冬の間は、外がいくら寒くても家に帰ったら

せめて暖かい部屋でゆっくりしたい!と誰でも思いますよね。

 

家の中が寒い、部屋が寒い、という状態だと、

気持ちのストレスになるだけでなく、体も固まってしまい、

リラックスができません。

 

ヒーターやエアコンの設定をいくら高くしても部屋が暖まらない、

という経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

今日は、部屋が寒い原因、その対策をご説明し、

暖房なしでも節約しながら冬を暖かく過ごす方法を解説していきます。

 

早速見ていきましょう!



スポンサーリンク





部屋が寒いのはなぜ?原因は?

冬の寒さの中では、部屋が暖まらないのは本当に辛く、

どうにか防寒対策をしたいと思うものです。

 

効果的な対策を考える前に、

まずはなぜ冬の部屋は寒くなってしまうのかを確認してみましょう。

 

<原因1 :窓>

部屋の暖かい空気の約50パーセントは窓から逃げていくといわれており、

隙間風がその大きな理由です。

 

新築の建物であれば、気密性が高い構造になっていますが、

築10年以上経っているマンションや一戸建ての家であれば、

窓や玄関などから冷たい外気が入り込み、部屋の気温を下げることになります。

 

また、外気に冷やされた窓ガラスを通して室内の暖かい空気が逃げてしまいます。

 

<原因2:床>

底冷えがするとはよく言ったもので、

床は窓ほどは部屋を冷やす大きな原因ではありませんが、

それでも10パーセントほどの暖かい空気を外に逃してしまいます。

 

床下は換気がよく、外の冷たい空気が床下に入り込み、

土台のコンクリートが冷やされ、室内の温度を下げるという仕組みです。

 

また、冷たい空気は下へ下がるものなので、

室内では床周辺が冷たくなり、床に近い足元や布団が冷えてしまいます。

 

<原因3:壁>

意外にも室内の暖かい空気の約20パーセントが

壁から逃げるといわれていますので、特に断熱構造のない家では、

壁の防寒対策も重要になりますね。



スポンサーリンク




部屋が寒いときの対策 <窓編>

寒さ対策の中でもっとも重視すべきなのは窓。

防寒のためにできることは大きく分けて『断層をつくること』と

『隙間風を防ぐこと』ですが、その方法は色々ありますので、

順番に説明していきます。

 

プチプチを貼る

窓ガラスとの間に空気の層(断層)をつくり、断熱効果を生み出す方法です。

 

窓には、できれば遮光性のあるものは貼りたくないので、

一番オススメなのが、梱包材として使用されているプチプチです。

 

景色こそ見えにくくなってしまいますが、

あなたは暖かさと寒空の下の景色とどちらを取りますか?(笑)

 

窓枠に両面テープを貼り、プチプチの空気が入っている方が

窓際になるように貼っていきます。

 

暖かい季節が来たら剥がすものなので、

テープのベタベタが嫌だという方は、マスキングテープなどを

先に貼ってから両面テープを使うようにしましょう。

 

ガラスの部分だけでなく、

窓枠全ての部分がカバーできるように貼るとより気密性が高まり効果的です。

 

プチプチの中にある空気は密封されているので、

より温度が保たれやすくなりますよ。

 

断熱シートを貼る

光を遮ってしまうことがネックですが、

断熱シートは冷気を遮断してくれるだけでなく、

結露も防止してくれる便利な素材です。

 

貼り方はプチプチ同様です。

 

アルミシートを貼る

レジャーマットや防災用のアルミシートがあれば、

断熱材としての使用が可能です。

 

使い方はプチプチと同じで、

やや高くついてしまうことがネックではありますが、

防寒対策をするにはとても魅力的な素材です。

 

その保温性は毛布の5〜6倍!さすが山のレジャーで

使われているだけはありますね。

 

レジャー用、防災用以外にも、お部屋の防寒対策になるだけでなく、

インテリアとしても気を使っているアルミクッションも売られています。↓

 

柄も色々ありファッショナブルなお部屋に仕上げることだって可能です!

防音効果もあり、夏も冬も冷暖房の節約になるので、試す価値はありですね!

