看護師、と書いた所で、「あれ?看護師で良かったっけ?それとも看護士?」

となる事はありませんか?

 

士と師は職業の後ろに付く事が多いですが、

響きも使いどころも似ているので間違えやすいですよね。

 

そこでここでは士と師の違いや使い分けや

士を使う職業、師を使う職業はどんなものがあるのかなどを紹介します。

 

士と師の違いについて気になっている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





士と師の違いや使い分けは?

士と師は例えば看護師、介護士など

どちらも「職業や仕事を指す言葉の後につく言葉」ですよね。

 

だったら両方ともOKにするか一つに統一してもいい気がしますが、

弁護士は弁護師とは書きませんし、教師は教士とは言いません。

 

どうして二つは分かれているのでしょうか。

 

では、士と師の意味の違いから見ていきましょう。

 

まずは士からです。

士は元々、「成人した男子」「学識・徳行のある立派な男子」「侍」という意味を指します。

 

義士、紳士、武士、など当てはまる熟語はたくさんありますね。

どれも「志と知識がある」というイメージで、それに加え「男性」という印象が強いです。

 

そこから派生して、

士は「資格を持ち、特別な知識を持った人」「とある分野で優れている人」を

指すようになりました。

 

それが、介護士、税理士、行政書士など職業の後ろに士がつく言葉ですね。

 

次に師の方を見ていきましょう。

師は元々「学問・技芸を教授する人」「先生」という意味を指します。

 

確かに、師匠、教師、宣教師など当てはまる熟語はあります。

どれも「人に何かを教える人達」ですよね。

 

こうして見ると、士とつくのは「自分で資格を取得して専門知識を得た人」、

師とつくのは

「資格や知識を持っていて、それを誰かに教える人」というイメージになります。

 

では、士と師はそのように使い分けをしていいのでしょうか。

それはダメです。

 

確かに士と師は元々はそのような使い分けがありましたが、現在は

髪を切る「理容師」やはりを刺す「はり師」のように、

人に何かを教える職業ではない仕事にも師がつく事があります。

 

実は士と師はそのものの漢字の意味合い自体は違いがあるものの、

士と師に「こんな職業は士、こんな職業は師」という区別がある訳ではありません。

 

士と師なら師の方がより専門的な知識を持った人のようにも感じますが、

かなり勉強してそれでも落ちる人がいる弁護士はなぜか「士」の方がついていますし、

毎年割と多くの人が資格を取得できる理容師は「師」を使っています。

 

それについては、昔は外で資格を持って働くのは圧倒的に男性が多く、

その為師よりも幅広い意味で使える「士」が昔から

職業を指すのにも使われていたのだと思います。

 

ですが最近では、「専門的な知識を持った人」というのを強調する為にあえて

「士」ではなく「師」の方を使うようになったのではないかと思います。

 

言葉の雰囲気で士と師を使い分けるのは、実際は難しいでしょう。



スポンサーリンク




士と師にはどんな職業がある?

では、士を使う職業、師を使う職業にはどんなものがあるのでしょうか。

ざっとメジャーなものを挙げてみましょう。

 

士を使う職業

弁護士、保育士、税理士、介護士、救急救命士、司法書士、行政書士、レントゲン技師、

鑑定士、公認会計士、栄養士、社労士、宅建士、消防設備士、消防士、臨床心理士

 

師を使う職業

医師、教師、宣教師、理容師、調律師、はり師、調理師、保健師、助産師、看護師

 

このようなものがあります。

 

二つに分類された職業を見比べても、「こうだから士、こうだから師」とは言えないくらい

ジャンルがバラバラですね。

 

もし○○士(あるいは師)という職業を書類などに書く場面に遭遇したら、

想像で書かずにきちんと調べてから書く事をおすすめします。



スポンサーリンク




関連記事:内孫と外孫の意味や違いは?差別はあるの?

看護師は看護士?看護師?

士と師を考えるうえで、少し参考になるのが「看護師」の話です。

看護師が以前は「看護婦」と呼ばれていたのは知っていますよね。

 

では看護婦がどうやって看護師になったのか、どうして看護士ではないかについて

見ていきましょう。

 

ところで看護師は現在看護「師」ですが、

「あれ?看護「士」って呼んでた記憶もあるんだけど…」

と思う方もいるかもしれません。

 

それは正解です。

 

看護師が看護婦と呼ばれていた時代、看護婦は看護士とも呼ばれていました。

「何で二つも呼び方があるの?」と思いますよね。

 

看護師は昔から女性だけの仕事と思われがちですが、実は男性も少しだけいました。

そして、その時の男性の看護師を指す時名称ですが、

さすがに男性を「看護「婦」さん」だと呼ぶ事はできないので、

男性の看護師を女性の看護婦と区別をつけて、看護士と呼ぶようにしていたんです。

 

「看護士って響きの方が聞いた事がある」という方は、

おそらく男性の看護師に関わった方でしょう。

 

そうやってしばらく「看護婦」「看護士」と2つの呼び名で続いていた看護師ですが、

2002年12月に保健「婦」助産「婦」看護「婦」法が改正され、

その法律は保健「師」助産「師」看護「師」法に変わりました。

 

ここで、看護婦・看護師が看護師という呼び名に統一されたんです。

 

変更された理由は、単純に同じ職業で2つの呼び名があると不便という事と、

男女差別にあたるという事で改正されました。

 

看護「士」は元々男性を指していましたからそちらに統一するのは変ですし、

士より師の方がより「専門家」という印象も強いので

男女合わせて看護師という名称になったのでしょう。

関連記事:コインパーキングの料金の仕組み!計算方法や相場は?

士や師のほかに、「司」「者」もある!

職業の後ろにつく言葉として弁護士などの士、医師などの師を説明してきましたが、

実はほかにもつく言葉があるんです。

 

それは「司」・「者」です。

 

司がつくのは、例えば保健司、児童福祉司、者がつくのは

衛生管理者、危険物取扱者、毒物劇物取扱者などです。

 

ただ、この2つは士・師と違い、

使いどころがだいたいしっかりと決まっています。(例外もありますが)

 

まず司の方ですが、これは公務員、またそれに準ずるものがなる職業につけられます。

者の方は、とある業務を行う上で局所的に必要な専門知識が

必要な職業につけられる事が多いです。

 

士と師に比べれば、司・者の違いは分かりやすいと思います。

 

日本の職業を見てみよう!

 

士と師の違いや使い分けを見ていくと、色んな職業がたくさん出てきましたね。

中には、「そんな職業あるの!?」というものもあったかと思います。

 

「初めて聞いたけど、この職業ってどんな職業なのかな…」と思った方に

おすすめなのが、こちらの本です。

 

こちらは日本に存在するあらゆる職業を、なんと給料と一緒に紹介しています。

どんな職業か分かったら、

次はやはり「どれくらい儲かるのかな?」というのが気になりますよね。

 

その辺の謎もしっかりカバーしてくれているので、

士・師を見ていくうちに職業が気になった方はぜひこちらをチェックしてみてください。

 

「自分も士・師のつく人になりたい!」と思ったら

 

〇〇士、〇〇師というのは響きだけでカッコいいですよね。

そんな「自分も士や師がつくような人になりたい!」と思った時に

おすすめの本がこちらです。

 

士、師がつく職業と言えばやはり「資格試験がある職業」です。

こちらは日本に存在するありとあらゆる資格を幅広くカバーしていますので、

気になった資格を見てみましょう。

 

これだ!と思うものを見つけてその資格を取れば、

晴れてあなたも〇〇士、〇〇師デビューです。

 

ぜひ今の熱意を勉学に向けて、新たな自分を発見してみてください。



スポンサーリンク




関連記事:五月雨式の意味は?例文やビジネスメールでの使い方!

まとめ

士と師は似ていますが、漢字の由来としては大分違います。

 

ただ、職業の後ろに付けるという使いどころに関しては違いはあまりありません。

 

ですからもし〇〇士(あるいは師)という職業を書く時は、

きちんと調べてから書くようにしましょう。