4月29日、みなさんは何の日かご存知ですか?

 

少し前までは「みどりの日」として有名だった4月29日。

しかし最近では「昭和の日」になったようです。

では「みどりの日」はなくなってしまったのでしょうか?

 

なんと「みどりの日」は5月4日に移動したみたいです。

なんの意味が?

みどりの日と昭和の日にどういった関係性があるのか。

みどりの日の由来って?

 

など、謎が膨らみますよね。

ではそんな「みどりの日」について

今回はご紹介していきたいと思います!



スポンサーリンク





みどりの日とは?実はこんな由来や意味があった!

よく考えてみるとなぜ「みどりの日」という名前なのか

不思議ですよね!

 

実はこのみどりの日、昭和天皇の誕生日なのです。

 

現在の平成天皇の誕生日は12月23日で祝日になっていますが

昭和天皇の時も同じように4月29日は祝日でした。

 

昭和天皇は1926年から1989年の63年間、天皇として在位しました。

昭和天皇は日本の天皇の中でもっとも長い間天皇を務め、

また国が最も大変な時代を見守ってきました。

その為国民は昭和天皇が在位していた63年間をとても素晴らしいと感じています。

 

昭和天皇は生物学者であり、自然をとても愛した方なので

国民も昭和天皇の誕生日に植樹し昭和天皇に敬意を示していました。

そして昭和天皇が崩御後、現在の平成天皇である明仁が天皇になり、

天皇誕生日が4月29日から12月23日に移動。

 

しかし昭和天皇の崩御後も、「生物学者で、自然を愛した昭和天皇を偲ぶ日」

として「みどりの日」が同日に作られたのです。

 

素敵な祝日ですよね!

この記事を読んで

「そうなんだ!みどりの日ってそんな由来なんだね!」

と納得している方…!

実はこのみどりの日にはまだまだ隠された由来があるんです。

 

実は上記で説明した由来は後付け設定という噂が!

実は政府は4月29日が平日に戻ってしまうことを恐れていたのです。

4月29日が平日になってしまうと

そのあとにあるゴールデンウィークに影響が出る可能性があります。

 

そこでなんとしてでも4月29日を祝日のままにしようという話になり、

昭和天皇誕生日であった4月29日を「みどりの日」という祝日にしたのです。

 

そう、「生物学者で、自然を愛した昭和天皇を偲ぶ日」というのは

GWのために作られたものだったというのです!

 

とはいうものの

11月3日の「文化の日」も明治天皇の誕生日らしいので

本当のところはどうなのかわかりません。

平成天皇の12月23日も退位後何か別の名前がついて

祝日のままかもしれませんね♪

 

「建国記念の日」や「こどもの日」、「勤労感謝の日」や「文化の日」など、

今日本に存在する祝日は年間十五日にのぼります。

そんな「国民の祝日」はなぜその日なのか、

いったいどんな由来があるのかをまとめた本です。

昭和の日やみどりの日についても綴られています。



スポンサーリンク




なぜ昭和の日になった?みどりの日と昭和の日との関係性について

「みどりの日」から「昭和の日」に変更した

経緯として、多くの国民から

「昭和という言葉を祝日の名前として残して欲しい」

という要望をうけた政府が、長い年月をかけて話し合い

平成17年に「みどりの日」から「昭和の日」と名前に変更したのです。

 

それは「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和時代を顧み、国の将来に思いを致す」

という意味合いが込められているそうです。

そして今まで4月29日にあった「みどりの日」は5月4日の「国民の祝日」に

移動されました。

 

しかし「みどりの日」から「昭和の日」に

名前を変更されてからというもの

「昭和の日」という名前に複雑な想いを持つ人達もいるようで

賛否両論があるみたいです。

そもそも昭和時代とは戦争という暗い時代でした。

戦争で辛い思いをした人も多いと思います。

 

また逆に、太平洋戦争に敗戦しながらも

急激な復興を遂げたという過去は昭和以外ない!と

昭和という言葉を誇らしく感じる人もいれば

暗い過去と感じる人もいます。

 

さまざまな心境があるので、みんなで祝う祝日

という日には出来ない事柄かもしれませんね。

 

こちらの本は「みどりの日」改名請願運動、国会における「昭和の日」法案、

「昭和の日」成立報告・祝賀会などが詳しく載っている本になります。

昭和への想いを綴っている本なので興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

そういえば、

なぜみどりの日が5月4日に移動したかというと、

以前5月4日にあった「国民の休日」に

特に深い意味がなかったからです。

 

5月3日の憲法記念日と

これまた祝日である5月5日の「こどもの日」の間にある

5月4日を休日にすれば国民が喜ぶはず!という意味で

作られた日が「国民の休日」なのです。

 

その為4月29日から追い出されてしまった「みどりの日」が

5月4日にはめ込まれた、ということになりますね!



スポンサーリンク




関連記事:昭和の日の意味や由来!なくなる?2018年はいつ?

2018年のみどりの日はいつ?イベントも紹介

みどりの日は毎年5月4日です。

2018年の5月4日は金曜日となっていて、

昭和の日の4月29日(日)から祝日とすると

2018年のゴールデンウィークは最大で

4月28日(土)から5月6日の9日間となります!

 

みどりの日にはいろんな施設が無料開放されるのは有名ですよね!

上野動物園

多摩動物園

葛西臨海水族館

井の頭自然文化園

清澄庭園

 

などなど、都内の公園や庭園などがみどりの日に

入場無料になっています。

もちろんゴールデンウィーク中なのでたくさんの人で賑わうかと思いますので

覚悟していったほうが良いかもしれませんね(笑)

 

そして毎年4月15日から5月14日までの期間を「みどり月間」として

「町を綺麗にしよう」「環境問題を考えよう」と様々なイベントが全国各地で開かれます。

 

川越市では苗木を贈るイベント、

茨城県結城市ではフリーマーケット、

新宿御苑や京都御苑では自然観察会、

国立自然博物館では木材などの自然から採れる素材を使った工作や

自然での遊びなどをテーマにしたイベントが行なわれています。

 

新宿御苑に関してはみどりの日以外にも

4月29日の昭和の日が入場無料になっており

5日のこどもの日には小中学生が入場無料になっています。

入場無料の日には様々なイベントを開催しているようです!

 

また5月の第二、土日には「みどり月間」締めくくりのイベントとして

日比谷公園で「みどりの感謝祭」が開催します。

今年は5月12,13日に行なわれるそうです!

 

もちろん入場料は無料。

「森の恵みを見て、触れて、食べて、感じる広場」をテーマに、自然に関する

イベントが盛り沢山です!

 

都市に住んでいるとなかなかみどりに触れる時間や機会がありませんよね。

このようなイベントを利用してみどりに触れることで自然を感じることが出来、

また癒やされるのではないでしょうか。

時間がある方やゴールデンウィークの予定を立てていない方は

ぜひ詳しく調べてみてください♪



スポンサーリンク




関連記事:卯月は何月?意味・由来や読み方についても詳しく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

みどりの日と昭和の日の関係や由来、意味は今回の記事で

わかっていただけたでしょうか?

祝日を作るということは簡単なことではなく、政府が後ろで

アレヤコレヤやっていたのかと今回の記事を書く上でわかりました。

 

またみどりの日はゴールデンウィーク中盤ということで

様々なイベントが開催されていますね!

 

みどりの日には都合のいい由来や素敵な由来がありますが、

自然を愛する日があることで自然とは離れていっている現代の人たちには

ちょうどいい祝日なのではないでしょうか。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク