ポテトサラダやフライドポテト、

煮っ転がしなどなど様々な調理法があるじゃがいも。

 

また、1年中安く手に入る家計に優しい野菜のひとつ。

そのため、ついまとめ買いしてしまいますよね。

 

ですが、気づくと表面に芽が出ていた、

なんだか緑色に変色している、なんてことはありませんか?

 

緑色になったじゃがいも、なんだか気色悪いですよね・・・

 

そこで本記事では、

その緑色はなんなのか?

なぜ緑色になっているのか?

徹底的に調査してみました。



スポンサーリンク





じゃがいもを切ると、中身が緑色だった!これって食べられる?

そういえば、野菜室にじゃがいもがある・・・

保存していたの忘れていた・・・

 

じゃがいもは日持ちするため、

購入しても使うのを忘れてしまう、なんてことは

日常茶飯事ではないでしょうか。

 

私自身、玉ねぎに埋もれているじゃがいもを発見したり

葉物野菜の下敷きになっている

じゃがいもを見つけることがよくあります。

 

実際見た目の変化はそこまで感じられないので、

料理に使うことが多いのですが、

いざ切ってみると緑色になっていた、なんてことも。

 

普段見慣れている色ではないので、不安になりますよね。

 

そういえば、じゃがいもの芽には毒があるから、

きれいに取り除かないといけない、

と習った方も多いかもしれませんね。

 

そこで、じゃがいもの緑色の部分って一体何なのか、

食べても問題ないのか、

気になる疑問を徹底的に調べました!

 

そもそも緑色の正体って?

「じゃがいもの芽には毒がある」

ということを思い出した方、大正解です。

 

じゃがいもの緑色の部分は、芽の毒と同じ「ソラニン」

という毒なのです!

 

ソラニンは、フグの毒と同様の成分。

じゃがいもから自然と発生する毒性のようです。

 

フグの調理方法を考えると、

調理の資格を持った料理人がフグをさばいていますよね。

 

つまり、フグの毒はしっかりと勉強してきた方に

対処してもらわないといけないほど危険性のあるもの。

 

そんな毒と同様の毒が

じゃがいもから発生しているなんて、

考えるだけで恐ろしくなってしまいます。

 

じゃがいもの毒は、体にどんな影響を与えるのでしょうか?

もし食べてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

次の項目で詳しく見ていきましょう!



スポンサーリンク




じゃがいもの緑色は毒だった!身体への影響は・・・?

じゃがいもの緑色は「ソラニン」という毒性でしたね。

 

それではこのソラニン、いったいどんな成分で、

体への影響はどんなものがあるのでしょうか。

 

取り除く方法や予防法もご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください!

 

じゃがいもの毒は体にどんな影響がある?

ソラニンは、神経系に影響を与える毒です。

重症な場合は、神経系への影響が出てしまうため、

麻痺やしびれが体に残ってしまうことも。

 

ですが、少量のソラニンであっても

もし摂取してしまえば

以下のような症状が現れることがあります。

 

頭痛

嘔吐

腹痛

めまい

呼吸困難

食欲がなくなる

 

これらの症状は食後20分で現れるようです。

 

ソラニンの毒は中和されないため、

水分を多く摂り、体から排出されるのを

待つしかありません。

 

ただ、もし呼吸困難など重症になった場合、

すぐに病院へ行きましょう。

 

ソラニンで死んでしまうことはある?

毒といわれていることから、

最悪の場合死んでしまうことはあるの?!

と、心配になりますよね。

 

ソラニンを食べてしまった場合の、

致死量について調べてみました。

 

大人の場合は350mg、子供の場合35mgで

致死量に達してしまいます。

 

一般的にスーパーで売られているじゃがいもには100gあたり

1mg程度しかソラニンが含まれていないため、

心配する必要は全くありませんね。

 

100gのじゃがいも、というのは、

だいたい中くらいのじゃがいもをイメージしてください。

 

中くらいのじゃがいもを3500個または350個

一気に食べることはまずありません・・・!

