朝ごはんやお弁当に、手軽に作れるゆで卵。

簡単で美味しく、見た目も良いため、食卓で登場する機会も多いですよね。

 

そんなゆで卵ですが、ときどき、

すごく殻が剥きにくいことはないでしょうか?

 

殻を剥こうと思うと、殻に白身がしっかりくっついてしまって、

無理やり剥くと表面がボコボコになってしまったり……。

手軽に作るつもりだったのに、逆にすごく時間がかかってしまって、

朝からイライラ、なんて経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は、ゆで卵の殻が剥きにくくなってしまう原因と、

簡単に剥く方法についてご紹介します。



スポンサーリンク





ゆで卵の殻が剥きにくい状態になる原因は?

ゆで卵を作ったときに、殻が剥きにくい状態になってしまう原因は何なのでしょう?

その一番の原因は、

一般的に、「卵が新鮮だから」と言われています。

 

卵が新鮮だと、どうしてゆで卵の殻が剥きにくくなってしまうのでしょうか?

産み落とされた卵の中には、最初、二酸化炭素が多めに含まれています。

この二酸化炭素は、あたたまると膨張するため、

ゆで卵を作るときに温められると、卵のなかで膨張し、

卵の白身を内側から殻に押し付けてしまうのです。

 

結果として、新鮮な卵は二酸化炭素の力で白身がギュウギュウに殻に押し付けられ、

殻と密着して、くっつきやすくなってしまうんですね。

 

新鮮な卵は二酸化炭素を多く含んでいますが、

この二酸化炭素は、卵をしばらく放置しておくと、

卵の殻の表面に空いた、とても小さな穴から少しずつ抜けていきます。

 

二酸化炭素が少しずつ抜けた、鮮度があまり高すぎない卵であれば、

ゆで卵にしても白身が殻に押し付けられず、

綺麗に剥きやすくなります。

ゆで卵には「新鮮な卵より、少し時間の経った卵のほうが良い」と

時々言われますが、この理由も、卵の剥きやすさに関係しているんですね。

 

このほかにも、新鮮な卵とそうでない卵でゆで卵を作るときは、

実は仕上がりの味にも影響が出てきます。

ゆで卵は、「白身がぷるぷると引き締まっている」ほうが美味しく感じます。

このためには、白身の成分がぎゅっと引き締まるように茹でる必要があります。

 

しかし、新鮮な卵だと、二酸化炭素が膨張することによって、

白身を引き締めるのではなく、外側に膨らませてしまいます。

結果的に、新鮮でない卵を使ったときよりも、白身の引き締まり方が弱く、

なんとなくボソボソとした食感になってしまいがちです。

 

ゆで卵を作るときには、

新鮮な卵ではなく、少し時間のたったものを使うようにすると良いですね。

 

ちなみに、どれくらい時間を置けば良いかというと、

新鮮な状態から、冷蔵庫で1週間から10日程度、

常温なら1晩程度と言われています。

とはいえ、常温といっても夏と冬では大きく温度が異なりますので、

卵が傷まないように、常温で保存する場合は十分に注意してください。



スポンサーリンク




関連記事:大根に甘い部位辛い部位がある理由はなぜ?上下どっちが辛い?

ゆで卵の殻を簡単にむくことができる茹で方は?

ゆで卵の殻が剥きにくくなってしまう原因は、

主に卵の中に含まれる二酸化炭素が原因だということがわかりました。

そのため、ゆで卵を簡単に剥くことができるようにするためには、

卵の中の二酸化炭素への対策が必要になります。

 

手軽な解決方法は、

「ゆでる前に、卵の底に小さな穴を開けること」です。

卵の底には、「気室」と呼ばれる空気の部屋があり、

卵の本体を包んでいる薄い膜と殻の間にスペースがある状態になっています。

 

この部分に穴を開けておくことで、

卵を茹でるときに、二酸化炭素がこの穴から抜けてくれます。

卵の中身は薄い膜で覆われているので、

卵の底部分なら、穴を開けても問題ありません。

 

包丁の先や、画鋲などで少しだけ穴を開ける方法が一般的ですが、

最初は力加減が難しく、うっかり割れてしまうことも。

 

そんなことを防ぐために、

ゆで卵専用の穴あけアイテムも市販されています。

割らないように神経を使う必要がなくなるため、朝の忙しい時間にもぴったりです。

値段もお手頃のため、もし「卵に穴を開けるのはちょっと不安…」という場合は、

試してみてはいかがでしょうか。

 

もう一つのゆで卵の殻を剥きやすくする方法は、

「茹でたあと、すぐに氷水で冷ますこと」です。

卵の殻が剥きにくい原因は、殻に白身が押し付けられてくっついてしまうことにあります。

氷水で一気に冷やすことで、膨らんだ白身がもう一度収縮して、

きゅっと引き締まるようになります。

 

こうすることで、殻と白身の間に隙間ができやすくなり、

殻を剥くときにも白身と殻がくっついて剥がれづらい、ということが少なくなります。

 

ポイントは、茹で上がってからすぐにしっかりと冷やすこと。

一瞬だけ氷水につけたとしても、中身まで冷えなければ意味がありません。

中身までしっかり冷えるように、2~3分はつけておくと安心です。

 

以上のように、ゆで卵の殻をむきやすくするためには、

茹でるときと、茹でた直後の工夫が大切で、一番の基本になります。

両方とも手際よくできる自信がない、という場合は、

このようなゆで卵用トレイを使ってみるのもおすすめです。

 

ゆで卵の底にしっかり穴をあけつつ、

茹で終わったあともトレイごと引き上げて移動させられるので、

すぐに氷水につけることができます。

一度にたくさん調理できるのも便利ですね。

 

ゆで卵を作るときは、

「底に穴を開けてから茹でる」

「茹でたあとはしっかり冷やす」

の二つを心がけてみてください。



スポンサーリンク




関連記事:生卵の賞味期限、冷蔵庫や常温だと何日?賞味期限切れでもゆで卵や目玉焼きなら食べれる?

ゆで卵の殻を実際に剥く時の工夫は? 簡単にむくことのできる剥き方は?

ゆで卵が茹で終わったら、いよいよ本番の殻剥きです。

ここまでご紹介した方法を実践していれば、

ゆで卵が殻にくっついてなかなか剥きづらい、ということは

ほとんどなくなっていると思います。

 

しかし、そうはいっても沢山のゆで卵を作っていたり、

朝の忙しい中で殻をむこうとすると、

力加減を誤ってしまうこともあったりするため、もっと手軽な方法を知りたいですよね。

 

ゆで卵を実際に剥くときのおすすめの方法は、

「ビンやタッパーなどの密閉容器に水と卵を入れて振る」

ことです。

 

そんな簡単なことでいいの?

と思われるかもしれませんが、以下の動画を一度御覧ください。

 

この動画のように、

密閉容器に水を3分の1から2分の1程度入れ、

卵を入れて10~20秒程度振ると、

殻全体に日々が入り、するりと剥きやすくなります。

 

ゆで卵の殻を簡単に剥くときのコツは、

「殻全体にひびを入れること」です。

このように密閉容器に卵をいれて振ることで、

全体にまんべんなくひびを入れることができるんですね。

 

また、卵だけを入れてしまうと卵がつぶれてしまう可能性がありますが、

水と一緒に入れることで、衝撃が吸収されやすくなるという効果もあります。

複数個入れても同じようにできるので、ぜひ試してみてください。

 

もう一つの簡単な剥き方として、

まな板などの平らな場所に、ゆで卵を押し付けながらころがすようにして

全体にヒビを入れ、割るという方法があります。

 

これも、先程の密閉容器&水を使う方法と同じように、

全体にまんべんなく日々を入れることで剥きやすくしている方法です。

特別な容器などが何も要らないので、手軽な方法です。

最初の1回目は力加減を覚える必要がありますが、

なれるととても簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

ヒビを入れたあと、流水などをあてながら剥くと、

より簡単に剥くことができますよ。



スポンサーリンク




関連記事:さつまいもで糖度が高い品種!甘い種類はコレ!

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

ゆで卵が剥きにくくなってしまう原因の解説から、

卵の鮮度の問題や、茹で方、茹でたあとの冷し方など、

今回の記事では、ゆで卵の殻の剥き方を詳しく解説しました。

 

お湯で茹でるだけの、お手軽な料理に見えるゆで卵ですが、

綺麗に殻をむくためには、いろいろな注意点があったんですね。

 

白身がつるんとしていて、見た目にも美しいのが

ゆで卵の大きな特徴だとも言うことができます。

ぜひ、今回ご紹介した方法を実践しながら、

手軽に、綺麗で美味しいゆで卵を作ってくださいね。