 

隙間テープを貼る

プチプチやアルミシートでいくら窓に工夫を凝らしても、

窓のサッシやドアの隙間から暖かい空気が逃げてしまったり、

外の冷気が入り込んでしまっては意味がありません。

 

隙間テープを使って、窓の気密性を高めましょう。

 

使い方は、窓サッシのレール部分に、隙間テープを貼るだけです。

 

<注意!>

窓やドアが動かなくならない程度に貼るようにしましょう。

 

長めのカーテンを使う

窓際の冷気対策として、冬場には厚めで長いカーテンの使用がオススメです。

 

カーテンが窓を覆う面積が大きければ大きいほど、

部屋の温度が下がりにくくなります。

 

<注意!>

カーテンが床についてしまうほどの長さになると、

結露によるカビの原因となります。床から1〜2センチほどの長さが理想的です。

 

こんな商品が出ていますがいかがでしょうか。↓

 

遮光機能があるため、夏場もクーラー代が節約になると人気です。

色のバラエティも豊富で、サンプルも取り寄せることができ、

採寸用メジャーまで送ってもらえるところがいいですね。

 

雨戸・シャッターを閉める

長期の外出や、台風や大雨のときにしか使用しない雨戸やシャッターですが、

防寒対策としても効果を発揮します。

 

夜間には閉めてみてその効果を実感してください。

 

<注意!>

太陽の光が差し込む昼間には開けておきましょう。

太陽が落ちる前に閉めるのがベストです。



スポンサーリンク




部屋が寒いときの対策 <床編>

窓の防寒対策をしっかりした後は、

フローリングや畳の床を温める方法も考えてみましょう。

 

カーペット・ラグを敷く

フローリングの防寒対策で効果的なのが、カーペットやラグの使用です。

 

素材はウールや羊毛で、できるだけふわふわしたものを利用すると

より効果的ですが、ウール素材の中にも色々な商品があるため、

購入時にはお店の人に相談するようにしましょう。

 

ジョイントマット・コルクマットを敷く

ホームセンターなどで見かけるパズルのようなマットをみたことがありませんか?

 

ソフトな素材でできていてよく小さい子供のいるご家庭で使われていますね。

 

これは『ジョイントマット』『コルクマット』とも呼ばれ、

インテリアだけでなく、防寒対策でも役に立ちます。

 

お部屋のサイズに合わせて必要な分だけ購入できるのもいいですね。

 

アルミシートを敷く

窓の防寒対策で効果的だとご紹介したアルミシートは、

フローリングの対策でも活用できます!

 

カーペットやラグの下にアルミシートを挟み込むだけで、保温効果が上がります。

また、アルミシートはカビなどの心配がいらないことが利点です。

 

コストを下げたい場合は、新聞紙やダンボールでも代用が可能です。

 

空気を循環させる

降りてくる冷たい空気が床を冷やすことを防ぐためには、

部屋の空気を循環させましょう。

 

扇風機を上に向けて風を送れば、上昇した暖かい空気が降りて

足元の寒さが和らぎます。

部屋が寒いときの対策 <壁編>

窓、床、と防寒対策をみてきましたが、以外に忘れがちなのが壁です。

マンション・アパートの場合、角部屋は寒いと言われるのは、

壁からは暖かい温度が逃げやすいためです。

 

プチプチ・断熱シート・アルミシートを貼る

見かけはあまりよくありませんが、効果は抜群!

 

プチプチや断熱シート、もしくはアルミシートを壁に貼り付けることで

室内の温度を保つことが可能です。

 

壁と家具の間にダンボールを挟む

壁全体にプチプチや断熱シートを貼るのは相当ハードルが高いので、

タンスやベッドなど、家具と壁の間にダンボールを挟むことで効果が得られます。

 

どこかのお店からダンボールをもらってこれば、お財布にも嬉しいですね。



スポンサーリンク




部屋の寒さを節約しながら解決!

さて、これまで色々な素材を使用しての防寒対策をご紹介してきましたが、

やはり気になるのはコストですよね。

 

そもそも暖房の費用を抑えたくて対策を考えていても、

材料を買うのにたくさんお金がかかってしまったら意味がありません!

 

そこで、現代の日本の家計の強い味方、百均にて購入可能なものと、

無料で手に入れることができるものを紹介します。

 

<百均で買えるもの>

プチプチ

断熱シート

隙間テープ

ジョイントマット・コルクマット

 

<無料>

プチプチ(家電量販店など)

ダンボール

新聞紙

 

材料はできるだけ安く手に入れて、暖房費用と一緒にセーブしましょう!

部屋が寒くても暖房はなしで!

色々な方法で防寒対策をすると、

暖房の費用も相当抑えることができて助かりますね。

 

ここでは『もっと節約したい!』 という人のために、

暖房なしでも冬を過ごせる(かもしれない)方法をご紹介します。

 

部屋の湿度をあげる

夏にも感じることができるように、湿度が高いほど、体感温度が上がります。

冬場は部屋の乾燥も気になるので、部屋の湿度を上げてあげましょう。

加湿器の使用なら簡単ですが、電気代も気になります。

 

そんな時は、濡らしたバスタオルを部屋の中にかける

という方法で、湿度をあげることができます。

また洗濯物を部屋干ししても、同じ効果が得られますので試してみてください。

 

足湯をする

足先が冷えているので、色々着込んでいても体全体が寒いということがよくあります。

少しぬるめのお湯にゆっくりと足をつけ、体温を上げましょう。

足が温まると、上半身は薄着でも大丈夫なくらいです。

 

靴下・スリッパ・シューズを履く

足湯の後は、寒い部屋でまた体温が下がってしまわないよう、

分厚い靴下や、スリッパ、シューズなどで暖かさをキープしましょう。

 

指が分かれた靴下が防寒には効果的とも言われていますよ。

関連記事:暖房をつけたまま寝るのは喉に悪い?温度設定や電気代についても詳しく解説!

湯たんぽを使う

寝る前に布団を温めたり、作業中に足元に置いたり、

こたつに入れたりと、湯たんぽは一つ持っているととても便利なアイテムです。

 

最近は百均でも購入でき、形や色もかわいいものが売られていますよ。

 

生姜を食事に取り入れる

外からだけでなく、体の中から温めるのも忘れないでおきたいです。

 

生姜は体を温める作用がありますので、煮物・炒め物に使用したり、

紅茶に入れたり、生姜湯として取り入れたりしましょう。

 

重ね着をする

発熱性のある下着を身につけ、少し余裕のある服を、

そしてセーターのようなモコモコの素材を身につければ、

大抵の寒さには耐えられます。

 

また、部屋着としては着る毛布なども便利なアイテムです。

 

ペットと一緒に過ごす

みんなにとって現実的な話ではありませんが、犬や猫の体温は高く、

冬時に寄り添う相手としては最高です。

 

膝に乗せたり、一緒に寝たり、まあ湯たんぽのようなものですので、

『冬には仲良く』しておきましょう。

関連記事:部屋の足元が寒い時の対策!オフィスの場合も詳しく解説!

部屋の防寒対策で気をつけたいことは?

寒さ対策の一つとして、部屋の気密性をあげることが

効果的だとお話しましたが、

こういった対策をする際に気をつけなければいけないことがあります。

 

24時間換気システムが導入されている気密性の高い住宅にお住いの場合は、

寒さの原因となっても、これを停止することは危険です。

 

高すぎる断熱性・気密性は建築部材に含まれる化学物質の影響で

病気やアレルギーを引き起こす『シックハウス症候群』の原因となります。

 

換気システムが導入されていない住宅に住んでいる場合も、

1日1回は窓を開けて換気を行いましょう。

室内の湿気がカビやダニを発生させることがありますので、

寒くてもしっかりと換気を行ってください。



スポンサーリンク




関連記事:こたつの消し忘れで火事になる?電気代や防止法についても詳しく解説!

まとめ

今回は部屋の寒さの原因、防寒対策を節約しながらする方法、

暖房なしでも暖まる方法などをお話しましたが、いかがでしたか?

 

これであなたも防寒上手!寒い冬も怖くありませんね。

 

あなたがお住いの場所もそうですが、

もしご家族や友人が古いお家に住んでいて寒い冬をお過ごしなら、

ぜひ今日ご紹介した方法をシェアしてあげてくださいね。

 

これからは知識を生かして、お金をかけずにポカポカな冬を過ごしましょう!



スポンサーリンク