

 

エイプリルフールは響きからでも分かるように外国から入ってきたイベントです。

 

でも、そもそもどんな意味や由来があって

エイプリルフールが嘘をついていい日になったのでしょうか。

始まりの起源なんかもちょっと気になりますよね。

 

そこでここでは、エイプリルフールはいつから始まったのか、

その起源や意味・由来などについて詳しく説明します。

 

エイプリルフールの事が知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





エイプリルフールの意味は?

まずはエイプリルフールの意味について説明します。

 

エイプリルフールは英語で「April Fool’s Day」と書き、

日本語ではエイプリルフールの他に英訳そのまま「四月馬鹿」とも呼ばれています。

バカになる日、つまり「嘘をついてもいい日」という意味です。

 

エイプリルフールは嘘をついていい日という事を知っている方は多いと思いますが

実はエイプリルフールのルールは国によって少し異なります。

 

例えばイギリスでは嘘をつくのはエイプリルフールの日でも午前中までで

午後にはその嘘のタネ明かしをしなくてはいけない決まりですし、

フランスでは嘘をつくだけでなく

こっそり人の背中に魚の絵を張り付けるなんて風習もあります。

 

日本では「嘘をついていい日」という事だけが大まかなルールですので

皆リアルやツイッターなどで様々な嘘を楽しんでいますね。

エイプリルフールの起源は不明?

日本にエイプリルフールが入ってきたのは大正時代だとされています。

 

ですからエイプリフフールは日本での歴史もそれなりにあり、今はかなり浸透しています。

 

そして「エイプリルフールは嘘をついていい日」なんて

ごく自然に私たちは思っていますがよく考えると不思議な日ですよね。

 

一般的に嘘をつくのは良くないとされている中であえて「嘘をついていい日」なんて、

一体どういう起源で始まったのか気になってしまいます。

 

ではエイプリルフールは、一体どの国のどんな風習が起源なのでしょうか。

 

今や世界中に広まっているエイプリルフールの起源というのは

実ははっきりしないんです。

 

どうして4月1日が嘘をついていい日になったのかという理由どころか、

どこの国の風習だったのかすらよく分かっていません。

 

そんな由来も起源も不明なエイプリルフールが

世界の裏側までこんなに広まっているのはさらに不思議ですよね。



スポンサーリンク




エイプリルフールの由来は?いつから始まった?

エイプリルフールはいつから始まったのでしょうか。

 

エイプリルフールは起源や由来が不明なのでいつから始まったかも同じく不明なのですが、

「これがエイプリルフールの起源や由来なのではないか」と

言われているものはいくつかあります。

 

「エイプリルフールの起源や由来は不明です!」と切ってしまってもつまらないので、

ここではその中でもメジャーな説を紹介しますね。

 

起源や由来の所説を見れば、

いつからエイプリルフールが始まったかも自然に分かると思います。

 

エイプリルフールの起源や由来とされている有名な説は「フランス」の話です。

 

昔、ヨーロッパでは違う暦を使用しており、今の3月25日が新年とされていました。

そしてその日から春のお祝いが続き、

4月1日にはプレゼント交換などを行い、新年のお祝いをする日になっていました。

 

ところが1564年、フランスのシャルル9世が新しい暦を採用し、

いきなり1月1日を新年にするという命令を出しました。

 

こうなると4月1日は新年でもなんでもない日になってしまいますが、

いきなり親しみのある暦を捨てられた事に反発した国民が

4月1日を「嘘(になってしまった)の新年」として

祝い続けたのがエイプリルフールの始まりだとされています。

 

何だかもっともらしい話ですよね。

 

でも、エイプリルフールの起源説は他にもあります。

 

実はこちらもフランスの話なのですが

フランスでは4月になるとサバがたくさん取れます。

 

バカみたいに取れるのでサバは4月のサバは「バカな魚」と呼ばれており、

このサバの大漁を祝って4月1日はみんなでバカになって

嘘をつこうという日になったとも言われています。

 

フランスにはエイプリルフールに人の背中に

こっそり魚の絵を張るという風習がありますが、その魚はサバを意味しています。

このイタズラはここから来たんですね。

 

また、ヨーロッパだけでなくインドが起源だという説もあります。

 

インドでは修行僧が、春分の日から7日間にかけて厳しい修行をし

精神を鍛えるという風習があります。

 

ですがその修行をやり遂げやっと悟りを開いた修行僧でも

春になる4月1日には元に戻ってしまう人も多かった事から

「修行意味ないじゃん!お前はバカなのか?」という意味でからかった事が

エイプリルフールの起源とされています。

 

また、キリスト教の聖書の話が元になっているという起源説もあります。

 

キリスト教の話の中に「ノアの箱舟」というものがありますよね。

 

世界が大洪水に見舞われて、

ノアという人が世界中の動物たちを船に乗せて漂流する話です。

 

その大洪水の後、ノアが「そろそろ水が引いて陸が出てきてもいいはずだ」と

ハトに探しに行かせます。

 

ところが数日後、ハトは陸地を見つけられず戻ってきました。

 

そのハトが戻ってきた日が4月1日で、

「意味がなかったね」という意味で4月1日がエイプリルフールになったとされています。

 

 

こうしてみると本当に色んな説がありますね。

どれももっともらしく、どの説が本当でもうなづいてしまいます。



スポンサーリンク




関連記事:潮干狩りの道具で便利なおすすめはコレ!禁止されている道具は?

エイプリルフールを楽しむおすすめグッズ!

 

せっかくのエイプリルフール、楽しまなきゃもったいないですよ。

そこでここでは、エイプリルフールを楽しむおすすめグッズを紹介します。

 

まずは「小石チョコ」です。

これは見た目が完全に石なのに、中身がチョコというびっくりお菓子です。

 

最近は知っている方も多いですが、子供はまだ知らない事が多いですよね。

エイプリルフールにこのチョコを食べて見せるとすごく驚かせる事ができますよ。

 

勿論そのままにしておくと子供は「小石って食べられるんだ!」と

思い込んでしまいますので、後でちゃんとタネ明かししてあげてくださいね。

 

 

「プレゼントがあるよ!」と嘘をついて箱を渡し

その人が中を開けると中からバネのついたピエロが…というのは漫画ではよくありますが

実際はあまり経験がない方が多いのではないでしょうか。

 

せっかくのエイプリルフールですし、

ここはぜひ古典的な道具を使って嘘をついてみてはいかがでしょう。

 

そこでおすすめなのが、こちらの「びっくり箱」です。

何がすごいかというと、このびっくり箱は漫画で見た事があるような

そのままのびっくり箱という所です。

 

「見た事はないけど見た事がある!」という人も多いと思うので

しっかりエイプリルフールを楽しませてくれますよ。

 

 

こちらは「フェイクスネーク」です。

 

おもちゃのヘビをポイっと投げて「あ!ヘビがいるよ!」と言って驚かせるのは

昔はよく見た光景ですよね。

 

たまにこういうイタズラは無性にやりたくなる時がありますが、

普通の時にやると驚かれ過ぎて反感を買ってしまいがちです。

 

ですがエイプリルフールなら相手もある意味構えていますから

笑って許してくれるでしょう。

 

簡単なイタズラですが、不意にこられると相当びっくりしますよ。

一瞬でも相手をあっと言わせたいという方はぜひおすすめのおもちゃです。

 

ただ、心臓の弱い方や爬虫類が本当にダメな方などにはしないようにしましょうね。



スポンサーリンク




関連記事:バーベキューで盛り上がる食材はコレ!面白い変わり種もご紹介!

最後に

エイプリルフールは今やとても有名なイベントですが、

起源や由来がはっきりしないというのは驚きだったと思います。

 

ですが、起源や由来が分からなくてもエイプリルフールは

すでに日本では根付いているイベントですし、せっかくなら楽しんだ方が面白いですよね。

 

「嘘をついていい日」なんて他にはありませんから

この日は相手も自分も楽しめるとびきりの嘘を考えてみてはいかがでしょうか。

 

今はジョークグッズも充実しているので、ぜひそのグッズも活用して友人や家族で

楽しいエイプリフフールを過ごしてみてくださいね。



スポンサーリンク