カラスがとまった家には死人が出る、とか夜カラスが鳴くのは悪いことが起きる前兆、

という話を聞いたことはありませんか。

カラスの大群が飛ぶのは地震の前兆、という話もあります。

 

誰から教えられたわけでもありませんが、

子供の頃はカラスが集まっていると、

別の道に行ったりといったことはみんなしていたような気がします。

 

このようなカラスが不吉な存在という話に加え、

ゴミを漁ったり急に人の頭をつつくなど攻撃してくるカラスも話題になりました。

一方でカラスは賢く、集団で生活する習性があるということも明らかになっています。

 

なぜカラスは不吉だと言われるようになったのでしょうか。

その理由と、実はカラスは幸運の象徴であるという言い伝えについて、詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





カラスが不吉なのは迷信?なぜ不吉だと言われるようになったの?

カラスはよく不幸の象徴として見られる存在です。

昔からカラスについての言い伝えは多くありますよね。

どんなものがあるのか、詳しく調べてみました。

 

カラスが鳴くのは不幸の前触れ

夜カラスが鳴くと死人が出る

カラスが屋根にとまるとその家の人が死ぬ

カラスが大群で飛ぶと地震が来る

カラスが庭で水浴びをするとその家が火事になる

カラスが変な声で鳴くと不幸が起きる

 

いわれていることに共通しているのは、「不幸」「不吉」という言葉です。

ただ実際にそういったことがあるのかというと、

本当にそういったことが起きた、という人もいれば

思い過ごしだったという人もいますので、

これはカラスの存在にいいイメージがないことが大きな理由だとも考えられます。

 

カラスは全身が真っ黒です。

日本人は黒色が不吉なことや悪いことの象徴だと考えています。

外国でも黒猫が魔女の使いといったことや、コウモリが吸血鬼の使い魔と言われるように、

カラスもその色から不幸をイメージさせると考えられているのです。

 

さらにカラスは人間が多くいる場所によく現れます。

そのためより迷信が信じられるようになったともいえます。



スポンサーリンク




カラスは不吉!大群で飛ぶと地震の前兆と言われた理由は?

カラスが不吉だと言われる根拠によく取り上げられることの一つに、

「カラスが大群で飛ぶと地震が起きる」というものがあります。

 

科学的な根拠はありませんが、

地震の前にカラスが輪を描くように20匹以上飛んでいた

カラスが夜中に騒いでいたら地震が起きた

といった話がSNSなどにあげられています。

こちらは3月11日の東日本大震災の前日に撮影されたものです。

 

専門家の中には、カラスが地震の前兆ともなる何かを感じ取り、

異常行動を起こし避難をしているのではないかという意見も出ています。

ただしこれはカラスに限らず、野生動物にも見られる行動なのです。

 

カラスの行動に神経質になる必要はありませんが、

 

いつもカラスがたくさんいる場所からカラスがいなくなった

普段カラスがいない場所にカラスがたくさん集まっている

カラスが大群で空を飛んでいる

夜中にカラスが大声で騒いでいる

ゴミを荒らすカラスの行動が激しい

 

こういった行動が見られる時には、

2、3日は地震に対する備えを強化した方がいいでしょう。



スポンサーリンク




カラスが不吉なのは迷信?実は幸運を連れてくる?

このように、不幸の象徴や地震予知をするといった、

あまりよくないイメージが先行するカラスですが、

実は神様の使いであるということをご存じでしょうか。

 

一番有名なのは、日本で最も古いとされる記録である、

「古事記」や「日本書紀」に出てくるヤタガラスの伝説です。

熊野を行軍していて道に迷った神武天皇を導いたのが、

高天原(神の住まう国)から遣わされたカラスだったというもの。

 

また世界遺産で知られる広島の厳島神社では、

厳島神社の鎮座の場所を探していた姫神の乗った舟を、

先導したのがカラスだったといわれています。

 

さらに中国では太陽の象徴がカラス、月の象徴がウサギとされ、

カラスに命を救われた清の初代皇帝ヌルハチの伝説が語り継がれています。

 

他にもエジプトではカラスは太陽の鳥だとされていますし、

ギリシャ神話やケルト神話、北米神話にもカラスが神の化身や使いとして登場します。

イギリスではイギリス王となったアーサー王が、

呪いの魔法をかけられて大ガラスにされたことから、

カラスを傷つけることは、王への反逆と見なされていて、カラスは尊重されています。

 

ただ色が黒いことと、鳴き声が他の鳥に比べてあまりにもきれいでないことなど、

悪いイメージが先行し、そこにカラスの習性などが加わり、

今に伝わるような迷信が生まれてしまったともいえます。

カラスは実は幸運の象徴?サッカー日本代表のエンブレムにあるヤタガラスとは?