 

ですが!

ここで気を付けたいのが自家栽培のじゃがいもです。

 

自家栽培のじゃがいもは、

ソラニン含有量が最大で50mgほどだそうです!

 

理由は、成長途中の未熟なじゃがいもを

収穫して食べてしまうため。

 

未熟なじゃがいもにはソラニンが多く含まれているのです。

 

子供のソラニンによる致死量は35mgですから、

あっという間に致死量に達してしまいます。

 

致死量に達しなくとも、ソラニンのせいで

舌がしびれてくる、という症状も現れるようです。

 

特に、学校の農園などで育てたじゃがいもで

調理実習を行った学校では、

食中毒の事例が多く報告されているようです。



スポンサーリンク




関連記事:里芋のかゆみの成分や対処法は?かゆくならない皮むき方法は?

緑色になったじゃがいもは食べられる?毒を取り除く方法は?

ソラニンの摂取量によって、様々な症状が現れるのですね。

 

ソラニンの毒性は

とても恐ろしいものだということがわかりました。

 

また、学校での食中毒も、なるべく避けたいところ。

 

そんなことは言っても、

緑色になっている部分は一部分だし・・・

ちょっと緑色になったくらいで

じゃがいもを捨ててしまうなんてもったいない・・・

 

私もそう思います。

 

そこで、緑色になってしまうと

もうそのじゃがいもは捨てなければいけないのか?

緑色の部分は取り除けば良いのかをまとめました!

 

じゃがいものどこが緑色になっているかを確認!

まず、じゃがいもの緑色は「皮」の部分なのか

「中身」の部分なのかを確認しましょう!

 

皮が緑の場合も、中身が緑の場合も、

同じソラニンの毒性をもっています。

 

ですが、皮のソラニンは

中身のソラニンの22倍もの毒性があるのです!

 

そのため、食中毒の事例は皮ごと調理したことに

起因する事例が多いようです。

 

皮ごと調理する方法によって

食中毒が起こされたという例が多いのも、納得のいく事実ですね。

 

皮が緑色の場合の除去方法!

皮が緑色だった場合、その部分の皮を厚めにむきましょう。

必ず、中まで緑色が侵食していないかを確認します。

 

緑色の部分を取り除けば、

安心して食べることができますので、

よく目を凝らして確認してみてください!

 

中身が緑色の場合の除去方法!

中身が緑色だった場合、

緑色の付近を多めにカットして除去しましょう。

 

緑色になった部分の周辺にも

うっすらとソラニンが広まっている可能性があるのです。

 

もし、カットしてみて

食べられそうな部分がなくなってしまうほどであれば、

そのじゃがいもは処分しましょう。

関連記事:わらび餅の栄養や効能は?ダイエットにはどうなの?

じゃがいもの皮や中身が緑色になるのを防ぐには?

じゃがいもが緑色になってしまうのを

事前に防ぐ方法はあるのでしょうか?

 

こちらの項目で、

そもそも緑色になってしまう原因をまとめ、

それらに対する対策をご紹介します!

 

せっかく買ったおいしいじゃがいも、

腐らせずに保管しておきたいですよね!

 

そもそも、なぜ緑色になってしまうの?

じゃがいもが緑色になる理由は以下3点が考えられます。

 

太陽に当たっている時間が長いから

保管場所が悪いから

未熟なじゃがいもだから

 

まず、じゃがいもは収穫後、乾燥させなければいけません。

 

なぜなら、表面に水分が残っていると

そこから腐敗が進んでしまうからです。

 

となると、良く晴れた日に日光の下で

乾かせば早いのでは・・・?!

と思いますよね。

 

ですが、じゃがいもは「光」に当てておくと

緑化が進み、ソラニンがますます発生してしまいます。

 

ですので、収穫後のじゃがいもを乾かす場所は

「日陰」の風通しが良い場所がベスト。

 

干す時間は、人によって変わり、数時間~1週間と幅が広いので、

じゃがいもの両面が乾いたらOK!という目安で、問題ありません!

