寒くなってくると必須アイテムとなるタイツ。

1枚だけでも十分に暖かいので、毎日のように履きたいアイテムですが、

この時期になると困るのが静電気です。

 

スカートはまとわりつくし、脱ぐ時に「バチッ」と電気が起きるのも困ります。

しかも静電気は体の内部にもよくない影響があるので、

できるだけ心がけて発生させないことが必要となってきます。

 

そこで今回は、静電気が起きる仕組みと共に、

静電気を起こさないための方法や、静電気を逃がす方法について詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





タイツの静電気はなぜ起きる?その原因は?

物は小さな原子からできていて、その原子一つ一つが電気を帯びています。

原子の周りを回っている陽子というプラスの電気、電子というマイナスの電子、

ゼロの電気を持つ中性子の3つがそれぞれバランスを保っているため、

電気を持っていますが何も起きません。

コップを持っても、感電するようなことはないのはそのためです。

 

ただし物と物とが強くふれ合って摩擦が起きると、このバランスが崩れ、

一番外側にある電子が、ふれ合った相手の方に流れてしまいます。

そうなると片方の電子が増えるのでマイナスの電気が増え、

電子が減った方はプラスの電気が増え、電気を帯びる(帯電)して強く引かれ合います。

 

その帯電した状態で、金属などに触れると、火花が出ます。

これが静電気です。

通常であれば電気は空気中の水分などに移動しますので、帯電していても

火花が出るようなことにはなりません。

 

ただ電気が流れにくい絶縁体を身につけていたり、空気中に水分が少なくなる

秋冬には体に電気がたまり、行き場がなくなるので静電気が起きやすくなります。

電気が流れない絶縁体には、ゴムやプラスチック、ガラスや木、紙といったものがあります。

 

静電気が起きやすい体質があるといわれることもありますが、

実際には静電気が起きやすい状態になると、誰でも静電気は発生します。

着ている服や、寝具、そして肌の状態も静電気が発生しやすい状況を作ります。

 

静電気が起きると、体の中に常に雷が落ちる状態なので、

それが小さなものであっても、体の中の細胞を傷つけてしまいます。

そのため病気の原因や体の老化につながると考えられています。



スポンサーリンク




タイツの静電気が起きた時の対処法!ハンドクリームで除去できる?

静電気が起きてしまった場合、まずは静電気を逃がすことが必要です。

この時にしてはいけないのが、

タイツを叩いたり着ている服を持って払うことです。

電気が放電されるどころか、かえってひどくなってしまいます。

 

静電気は摩擦で起きてしまうだけでなく、逃げ場がないので服に帯電します。

そのため空気が乾燥していたり、

それこそ椅子に座って立ち上がるといったことでも大きな摩擦になってしまいます。

 

外出先でタイツに静電気が起きて、スカートなどがまとわりついた場合、

まずトイレで軽く手を洗いましょう。

手に適度な水分を含ませてから、スカートを両手でまとめるように握ります。

これでスカートについた電気を逃がすことができます。

 

次に服が脱げる場所でスカートなどを脱ぎ、

ハンドクリームをタイツの上から塗ります。

また可能であれば、スカートの内側に水をスプレーしましょう。

ドラッグストアやスーパーで売っている静電気除去剤のスプレーを

使う方法もあります。

 

これでタイツや服が帯電しにくくなりますので、

静電気が起こりにくくなります。

ただしあくまでも応急措置なので、

家で服を脱ぐ時には注意して、脱ぐ前には服を湿らせるなどして対応しましょう。



スポンサーリンク




タイツの静電気を外出先で起こさせないために!事前にしておきたい防止法!

タイツで静電気が起きてしまった時、

すぐにトイレに行ったり更衣室に行く時間があればいいですが、

そういったことができないこともありますよね。

急に静電気が起きても慌てないためにも、事前に予防策をしっかり立てましょう。

 

着る服を意識する

静電気が起こりやすいのは、化学繊維でできた服です。

温かくてよく着ることの多いフリースなどはその筆頭ですね。

なるべく着る服を天然素材にすることで、服が帯電しにくくなります。

 

カーペットが敷いてある場所は革製や布製の靴に履き替える

多くの靴は、裏底がゴムになっているため、放電ができません。

会社の中などカーペット敷きの床だと、帯電しやすくなるので

皮や布の靴に履き替えるようにしましょう。

 

