干し柿を食べようと思ったら、何か黒いものが…。

これってカビ?食べれるの?と不安に思って処分してしまった、

なんて経験はありませんか?

特に手作りの干し柿だったら、不安も強いはず。

 

しかし実はその黒いもの、カビじゃなくてただの食べごろのサインかもしれません。

今回は、干し柿にできる黒いものの謎について解説していきます。

カビかどうかの見分け方やカビの防止法についても解説しているので、

カビかどうか迷った時にはぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク





干し柿が黒い!それってカビ?食べれるの?

干し柿に付着している黒いツブツブは大きく二通りに分けられます。

「カビ」である場合と、「タンニン」が表面に浮かび上がっている場合です。

 

タンニンは柿に含まれるポリフェノールの一種で、渋み成分でもあります。

普通の甘い柿を切ったときにも、黒い斑点が見えることがあると思いますが、

干し柿にする段階でそのタンニンが表面にまで浮かび上がってくることがあるのです。

 

一見するとカビのように見えることがありますが、食べれるので安心してください。

また干し柿になる過程で、

タンニンは人間には渋みが認識できいない状態に変化しており

味にも全く影響しませんので、問題無く食べれると言えるでしょう。

 

その上、タンニンは活性酸素の働きを抑えてくれる抗酸化作用や

メラニンの増殖を抑える美白効果、整腸作用など、

健康面での効果が高いことが知られています。

 

干し柿を手作りしたのではなく、

市販で、かつ賞味期限切れなどではない干し柿に黒い斑点が見られたというのなら、

それがカビである可能性は低いでしょう。

 

また、斑点という感じではなく、干し柿全体が黒ずんでいるように見えた際には、

その干し柿の干し方に問題があった可能性があります。

これは、手作り干し柿で起こりやすいです。

 

干し柿を作る際には、揉むという過程がありますが、

揉まずにただ干していただけだと、

単純に表面の水分から抜けていくので見た目は黒い干し柿になります。

逆に、揉み始めるのが早くても黒くなりやすいです。

干してから1週間程度は揉まず、外皮が硬くなってきてから揉みましょう。

 

また、干す際に直射日光に当たりすぎるのも干し柿が黒くなる原因です。

自宅で手作りする場合には、気をつけましょう。



スポンサーリンク




干し柿のカビの見分け方を解説!

干し柿できるカビには黒いカビ、白いカビ、青いカビと種類が様々あります。

カビができる原因も、干すときに雨に当たって濡れたり、

柿同士がぶつかったキズからカビ菌が入り込んだり、

保存環境が良くなかったりなどたくさんあります。

 

また一方で、正常な干し柿でも、表面には黒い斑点としてタンニンが浮かびあがったり、

表面へ浸みでた糖分の結晶が白く粉を吹いたような状態になったりします。

 

文字で見ると非常にややこしいですが、見分け方もちゃんとあります。

ここからは、干し柿のカビの見分け方について解説していきますよ。

この干し柿食べれるの?と疑問に思ったら確認してください。

 

その前に、まずは市販の干し柿の場合ですが、

店頭に並んでいる時点でカビが生えているということは、日本ではほとんどありえません。

購入後に高温多湿になるような場所に長期期間保管しているなどは別ですが、

干し柿には保存食としての一面もあるので、

正しく作られたものに関してはカビの心配はまず必要ありません。

表面に見える黒い斑点はタンニン、白い粉は糖分の結晶であると言えます。

 

ブランド干し柿 南信州産 市田柿

手間をかけて昔ながらの製法で作られた市田柿の干し芋は、

ふっくら柔らかな食感と強い甘みが特徴です。

こちらのFAQや写真でも分かるように、

表面の白い粉はブドウ糖の結晶、黒い変色部分はタンニンです。

とても美味しいので、ぜひお試しあれ。

 

 

それでも柿の表面が心配だという方は、次の見分け方を参考にしてください。

手作り干し柿の場合も、要チェックですよ。

 

まっ白でもまっ黒でもない

見分け方の一つは、まず色です。

緑や青に近い色の斑点がある場合は、カビの可能性が高いです。

また、糖分の結晶やタンニンは、それぞれ真っ白・真っ黒なので、

黒いから安全というわけではなく、

黒くても何か他の色が混じっているような黒の場合にはカビの可能性があります。

 

表面がふわふわしている

色で分からなかった場合、その表面をよく観察してみてください。

毛羽立ったようにふわふわしている場合、それはカビです。

糖分の結晶は文字通り綺麗な固まりなので、毛羽立ったようには見えません。

タンニンも表面に模様が浮かぶように見えるので、ふわふわはしていません。

日に当てて角度を変えながら見てみるとわかりやすいですよ。

 

異臭がする

カビが生えてしまうと、特有の嫌な臭いがします。

観察した結果判断に困ったら、臭いを嗅いでみるのも見分け方の一つになります。

また、元からカビ臭い(カビ菌が浮遊しているような)ところに干すのは、

カビやすい原因となるので絶対に止めて下さいね。

 

干した時期を考える

市販の場合はすでに干し柿が完成しているので関係ないですが、

手作りの場合には、干してからの期間もカビかどうかを見分け方のポイントになります。

 

干し柿の表面に自然と出てくる白い粉も黒い斑点も、

うまく干すことができた食べごろの干し柿の特徴です。

干し始めて1週間から10日ほどでまだ乾燥していないのに黒い!というときには、

カビの可能性が高いかと思われます。



スポンサーリンク




関連記事:わらび餅の栄養や効能は?ダイエットにはどうなの?

干し柿のカビの防止法・カビの取り方を解説!

干し柿にカビができてしまっても、取り方次第ではその後も食べるので安心してください。

最後に、干し柿のカビの取り方とカビの防止法について紹介します。

 

干し柿にカビが生えてしまった場合、

まずは干し柿にできたカビの範囲を確認しましょう。

あまりに広範囲にカビがある場合は、残念ながら捨てた方が賢明です。

内側にも浸食している可能性が高く、危険です。

 

これから紹介するカビの取り方は、

あくまでもカビが一部分に限局している場合ですので、ご注意ください。

 

市販の干し柿にカビが生えた場合には、

その部分を包丁などで削ぎ落としてしまうという取り方で良いです。

カビが生えた部分以外はそのまま食べれるので、安心してください。

 

ただ、手作り干し柿の干している段階でカビが生えた場合には、

包丁などで削いでしまうとその断面にまたカビが出来やすくなってしまいます。

まだ干し続ける予定の干し柿のカビの取り方のポイントは、

なるべくキズを付けないということです。

 

布巾などにウォッカなどの高いアルコール度数のお酒を少し付けて、

優しく拭き取るようにしましょう。

固い外皮を剥がすこと無くカビを取り切るのが理想です。

 

また、新品の歯ブラシなどで擦るという取り方でも良いです。

とにかく、「削ぐ」のではなく「払いきる」というイメージで取ります。

 

綺麗になったら、再びアルコール度数のお酒を柿全体に霧吹きなどで吹きかければ、

今後のカビの防止法にもなります。

ただ、あまりかけ過ぎて干し柿に水分が溜まってしまうと、

それもカビの原因になるので加減しながらかけましょう。

関連記事:ゆで卵の殻が剥きにくい原因は?簡単にむく方法をご紹介!

スプレー容器 100ml

手作り化粧品などにも使えるスプレーボトルです。

消毒のためのアルコールでも、かけ過ぎはカビの元なので

こういったスプレーボトルに入れて吹きかけるのがおすすめです。

 

ちなみに手作り干し柿の場合には、

作る過程でいくつかカビの防止法があるので紹介します。

 

まずは作業中は清潔な手、場所、道具を徹底することがカビ防止法の基本です。

素手ではなくゴム手袋を着用し、包丁も良く洗い、

干すロープなどもなるべくなら新調したものが良いです。

カビ菌の付着のリスクを可能な限り減らしましょう。

 

また、干す直前に煮沸した鍋に10秒ほど付けて殺菌し、

干した直後にもアルコール度数の高いお酒を吹きかけて殺菌してください。

やるとやらないではカビのできやすさが全然違うので、

一手間ではありますが、カビ防止法としては欠かせない手順です。

 

市販の干し柿のカビ防止法は、完全に保管方法に依存します。

密閉した容器にいれて涼しい場所に保管しましょう。

干し柿同士が重なっているとカビができやすいので、

理想は一つずつラップに包むなどして保管するのが良いでしょう。

 

ただ、常温、冷蔵保存は2週間程度を目安にし、

さらに長期間保管したい場合には、冷凍保存するのが安全でおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:焼き芋に適したさつまいもの品種は?しっとり系やねっとり系のおすすめをご紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的に干し柿にできる黒い斑点は、

食べごろの干し柿にも見られるタンニンの固まりです。

特に市販の干し柿を買った場合には、

カビの心配はほとんど要らないでしょう。

 

手作りの干し柿でも、今回紹介した見分け方のポイントを押さえておけば、

比較的簡単にカビかどうかを見分けられると思います。

カビの発生はきちんとした防止法を取っていればほとんど防ぐことができますので、

干し柿を作る際、保存する際に気をつければ大丈夫です!