運動のときや、体調が悪い時、夏場など、

さまざまな場面でお世話になるスポーツドリンク。

一昔前は種類も数えるほどだったですが、

今はスポーツドリンクだけでもかなりの種類があります。

 

飲みやすくて身体にも良いイメージのあるスポーツドリンクですが、

ときには、「飲みすぎるのは良くない」と言われることも。

ジュースほどではないですが、

たしかにスポーツドリンクにも甘みはあるし、

運動や体調不良のときに飲むことが多いから、

栄養分も多くて、飲みすぎるのはよくなさそう…。

 

そうなんとなく思っている方も多いとは思いますが、

実際には、スポーツドリンクを飲み過ぎると

どんな問題があるのでしょうか?

 

今回は、スポーツドリンクを飲み過ぎたときの症状やその原因と、

どれくらいの量をどんなときに飲めばいいのかについて、

ご紹介していきます。



スポンサーリンク





スポーツドリンクを飲みすぎると太る? スポーツドリンクのカロリーは?

スポーツドリンクには、カロリーや糖分はどれくらい含まれているのでしょうか?

一般的に、スポーツドリンク500ミリリットルには、

100~150キロカロリー程度のカロリーが含まれています。

これはだいたい、20分程度のジョギングをする時の必要カロリー量に相当します。

 

また、糖分は500ミリリットルで20~30グラムといわれており、

角砂糖4~6個分に相当します。

普通のジュースよりは少なめではありますが、

それでも角砂糖4~6個も入っているスポーツドリンクを

大量に飲むのは健康に悪そうです。

また、太る原因にも、当然つながりますね。

 

糖分がスポーツドリンクに入っている一番の理由は、

糖分が入っていることで、身体に吸収されやすくするためです。

塩分と糖分がバランスよく入っていると、腸内で吸収がよく進みます。

スポーツドリンクは激しい運動をしているときに

飲まれることを想定しているものなので、

効率的な吸収が進むように、糖分が入っているのです。

 

また、スポーツドリンクから糖分を抜いてしまうと、

飲みづらさが増してしまいます。

美味しくて売れるのはスポーツドリンクを作る販売会社にとっても重要なので、

甘みをつけて飲みやすく飲んでもらうためにも、

糖分は欠かせないのです。

 

最近は、糖分の含有量を気にする消費者も増えてきたため、

ゼロカロリーや、糖分0のスポーツドリンクも売られています。

これらは、「完全な0」ではなく、「ゼロカロリー」「糖分0」と言ってもいいという

基準を満たしているというものではありますが、

これらの商品であればカロリーや糖分は少ないです。

 

しかし、そのぶんも飲みやすくするために人工甘味料が使われているなど、

このあとご紹介する症状が出やすくなる面もあります。

やはり、スポーツドリンクの飲み過ぎには注意したほうがよさそうですね。



スポンサーリンク




スポーツドリンクの飲み過ぎで下痢になるって本当? 病気になることもある?

スポーツドリンクを飲み過ぎると、下痢になるという話を聞いたことがあるでしょうか。

この一番の原因は、

スポーツドリンクに含まれている人工甘味料が原因だと言われています。

 

スポーツドリンクの中でも、

天然の糖分ではなく、スクラロースなどの人工甘味料を使っている場合は、

消化吸収されない成分のため、体内で吸収ができず、身体の外に抜けていきます。

飲み過ぎると、水分量が増え、

さらに体内で吸収することもできないため、

結果として下痢につながってしまうことが多いようです。

 

それならば、人工甘味料を使っていないスポーツドリンクなら良いのでしょうか?

こちらも、飲み過ぎると別の症状を引き起こします。

身体に大量に摂取されることで血糖値が上がり、

急激に上がった血糖値により頭痛が引き起こされることがあるのです。

 

人工甘味料を使っているもの、使っていないものにかかわらず、

スポーツドリンクの飲み過ぎは良くないですね。

 

また、スポーツドリンクを飲むときには

冷したものを飲むことが多いことから、

単純にお腹が冷えて下痢になるという場合も多いです。

 

ちなみに、人工甘味料を使っている

スポーツドリンクで有名なのは、「アクエリアス」など。

最近ではこのような「カロリーゼロ」のアクエリアスも出ていますね。

スポーツのあとなど、適切な量であれば大丈夫ですが、

しっかり甘味料が含まれていて、飲み過ぎると下痢などにつながりやすくなります。

関連記事:わらび餅の栄養や効能は?ダイエットにはどうなの?

 

また、下痢などの一時的な症状だけでなく、

スポーツドリンクを飲んでいると病気になるといわれることもあります。

スポーツドリンクを飲み過ぎると病気になる、

と言われる場合の病気とは、一般的に「糖尿病」を指している事が多いです。

 

先ほどもご紹介したように、スポーツドリンクには糖分が含まれています。

しかし、ジュースほどくどい甘さではなく、

すっきりした飲み口で、沢山飲んでしまうことも多いです。

このため、ついつい飲み過ぎることが増えてしまい、

結果的に糖分過多になって糖尿病の原因になることがあります。

 

ちなみに、「糖分」「糖尿病」といっていますが、

人工甘味料が入っている「糖分0」や「ゼロカロリー」のスポーツドリンクも、

そのリスクは変わりません。

変わらないどころか、上がっているともいわれます。

 

人工甘味料は身体のなかに取り込まれて消化吸収されることはありませんが、

身体は甘いものを分解しようとしてインスリンを大量に分泌するそうです。

結果として、体内のインスリン量が増えてしまい、

糖尿病をはじめとした病気のリスクが高まると言われています。

 

また、糖尿病以外にも、身近なものとして

虫歯などのリスクもあります。

ジュースなどと原因は同じですが、甘い飲み物を飲んだあとに

口の中の糖分などをそのままにしていると、

とうぜん虫歯菌が活発になり、虫歯につながることも。

 

これは、飲んだあとにうがいをしたり歯磨きをするなどして

対応ができますが、

普段から日常的な水分補給として飲むのには、やはり向かないといえます。



スポンサーリンク




関連記事:さつまいもの食べ過ぎで便秘や腹痛になる?胃痛になる可能性もある?

スポーツドリンクの適切な量や、飲むタイミングは?

以上のように、スポーツドリンクにはさまざまなリスクがあります。

普段からあまりにも飲み過ぎてしまうのは、良くないですね。

それでは、どのようなときに、どれくらい飲むのが良いのでしょうか?

 

一つ目は、激しい運動をするときです。

スポーツドリンクは身体に吸収されやすいように作られているものなので、

エネルギーをたくさん使い、さらに汗もかく

激しい運動をするときには、スポーツドリンクは効果的です。

 

運動をするときには、1日二リットル未満程度を目安に、

一気に飲むのではなく、15分おきにコップ一杯程度など、

少しずつ飲むように心がけると良いと言われています。

 

激しい運動時に向いているといわれるスポーツドリンクは、

アクエリアスが代表的です。

部活などでお世話になった方も多いのではないでしょうか?

このほかにもさまざまな種類のスポーツドリンクがありますが、

激しい運動時に飲むということを考えると、

昔から支持されているアクエリアスは、一番無難で代表的な選択肢とも言えます。

 

激しい運動でたくさん飲むことが予想される場合は、

下痢などへの対策も考えて、ゼロカロリーではなく普通のものを選びましょう。

 

二つ目は、体調を崩しているとき。

体調を崩しているときは栄養の補給や水分補給がままならないことが多いため、

水分を補給しやすいように工夫されている

スポーツドリンクが効果的だと言われています。

 

特におすすめなのは、ポカリスエットです。

ポカリスエットは身体に吸収しやすいように特に工夫されているスポーツドリンクで、

人工甘味料も一切使われていません。

糖分と塩分のバランスが体内に吸収されやすいバランスとなっていて、

体調を崩している人にはポカリスエット、といわれるくらいです。

 

一度に多量に飲むのではなく、こちらも少しずつ飲むようにしましょう。

体調を崩しているときは、他の手段での水分補給が難しくなることから、

2リットル程度を摂取しても問題ないと言われています。

熱中症気味のときなどにも、ぜひ活用してください。

 

この他の、日常的な水分補給には、

本来、スポーツドリンクはあまり多用しないほうが良いといわれています。

麦茶などを使ってミネラルと水分を補給するだけで、

熱中症の対策には十分効果があります。

 

それでもスポーツドリンクを飲みたい、という場合は、

1日500ミリリットル程度を限度とするようにしましょう。

せっかく飲むのであれば、運動をするのもおすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:生卵の賞味期限、冷蔵庫や常温だと何日?賞味期限切れでもゆで卵や目玉焼きなら食べれる?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

運動時などには大変効果的なスポーツドリンクですが、

飲み過ぎると、太る原因になったり、

下痢や病気にもつながる場合があります。

 

最近は美味くてバリエーションゆたかなスポーツドリンクが増えました。

運動などのときにはとても心強い味方ですが、

使い方を間違えると体調に悪影響を与えてしまいます。

適切なタイミングで適切な量を飲むようにして、

上手にスポーツドリンクを使ってくださいね。



スポンサーリンク