関東でも数センチの雪が積もることも珍しくありません。

家の前に積もった雪を早くなんとかしたいと思っても、

たまにしか雪が降らないような地域では

どうするのが一番効果的な方法なのかよくわからないと思います。

水でもかければすぐ溶けるのでは?なんて考えているなら、危険ですよ。

 

今回は、雪を溶かすのに効果的な方法について解説していきます。

シートや粉、塩で雪を溶かす方法や、

特別な道具無しでもできる雪解けをはやめる方法を紹介しているので、

雪が積もる前にぜひ予習しておきましょう。



スポンサーリンク





雪を溶かすのに水はNG?お湯ならOK?

積もった雪を溶かすのに水をかけようとする人がいますが、

正直これはあまりおすすめできません。

確かに雪は水をかけると溶けますが、

それは雪に対して大量の水がある場合の話です。

すでに積もってしまった大量の雪を溶かすためには、

その分大量の水が必要になってしまいます。

 

お湯なら水よりも雪を溶かす効果は高いですが、

それだけの量のお湯を確保するのも大変ですし、コストがかかります。

例えば、玄関前の段差になっている部分だけを溶かそうと言った場合なら、

お湯をかけることでなんとかなることもあります。

 

ただし、水やお湯をかけて雪を溶かすときには、その後のアイスバーンに注意が必要です。

雪が降っている以上、基本的に気温は氷点下です。

たとえお湯をかけていたとしても、しばらくすればそのお湯は冷えて水になり、

最終的にはスケートリンクのように凍ってしまいます。

事実、スケートリンクは押し固めた雪の上にお湯を撒いて作ります。

 

少なくとも、雪が降っている最中に水を撒くことは避けた方が良いでしょう。

 

既に雪が止み、太陽が出て気温がプラスになっているようなときで、

かつ玄関前などの少量の雪を溶かすといった場合なら、良いかも知れません。

ただ一日中氷点下になってしまうような北国では、止めた方が無難です。



スポンサーリンク




効率良く安全に雪を溶かそう!融雪剤や塩、炭の粉、シートを使う方法

水で雪を溶かすのはやや非現実的ということがわかったと思いますが、

それじゃあどうすれば良いの?と疑問に思う人もいるはず。

 

実は、雪を効率良く安全に溶かすことができるアイテムがあるのです。

順番に紹介していきますね。

 

融雪剤

まずは、融雪剤です。

その名の通り、雪を溶かす目的で作られた粉です。

坂道や山間部の道路に、「融雪剤」と書かれた箱が立っていることがあると思います。

実際にそこで使ったことがある人はあまりいないかもしれませんが、

この融雪剤という粉を使えば、雪を簡単に溶かすことができます。

 

融雪剤は塩化カルシウムが主成分となっていて、

「塩カル」などと呼ばれることもあります。

製品によっては塩化ナトリウムや塩化マグネシウムであることもあります。

 

融雪剤を雪に撒くとどうして雪が溶けるのかというと、

まずは「凝固点(物体が凍り始める温度)が下がる」からです。

本来水が凍り始める温度は0度ですが、融雪剤を撒くと0度でも凍らなくなります。

そして、融雪剤は溶けるときに熱を発生させます。

その相乗効果の結果、みるみる雪が溶けていくということですね。

 

ちなみに、塩化カルシウムと同様の効果を持つ塩化ナトリウムは、家庭にもあります。

そう、食塩のことです。

なので、家庭にある塩を撒いても融雪剤と同じような効果が得られますが、

かなり大量に必要ですのでさすがに家にある塩を撒くのは非現実的と言えます。

 

また、雪が溶けても融雪剤や塩はその場からはなくなりません。

融雪剤を車や畑の上の雪に使うと、そのまま車や土の上に融雪剤が残ってしまいます。

そのまま放置しておくと車の塗装が剥がれてしまったり、

その後の土質を変えてしまったりするので、

雪の下がアスファルトやコンクリートであることが

確認できるところに使うのが良いでしょう。

 

ちなみに住宅の壁にも良くないので、散布の際には注意が必要です。

 

雪とけーるくん 1kg

粒状の塩化カルシウムが持ち手付きの容器に入ったタイプの商品です。

袋入りのタイプでは、思い通りに撒くことができなかったりしますが、

この雪とけーるくんなら誰でも適度な量を撒くことができます。

 

容量が1kgというのも持ち運びに適していますし、

家庭用としてもちょうどよい量かと思います。

散布する際は、1平方メートルあたり100g程度が適量です。

 

コンパル 融雪くん2kg

アイスバーンも短時間でシャーベット状にしてくれる強力な融雪剤です。

従来の塩化剤と成分が異なり、主成分は尿素となっています。

効果の即効性や持続性も塩化剤の融雪剤と遜色なく、

金属の腐食やコンクリートへの浸食が少ないので、安心して散布できるのが特徴です。

植物への影響も少なく、環境にも優しいです。

 

土や炭の粉

雪がなかなか溶けないのは、真っ白なために日の光を反射してしまうからです。

土や炭の粉を雪の上に撒くことで、その反射率を下げて雪の温度をあげることができます。

雪が溶ける原理は異なりますが、

融雪剤同様撒くだけで雪を溶かすことができるので非常に楽です。

 

ただ、雪が溶けた後も残ってしまうのも融雪剤と同じです。

雪が溶けた後にどうなるかもきちんと考えて、撒くようにしてくださいね。

 

粉炭60L

伝統の木炭窯で焼き上げた「しらおい木炭」の加工時に砕けた木炭を粉状にした、

安心安全天然素材の粉炭です。

既に細かい粉状になっており、あとは積もった雪の上に撒くだけで良いのでお手軽です。

土壌改良の効果もあるので、撒きすぎなければ土の上に撒いても問題ありません。

床下の調湿や悪臭除去など、雪を溶かす以外にも使い道がありますので、とても便利です。

 

黒いシート

粉炭や土と同じように、黒いシートを雪にかぶせてしまうのも効果的です。

黒っぽいレジャーシートのようなものでも良いですし、もし黒いポリ袋などがあれば、

それをシート状にして雪の上で固定してしまえばそれでOKです。

また、雪かきついでに黒いポリ袋の中に雪を入れて日の当たるところに置いておけば

あっというまに雪を溶かすことができます。

 

シートの場合、粉と違って雪が溶けた後の回収が可能なので、

粉の散布にうるさい自治体にお住まいの場合などにはおすすめの方法です。



スポンサーリンク




その他の雪を溶かす方法も紹介!

雪を溶かす方法として融雪剤や粉炭の使用をおすすめしましたが、

融雪剤をわざわざ買いに行くのが面倒だ!という方も中にはいますよね。

そんな方のために、特別な道具を使わずに雪の溶けるスピードを高める方法も紹介します。

 

積もった雪に穴を開ける

まずは、積もった雪になるべく大きな、あるいはたくさんの穴を開けると言うことです。

そうすることで雪の表面積が増え、より多くの空気と触れることができます。

雪同士がくっついているよりも早く雪が溶けますので、

雪かきが終わったら山をそのままにするのではなく、

スコップを突き刺して穴を作るようにしてみてください。

 

雪をなるべく広くばらまく

雪をばらまくというのも、結果的に表面積を広げることになります。

住宅スペースの問題であまりばらまけないということもあると思いますが、

山のままにしておくよりも崩してあげたほうが雪は早く溶けます。

 

ちなみに、道路が空いているからといって道路に雪を出すのはやめましょう。

道路に雪を出す行為は、厳密に言うと道路法・道路交通法に違反する可能性があります。

実際には相当な量を道路に出さないとお咎めはないでしょうが、

雪を投げたときに車に当たったり、

道路で溶けた雪が車のスリップ事故の原因になったりなど、危険なことも予想されます。

関連記事:スカートが静電気でくっつく!防止対策や除去方法を徹底解説!

 

家の壁に雪をぶつける

ただ雪かきをするのではなく、家の壁に沿わせるように雪をまとめたり、

思い切って家の壁に雪をぶつけてしまうのも、

雪を溶かすという点だけで言えば効果的です。

ただし、室内の温度や暖房効率に多少の影響が出る恐れがあるのと、

住宅の壁材の寿命を縮めてしまうリスクがありますので注意しましょう。

 

また、集合住宅の場合に行うのはマナー違反と言えますし、

その壁の奥が自分の部屋でないなら、考えるまでもなく絶対にやってはいけません。

 

排水溝や側溝に捨てる

水が流れているような排水溝や側溝に雪を少しずつ捨てるのも効果的です。

雪の多い地域では、融雪溝という雪を捨てるための側溝があることも珍しくありません。

ただ、そういう文化の無い都会で当然のようにやると、

周辺住民から咎められる可能性もあるので、空気を読みながら行いましょう。

 

こまめな雪かき

面倒かとは思いますが、雪かきはなるべくこまめにやった方が良いです。

アスファルトが見える面積が多いほど雪は早く溶けますので、

薄くでも雪が積もってしまったら、

その雪をサッと避けてしまうのが、雪を早く溶かすポイントです。

関連記事:部屋が寒い原因はなぜ?対策や暖房なしで節約して暖かくする方法も徹底解説!

 

融雪マット

積もった雪をどうにかするのは、結構大変です。

そこでおすすめしたいのが、融雪マットの利用です。

融雪マットは、電気で温めたマットによって雪を積もらせないアイテムです。

 

玄関前や車庫付近など、最低限の行動範囲に置いておくだけでも、

雪によるストレスがかなり軽減されます。

ロードヒーターに比べるとかなり低コストで導入できますし、

夏時期は丸めて収納してしまえば良いので便利ですよ。

 

融雪マット玄関用

従来の電熱線ではなく、独自開発の発熱体をゴムで被膜した

省エネタイプの融雪マットです。

電熱線でないので断線や短絡といったトラブルがなく、メンテナンスも必要ありません。

 

また、シートの表面温度にムラがないので、均一に効率良く雪を溶かすことが可能です。

ゴム状シートなので設置がかなり楽ですし、使用しないときは巻いて保管できます。

雪かきの手間がない冬を過ごしたいとは思いませんか?



スポンサーリンク




関連記事:暖房をつけたまま寝るのは喉に悪い?温度設定や電気代についても詳しく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

融雪剤や粉炭、黒いシートなどなど、

雪を早く溶かす方法もたくさんあることが分かったと思います。

雪を水で溶かすこともできますが、

それに伴う凍結のリスクも、しっかり押さえておきましょう。

 

スコップさえあればできる方法もあるので、

自分のお住まいの環境に合わせて、

なるべく雪が早く溶けるような方法を使ってみて下さいね。