マンションに住んでいると、気になる悩みの一つが

冬の時期にガラスや壁に発生する「結露」。

 

窓ガラスはひどいときには水滴が流れるように滴り落ちる場合もあり、

カビがはえたり、シミなどになったりすることもあります。

 

冬の寒い時期に窓を開けて換気をし続けることも現実的ではないし、

毎日窓を拭いてこまめに換気を何度も行うのも、

冬の間ずっとと考えるととても大変ですよね。

 

今回は、そんなマンション住まいの悩みのタネである結露について、

結露の原因や基本的な対策から、

市販されている便利な結露対策グッズについて、

詳しくご紹介します。



スポンサーリンク





マンションで結露が発生する原因は?

そもそも、結露というのはどんな現象でしょうか?

結露とは、主に冬場の寒い時期などに、

窓ガラスや壁などに水滴が付着する現象のことです。

身近な現象だと、冷たい飲み物をグラスに入れたときに

グラスの外側に水滴がつく現象と同じ仕組みです。

 

結露は、建物の中と外の気温の差が激しいときに発生しやすくなります。

冬場は部屋の中が暖かく、外がとても寒いので、

結露が発生しやすい環境になっています。

 

もう少し詳しく原因をご説明します。

 

空気には、水蒸気が含まれています。

空気に含むことのできる水蒸気の量は、空気の温度によって大きく変わります。

空気が暖かければ暖かいほど、多くの水蒸気を空気中に含むことができ、

逆に空気が冷たくなると、空気中にはあまり多くの水蒸気が含まれなくなります。

 

冬は乾燥し、夏は湿度が高くなるというのも、

冬の気温は冷たいため、水蒸気を空気中に含みづらいことが原因の一つです。

 

そして、空気の温度が低くて空気中に水蒸気を含めない場合は、

水蒸気として空気中に入れなかった水分が、そのまま水滴になります。

 

冬場など、建物の外と中の気温の差が激しい場合、

建物の中は空気が暖かいので多くの水蒸気を含むことができますが、

外に接している窓ガラスなどは、外の空気にも触れているため、家の中より冷たくなります。

窓ガラスが冷たいと、窓ガラスの周りの空気の温度も下がります。

 

部屋の中心部では空気が暖かく水蒸気をたくさん含むことができたのに、

窓ガラスの近くに移動すると、空気が冷やされるため

水蒸気をあまり含むことができず、余った水分が水滴となって

窓ガラスに付着してしまうのです。

この現象が、一般的な「結露」といわれる現象です。

 

この仕組みをふまえると、結露の原因は

空気中に含まれる水蒸気の量が多いこと

外と中の気温の差が大きいこと

窓ガラスなどが冷えて周りの空気の温度を下げてしまうこと

だと言うことができそうです。

 

ちなみに、外と中の温度の差が激しい季節というと、「夏はどうなの?」

と思う方がいらっしゃるかもしれません。

冬の場合、家の中は暖房をつけて18度、気温が5度だとすると、温度差は13度。

夏の場合、家の中は冷房をつけて25度、気温が32度だとしても、温度差は7度。

一般的に、夏よりも冬のほうが温度差が激しいことが多く、

結露も冬に発生することが多いです。

 

さらに、夏は気温が高いため、空気中に含むことのできる水蒸気の量がそもそも多く、

水蒸気になりきれずに水滴になることも少ないです。

夏場に気になるのは、結露よりもむしろ湿度の高さのほうが大きいのではないでしょうか。

 

とはいえ、「温度差」と「空気中に含むことのできる水蒸気量を超える」

という条件があれば、夏場でも結露問題が発生する可能性があります。

比較的珍しい現象ですが、このような結露は「夏型結露」「逆転結露」と呼ばれます。

 

冬の結露が家の中に水滴ができやすいのに対し、

夏の結露は外側にできやすくなるという違いがありますが、

結露の原因や対策方法は一般的な結露と似ているので、

夏に結露が起きてしまった場合も、冬と同じように対策をするのが効果的です。

 

結露が発生してしまうと、大量の水滴が壁際や窓に発生することになり、

風通しもあまり良くないことが多く、カビの発生などにつながる可能性が高くなります。

結露の原因をしっかり意識した上で、対策を行うようにしましょう。



スポンサーリンク




マンションで起きる結露に効果のある結露対策グッズは?

マンションで結露が起きた場合に効果的な対策について、

対策グッズも含めてご紹介していきます。

 

窓ガラス用断熱シートを利用する

 

結露の原因の一つが、

「外の寒い冷気によって冷やされた窓ガラスが、

部屋の中の空気の温度を下げてしまう」ことです。

 

こちらでご紹介しているような「窓ガラス用断熱シート」を貼ることで、

外の冷気で窓ガラスが冷やされたとしても、

部屋の内側の空気を冷やすことを防ぐことができます。

部屋の中の暖かい空気が冷やされることで結露が起きるので、

窓ガラスの断熱シートで空気を冷やさなくすれば、結露の可能性はぐんと下がります。

 

取り付け方も、大きさを綺麗に揃えさえすればとても簡単なので、

ぜひ利用してみてください。

安価で簡単ですが、効果は十分です。

 

吸水シートを利用する

 

こちらは上記の断熱シートとの併用をおすすめしますが、

結露の中でも、水滴がたまりやすい窓ガラスの下の縁部分などには、

防止用の断熱シートだけでなく、

実際に結露ができてしまったときにすぐに吸水できるシートを貼るのが効果的です。

 

吸水シートを貼っておけば、カビが発生したり、

床に水滴が滴り落ちるということも防ぐことができます。

 

吸水シートの保湿力は近年大幅に上がっていて、

デザインも好みに合わせて選ぶことができるので、

断熱シートの隙間が気になる部分などに、吸水シートも使ってみてはいかがでしょうか。

 



スポンサーリンク




換気をしっかり行う

結露が発生する原因の一つは、

「水蒸気を多く含んだ空気が窓ガラスの冷たさなどで冷やされる」ことです。

 

そのため、対策として

「水蒸気を多く含んだ空気が一気に冷やされすぎないよう、

空気を循環させたり換気を行う」ことがおすすめです。

 

部屋の中の暖かい空気と、窓ガラス付近の空気を

扇風機などを使って循環させるのも効果的ですし、

こまめに窓を開けて空気の入れ替えをしても良いです。

 

また、空気が一箇所に留まりやすくなる

クローゼットやタンスの中なども、換気のために少し開け締めをしたり、

壁際に置いている荷物を壁から少し離して空気が通りやすいようにするなど、

家の中の「空気が停滞しやすいところ」をへらすことが

結露対策にとても効果的だと言えます。

 

こまめに拭き取りを行う

窓ガラスに付着した結露については、

こまめに拭き取りを行う余裕があれば、拭き取りをするのも対策の一つです。

 

窓ガラスの水滴を拭くのは、普段、細かい水滴が残ってしまうなど

少しストレスになることがありますが、

こちらの商品のように、結露対策用に特化したスポンジなどを使えば

水滴を綺麗に吸収することができます。

 

場合によっては一日になんども必要になる場合がありますが、

これまでに紹介した方法と併用して、実際に結露が発生してしまったときの

対応策として、用意しておくと良さそうです。

 

除湿機を使う

結露の原因は、「暖かい空気にたくさん含まれた水蒸気」です。

このため、空気中の水蒸気の量が少なくなれば、

結露が発生する可能性そのものがぐんと下がります。

 

冬場は乾燥が気になるから加湿器を…、という方も多いかもしれませんが、

特に北側の寒い部屋などは、結露対策として

使わない時間に除湿機をかけることもとてもおすすめです。

次のトピックで、除湿機については詳しくご紹介したいと思います。

 

以上のように、

「空気中の水蒸気量をへらす」

「空気が窓ガラスから冷やされないように、窓ガラスに断熱シートなどを貼る」

「結露が発生する前に空気を入れ替えておく」

「結露が発生した場合はすぐに水滴をしっかり拭き取る」

というのが、結露対策には重要です。

こちらでご紹介した結露対策グッズはすべてどれかに該当するものなので、

ぜひ利用して、結露の対策を行ってください。



スポンサーリンク




マンションの結露に除湿機はどれくらい効果があるの?

マンションの結露対策の一つとして、「除湿機を使う」ことが効果的だとご紹介しました。

除湿機は、部屋の中の水蒸気の量を減らしてくれるため、

結露が起きづらくなります。

 

除湿機には大きく分けて3つの種類があります。

コンプレッサー式

デシカント式

ハイブリット式

と呼ばれ、それぞれの特徴により、

冬場の結露対策に向いているタイプ、あまり向いていないタイプがあります。

関連記事:日陰の雪の溶かし方!土をまくのは?簡単な方法はコレ!

コンプレッサー式除湿機

コンプレッサー式除湿機は、最も昔からある型の除湿機で、

価格が安く、消費電力も少ないのが特徴です。

この除湿機は、「暖かい空気を冷やすことで、空気中の水蒸気量を減らす」

という仕組みで除湿します。

 

この仕組みは、夏の暑い時期、湿気を多く含んだ空気に対しては有効ですが、

冬の時期の除湿には向いていません。

元々空気の温度が低いので、「温度を下げて水蒸気を減らす」

という仕組みでは十分な効果が発揮できないからです。

 

デシカント式除湿機

デシカント式の除湿機は、空気中の水蒸気と結合しやすい物質を用いて、

空気中にある水蒸気を他の物質に吸着させることで、

除湿を行う仕組みの除湿機です。

 

値段は少し高価で、消費電力も大きいですが、

冬場にもしっかりと除湿を行うことができます。

また、デシカント式の除湿機には内部にヒーターがあるので、

寒い冬の場合は室温を必要以上に下げないという特徴もあります。

関連記事:灯油の置き場所!アパートやマンションでは?ベランダは危険?

 

ハイブリット式除湿機

ハイブリット式の除湿機は、コンプレッサー式とデシカント式の複合型です。

両方の良い点をうまく取り入れた形のものとなっており、

1年中、安定して除湿ができ、

消費電力もデシカント式ほど高くありません。

 

本体そのものの金額が少々高額にはなりますが、

冬場の結露対策や夏の除湿として、1年中長時間可動させたいという場合には、

ハイブリット式が最も安定していると言われています。

 

以上が主な除湿機3タイプの特徴です。

結露対策に除湿はとても効果がありますが、除湿機の中でも

コンプレッサー式は、寒い時期の除湿効果が低いです。

結露対策に除湿機を使う場合には、

デシカント式かハイブリット式の除湿機を使うようにしましょう。

 

こちらのハイブリット式の除湿機は、1年中安定して除湿効果が高いと、

有名な機種です。

部屋干しなどにも有効で、結露対策にももちろん十分力を発揮します。

手軽な結露対策と、湿気対策として、ハイブリット式の除湿機を導入してみるのも

おすすめです。



スポンサーリンク




関連記事:部屋が寒い原因はなぜ?対策や暖房なしで節約して暖かくする方法も徹底解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬場に起きることの多い結露は、

水蒸気を含む空気が冷やされることで起きる現象でした。

 

対策は様々ですが、やはり基本は

「水蒸気の量を減らすこと」と、「急に空気が冷える場所を作らないこと」です。

今回ご紹介した結露対策グッズや除湿機などを上手に活用して、

冬場の悩みのタネの結露に、しっかり対策をとってくださいね。