カラスが神の使いとされているエピソードの一つとして、

ヤタガラスの伝説があります。

先にご紹介した、神武天皇を助けたというカラスは、

3本足のヤタガラスといわれているのです。

 

ただし3本足のカラスであったという記録はなく、

また元々ヤタガラスは中国での伝説上の生き物とされているので、

実際にはカラス=ヤタガラスなのかははっきりとしたことは分かっていません。

 

とはいえ、日本の中で最も古い歴史を持つ霊場、熊野三山には

多くのヤタガラスがいたと伝えられ、

熊野大社にはあちこちに描かれたその姿を見ることができます。

熊野では狛犬も絵馬も全てヤタガラスとなっており、

神の使いとして敬われていることが分かります。

 

そしてサッカーの日本代表のユニフォームのエンブレムでも、

ヤタガラスがあしらわれていることはよく知られています。

実はデザインされたのは昭和6年と長く歴史のあるエンブレムなのです。

 

なぜヤタガラスになったのかについては諸説ありますが、

ヤタガラスを含め、カラスが古くから日本人にとってなじみ深い存在であったことを

表しているといえます。

日本各地でも、カラスに捧げ物をして、豊作を祈る「カラス神事」は残っており、

カラスは神様が来ることを先触れする「ミサキ」とも呼ばれています。

関連記事:コウモリが家に来るのは縁起がいい?幸運の前兆なの?

実は賢い?カラスの生態についても知っておこう

カラスが飛んでくると不幸がやってくる、という言い伝えは迷信だとお伝えしましたが、

なぜそんな風にいわれてしまうのか、カラスの習性や生態からその理由をみてみましょう。

 

カラスが飛んでくると人が死ぬ

 

実際にはカラスには予知能力はありませんので、誰かが死ぬということを分かって

飛んでくることはありません。

ただ人が亡くなると夜中でも人が集まってきたりと様子が変わります。

その様子を見に来る「野次馬カラス」がたくさん集まることから、

「カラス=人が死ぬ」といったイメージを持つ人が増えたと考えられます。

 

またお葬式で人が集まると、食べ物にありつけると分かっているので、

それを狙って集まることもあります。

カラスは人間のことをとてもよく観察しているのです。

関連記事:赤い月は不吉?名前はある?理由や意味も詳しく解説!

 

夜にカラスが鳴くと不吉

童謡の「七つの子」でも歌われているように、

カラスは日中活動をし、夜はねぐらに戻っていく生き物です。

そのため、朝日と共に来て日の入りと共に帰る姿に、神の使いともいわれていたのです。

そんなカラスが夜中に鳴くのは、

「あり得ないこと」とされ、「不幸が起きる」と言われるようになりました。

 

実際にはカラスは集団で集まって寝ますが、

そのねぐらでは全部のカラスが寝ているわけではなく、

見張りもいて天敵が来ないか見張っています。

集団は数百羽、多ければ千羽をこえるため、夜中でも鳴くことはあります。

 

またカラスは、人の顔を覚えることができるほど知能の高い生き物です。

何かと悪者にされがちなカラスですが、他の鳥に巣を提供したり、

動物の死体を片付けたりと、いなくては困る存在でもあるのです。

 

カラスも悪者ではない、とはいっても、

ゴミを荒らしたりペットのエサを狙ったりといったことがあると困りますよね。

そんな時におすすめのカラスよけグッズです。

実際に農家で使われ、高いカラスよけ効果のあるグッズなので、

カラス被害に困っているならぜひ試して見てはいかがでしょうか。



スポンサーリンク




関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

まとめ

カラスが不幸を呼ぶ、といった言い伝えが迷信である理由を、

カラスの生態と共にご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

神話や伝説では神の使いとも呼ばれるカラスですが、

日本ではその黒い色から不幸を連れてくる存在と誤解されています。

ただし昔から今もなお、神様の使いとして神事が行われているところもあります。

 

賢いカラスと知恵比べをしつつ、

難しいかもしれませんが、人間との共存関係を結ぶことができたらいいですね。



スポンサーリンク