レンコンやごぼう、なすなどアク抜きが料理の際に

必要な野菜ってありますよね。

 

みなさんさつまいものアク抜きってどうしていますか?

 

さつまいも料理のレシピなどにアク抜きをするレシピと

アク抜きをしないレシピ、様々あるなか

本当にアク抜きって必要なのだろうか、と考える人や

あまり考えずにとりあえずレシピ通りにアク抜きをする人

がいらっしゃるかと思います。

 

今回は

さつまいもってアク抜きが必要?

アク抜きに意味はあるの?

アク抜きの方法

アク抜き時間

などなどさつまいものアク抜きについて

詳しくご紹介していきたいと思います!



スポンサーリンク





さつまいものアク抜きは必要?さつまいものアク抜きの意味は?

さつまいもって普段使う食材ですが

「アク抜きなんてしたことありませんでした!」

という方、たくさんいるとおもいます。

 

そう、さつまいもは別に必ずアク抜きしなくてはならない!

というわけではないのです。

 

絶対アク抜きをしなくてはならないわらびやほうれん草、なすやごぼうのように

アクに毒があったり、エグみや渋みに変わってしまう野菜とは違い

さつまいものアクには毒がないので口に入れても大丈夫。

 

しかし!

 

さつまいもの見た目や少しの味の変化にも敏感な方には

アク抜きは必要不可欠な調理過程かもしれません!

むしろ料理をする方にとってさつまいものアク抜きは

するに越したことはありません!

 

アクは虫から自分の身を守るために出すものでどの野菜にも存在します。

そのアクには私達人間の身体に有害なものから栄養素になるものまで様々。

 

さつまいもの場合はアクに抗酸化作用のあるクロロゲン酸、タンニンという

ポリフェノールの一種である成分や便秘解消に役立つヤラピンという成分が

豊富に含まれているのでそれらからさつまいものアクは身体に良いとされています。

またビタミンなども含まれているようです!

 

これらの理由でアク抜きは必ずしも必要というわけではないのです。

 

ですが、このさつまいものアク。

酸素と触れ合うことで変色してしまうんです。

 

さつまいもを切るとどんどん黒くなってきませんか?

じゃがいももよくこのような状態になりますよね。

レンコンやごぼうもそうです。

 

私が作ったさつまいもの料理はどれも色味がおかしいなー…

 

と感じるアナタ!

それはさつまいものアクが原因なんですよ。

 

さつまいものアクは切ったときにでてくる白い液体です。

なめたことある人は少ないと思いますが、アレ苦いんですよ。

アク抜きをしなくてもあまり気にならない苦味ではありますが

アク抜きをした時のさつまいも料理はやはり

アク抜きをしないさつまいも料理より美味しい!

 

また煮込み料理などをするときアク抜きをしておけば

味も染み込みやすいそうです。

 

見た目

「苦味」がなくなる

味が染み込みやすくなる

 

アク抜きをしなくても大丈夫と言いましたが

やはり「アク抜き」という一手間を加えることで

味や見た目などが変わってくるというわけですね!

 

ではどのようにしてさつまいものアク抜きをするのか

時間はどのくらいかければいいのかなど

次の見出しでご紹介します!



スポンサーリンク




関連記事:さつまいもの保存は冷蔵庫よりも常温の方が長持ちする?冷凍は?

さつまいものアク抜き時間!時間はどのくらい!?

さつまいも料理の見た目や味を良くするさつまいものアク抜き方法ですが、

時間はたったの5分から15分程度!

さつまいもの切った大きさにもよるので

時間はその都度変わってきます。

 

アク抜き方法はいたって簡単。

切ったさつまいもを水に浸して置くだけ!

アクが出て水が白く濁ってくるので

何回か水を取り替えて水が濁らなくなったらアク抜き完了です。

 

もっとアク抜きを早くしたい!

というかたはお米を研ぐ要領でかき回しながら

さつまいものアク抜きをしましょう。

 

皮がついた状態でアク抜きする場合はアクがかなり出るので

水を取り替える回数は増えます。

皮を剥いて使いたい場合は2㎜ほど剥いてアク抜きを

するといいようですよ!

 

1つポイントですが、

さつまいもを浸ける水に少しレモン汁を加えると

酸化を防ぐ効果で変色を抑えます!

