海外旅行に行く際、大体の方はスーツケースを持っていきますよね。

バックパックに少しの荷物で・・・

という感じで海外旅行に行かれる方は少ないものと思います。

 

大荷物でも手軽に持ち運ぶことができるので、

海外旅行ではスーツケースは必須品ですよね。

 

スーツケースを持ち運ぶ際、

「スーツケースベルト」を付けるかどうか迷いませんか?

今ではスーツケース本体に鍵がついているものも多いので、

わざわざスーツケースの外にベルトをつける必要もない気がしますよね。

 

今回は海外旅行に行く際にスーツケースベルトが必要かどうか、

素朴な疑問について考えてみようと思います!



スポンサーリンク





スーツケースベルトは必要なの?

海外旅行に持っていくようなサイズの大きなスーツケースの場合、

だいたいは付属品として鍵がついていますよね。

盗難防止を目的であればわざわざスーツケースベルトを利用する必要もない、

というのはもっともな意見だと思います。

 

そもそもスーツケースベルトとは、

その名の通りスーツケースの外側に巻き付けて使うベルトのことです。

ベルト本体に鍵がついているタイプのものもありますが、

ほとんどのスーツケースベルトはワンタッチで簡単に取り外すことができます。

 

このためスーツケースベルトは防犯目的で利用するにはあまりにも脆弱すぎます。

 

こう考えるとスーツケースベルトの必要性がないように感じますが、

「スーツケースが開かないようにできる」

という点にスーツケースベルトの利点があります。

 

スーツケースに荷物を入れるときは荷物をギュウギュウに押し詰めて、

ファスナーがかろうじて閉まる程に無理矢理閉めることはありませんか?

 

荷物がパンパンになっていると、

ファスナーにはかなりの負担がかかります。

そんな状態で長い間放置していると、

ファスナーが壊れて勝手にスーツケースが開いてしまう

なんてことも起きてしまいます。

 

航空会社での荷扱いは想像する以上に雑な部分があり、

運搬作業中に投げて扱うなんてこともざらにあります。

こうなるとスーツケース本体は丈夫だとしても、

負荷のかかっているファスナーや鍵部分は簡単に壊れて

スーツケースが開いてしまう危険性が出てきます。

 

しかしスーツケースベルトで外側から押さえつけてあげることで、

ファスナーにかかる負担を軽減させることができます。

たとえファスナーが壊れてしまったとしても、

スーツケースベルトでカバンを押さえているので、

中身があふれ出る心配がないということですね。

 

また盗難防止としては脆弱であると上で書きましたが、

スーツケースベルトはしっかりと盗難を防ぐ役目も担ってくれます。

 

ほとんどの場合、スーツケースの中身が盗られるのは荷預け後の運搬作業中です。

つまり航空職員に安全確認と称して中身を盗られてしまうということです。

航空会社の非難になってしまうのでこういうことは言いたくないのですが、

しかし実際に起こっていることであるのは事実です。

 

分刻みで荷扱いを行うためできる限り簡単に開けられる荷物を狙う思考になります。

その中でベルトのされている荷物を見つけたら、

中を開けるまで時間がかかってしまうので狙われる可能性が少なくなります。

 

旅行に行ったときにバゲージロストを少なくするためにも、

スーツケースベルトはとても有効なんです!



スポンサーリンク




TSAロック付でもスーツケースベルトは必要?

最近のスーツケースには、TSAロックという鍵が採用されております。

 

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局(TSA)が認める鍵のことです。

南京錠などをスーツケースのファスナーに取り付けることは禁止されておりますが、

TSAロックのものであれば使用することが認められております。

 

TSAロックの場合は職員が合鍵を持っているため、

検査のために鍵を開けてスーツケースの中身を確認することができるからです。

 

しかしTSAロックの合鍵にも種類があるため、

職員全員が確実にTSAロックを解除できるというわけではありません。

職員がどうしても中身を空けて確認が必要となった場合には、

鍵を壊して中身を確認するということになります。

 

TSAロックでスーツケースを施錠していたにもかかわらず、

鍵が壊されてしまうというケースが発生してしまうのです。

 

鍵が壊されてしまうとスーツケースは開けっ放しの状態となってしまいます。

こうなるとスーツケースはあっても中身が空っぽ何てことになりかねません。

このためTSAロック付のスーツケースであっても、

スーツケースベルトは必要となってきます。

 

ちなみに、スーツケースベルトにTSAロックが採用されているものもあります。

 

スーツケースベルトは基本的に、

スーツケースに巻きつけてから絞ってサイズをあわせます。

TSAロック式のスーツケースベルトも、

ロックをかけてからベルトを締めてサイズを合わせる形となります。

 

このため正直なところスーツケースベルトに

TSAロックはあまり必要がないと言えます。

しかしスーツケース本体にTSAロックがついていない場合は、

TSAロック式のスーツケースベルトを鍵の代わりとして利用することができます。

 

TSAロック式のスーツケースベルトは、

あればベターという感じですね。



スポンサーリンク




関連記事:破れたお札の交換場所!郵便局や信用金庫は?手数料はかかる?

スーツケースベルトを使用するメリットのまとめ!

スーツケースベルトをつけるメリットをまとめますと、主に下記の3点になります。

 

1.スーツケースの破損防止

丈夫なスーツケースでもファスナー部分は想像以上に壊れやすいものです。

ファスナーが壊れてしまうと中に入れていた荷物は安全に持ち運べませんよね。

しかしスーツケースベルトがあれば、

ファスナーが壊れていても荷物があふれ出すことを防げます。

 

スーツケースベルトはファスナーの負担を和らげてくれるので、

スーツケースの長持ちにもつながり一石二鳥です。

 

2.盗難防止

開ける手間のかかる荷物は狙われにくくなります。

スーツケースベルトは盗難の抑止力として活躍してくれますので、

つけていて損するものではありません。

TSAロックはあって無いような物ですので、

セキュリティ強化のためにもスーツケースベルトを活用しましょう!

 

3.スーツケースの目印になる

大きさや色も様々ありますが、

旅行に行くと他の方のスーツケースがかぶってしまうことも少なくありません。

ステッカーやアクセサリーを付けて目印にすることもできますが、

ベルトの方が目立つので目印にはうってつけです。

 

スーツケースベルトの必要性を十分にお分かりいただけたものと思いますので、

最後におススメのスーツケースベルトをご紹介します!

関連記事:赤い月は不吉?名前はある?理由や意味も詳しく解説!

オススメのスーツケースベルトをご紹介!

カラーにチェックやドットが使われているところがポイントの

ワンタッチ式のスーツケースベルトです!

ワンタッチ式なので取り外しが便利なのはもちろんですが、

丈夫でおしゃれなところもオススメポイント!

単色が多いスーツケースですので、

ワンポイントにこちらのスーツケースベルトはいかがでしょうか?

 

TSAロック付の十字型スーツケースベルトです!

セキュリティ面はもちろんですが、

十字型にすることで丈夫さもアップしています。

そして隠しネームタグが付いている所もオススメのポイントです!

丈夫なスーツケースベルトが欲しいという方はぜひ!

 

ワンポイントの飛行機の柄が可愛らしい

マジックテープタイプのスーツケースベルトです!

マジックテープの折り返し部分にはエナメルが利用されているため、

色が目立ちやすく目印として最適なスーツケースベルトです!



スポンサーリンク




関連記事:関税とは誰が誰に払うの?簡単にわかりやすく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

目印以外にもスーツケースベルトを活用する理由が結構ありますね。

 

最近はニュースでも航空会社での荷扱いのラフさが取りざたされ、

預けた手荷物が破損していたということを耳にすることも珍しくありません。

何があるかわからない旅行ですので、

万一のためにスーツケースベルトを用意されるのもいいと思いますよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク