知り合いに赤ちゃんが生まれた時は、出産祝いを贈りますよね。

でも、その出産祝いって具体的にいくら渡せばいいのでしょうか。

また、職場関係となると立場で金額は変わったりするのでしょうか?

 

そこでここでは、職場の上司・先輩・部下の場合など「職場」にスポットを当てた

出産祝いの金額の相場について詳しく説明します。

 

職場での出産祝いの金額で悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク





職場の上司・先輩・部下に渡す出産祝いの金額の相場は?

職場の人に出産祝いを渡すとして、今後も仕事仲間としてうまく付き合っていく為にも

変な金額は渡したくないですよね。

 

そこでここでは、上司・先輩・部下に分けて出産祝いの金額の相場を紹介します。

 

ただ、職場となると「個人」で渡す場合と「〇〇一同」など課や部署などで一括して

グループで渡す場合の2パターンがありますよね。

 

そこでここでは、その2パターンに分けて、渡す金額の相場を見て行きたいと思います。

 

1.職場の上司へ出産祝いを贈る場合は?

まずは、職場の上司(または上司の奥さん)へ出産祝いを贈る場合を見ていきましょう。

 

【個人で渡す場合】

個人で会社の上司へ出産祝いを贈る金額の相場は、「5千円」です。

意外と少ないですよね。

 

お祝い事の金額となるととついつい考えがちなのが「結婚式でのご祝儀の額」です。

 

ですから出産祝いも「3万くらいかな?」と考えている人もいますが、

出産祝いでそこまでの金額は渡さなくて大丈夫です。

 

ただ、特に懇意にしていたりお世話になっている上司だと、

もう少し上乗せして1万円でもいいですね。

 

【グループで渡す場合】

グループで会社の上司へ出産祝いを贈る金額の相場は、「3千円~5千円」です。

 

3千円~5千円と書いていますが、

グループで渡す場合はしっかりと「一人〇〇円」と決めましょう。

 

また、内祝いの関係もありますのでもし課や部署全員でないのなら

出資した人たちの名前を記入しておくのも大事です。

 

2.職場の先輩へ出産祝いを贈る場合は?

次に、職場の先輩へ出産祝いを贈る場合を見ていきましょう。

【個人で渡す場合】

個人で職場の先輩へ出産祝いを贈る金額の相場は、「3千円~5千円」になります。

 

上司よりもやや低めと言った感じですね。

 

ただこちらも、特に個人的にお世話になっている場合は1万円でもいいでしょう。

それ以上額が大きくなると相手も恐縮するので、

1万円まででとどめておいたほうがいいですね。

 

【グループで渡す場合】

グループで会社の先輩へ出産祝いを贈る金額の相場は、「1千円~5千円」です。

 

グループで渡すと一人当たりの金額が安くなる事も多いですが、お返しがあるので

出産祝いの場合は「一人頭千円以上」は守るようにしましょう。



スポンサーリンク




3.職場の部下へ出産祝いを贈る場合は?

次に、職場の部下へ出産祝いを贈る場合を見ていきましょう。

 

【個人で渡す場合】

個人で職場の部下へ出産祝いを贈る金額の相場は、「3千円~5千円」になります。

上司からあまりに高い金額を渡されると部下の立場として

お返しが非常に悩ましくなってしまいますので、

出産祝いは5千円まででとめておいた方がいいでsね。

 

【グループで渡す場合】

グループで会社の部下へ出産祝いを贈る金額の相場は、「1千円~3千円」です。

 

こちらも、一人頭千円を割る事がないようにしましょう。

またこちらもお返しを考えて、あまり高すぎずそこそこの金額で収める事が大事です。

 

4.職場の同僚へ出産祝いを贈る場合は?

タイトルにはありませんが、

最後に職場の「同僚」へ贈る出産祝いの金額の相場を紹介します。

 

【個人で渡す場合】

個人で職場の同僚へ出産祝いを贈る金額の相場は、「3千円~1万円」になります。

 

ただ、職場の同僚の場合は相手との関係性が重要になります。

 

親友のように仲が良い場合は1万円でも大丈夫ですが、

仕事としての付き合いしかない同僚なら3千円くらいです。

 

そんなに親しくないのにあまりに高すぎる金額を渡すと、逆に相手から不審がられます。

 

お祝いしたい気持ちはあっても、関係性にあった額を渡すようにしましょう。

 

【グループで渡す場合】

グループで職場の同僚へ出産祝いを贈る金額の相場は、「1千円~5千円」になります。

 

課や部署一同ではなく、仲の良い人だけが有志で出産祝いを渡す場合は、

出産祝いを贈った人をきちんと明記しておきましょう。

 

以上が、職場の上司や先輩・部下・同僚に渡す出産祝いの金額の相場です。

そして最後になりましたが、ひとつ注意点を書きます。

 

日本では昔から4は死、9は苦しいをイメージさせる言葉とされてきました。

ですから、もし出産祝いを渡す場合は個人の場合でもグループの場合でも、

4千円、4万円、9千円、9万円などは4と9は避けるようにしましょう。

 

それ以外の数字なら、何でも大丈夫です。



スポンサーリンク




出産祝いはいつ渡す?

出産祝いを渡す金額の相場は分かりましたね。

 

では、出産祝いを用意できたとして、いつ渡せばいいのでしょうか。

 

世間一般としては、

出産祝いは赤ちゃんが生後7日~1ヶ月の間に渡すのがマナーとなっています。

 

やはり「出産」祝いですから、渡すのがあまり長くなってしまっては

旬が過ぎてしまいます。

 

それにその時期に親戚や兄弟からも出産祝いをもらうので、内祝いの事を考えて

職場からの出産祝いも同じ時期に合わせた方がいいでしょう。

 

ただ、さすがに生後7日になって「ハイどうぞ!」とすぐに出産祝いを渡すのも

待ち構えているようで少し変なので、

職場としてはちょうど中間の赤ちゃんが生まれてから2~3週間の間に

渡すのがおすすめですね。

関連記事:五月雨式の意味は?例文やビジネスメールでの使い方!

出産祝いはお金だけ?一緒に渡すと喜ばれるものは?

出産祝いは基本的にはお金を渡します。

それは、お金が一番何にでも変えやすいからです。

 

赤ちゃんが生まれるとオムツ・ミルク・赤ちゃん用の肌着と一気に入り用になります。

 

さらに赤ちゃんは一人一人に強い個性があり、販売されている一般的なミルクでも

飲むミルクと飲まないミルクがあったりします。

 

その辺の判断は家族ではない部外者からは分からないので、

お金を渡すのが一番無難なんです。

 

ですが、せっかく赤ちゃんが生まれたのにお金だけでは味気ないのも事実ですね。

 

そこでここでは、あまり選り好みされない、

出産祝いと一緒に渡したら喜ばれるプチプレゼントを紹介します。

 

赤ちゃんには必須!スタイ

 

赤ちゃんが生まれると、ずっとお世話に付きっきりになります。

ですから出産祝いにちょこっと渡すプチプレゼントとしては、その生活を助ける

「実用的なもの」がおすすめです。

 

赤ちゃんは必ずよだれが出ますので、そんなに高価でないプチプレゼントとしては

スタイ(よだれかけ)がおすすめです。

 

また赤ちゃんはどんどん汚すので、洗濯が間に合わない事が多いです。

ですからスタイのような身に着ける衣服類は、いくらあっても大丈夫です。

 

スタイなら安くてかわいい柄がたくさんあるので、選ぶのも楽しいですよ。

ただ、スタイを選ぶ時は生まれた赤ちゃんの性別を聞いてから買うようにしましょうね。

関連記事:安産祈願のお金はそのままでいい?白い封筒に入れる?包み方について詳しく解説!

オシャレかわいい靴下

 

出産祝いのプチプレゼントとして、靴下もおすすめです。

赤ちゃんは家では基本裸足ですが、外出する時は靴下をはかせる事が多いです。

 

かわいい赤ちゃんを連れて外出するのは、親の一種の息抜きになります。

 

周りの人から「かわいい赤ちゃんですね」と言われると、

それまでの育児の疲れもふっとぶほどです。

 

ですから、外出する時ははりきって赤ちゃんにオシャレをさせる親も多いです。

 

かわいい服となると赤ちゃんものでもお高いですが、

靴下ならそれより安い値段でしっかりしたかわいいものを選ぶ事ができますので

プレゼントにおすすめですよ。



スポンサーリンク




関連記事:破れたお札の交換場所!郵便局や信用金庫は?手数料はかかる?

まとめ

出産祝いの金額の相場は、

職場の上司や先輩・部下、また同僚など関係性で少し変わります。

 

他人と一番揉めたくないのが「お金関係」ですよね。

 

ここでは一般的な出産祝いの金額を職場の関係性別に紹介したので

ぜひ参考にしてくださいね。

 

また、出産祝いと一緒にプチプレゼントを渡すのもおすすめですよ。

出産祝いとともに、素敵な赤ちゃんを祝ってあげてくださいね。