お酢でも酸化を防ぐと行った効果を発揮しますよ。



スポンサーリンク




関連記事:さつまいもの皮の洗い方!皮に毒や農薬は?皮ごと食べれる?

焼き芋のようにまるごと使うときはアク抜きはどうすればいい?

さつまいものアク抜きをする意味はわかっていただけましたでしょうか?

 

アク抜きで料理が美味しくなる意味はわかったと思うのですが

やきいもなどまるごとさつまいもを使うときは

アク抜きの必要はないの?と思う方がいらっしゃると思います。

 

基本的にさつまいものアク抜きは

煮物や天ぷら、チップスのようにさつまいもを切る場合、

変色を防ぐためや煮物に味を染み込みやすくするために

あく抜きするのが一般的です。

 

そのため切らずさつまいもを使う焼き芋や蒸し芋などの

場合はアク抜きをしなくても大丈夫なんです。

 

でもどうしてもアクが気になる!

という意識が高い方は

さつまもの両端を切って水につけて置けば大丈夫です。

その場合はアク抜きに1時間程かかります。

 

上記でもありましたがさつまいものアクは

健康にもいい栄養が沢山含まれています。

料理の見た目や味付けといった点で気にならない限り

アク抜きというのは必要ないと思います。

むしろ水に晒しすぎると栄養が逃げてしまいとてももったいない!

 

焼き芋屋蒸し芋といったさつまいもにあまり手を加えない

調理方法の場合は無理にアク抜きせずそのまま食べたほうが

栄養にもなるのでおすすめです。

関連記事:さつまいもで糖度が高い品種!甘い種類はコレ!

さつまいもの皮は栄養満点!

ちなみに、ですが

皮をむかないでアク抜きをすると時間がたくさんかかるという

デメリットがありますが、さつまいもは皮ごと食べたほうが

身体にとてもいいんです!

 

さつまいもはイモ類の中でも栄養がトップクラスにいいのです。

皮と一緒に食べることでさつまいもから取れる栄養素が増えますよ♪

 

さつまいもの皮だけにアントシアニンという成分が含まれており

これによりさつまいもの皮は紫色なんです。

またクロロゲン酸というさつまいもの身にも含まれる成分も

含まれています。

 

アントシアニンとクロロゲン酸はどちらもポリフェノールの仲間で

高い抗酸化作用の働きにより生活習慣病予防効果があるんだとか!

 

またカルシウム、ビタミンC、食物繊維、糖質、

ミネラル、ビタミンB1、B6、Eなど皮に多く含まれる栄養素が

こんなにたくさん!

皮ごと食べたほうがいいとはこの栄養の多さで

わかりますよね♪

 

アク抜きに時間が掛かるからといって厚めに皮を剥いてしまうと

取れる栄養がとれなくなってしまいもったいないことに…!

 

アクにも栄養はあるので、アク抜きによって

栄養がなくなっているという意識をもち

皮ごとの調理をおすすめします♪



スポンサーリンク




関連記事:さつまいもの食べ過ぎで便秘や腹痛になる?胃痛になる可能性もある?

まとめ

いかがでしたか?

 

さつまいものアク抜きは「絶対」ではない

変色を抑え味付けを染み込みやすくするのにアク抜きはしよう

さつまいものアクにはポリフェノールがたくさん含まれており、

生活習慣病予防につながる

その他にも便秘解消など身体に良い栄養素が豊富に含まれている

アク抜き時間は5分から15分

アク抜き方法は白く濁らなくなるまでかき混ぜるか水に浸す

まるごとさつまいもを使う場合は両端を切ってアク抜き

アク抜きが必要な場合や必要じゃない場合などは

調理方法で判断しよう

 

さつまいものアク抜きは料理を美味しくするのに必要な

調理過程だったようですね。

離乳食などでお子さんがさつまいもを食べない場合は

エグみなどが残っている場合があるからかもしれないので

アク抜きをしっかりしてからのほうがいいかもしれません。

 

焼き芋などまるごと使う場合はアク抜き不要、

切る場合はアク抜きする、といったように調理方法で

アク抜きをするかしないかは判断してくださいね。

また、皮にもアクにも栄養はあることを忘れずに!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク