2月といえば、冬真っ只中ですね。

 

でも、暦の上では実は春なんですよね。

不思議ですよね。

冬と初春が入り混じり始める2月にも、たくさんの行事などがあるのです。



スポンサーリンク





2月の風物詩といえば?

節分

節分は2月3日ですよね。

節分とは、「季節」を「分ける」ことで、季節の変わり目の前日のことを指します。

ということは、季節は4つあるので、節分も4つあるのか?となりますよね。

実は、1年に4回ありました。

しかし、日本では春を1年の初めと強く考えられているため、春の節分だけが

強く残り、それを「節分」とされる考えだけになったのです。

 

では、季節の変わり目、つまり節目はいつになるのか?

それが、立春・立夏・立秋・立冬の各前日を季節の節目となります。

 

つまり、立春(2月4日頃)の前日が春の節分、となり、

今もなお残っている節分になるのです。

後の項目で述べますが、立春は毎年決まっているわけではないのです。

ということは、節分も必ず2月3日になるというわけではありません。

 

では節分には何をするでしょうか?

恵方巻きを食べて、豆まきをして、豆を食べる、ということが一般的ですよね。

恵方巻きも豆を食べることも、行事食の項目で紹介しますね。

ここでは、豆まきのことをお話ししますね。

 

季節の変わり目には邪気が入りやすいと昔は考えられていました。

その中でも立春を1年の始まりとしていたので、最も大きな意味を持つ節分は

とても大切にされていました。

その日に邪気を追い払う儀式が豆まきの始まりの1つだったのです。

 

また、中国では、節分には鬼を追い払う行事が行なわれていました。

それが日本に伝わったのが、奈良時代で、その後、平安時代に宮中行事として

取り入れられたのです。

これらの儀式が合わさり、豆まきの原点となったのです。

 

ただ、現在のような豆まきの形になったのは、室町時代とされ、一般庶民にも

広く知れ渡ったのは江戸時代とされています。

 

立春

立春といえば、いつでしょう。

2月4日です!と答える人は多いでしょう。

しかし、実は必ず2月4日というわけではないのです。

日にちが変わることもあるのです。

 

それは、立春以外の立夏・立秋・立冬もそうなのですが、

地球と太陽の位置によって日にちが変わってくるのです。

詳しくお話すると、かなり長くなり、天文学の域になるので割愛しますね。

地球と太陽の位置によって変わる、とだけ覚えておいてくださいね。

 

さて、立春の話に戻しますが、立春の意味を知っていますか?

この日が寒さのピークとなり、徐々に春に近づく日なのです。

この頃になると、九州などから梅が咲き始め、気温も徐々に上がってくるのです。

もちろん、天候はわからないので、立春以降も寒波がやってきたり、

豪雪になったりなどあるでしょう。

しかし、確実に春が近づいてきていることを感じるようになる、ということなのです。

 

立春を過ぎると、少し草木や花などの自然に目を向けて見ると、

春の近付きを感じれるかもしれませんね。

 

2月の花として有名なのが、梅ですね。

白やピンク、赤の花をつけ、香りもとても良いですよね。

桜や桃のように、枝に花がびっしりとついて見事!と言えるものではないですが、

冬の寒さが残る中、綺麗に咲いていますよね。

 

梅はこの時期に花を咲かせますが、いつ実がなって収穫となるのか知っているでしょうか。

2月~3月にかけて咲き、花が終わると実が付き始めます。

そして、早い地域だと5月下旬から収穫が始まるのです。

収穫時は青いということをどれくらいの人が知っているでしょうか。

赤いものが木になっていると思っている人もいるかもしれませんが、

梅は木で熟しても赤にはなりません。

黄色になるのです。

 

青い時期に収穫されますが、実は、その青い実には毒性の物質が含まれているので、

そのまま食べるととても危険なのです。

ですから、市場に出ている梅製品は塩分やアルコールや熱の処理がされて、

毒素を消しているのです。

梅の木の下に落ちているもので、子供たちが遊んだりする分には問題はないと

されていますが、口に入れないように注意してくださいね。

 

梅の製品では何が好きですか?

梅干し?梅酒?梅ジュース?いろいろありますよね。

 

その中でも、オススメなのがコレです!

紀州南高梅のはちみつ梅です。

 

甘い梅干しですが、梅干しで甘いの??とちょっと…と思われるかもしれませんが。

一度食べたらやみつきになるんです!

これは、ワケあり梅を使用していますが、味に違いはありません。

ただ、少し皮が破れているとか潰れて中が出ている、といったことなのです。

しかも小分けになっているので、使いやすく、食べやすいです。

是非、ご飯のお伴にいかがですか?



スポンサーリンク




2月の行事といえば?

では一体、どんな行事が2月には行なわれるのでしょうか。

 

建国記念の日

国民の祝日の1つですね。これは毎年同じ日で、2月11日です。

建国記念日が決まっている国は多いですが、日本が他の国と違うのは、

日本が「建国」された日が明確にわかっていないということです。

なので、日本神話を基に1966年(昭和41年)に制定されたのです。

意外と最近ですよね。

 

ではなぜ2月11日だったのか?

それは、日本神話に出てくる初代天皇・神武天皇の即位が、紀元前660年1月1日と

されていたことから明治時代に新暦に変えた日が2月11日だったのです。

それが1873年(明治6年)に祭日とされたが、第二次世界大戦後、

GHQ(占領軍)によって廃止とされてしまったのです。

 

その後、復活を願う声が高まり、

1966年(昭和41年)に国民の祝日となったのです。

 

猫の日

こんな日があったことを知っていたでしょうか?

猫好きの人であれば、当然!という感じでしょうか。

これは1987年(昭和62年)に制定された記念日で、「ニャンニャンニャン」という

猫の鳴き声から、2月22日に決まりました。

 

実はこの猫の日は、猫の日実行委員会とペットフード協会が

協力して制定したのです。

「猫と一緒に暮らせる幸せを感謝し、猫とともに喜びをかみしめる」

という趣旨です。

 

この日には、猫に関するイベントやキャンペーンなどが行なわれたり、

啓発活動も行なわれていたりします。

 

猫好きではない人も、この日は何度も“猫”と聞くことになるでしょう。

一度、イベントなどに足を運んで、猫と触れ合う機会にしても良いかもしれませんね。

 

ちなみに、他の国でも猫の日はありますが、日にちはばらばらです。

ロシアでは3月1日、アメリカでは10月29日、

ヨーロッパの多くの国は2月17日です。

 

また、動物愛護団体・国際動物福祉基金が決めた猫の日は、8月8日です。

それぞれの国が制定した趣旨などを調べても面白いかもしれませんね。

 

うるう年

4年に1度訪れる、うるう年。夏季オリンピックと同じですね。

太陽暦の話で、通常の平年が365日(平年)であるのに対し、うるう年は366日です。

これは、太陽暦と地球の動きのズレからくるもので、4年に1度あります。

この1日多くなるのが、2月でうるう年は29日まであります。

 

では、ぴったり4年に1度の計算でいけるのでしょうか。

実はそれでも400年経てばズレが生じてくるのです。

ぴったり1日分の誤差にならないので、400年経つと3日ほどズレてくるのです。

 

なので、4で割り切れる年をうるう年とするのではなく、400で割り切れない100の

倍数の年(4では割り切れる)は通常の平年とするのです。

つまり、1900年・2100年などは平年、つまり1年365日となるのです。

 

この計算方法で行なうと、ズレがかなり小さくなり、

1万年経って、3日ほどのズレとなります。

この計算方法を考えたのが、1582年にグレゴリオ13世でグレゴリオ暦と呼ばれています。

この方法が今、世界各国で使われています。



スポンサーリンク




関連記事:赤い月は不吉?名前はある?理由や意味も詳しく解説!

2月の行事食といえば?

では、どんな食べ物が2月を代表する食べ物なのでしょうか。

 

恵方巻き

節分の日に食べるお寿司がこの恵方巻きですよね。

その年の恵方(良い方角)に向かって無言で食べると

縁起が良いと言われていますよね。

では、この恵方巻きは一体どのようにして生まれたのでしょうか。

 

実は、恵方巻きは大阪が発祥とされています。

でも何かの文献などにそのようなことがはっきりと

書かれているわけではないです。

大阪の花街で節分のお祝いをしたり、商売繁盛を願っていたことがきっかけで、

その際に太巻き寿司を食べていたようです。

 

恵方巻きを食べる際、1本を丸かじりしますよね。

それは、商売などの良運を一気にいただく、という意味があります。

 

大阪が発祥と言いましたが、そこからどのようにして全国的になったのか。

それは実は最近で、1989年に某コンビニエンスストアで

太巻きを売り出したのです。

そこで、「恵方巻き」と名付けられました。

今では、コンビニチェーンやスーパーなどだけではなく、

自宅で手作りをする人も増えてきましたね。

 

福豆

恵方巻きと同じく、節分の時に食べるのが、福豆。

食べるだけでなく、「鬼は外、福は内」と掛け声をかけて豆を投げますね。

そもそも、なぜ豆(大豆)を投げるのか知っていますか?

 

昔から節分の頃は季節の変わり目で、体調を崩す人が多くいました。

その体調不良は邪気のせいだと考えられ、

その邪気を追い払うために豆が使われたとされているのです。

その邪気を追い払い、福を呼び込むので、「福豆」と言われています。

 

ちなみに、最近は、大豆以外でも豆まきが行われていますね。

ピーナッツや落花生が豆まき用に売られています。

 

話が逸れましたが、この福豆を何故食べるようになったのでしょうか。

「一年がまめに働けるように」という意味があり、年の数だけ食べます。

この豆は炒り豆で、邪気を追い払った福豆であることで、

福を体の中に取り入れ、一年の健康を願う意味もあるのです。

この時の「年の数」は、地域によっては本当の年の数だけの場合と、

数え年の年の数の分だけ、と食べる個数が違うのです。

 

いなり寿司

いなり寿司がなぜ2月の行事食なのかわかりますか?

2月の最初の午の日に、稲荷神社でお祭りが行なわれる「初午」という行事があります。

稲荷神社にはキツネの像が大抵は建っていますよね。

それはキツネが稲荷神の使いだと言われているからなのです。

 

キツネの好物はネズミですが、昔は殺生が禁止だったので、

大豆が原料の油あげを供えたことが始まりです。

そして、油あげにご飯を詰めて、「稲荷寿司」「お稲荷さん」と呼ばれるものが

出来ました。

 

このいなり寿司も地域によって、違いがいろいろあります。

まずは見た目の形ですね。

東日本は四角(俵型)であるのに対し、西日本は三角です。

俵は米俵を表し五穀豊穣を、三角は稲荷大御神の使いのキツネの耳を

表していると言われています。

また、味も、東日本は寒い地方ほど濃い味になり、西日本は薄味の傾向があります。

 

庶民の食べ物として広まったのは、お箸や素手で食べられるように、

簡単に食べられるようにと作られたのが、きっかけだったそうです。

今では、お店によって具や味が多少違うものの、手軽に食べられるという点は変わらず、

様々な工夫がされているので、いろんなお店の味を食べてみたいものですね。

関連記事:さつまいものふかし方!蒸し器なしの場合はレンジやフライパンで簡単に!

2月にはどんなイベントがある?

さっぽろ雪まつり

言わずもがな、北海道・札幌で行なわれる雪まつりですね。

毎年2月上旬に、大通公園、すすきのなどで行なわれています。

この雪まつりの歴史は1950年まで遡り、

地元の中学生と高校生が大通公園に雪像を作ったことがきっかけでした。

展示だけでなく、雪合戦なども行なったため、予想以上のにぎわいだったようです。

そのため、冬の行事として定着していったのです。

 

その後は、年々様々な変化が起こり、

初めてテレビや新聞で紹介されたのが1959年です。

それをきっかけに他の都府県からの観光客が増え、さらなるにぎわいになりました。

 

順調に思える雪まつりですが、実は世界情勢の影響を受けることもありました。

オイルショックです。

雪を運ぶためのトラックのガソリンが入手できず、雪像の中をドラム缶などで埋め、

なんとか雪像を作り上げたということもありました。

 

1965年に真駒内に第二会場(現在は札幌市の交流施設)を、

1983年にすすきのに第三会場を作り、どんどんと広まっていきました。

その頃から、開催日も延期するなど、ますますの発展となっていったのです。

 

今もなお、変化・進化し続ける、さっぽろ雪まつりですが、

これほど毎年開催していても大人気で、観光客が押し寄せています。

会場近くのホテルなども予約がなかなか取れないということもあり、

行くには苦労するかもしれませんが、

一度は生で雪像の圧巻具合を見てみたいですね。

 

バレンタインデー

バレンタインといえば、もう広く知れ渡っていますね。2月14日ですね。

この2月14日にはどんな意味があるのか、知っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

実は、バレンタインとは人の名前なのです。

3世紀のローマまで遡りますが、当時のローマは若者は国のために兵隊となり、

家族を持つことを許されていませんでした。

 

そんな中、キリスト教徒であったバレンタインは、若者たちを結婚させていたのです。

しかし、国はバレンタインのその行為を許さず、バレンタインを処刑しました。

その処刑された日が2月14日だったのです。

 

それから200年が経ったローマで、

2月14日に付き合う人を決めるというお祭りが行なわれていました。

しかし、キリスト教は風紀が乱れることを危惧し、

キリスト教の殉教者を祀る日に変えたのです。

それが、処刑されたバレンタインを祀ることでした。

 

それ以降は、2月14日には恋人たちがプレゼントやメッセージなどを

贈る日として定着していきました。

バレンタインは恋・恋人の味方でしたから。

 

これはローマでの話ですが、日本でバレンタインデーが定着したのは1970年代です。

1950年代から行なわれてはいましたが、お菓子メーカーや百貨店などで多くの

宣伝が行なわれ、「女性から男性へチョコレートを贈る日」と定着したのです。

 

ローマでは恋人たちがお互いに、でしたが、日本では女性から男性に、なんですよね。

これは国の男女の違いがあるのかもしれませんが。

 

今でも、女性から男性に、が多いですが、いろんな形がありますね。

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、そして自分チョコ…

要は相手を想う気持ちをチョコで表してるのでしょうね。

また、お店も百貨店だけでなく、ネットやコンビニまで、とても手軽で身近になってます。

 

では、みなさん、今年のバレンタインはどうしますか?

買いますか?それとも手作りにしますか?

どんな物・形であれ、贈る人へ日ごろの想いが伝わりますように。



スポンサーリンク




関連記事:加湿器の除菌方法!除菌剤で安全・おすすめなのは?

まとめ

2月と言えば、日にちも少なく、イベントも多くないイメージがありませんでしたか?

調べてみると、意外にあるんですよね。

しかもなんとなく過ごしていたことも、調べてみると「へぇ」と思うことがあったり。

これから少し見方が変わりますよね。

また違った風に過ごしてみるのもいいかもしれませんね。



スポンサーリンク