12月となれば、いよいよ冬が始まるといったところですね。

「師走」とはよく言ったもので、なんとなく慌ただしい雰囲気が街中を包んでいますね。

 

しかし、年末に向けてのイベントも本格化し始めることもあり、少し楽しい雰囲気も

ありますよね。

どんな行事やイベントがあるのか、見ていきましょう。



スポンサーリンク





12月の風物詩といえば?

冬の始まりでもあり、年の終わりでもある12月と聞いてどんな風物詩が

思い浮かびますか?

いくつか見ていきましょう。

お歳暮

「歳(年)」の「暮れ」と書くことから、

一年間お世話になった人へ年の暮れに贈り物を持参する習慣があり、

歳暮回りと言われ、そこから贈り物自体を「お歳暮」と

言うようになったのです。

 

ではその習慣はいつ頃からどのように習慣づいたのでしょうか。

ルーツは実は中国にあるのです。

中国では、3つの神様をお祝いする習慣があり、それが旧暦の1月15日と旧暦の7月

15日と旧暦の10月15日、と、それぞれ神様の誕生を祝う行事が行なわれていました。

そして日本ではお正月にご先祖様をお迎えするためのお供えをする習慣がありました。

 

そのお供え物として、嫁いだ子や分家の人が実家や本家に、おつまみとなるようなものを

お正月までに、つまり年末に手渡しで持っていくようになりました。

その習慣が中国の行事と重なり、「お歳暮」のルーツとなったと言われています。

 

また、江戸時代になると武士が組頭に贈り物を、

商人が得意先に精算時のお礼として贈り物をするという習慣が根付きました。

そして明治時代に入り、一般庶民も仕事や身近でお世話になった人たちへ贈り物を

することが広まり、お歳暮として定着するようになったと言われています。

 

ちなみに、お歳暮を贈る時期は、地域によって少し違います。

東日本では早ければ11月下旬からで、12月20日頃までとなっていますが、

西日本になるとその期間は少し短くなり、

12月10日すぎ頃から20日頃までと、違ってきます。

 

もっとも、贈る品物によっては、お正月に使う食べ物だったりすることもあるので、

その場合はなるべく年末に近い日で贈るほうが良いでしょう。

もっと地域を絞ると時期がまた異なることもあるので、送り先の地域がいつなのか、

贈る物は何かを確認して、失礼のないように贈るようにしましょう。

 

紅白歌合戦

大みそかの一大イベントとして、毎年ニュースになるのが、紅白歌合戦。

女性アーティストは紅組、男性アーティストは白組に分かれて審査員などからの

評価で勝負が決まる、という番組ですよね。

これを見なければ、年末という気がしない、という方もいらっしゃるでしょう。

 

では、この通称「紅白」がどのように行なわれてきたかご存知ですか?

発端は、昭和20年(1945年)のラジオ番組の企画です。

終戦直後だったため、音楽で新しい時代をスタートさせたいという思いから、

「紅白音楽試合」という番組が作られました。

勝敗はなく、審査員もおらず、応援合戦などもなかったようです。

しかし、1回のみの番組となってしまいました。

 

それから昭和26年(1951年)の1月にお正月番組としてラジオで「紅白歌合戦」が

放送され、4回目が昭和28年の大みそかに放送され、それが定着しました。

定着したのは、大みそかしか大きな会場が用意出来なかったことが理由とされています。

その4回目でテレビ放映され、様々な演出もされるようになりました。

 

それが時代とともに、カラーテレビになったことでスタジオや衣装も鮮やかになり、

活躍した人やこれから期待できる人に審査員をお願いしたり、と変化させていきました。

 

今では、国内のアーティストだけでなく、海外のアーティストが出場したり、

地方で行なわれているイベントなどに出ているアーティストを中継で出場させたり、と

様々な手法でにぎわいを見せています。

 

除夜の鐘

先ほどの紅白の後に聞こえてくるのが、除夜の鐘ですよね。

除夜の鐘を聞かれたことのある人は多いと思いますが、

大みそかから元旦にかけてつかれていますが、

大みそか以外で聞いたことのある人はいますか?

 

実は、お寺によっては、朝夕の時報代わりにつかれていたり、

法要が行なわれるとそれを知らせるためにつくお寺もあるのです。

 

話を除夜の鐘に戻しますが、この由来はご存知ですか?

「除」とは、古いものを捨て新しいものを迎えるという意味を持っているので

一年の最後=大みそかを捨て、新しい年を迎える大みそかは別名「除日」と言われます。

その夜、ということで、「除夜」は大みそかの夜のことを言い、その夜に鐘をつくこと

から、「除夜の鐘」とされています。

 

除夜の鐘は108回つくと決まっていますが、そのことは多くの人がご存じでしょう。

しかし、何故108回かわかる人は少ないのではないでしょうか。

108という数字は仏教から来ており、人間には煩悩が108個あるとされていて、

その煩悩を追い払う、という意味で108回鐘をつくとされています。

 

煩悩とは、欲を指すのですが、それを追い払う、

ということは欲は良いことではないのでしょうか。

いいえ、決して悪いことだけではありません。

しかし、度が過ぎると苦しむ原因になりかねないので、

その欲に執着する心を追い払うということになるのです。

 

では、108回というたくさんの鐘を、いつつき始めて、

いつつき終わるのか、ご存知でしょうか。

実は、108回の中で、107回は大みそかのうちにつかれ、

108回目は年が明けた元旦につかれるのが、正式なつき方です。

 

お寺によれば、無料で鐘をつくことが出来たり、

有料で鐘をついて破魔矢や福豆などが振る舞われるところもあるので、

一度経験されてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに108組きっちりで受付終了とするお寺や108回以上いれば

それだけ鳴らすお寺もあったりしますので、

きちんと確認してくださいね。



スポンサーリンク




12月の行事といえば?

では、12月にはどんな行事があるのか、確認していきましょう。

 

針供養

字のごとく、針を供養することです。

昔、針仕事は女性にとってとても大切な仕事で、

その中でも縫い針は欠かすことの出来ない道具でした。

 

ですから、その「針」に対して、お休みをさせ、針に感謝し、

供養することで針を敬っていました。

 

供養方法は、地域によってバラバラですが、一般的に、

折れたり錆びたりして役目を終えた針を、

柔らかいもの(こんにゃくやお豆腐など)に刺して供養するのです。

 

柔らかいものに刺すのは、針が最後に柔らかいものに

包まれるようにという気持ちからだそうです。

 

もし家庭内で供養を行なう場合、以前は海や川に流したり、

土の中に埋める方法を行なっていたようです。

しかし最近は、きちんと針供養をしている神社などに奉納して

供養してもらうという方法に変わりました。

 

では、その針供養は一体、いつ行なわれるのでしょうか。

針供養が行なわれるのは、「事始めの日」とされ、農作業や裁縫仕事も休み、

この日から一年の作業が始まるとされる日に行なわれるのです。

 

しかし、その「事」がどのようなことなのかで日にちが違うのです。

神様に関する「事」と人間の生活の「事」で、日にちが違うのです。

 

神様を新しい年に迎える準備をする「事」を行なうのが12月8日、

人の一年の生活「事」が始まるのが2月8日とされていたので、

針供養もその2日のどちらかで行なわれます。

 

多くは、西日本が12月8日、東日本が2月8日に

行なわれることが多いようですが、

地域によっては両方行なわれる場合もあるようです。

 

冬至

二十四節季の1つの冬至ですが、この日は一年で最も日が短く、

夜が長い日ですね。

日にちは毎年変わりますが、大体毎年12月22日頃です。

 

では、そんな冬至にはどんなことをすれば良いかご存知ですか?

まず、「ん」の付く食べ物を食べると運気が上がるとされています。

人参、大根、きんかん、うどん・・・などたくさんありますが、

一番有名なのがかぼちゃなのです。

 

あれ?「ん」がないですよね。

かぼちゃは別名「なんきん」と言うので、

これも運気の上がる食べ物になるのです。

詳しくは下の「行事食」の欄で紹介しますね。

 

今挙がった、これら食べ物は縁起が良いだけでなく、

栄養をつけて、寒い冬を乗り切れるように

という意味が込められているのです。

 

そして、冬至で一番有名な「ゆず湯」ですね。

毎年、ニュースなどで、動物園などで動物たちがゆず湯に

浸かっている映像を見たことはありませんか?

あれはまさに、冬至の行事を動物たちにも経験させているのです。

 

ではなぜ、ゆず湯が良いのでしょうか。

ゆずの香りを嗅いだことがある人は多いと思いますが、とても良い香りですよね。

強い香りを持っているので、その香りには邪気が失われるほどです。

またゆずは実がなるまで、長い月日がかかっており、そこから、長年の苦労が

実を結ぶようにと願掛けをするのに使われています。

 

また、ゆず湯に入ったことのある人はどれくらいいますか?

このゆず湯には、血行促進効果をもらたらす成分があり、体が温まることで、

冷え性や風邪などの予防に役立つとされています。

あとは女性に嬉しい美肌効果もあり、

果皮に含まれているビタミンCなどがその効果を

もたらしてくれるのです。

 

ゆず湯はとても手軽に出来るので、いくつか紹介しますね。

  • 丸ごとお風呂に入れる

数個では香りはさほど出ないので、数を多く入れる必要はありますが、一番簡単です。

 

  • 輪切りや半分切りにして、そのままお風呂に入れる

切っている分、香りや成分は出ますが、果肉や種がお湯に浮かんでくるので、

後片付けが大変かもしれません。

 

  • 輪切りや半分切りをして、ネットなどに入れて、お風呂に入れる

洗濯ネットなど、チャックなどで閉めれる袋に入れます。

ゆずとわかりにくいかも知れませんが、

成分も香りも出て、後片付けも楽に出来ます。

 

このように、簡単に出来るので、今年の冬至はゆず湯に入ってみませんか?

 

クリスマス

12月の行事といえば、一番最初に挙がっても良いのがクリスマスですね。

そもそもクリスマスとは、イエス・キリストの誕生祭のことですね。

日付はご存知の通り、12月25日です。

 

このクリスマスが日本で行なわれたのは、天文21年(1552年)に

今の山口県で宣教師が日本人の信徒を招待して

ミサが行なわれたことがきっかけです。

 

しかしその後、江戸幕府によってキリスト教が禁止され、

明治初期までは隠れキリシタン以外では行なわれませんでした。

 

大きく受け入れられ始めたのは、

明治屋という食料品などの輸入品を扱っている会社が

明治33年(1900年)に銀座に出店し、

クリスマス商戦として始められてからです。

 

それから長い年月が経ち、大きな行事として、多くに人に広まりました。

教会でのミサ以外に、家族や友人・恋人とのパーティに加え、

お店やイベント会場での大々的なイベントなど、

幅広く様々なことが行なわれていますね。

 

またクリスマスをテーマにした音楽や書籍や映画など、

たくさんの文化作品もあり、いろんな楽しみ方が出来ますよね。

今年はどんな楽しみ方をされますか?



スポンサーリンク




関連記事:加湿器の除菌方法!除菌剤で安全・おすすめなのは?

12月の行事食といえば?

では、そんな行事に欠かせない食事は一体どんなものがあるのでしょうか。

 

小豆餅

12月1日は「乙子の朔日(おとこのついたち)」とされ、

乙子=末っ子の意味があり、朔日=1日を指し、

この日にお餅をついて食べると

水難から免れるという言い伝えがあります。

 

実はいつからお餅をつく風習が出来たのかはわかっていませんが、

全国的に行なわれている風習で、

「川浸りの朔日」「川渡りの朔日」などとも呼ばれています。

この日は小豆を食べずに川に架かる橋を渡ると祟りに遭うと言われ、

朝から小豆餅を食べるのです。

 

かぼちゃ

さっきの行事の欄で、少し触れましたが、

冬至の時に一番食べられるのが、かぼちゃです。

 

ここでは、なぜ、かぼちゃを冬至に食べると良いのか、お話しますね。

かぼちゃは、栄養豊富な野菜の1つなのですが、どんな栄養なのか…

まずはβカロチン、これは抗酸化作用があり、ガン予防に効果があります。

そしてビタミンE、これには冷え性改善や肩こり改善などに効果があります。

 

また、食物繊維も豊富で、便秘やコレステロール値が

改善するとも言われているのです。

これらの効果から、体が温まり、免疫力が上がり、

寒い冬を乗り越えられるようにとの

意味があり、よく食べられるようになったのです。

 

かぼちゃに栄養が豊富に含まれているのは、

夏に収穫されたかぼちゃを冬まで保存しており、

その効果が栄養の増加なのです。

 

年越しそば

 

12月後半になると、スーパーのチラシや店頭などで目立つのが、

年越しそばの宣伝ですね。

ではなぜ、年末にそばを食べる習慣になったのでしょうか?

