ボーナスは夏と冬にもらえるものですが、いつもらっても嬉しいですよね。

でも、夏と冬のボーナスの額を比べてみると、少し差があるのに気が付きませんか?

でも、夏と冬じゃそんなに査定も変わらないのにどうして差が出るのでしょう。

 

そこでここではボーナスは夏と冬のどちらが多いのか、

また差はどれくらいなのかについて説明します。

 

ボーナスの謎の差について気になる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。



スポンサーリンク





ボーナスとは?

ボーナスは夏と冬のどちらが多いのか、また差はどれくらいなのかについて説明する前に、

まずは「ボーナスとは何か」について軽く見てみましょう。

 

ボーナスとは?

ボーナスとは、毎月の給料とは別に支給される定期的な臨時給料の事です。

日本では多くの企業が6月と12月という2回のボーナス月を設けています。

 

勿論給料とは別に支払われる特別な給料なので、

6月と12月は給料+ボーナスという2つのお金が入ってくるという訳ですね。

 

このボーナスを当てにして家や車など高価なものを買う計画を立てる人も多いです。

 

ところで、このボーナスというのはどんな会社にでも

「絶対にある」というものではありません。

 

あくまでも多くの企業が自発的にやっているだけであって、

「会社は必ず毎年2回、6月と12月に社員にボーナスを出さなければいけない」

という規則はありません。

 

ですからボーナスがない会社も当然ありますし、

「業績がいい月だけ社員にボーナスを配布する」という社則を作り、

6月12月関係なく会社が儲かった月にボーナスを配るという会社もあります。

 

ボーナスの額はどれくらい?

次に気になるのが、「ボーナスっていくらぐらいもらえるの?」という事ですよね。

ボーナスの額がどれくらいになるかは、その会社によって大きく変わります。

 

例えば公務員など国から雇われている場合は、夏はその人がもらう給料×1.9倍ほど、

冬はその人がもらう給料×2.1倍ほどとちゃんと規則が決まっています。

 

これが民間企業になると、ただ計算式に当てはめるだけではなく、

「業務成績が良ければ良いほどボーナスが高くなる」という事もあります。

 

例えば6月のボーナスなら

その前年の10月~3月の業務成績に順じ、

12月のボーナスなら4月~9月の業務成績に準じる事になります。

 

例えそこまで多くなくても毎年しっかりボーナスをもらいたいなら公務員、

頑張れば頑張るだけボーナスをもらえるようにしてほしいなら

民間企業がおすすめです。

 

ボーナスとは違う?決算賞与

給料とは別に特別にもらうお金としては、

ボーナスとは別に「決算賞与」というものがあります。

 

決算賞与とボーナスは似ていますが、少し違います。

ボーナスは、もらう場合は毎年同じ時期にもらいますよね。

 

会社が相当傾かない限り、業績や成績が悪くてももらえます。

 

ですが決算賞与というのは毎年もらえるものではなく、

「その年会社の業績が良かったので社員にその分を還元する」という名目で

渡される臨時のお金になります。

 

つまり、毎年もらえるとは限らないお金なんですね。

 

会社は利益を出せば出すだけ、国に支払う税金の額も増えます。

 

ですが、儲けた分を社員の給料として支出すれば、それは利益から引かれ、

結果的に支払う税金も少なくて済みます。

 

会社は税金を少なく支払えて嬉しい、社員は臨時のお金をもらえて嬉しいと

Win-winなお金が決算賞与なんです。

 

もし就職活動中なら、「決算賞与あり」と書いている会社は

社員の待遇が良い企業である可能性が高いですので、チェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク




ボーナスは夏と冬のどちらが多い?

ではさっそく、ボーナスの夏と冬のどちらが多いのか見ていきましょう。

一般的には、ボーナスの額は「夏より冬が多い」という統計が出ています。

 

では、なぜボーナスは冬の方が多いのでしょうか。

理由を見ていきましょう。

 

1.冬の方がお金が多く必要だから。

夏と冬のお金が出て行くイベントを比べてみましょう。

 

飲み会

夏のバカンスなど。

 

クリスマス

年末行事

お正月

忘年会

新年会

謝恩会

卒業式

春に向けての入学準備

引っ越しなど。

 

こうして見ると、夏よりも圧倒的に冬の方が「出費が必要なイベント」が多いですよね。

このような事情を組んで、

夏より冬はやや多めにボーナスを多めに渡している企業が多いんです。

 

2.会社の節税対策の為。

ボーナスの支給は、何も社員の為だけではありません。

 

決算賞与でも少し書きましたが、給料とは別にボーナスという特別なお金を社員に

支払う事で会社も節税対策ができるんです。

 

会社は利益が出てその利益をそのまま所持していると、

利益が出た分だけ税金を払わなくてはいけません。

 

ですが、利益が出た分を社員のボーナスとして支払うとそれは「支出」と認められ

支払う税金を減らす事ができるんです。

 

社員としても、たくさんボーナスをくれる会社には転職せずに

できるだけ長くとどまろうとしますし、働く意欲も湧きます。

 

税金を冬にまとめて払う企業もありますから、その時にできるだけ節税しようと

社員のボーナスで調整した結果、冬のボーナスの方が夏より少し高めになる事が多いです。

 

税金を知ってこっそり得をしよう♪

 

ただのサービスだと思われやすいボーナスは、

実は節税対策として会社側にも利点がある事が分かりましたね。

 

そしてこの、知っているようで知らない「税金」。

税金のきちんと仕組みを理解すれば、雇われている側、つまりサラリーマンでも

ちょっと得する事ができてしまうんです。

 

そこでおすすめなのが、こちらの税金の本です。

こちらは税金のエキスパート、国税局に勤めていた人が書いた税金の本です。

 

さらに内容は小難しいものではなく、「どうしたら得ができるか?」という事を

テーマに税金が語られていますので、スイスイ読めるとても面白い本ですよ。

 

自分が支払っている無駄な税金が気になる方は、

ぜひこの本をチェックしてみてくださいね。

 

自分で起業してみる?会社の税金の流れをチェック!

 

今はネットやパソコンの普及により、昔より起業がしやすくなりました。

ちょっとしたアイデアで、「小さな会社だけど年収は1000万越え」なんて個人社長も

多くいます。

 

ただ、会社を作るとなると税金の流れが気になりますよね。

 

故意でなくても税金を支払い忘れると脱税となり、信頼も何もかもが一気に地に落ちます。

 

そんな失敗をしない為におすすめしたいのが、

こちらの起業から1年目までお金の流れをサポートしてくれる本です。

 

たくさんの起業を手助けしてきた税理士と弁護士のコンビが、

失敗しやすい起業の仕方や忘れやすいお金の流れなどを

ピンポイントで詳しく説明してくれています。

 

あるアイデアがあって起業を考えている方は、ぜひこの本を片手に

チェックしてみてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:新入社員のボーナス、夏と冬の平均は?使い道でおすすめは?

夏と冬、ボーナスの使い道の差は?

平均的には、夏よりも少しだけ冬の方がボーナスの額が大きい事が分かりましたね。

では最後に、夏と冬で、もらうボーナスの使い道に差はあるのかどうか見ていきましょう。

 

夏のボーナスの使い道

夏のボーナスの使い道は、

ランキング形式にすると、以下のようになります。

 

・1位…貯金

・2位…旅行

・3位…生活費

 

冬のボーナスの使い道

冬のボーナスの使い道は、

ランキング形式にすると、以下のようになります。

 

・1位…貯金

・2位…旅行

・3位…衣服

関連記事:スーツケースベルトは必要?TSAロック付でも?おしゃれなおすすめもご紹介!

夏と冬のボーナスの使い道、比べてみた結果は?

夏のボーナスも冬のボーナスも「貯金」がトップにきていますね。

ボーナスというと「ぱ~っと使う」というイメージもありますが、

実際は多くの人がコツコツと貯金しているようです。

 

また、2位が旅行というのも夏と冬では差がありません。

 

確かに夏は夏休み、冬は年末年始や正月休みがありますので、

普段休む事が少ない日本人はここぞとばかりに旅行にお金を使うのかもしれませんね。

 

3位については少し差がでました。

夏のボーナスは生活費に、冬のボーナスは衣服に使う人が多いですね。

 

夏のボーナスは冬と比べてやや少なめなので堅実に生活費に、

冬のボーナスは少し余裕があるのでクリスマスなど自分へのご褒美も兼ねて

衣服に回している人が多いのかもしれません。



スポンサーリンク




関連記事:コインパーキングの料金の仕組み!計算方法や相場は?

まとめ

ボーナスは夏と冬の2回もらえる事が多いですが、その額には少し差があります。

どちらが多いかと言えば、平均的には、夏より冬の方が若干多めです。

 

その理由は冬の方が支出が多かったり節税対策の為だったりと色々です。

 

ボーナスは仕事のやる気にも繋がりますから、もし転職や新社会人で就職活動中なら

ボーナスの支給方法はどうなっているかを会社を選ぶ

ひとつの目安にするのもおすすめですよ。



スポンサーリンク