タイツの素材をシルクにする

タイツの素材はナイロンやポリエステルでできているものがほとんどなので、

身につけているだけで静電気が起きる可能性は高くなります。

体を守るためにも、高価ではありますが思い切ってタイツをシルクにしましょう。

ちょっとそこまでは、という場合には、下着をシルクにする方法もあります。

 

タイツを履く前にハンドクリームを足に塗る

肌が乾燥すると静電気が起きやすくなるので、

それを防止するためにハンドクリームをあらかじめ塗っておきます。

外出先に持っていって、時間がある時にこまめに塗り直すのもおすすめです。

 

柔軟剤を使う

柔軟剤を使うと、繊維同士の摩擦が減るため、静電気が起きにくくなります。

洗濯機に入れる、

もしくは手洗いの場合は洗剤で洗った後に、もみ洗いしてなじませましょう。

関連記事:お賽銭の金額の意味!縁起のいい金額は?

 

肌の乾燥を防ぐ

季節に関係なく、肌の保湿対策をしましょう。

ハンドソープなどは保湿成分のあるものを選び、

お風呂上がりはボディローションを塗るなどして、乾燥を防ぎましょう。

部屋に加湿器をおいて、普段から肌が乾きにくい環境を作ることも大切です。

 

静電気対策グッズを持ち歩く

対策キーホルダーなどを握ることで、放電ができるので静電気の発生を予防します。

自分が気をつけていても、静電気はいつでも発生してしまうので、

触れるだけで放電できるシールなど、いくつか持っておきましょう。

 

見た目が普通のアクセサリーなので、普段使いできる静電気防止グッズです。

静電気の防止効果は個人差などもあるため、完全に静電気を防ぐわけではありませんが、

時計と一緒にさりげなくつけることができるので助かります。

いかにもな対策グッズをつけたくない人にもおすすめです。

 

水のスプレーを持ち歩く

電車やバスの座席などは、化学繊維なので座っているだけでも摩擦が起きます。

座る前に水のスプレーをしておくだけでも、静電気を防げます。

また服がまとわりついた時にも使えますので、持っておくと便利です。

関連記事:こたつでかゆいのはダニ?対策について詳しく解説!

タイツの静電気を起こさせないためには服の素材やコーディネートにも注意!

先にもご紹介しましたが、服の素材やタイツの素材によっては、

摩擦が起きやすくなるので静電気が起きます。

そうはいってもなかなかシルクのタイツはありませんし、

価格も高めです。

 

この場合は着る服の組み合わせを変える方法があります。

服自体が持っている電子や陽子は、素材によって違いがあります。

ウールや毛皮などの天然素材は陽子が多く、

逆にアクリルやポリエステルは電子が多いため、

ウールのセーターとポリエステルの下着を重ね着すると、静電気が起きやすくなります。

 

タイツを履く場合、

スカートの場合は裏地にも注意が必要です。

ナイロンのタイツはウールに近いのでプラスの電気である陽子が多く、

ポリウレタンは逆に、

ポリエステルやアクリルに近いマイナスの電気である電子を多く持っています。

 

そのためタイツと同じ素材の裏地であれば、静電気が起きにくくまとわりが防げます。

ポリウレタンなどのタイツを履く場合は、

綿素材のスカートやパンツをはくことでも、静電気が起こることを防ぎます。

 

タイツを履く時には、一緒に着る服の素材も良くチェックしておきましょう。

 

厚手でしっかり保温してくれるタイツです。

着圧タイプは履くのが大変なものもありますが、こちらは履きやすいだけでなく

静電気防止加工もしてあるので、安心して履くことができます。

高密度なので冬に大活躍間違いなしのタイツです。



スポンサーリンク




関連記事:部屋が寒い原因はなぜ?対策や暖房なしで節約して暖かくする方法も徹底解説!

まとめ

タイツを履いていると起きやすい静電気について、

解消法や防止法、日頃からの対策をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

乾燥しやすい秋冬にはどうしても起きやすい静電気。

ただし小さなものでも、体には悪影響を及ぼしますので、

普段の生活から予防が必要です。

体をしっかり温めるタイツを、静電気なしで快適に履きこなしましょう。

 

静電気防止のためにすぐ買い替えることができなくても、

すぐに対策する方法はありますので、

とりあえずは応急処置で対策し、

静電気が起きにくいタイツに買い替えることも考えましょう。



スポンサーリンク