 

次に、保管場所が原因でソラニンが増える場合があります。

 

じゃがいもは光に反応して緑化してしまうのでしたね。

 

その「光」というのは、実は直射日光だけではなく

少しの光でもじゃがいもの緑化は進んでしまうのです。

 

最後に、収穫したじゃがいもが未熟だった場合も注意が必要です。

 

なぜなら、未熟なじゃがいもは完熟したじゃがいもに比べて

ソラニンが増加しやすいとされているからです。

 

そのため、未熟なじゃがいもを収穫したてしまったという場合は、

完熟したじゃがいもよりも先に調理して食べてしまいましょう。

 

緑色でなければ、問題なく食べることができますので、

捨てる必要はありませんよ!

 

ソラニンの発生を防ぐ方法!

じゃがいものソラニンが増える原因について見てきました!

 

それでは、事前に防ぐ方法をまとめましたので、

こちらも参考にしてみてください!

 

じゃがいもは「光」によって緑化が進み、

ソラニンが増えてしまうのでしたね!

 

ですので、保管する場合は

「光の当たらない場所」を選びましょう!

 

例えば、

 

じゃがいもを新聞紙で包み、冷蔵庫で保管する

段ボールに新聞紙を敷き、その上から新聞紙で覆う

倉庫や車庫などの暗い場所にしまう

 

ことが考えられますね。

 

保存期間の目安は、約3カ月!

それ以上放置しておくと、

じゃがいもの表面にソラニンが増加していってしまい

芽が出やすくなってしまいます。

 

じゃがいもの芽には、もちろんソラニンが含まれています。

そして恐ろしいことに、周囲のじゃがいもにもうつるようです。

 

もし保存しているじゃがいもに

ひとつでも芽がでているものを見つけたり、

表面が緑色になっているのを発見した際は、

すぐに取り出しておきましょう!

 

リンゴと一緒に保存すると良い!

実は、リンゴから出るエチレンガスという成分、

じゃがいもの発芽を抑制する効果があるようです!

 

そのため、じゃがいもを保存するときは

リンゴの近く、もしくはリンゴと同じ袋や段ボールに

保存しておくと良いのです!

 

もしじゃがいもの入っている袋に

穴が開いていない、という場合は、

わざと空気穴をあけましょう。

 

リンゴから発生するエチレンガスを

吸わせるように意識しましょう!

 

保存袋にもこだわりたい人へ!

家には車庫も納屋もない、室内か冷蔵庫で保管するしか・・・

という場合もありますよね。

 

私自身せまいアパート暮らしのため、お客さんがきたときに

生活感が見えてしまうところは致し方ない部分もあります。

 

ですが、そんな場合でも

おしゃれに手を抜きたくないのが本音。

段ボールなんて使いたくない。(笑)

 

そこで、人に見られても恥ずかしくない

保存袋を見つけてきました!

 

 

こちらの商品は、麻素材の保存バッグ。

 

麻素材のため、通気性も抜群です。

湿気が溜まってしまい、カビや芽が出てしまう、

なんてことは回避できますよ!

 

じゃがいもだけでなく、

ニンジンや玉ねぎなどの保存袋としても使用可能です。

 

かわいい保存袋で、調理へのモチベーションも

上がるかもしれませんね!



スポンサーリンク




関連記事:お寿司は常温保存だと何時間持つ?冷蔵庫だと何日?

まとめ

じゃがいもの緑色の部分は「ソラニン」という毒です。

 

皮にも中身にも発生する可能性は

十分あり得ますが、緑色の部分をしっかり除去すれば

問題なく食べられます!

 

また、暗くて風通しの良いところでの保存、

リンゴと一緒に保存、などなど

保存方法にも一工夫することで

じゃがいもを長期保存することができるのです!

 

ぜひこちらの記事を参考にして、

安全・安心にじゃがいもを食べましょう!



スポンサーリンク