それは、江戸時代まで遡るのですが、いくつかの説があるので、紹介しましょう。

 

  • 長寿祈願

生地を長く伸ばし、細く切りますよね。

そこから、“細く長く”という意味を汲み、長寿祈願を願う説です。

 

  • 縁切り

そばは切れやすいので、そこから一年の厄や苦労などを“切って”、

新しい年を迎えたいと願う説です。

 

  • お金が貯まる

江戸の金細工職人がそば粉を使って団子を作り、

飛び散った金粉を拾った後、その団子を水に浸けると、

金粉だけが底に溜まっていた光景から、お金が貯まるとされた説です。

 

  • 健康祈願

植物のそばは、とても強く、雨風で弱ったとしても

日差しが戻れば元気になる性質から健康を願う説です。

 

など、縁起担ぎが多いのがわかりますね。

新しい年に希望を持って、

年越しする気持ちはいつまでも持ちたいですね。

 

ちなみにみなさんは、年越しそばをいつ食べますか?

大みそかの夕飯時?それとも、本当に年を越す時間?

特に決まりはありません。

多いのは、やはり除夜の鐘を聞きながら食べられる人が多いようです。

しかし、「厄を払う」という願いを考えると、夜でも深夜に近い方が良いでしょう。

 

そんな年越しそば、今年は一味違ったものはいかがでしょうか?

 

日本三大そばの1つ「出雲そば」

(他は岩手の「わんこそば」、長野の「戸隠そば」)で

ギフトとしても選ばれている、ロングセラー商品です。

 

有名店「一福」の本生麺で、だしは秘伝の熟成だし、

温そばでも冷そばでもいけます。

 

そば自体、とても風味が良く、初代店主からの

美味しいだしがより一層引き立つようなそばのセットです。

一度食べてみてください。

関連記事:焼き芋に適したさつまいもの品種は?しっとり系やねっとり系のおすすめをご紹介!

12月にはどんなイベントがある?

次に、12月にはどんなイベントが行なわれているのか、見ていきましょう。

 

映画の日

実は映画は1896年(明治29年)に神戸市で日本では初めて一般公開され、

それを記念して、1956年(昭和31年)に制定されました。

その制定されたのが12月1日だったのです。

 

どうして12.月1日だったのか、疑問ですよね。

実は、初めて映画の一般公開されたことがきっかけで、

それは1896年11月25日から29日だったのです。

 

ん?12月1日は?と思いますよね。

公開の日を記念日にしたいと思い、公開は終わってしまったけれど、

キリの良い12月1日にしよう、

という考えから12月1日になったと言われています。

 

今ではこの日には、各地域で様々なイベントなどが行なわれています。

入場料の半額サービスや各映画館でのイベントなど、様々です。

一度、この日にゆっくりを映画を見て、映画を楽しみませんか?

 

正月事始め

読んで字のごとく、「“正月”の“事”を“始める”」ことですね。

新しい年を迎える前に、様々な準備をしなくてはいけませんから、

その準備を始めることを、正月事始め、と言います。

12月13日に行なわれます。

 

ではなぜ、12月13日とされたのでしょうか。

それは江戸時代になってからで、この日が最も運の良い日、

つまり大吉であったのでお正月の新しい神様を

迎えるにはふさわしいと考えられ、

この日に準備を行なうことが習慣づいたとされているのです。

 

歳の市

歳の市とは、新年に必要なものを売り出す市のことです。

今でも、行なわれている地域もありますね。

実は定期的に「市」は神社などで行なわれていました。

 

しかし、年末にはお正月の準備で買い物をする人が多く訪れるようになり、

定期的な「市」とは分けられて、「歳の市」と呼ばれるようになったのです。

 

発端は江戸時代の浅草観音での歳の市だったのです。

しばらくは浅草地区の市でしたが、やがて江戸の各地に広がったのです。

しかし、明治時代に入ると通常の商店もお正月用品を売り出し、

そこで購入する人が増え、時代に歳の市は数が減り、

すたれてしまったのです。淋しいですよね。



スポンサーリンク




関連記事:マザーズリュックで背面ポケット・ファスナー付き!軽量でかわいいおすすめをご紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

12月にはたくさんの行事やイベントがありますね。

このように調べていくと、自分の知らなかったことが見えてきますね。

 

なんとなく気ぜわしい12月ですが、いろんなことを知って、

普段経験の出来ないことをしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク