じゃがいもはいろいろな料理に使える便利な野菜ですが、

逆についついキッチンに出し過ぎて気づけば余ってしまうこともよくありますよね。

少し切ってしまったけど、これはまた今度使おうと冷蔵庫にしまっていたじゃがいもが、

数日したら断面が変色していた、なんて経験もきっとあるはず。

 

そこで今回は、切ったじゃがいもの保存方法について解説していきます。

断面の変色防止法や、じゃがいもの冷凍保存についても解説していますので、

日々の料理の参考にしてみてくださいね!



スポンサーリンク





切ったじゃがいもはどうして変色する?日持ちはどのくらい?

切ったじゃがいもを数日放っておくと、

中身が紫や黒、ピンクといった色に変色してしまいます。

腐ってしまったのだろうか、と捨ててしまっていた方も少なくないでしょう。

 

しかし、この変色のほとんどは腐敗によるものではなく、

じゃがいもに含まれるポリフェノールの褐変反応による変色です。

切ったリンゴやバナナなどが酸化して変色することはよく知られていますが、

これはじゃがいものような芋類でも起こります。

 

じゃがいもにはチロシンというアミノ酸が含まれており、

切ったじゃがいもの断面に空気が触れることでチロシン酸化し、

「メラニン」が発生し、変色してしまうのです。

 

メラニンはよく、ほくろやシミなどの原因としてよく聞かれますが、

切ったじゃがいもにもそれが発生し、紫や黒っぽい色に変色しています。

 

ちなみに、このメラニンには毒性はありませんので、

切ったじゃがいもが変色してしまっていても食べるのには問題ありません。

保存期間としては、1週間程度を目安にしましょう。

 

ただし、緑色に変色していた場合には注意が必要です。

緑色に変色していた場合には、

ソラニンやチャコニンといった有毒な成分が生成されている可能性が高く、

摂取しすぎると、腹痛・嘔吐といった中毒症状が出る場合があります。

 

また、味も苦みやえぐみを感じやすくなるので、

切ったじゃがいもを食べて味の変化を感じた場合も、その時点で食べるのを止めましょう。



スポンサーリンク




関連記事:わらび餅の栄養や効能は?ダイエットにはどうなの?

切ったじゃがいもの保存方法は何がよい? 変色防止法も解説!

続いては、切ったじゃがいもの保存方法を解説していきます。

 

多くの方は、切ったじゃがいもをラップに包んで冷蔵庫に入れる、

といった保存方法を取っているかと思います。

 

しかし、そもそもじゃがいもは冷蔵庫での保存があまりおすすめできません。

その理由として、まず冷蔵庫内は非常に乾燥しているということ。

しばらく冷蔵庫で保存していたじゃがいもしわしわになっていた、

なんて経験はありませんか?

それは、じゃがいもの中から水分が抜けてしまったことによるものです。

そうなってしまうと、食感も新鮮なものに比べて劣ってしまいます。

 

また、冷蔵庫の中の様な低温の環境に置かれると、

じゃがいもに含まれるデンプンが糖に変化する性質があります。

糖分が増えるほどホクホク感も薄れてしまうので、

その後の料理方によっては、冷蔵庫での保存は不向きであると言えます。

どうしても冷蔵庫で保存する場合には、比較的温度の高い野菜室がおすすめです。

 

さらに、変色防止としてもラップで冷蔵庫はNGな保存方法なのです。

最初に解説したように、切ったじゃがいもの変色の原因は、

断面に空気が触れることによる酸化反応です。

いくらラップを巻いたからと言っても、

完全に空気をシャットアウトすることはできません。

 

変色防止として効果的なのは、

水を張ったタッパに切ったじゃがいもを浸しておくという保存方法です。

この状態で冷蔵庫に入れてしまえば、1週間程度は変色せずに保存できます。

 

ポイントは、切ったじゃがいもの断面を確実に水に浸しておくことです。

丸々皮を剥いてしまった場合には、完全に水に浸かるように工夫をする必要があります。

浮いてきたじゃがいもの頭が水面から出ていると、

その部分の変色防止にはなりませんので、気をつけましょう。

 

ただ、水に浸かっている限り酸化はしませんが、

代わりにじゃがいもの栄養素が水に流れ出てしまいます。

栄養面でのことを考えると、2日以内には使い切ってしまいたいですね。

 

サーキュラ フードコンテナ 350ml

密閉性が高く、水と一緒に切ったじゃがいもを保存しておくにはぴったりです。

オシャレなデザインですし、

電子レンジも冷凍保存にも使えるという機能性も兼ね備えています。

 

毎日使う器具にこそこだわりたいという方にこそおすすめしたいアイテムです。

中身が見える透明のフタというのもポイントで、

いくつか同時に使っていてもフタを開けずに確認できるのが便利です。

 

カラー・サイズのバリエーションも豊富な上、

同シリーズであれば入れ子にして収納できるので場所も取りません。

 

また、一度茹でてしまうというのも変色防止の一つです。

変色の原因であるチロシンは水に溶けやすいという性質があるので、

じゃがいもを茹でてしまえば、その後の変色を防ぐことができます。

茹でて、そのままタッパや皿にラップなどで保存すればOKです。

 

この場合は水に浸けておく必要がないので、

水を浸すタッパでの保存方法に比べて、

栄養面で見たときにはおすすめの変色防止法です。

 

ただし、保存期間はさらに短く、3,4日が限度です。

その後の調理法も限定されるので、計画性が必要になります。



スポンサーリンク




関連記事:ギーとバターの違いは?食べ方や使い方のおすすめは?

切ったじゃがいもは冷凍保存可能?

最後に、切ったじゃがいもの冷凍保存について解説していきます。

長期間の保存をしたいときにまず思いつくのが冷凍保存かと思いますが、

じゃがいもは本来冷凍保存があまり向かない食材です。

 

切ったじゃがいもをそのまま冷凍保存すると、

中の水分が凍り、同時にじゃがいもの中のデンプンなどの組織が壊れてしまいます。

壊れた組織は解凍しても戻らず、元々の水分を保持しておくことができません。

すると、解凍後はじゃがいもの水分が全部外へ出てしまうので、

ボソボソしたなんとも美味しくない食感になってしまいます。

 

冷凍保存したじゃがいも入りのカレーを解凍したことがあれば、想像できるかと思います。

そのため、切ったじゃがいもも、そのままでも茹でただけでも冷凍保存はできません。

 

しかし切ったじゃがいもを、おいしく冷凍保存する方法が一つあります。

それは、茹でた後にペースト状になるまで細かく潰して冷凍するというものです。

 

その後の調理方法がかなり限定されてしまいますが、

切ったじゃがいもが余ってしまったときには、

そのまま茹でてマッシュポテトのようにして冷凍保存するのが良いです。

使うときは冷蔵庫で半日ほど自然解凍させましょう。

ちなみに、冷凍保存では約1ヶ月程度もちます。

 

オメガヴィスペン 万能調理器具

これ1本で炒める、混ぜる、潰すなどなど、様々な調理の動作ができちゃいます。

スウェーデン産のスタイリッシュなデザインで、

ボールや鍋底にしっかりフィットしてむらなくかき混ぜられます。

 

ナイロンとグラスファイバーを組み合わせられた素材で、

シリコンよりも強くプラスチックよりも弾力があるという絶妙な使い心地。

洗えば食材もサッと落ちますし、食洗機対応なのでお手入れも楽々です。



スポンサーリンク




関連記事:お寿司は常温保存だと何時間持つ?冷蔵庫だと何日?

まとめ

ついつい切りすぎてじゃがいもが余ってしまうことはよくありますよね。

ラップで包んでいてもあっという間に黒く変色してしまうじゃがいもですが、

今回紹介したように水に浸しておくだけで、簡単に変色防止ができます。

栄養も流れてしまうので早めに使い切る必要はありますが、

料理に使うなら見た目もやっぱり大事ですからね。

 

冷凍保存したいときには、まず茹でて、しっかり潰すのがポイントです。

今回紹介したポイントを覚えておけば、

これからはじゃがいもをたくさん使っても安心ですね!