お寿司に刺身にとわさびは私たちの食生活には欠かせません。

チューブのわさびも勿論いいですが、生わさびはまた全然味が違います。

 

最近では生わさびも気軽に手に入るようになったので、

生わさびを使う人も増えてきました。

 

そこでここでは、生わさびの賞味期限や冷凍保存の仕方、

生わさびを売ってる場所を紹介します。

 

生わさびについて知りたい!という方はぜひこの記事を参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





生わさびの基本的な保存方法、賞味期限は?

まずは生わさびの基本的な保存方法や賞味期限について見ていきましょう。

 

生わさびの基本的な保存方法は、「冷蔵庫で保管」です。

生わさびは乾燥に弱いので、

まず生わさびを濡らしたキッチンペーパーなどでしっかり包みます。

その上でラップやビニール袋で包み、冷蔵庫に保存します。

 

ただ生わさびは乾燥に弱いとはいえ塗れたままだとそれはそれで傷みやすくなるので、

キッチンペーパーは1日置きに変えるのがおすすめです。

 

この状態で賞味期限は1週間ほどになります。

 

生わさびを一度もすっていない状態であれば、

コップに水を入れて生わさびを立てた状態で冷蔵庫に入れておくと

賞味期限は1ヶ月ほどもちます。

 

ただ、やはり風味は落ちてきますので生わさびが届いたらすぐに食べるようにしましょう。



スポンサーリンク




生わさびは冷凍保存できる?賞味期限はどれくらい?

では次に、生わさびは冷凍保存できるかどうか、

その場合賞味期限はどれくらいになるかを紹介します。

 

生わさびはそのままでは冷凍保存できませんが、「すった状態」なら冷凍保存が可能です。

その場合は、まず生わさびをすります。

それを細長い棒状にしてラップに包みましょう。

 

後は冷凍庫に入れればOKです。

次に生わさびを使いたい時は、使う分だけ折ればよけいな解凍せずにすみます。

 

冷蔵庫に保存するより大分長持ちしますので、

生わさびを長期保存したい場合は冷凍保存がおすすめです。

 

ただ、そうは言っても生わさびは生ものなので、

冷凍しているとはいえ時間が経つと風味が落ちてきます。

生わさびを買ったら、1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。



スポンサーリンク




関連記事:里芋のかゆみの成分や対処法は?かゆくならない皮むき方法は?

生わさびの下ろし方は?

普段わさびのチューブに慣れている人は、

生わさびを見ると「どうやって食べるの?」と疑問に感じるでしょう。

 

そこでここでは、生わさびのおいしい下ろし方について説明します。

 

1.茎を手でちぎる。

わさびはにんじんのような形をしています。

 

にんじんでいう葉の部分、わさびの茎の部分をまず手でちぎってください。

 

包丁で切り落とす事もできますが、

わさびは茎のギリギリまで食べる事ができるので手の方が実が残りやすくなります。

 

2.わさびを茎の方からおろし金でおろす。

わさびは「皮を剥く」という事はしません。

ですからこのままおろし金ですります。

 

おろすのは基本的に茎の方からです。

おろした瞬間から風味が落ちていくので、食べる分だけおろしましょう。

 

生わさびの下ろし方ですが、

「ぐるぐると円を描くように」「ゆっくりと」下ろすのがポイントです。

 

早く食べたいのでついゴシゴシとおろしてしまいがちですが、

スピードが速いと風味が飛んでしまいます。

 

一旦気持ちを落ち着けて、ゆっくりゆっくりとおろしてください。

 

生わさびをおいしく食べるポイント

ではここで、生わさびをおいしく食べる為のポイントを紹介します。

食べる直前に下ろす!

実は生わさびの辛みは持続しません。

下ろした瞬間~3分くらいが一番辛みが強く、その後は味が大人しくなってきます。

 

ですから、「本当の生わさびのピリピリした辛みがほしい!」という方は、

生わさびは「食べながら下ろす」のがおすすめです。

 

例えば生わさびで刺身を食べたい時は、生わさびとおろし金を食卓に用意して、

刺身を皿にとってから生わさびをおろし始めるのでも遅くありません。

 

根側と茎側で辛みが違う!

生わさびは、根の側と茎の側で辛みが異なります。

茎の方がより辛く、根の方は少しまろやかになっています。

 

ちなみに生わさびの真ん中はちょうど根のまろやかさと茎の辛みが合わさったような

ちょうどよい味になります。

 

茎側の方がより生わさびの味を感じる事ができるので、

茎側のわさびを使う時は生わさびのおいしさがよりダイレクトに伝わる「わさび丼」

などで食べるのがおすすめです。

 

おろし金は、木製か陶器かプラスチック製を使う!

生わさびを下ろすおろし金ですが、

金属製のおろし金を使うとせっかくの生わさびの風味が飛んでしまいます。

 

生わさびと一番相性がいいのは木製のおろし金ですが、

普通の家には木製のおろし金なんてないですよね。

 

その時は陶器かプラスチック製のおろし金を使うようにしましょう。

陶器かプラスチックなら、風味もあまり落ちません。

関連記事:わらび餅の栄養や効能は?ダイエットにはどうなの?

生わさびの売ってる場所はどこ?おすすめの生わさびや道具を紹介♪

ここまで読むと、無性に生わさびが食べたくなってきてしまったのではないでしょうか?

 

でも、わさびチューブで売られているのはよく見ますが、生わさびはあまり見ませんよね。

生わさびの売ってる場所はどこなのでしょうか。

 

生わさびの売ってる場所は

生わさびの生産地の近くの道の駅

生わさびの生産地の近くのスーパー

生わさびの生産地の近くの駅

などがあります。

 

生わさびの生産地としては静岡県伊豆市、長野県安曇野市などがありますから、

その地域に行けば意外と都市部のスーパーなどでも普通に売っていたりします。

 

ですが、生わさびの生産地の近くに住んでいない人だと

「わざわざ生わさびを買う為だけに、そんな遠くまで行けない…」となりますよね。

 

そんな人におすすめなのが、ネット通販です。

 

昔は生わさびを買う為には

わざわざ遠い生産地の近くまで足を運ばなくてはいけませんでしたが、今は違います。

 

現在ネットが発達しているので、生わさびの生産者がネットで生わさびを販売しています。

 

つまり、パソコンやスマホのボタンを押すだけで、

生わさびの方が家まで来てくれるのです。

便利な世の中ですよね。

 

せっかく科学が発達した現在にいるんですから、便利なものはどんどん利用して

昔は食べられなかったおいしいものをどんどん食べましょう。

 

そこでここでは、ネット通販で売ってる場所のおすすめの生わさびを紹介します。

 

伊豆天城の生わさび

 

ネットで売られているおすすめの場所の生わさび、

その1は静岡県伊豆市の新鮮な水で作られた「伊豆天城の生わさび」です。

 

キレイな空気で満たされた山の中で育てられた生わさびは、

チューブとは全く風味が違います。

 

また、グルメドラマ「孤独のグルメ」で

主人公の井の頭五郎が食べたのも伊豆のわさびになります。

 

こちらのわさびは1本から販売しているので、

一人暮らしの人でも安心して注文する事ができますよ。

 

ぜひ五郎さんになったつもりで、生わさび丼を食してみるのをおすすめでします。

 

信州安曇野の生わさび

 

ネットで売られているおすすめの場所の生わさび、

その2は長野県安曇野市で作られた「信州安曇野の生わさび」です。

 

北アルプスのキレイな湧き水と森林の新鮮な空気で作られたこちらの生わさびは、

静岡産とはまた違ったおいしさがあります。

 

生わさびは使われる水や土壌でかなり味わいが変わるので、

2つを食べ比べてみるのもおすすめですよ。

 

こちらは5本セットになっていますので、誰かと一緒に購入したり

何かのパーティーの時などに用意したりするのが良いでしょう。

 

ぜひこの機会に生わさびを食べてみてくださいね。

 

生わさびをおろすならコレ!

 

生わさびを食べる時に必要なもの、それは「おろし金」です。

 

チューブならそのまま出して食べる事ができますが、

生わさびはおろさなくてはいけません。

 

そんな時におすすめなのが、こちらのスプーン型のおろし金です。

 

こちらなら食べたい分だけ生わさびをする事ができ、

しかもそのまま食器にもなるので洗い物も増えません。

 

本格的な生わさび用の木製おろし金も勿論いいですが、少し値段が高いですよね。

 

ですがこちらはかなり安くなっているので、生わさびを常食している訳ではなく

「試しに一度生わさび食べてみるか!」という方は

こちらのようなおろし金がおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:ゆで卵の殻が剥きにくい原因は?簡単にむく方法をご紹介!

まとめ

生わさびの賞味期限は、冷蔵庫に入れてだいたい1ヶ月です。

 

冷凍保存もできますが、それでも1ヶ月しか持ちません。

ですから生わさびを買ったらできるだけ早く食べ切るようにしましょう。

 

生わさびを売っている場所はネットで気軽に探せるので、

「食べたい!」と思ったらぜひ一度食べてみてくださいね。

 

きっとわさびに対する印象ガラリと変わると思います。



スポンサーリンク