皐月の読み方は「さつき」です。

そして皐月が何の事か分からなくても、なんとなく

「月を表す言葉」とぼんやり思っている方は多いと思います。

 

実際「〇月生まれだからさつきちゃん」という名前の由来もそこそこ聞きますよね。

 

では、皐月は実際何月の事を指すのでしょうか。

また、皐月はなぜさつきと呼ぶのか、その意味や由来はどうなっているのでしょうか。

 

そこでここでは、皐月は何月なのかやその読み方、

皐月の意味や由来について詳しく説明していこうと思います。

皐月について詳しく知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





皐月は何月?読み方は?

まず皐月は何月なのか?についてですが、皐月は「5月」を表します。

また、皐月の読み方は「さつき」です。

 

なぜ5月にそんな別の名前があるのかというと、

日本にはもともと「月の異名」というものがあり、

数字+月の表記だけでなく、

その月の季節や特色を表した言葉でその月を表現した「異名」が随所で使われてきました。

 

5月は「皐月」とも呼ばれていますが、実は皐月の他にも異名はたくさんあり、

例えば早苗月(さなえづき)、五色月(いろいろづき)、雨月(うげつ)など

10個以上の異名があります。

 

さらに月の異名は1月から12月までそれぞれあるので、すべての異名を数えると

とんでもない数になります。

 

ただ今ではその月の異名もメジャーなものしか使われず、

5月と言えば「皐月」となっています。

 

ちなみに1月~12月までのメジャーな月の異名をあげると、

 

1月→睦月(むつき)

2月→如月(きさらぎ)

3月→弥生(やよい)

 

4月→卯月(うづき)

5月→皐月(さつき)

6月→水無月(みなづき)

 

7月→文月(ふみづき)

8月→葉月(はづき)

9月→長月(ながつき)

 

10月→神無月(かんなづき)

11月→霜月(しもつき)

12月→師走(師走)

 

となっています。

 

読み方も少し独特ですが

なんだかどの名前も日本っぽい風流の雰囲気が出ていてステキですね。

皐月の意味は?

では、皐月にはどういう意味があるのでしょうか。

 

皐月には、「田植えをする月」という意味があります。

昔日本では、今と違う暦が使われていました。

 

今でも5月は皐月と呼ばれていますが、

昔の日本の暦に照らし合わせると当時の皐月は6月中旬~7月中旬頃の季節でした。

 

日本はこの頃に田植えをしており、

そこから「田植えをする月」として5月を「皐月」と呼ぶようになりました。



スポンサーリンク




皐月の由来は?

田植えをする月から5月は「皐月」と呼ばれているのは分かりましたが、

田植えをする月ならそのまま「田植え月」などでもいいですよね。

 

さつきという名前の響き、そして「皐」なんて字は一体どこからきたのでしょうか。

 

どうして5月が「皐月」と呼ばれるようになったのか

ここでは皐月という言葉の由来についてみていきたいと思います。

 

5月が皐月と呼ばれるようになったのには諸説ありますが、

中でもメジャーなものを2つ紹介します。

 

皐月の由来その1

「早苗月が皐月になった」

 

5月にはもともと早苗月という異名がありました。

 

これは、当時の5月に「早苗」を植える習慣があったので

5月を「早苗月」と読んでいました。

 

これだと文字通りのままなので分かりやすいですよね。

ですが、言葉というものは使われる頻度が多いほど

略されるようになります。

 

これは今でもそうですよね。

スマートフォン→スマホ、携帯電話→ケータイというように

長い言葉は省略され、いつのまにか

略称の方が元からあった言葉のように定着していきます。

 

そして早苗月という言葉も少し長くて言いにくかったので、何回も呼ぶうちに

「さなえづき、さえづき、さづき、さつき」という風に

より言いやすい言い方・読み方に変化して

最後に「皐月(さつき)」となったのではないかと考えられています。

 

皐月の由来その2

「田植えの時期を一文字で表した」

 

当時の5月は、苗を植えたり何かを育て始めるという月でした。

つまり、「田」と関係が深い月なんですね。

 

苗を植える「早苗」や田を耕す「耕作」という言葉には

同じ「さ」という言葉が含まれています。

 

そこで「田植えに関する月」を総称して

「さ」という一文字が与えられ「さつき」という名前と読み方に

なったのではないかと考えられています。

 

また、「皐月」の「皐」という文字には昔「神にささげる稲」という意味もあったそうで

神様のささげる苗を植え始めるのが5月からという事から

この漢字が当てられたのではないかと考えられています。



スポンサーリンク




関連記事:卯月は何月?意味・由来や読み方についても詳しく解説!

日本の風流に触れてみよう!

 

皐月を含め月の異名は、

全て昔の日本人が感じた和の心を表しています。

 

「5月が皐月なんて、なんかステキだな」と感じたら、

ぜひこの機会に昔の日本人の心に触れてみましょう。

 

まずおすすめするのが「万葉集」です。

万葉集は日本でもっとも前に作られた和歌集で、

和歌を作った人も貴族から防人まで色んな人がいます。

 

こちらはマンガになっているので本を読むのが苦手な方でも

簡単に読むことができますよ。

 

昔の日本人の考え方のルーツみたいなものに触れる事もできますので

「皐月」の響きが気に入った方はぜひ一度読んでみてください。

 

 

平安時代は日本の雅な文化が見事に花開いた時代で、

その時代に書かれた本で有名なのが「枕草子」です。

 

ではその枕草子がどんな本なのかというと、

小難しい事は何もなく今でいう「エッセイ本」のようなものです。

 

作者である清少納言が日々の生活で感じた些細な事を小さな章にまとめた

本で、言葉こそ少し難しいですが内容は今でも

「あるある」と言えるようなものもあります。

 

こちらもマンガになっているのでどんな方でも面白く読むことが

できます。

 

枕草子を読んで当時の日本人の生活に思いを馳せながら

静かにコーヒーでも飲むと、きっとステキな一日になりますよ。



スポンサーリンク




関連記事:天赦日と寅の日2018年はいつ重なる?入籍や財布・宝くじの購入にベスト?

まとめ

皐月が何月なのか覚えられましたか?

 

また皐月にはいくつかの意味や由来がありましたが、

それぞれがちゃんと日本の風土にあったステキなものでしたね。

 

日本人は昔から、季節や自然を感じる事に長けてきました。

その心は、今の私たちにもどこか繋がっているはずです。

 

もし何か人生に迷ったりつまずいたりした時は、私たちのルーツである

昔の日本人の心を読み解けば、何か答えが見つかるかもしれません。

皐月という言葉をきっかけに、遠い昔の日本の風流に触れてみるのも悪くありませんよ。



スポンサーリンク