寒くなってくると、こたつの季節がやってきます。

暑い時期は押入れにいれたままにしていることの多いこたつ布団ですが、

冬の間は大活躍するため、洗濯についても気になります。

 

冬の間毎日使っていて、こたつに入って食べ物を食べていたりすると、

きっと汚れもたくさんついていますよね。

そんなこたつ布団ですが、季節限定のものということもあって、

あらためて洗濯の頻度や方法などについて、

どうするのが良いかよくわからない、という声を耳にすることがあります。

 

今回は、こたつ布団の洗濯について、

洗濯の頻度や、自分で洗う場合の方法、

自宅で洗濯するのが難しいときにおすすめの方法やその費用など、

詳しくご紹介していきます。



スポンサーリンク





こたつ布団の洗濯の頻度はどれくらいが良いの?

こたつ布団の洗濯については、一体どれくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

一般的には、こたつ布団の洗濯は、年に1~2回のことが多いようです。

 

最も多いのは、年に一度の洗濯をする家庭。

こたつを使う時期が終わり、こたつ布団をしまう前に、一度洗濯をする

という人が多いようですね。

次に多いのが、こたつを使い始める季節の直前に一度洗濯し、

シーズンが終わったら再度洗濯するという、一年に二度洗濯する家庭。

 

主にこの二つのパターンで洗濯されています。

どちらにせよ、「こたつシーズンが終わって、片付けを行うとき」には、

必ず洗濯をしたほうが良さそうです。

 

これは、こたつ布団は夏場に押入れなどに入れっぱなしでしまっていることが多く、

押し入れに入れていると、ダニやノミ、雑菌などが繁殖しやすいためです。

その状態で半年以上もこたつ布団を押入れに入れておき、

次に出したときを想像すると……。

こたつ布団を片付ける前には、しっかり洗濯をしておくべきですね。

 

なお、洗濯は年に一度ということも多いですが、

洗濯のほかのお手入れの方法として、頻繁にしっかり日光に当て、

天日干しをすると良いと言われています。

これは普通の布団と同じように、殺菌の効果があるためです。

日光にあててふかふかになったこたつ布団のほうが、快適度も上がりますね。

 

また、ちょっとした汚れが気になるという場合は、

こたつ布団カバーをしっかりつけて利用しましょう。

カバーなら家の洗濯機でも気軽に、頻繁に洗うことができます。

こたつ布団そのものを洗うことは大変ですので、

カバーを利用して、清潔な状態で使えるようにすると良いですね。

 

以上のことをまとめると、

こたつ布団の洗濯は、年に1、2回

こたつ布団カバーをかけて、カバーはこまめに洗濯する

こたつ布団はこまめに天日干しをする

ということになります。



スポンサーリンク




こたつ布団を自分で洗濯するときの方法は? 洗濯ネットはなしでも洗える?

こたつ布団を洗濯するときは、どのように洗濯したら良いのでしょうか?

こたつ布団は、基本的には普通の布団と同じように扱います。

洗濯をする場合は、

洗濯機で洗う

浴室で洗う

の二つの方法があります。

 

洗濯機で洗う方法

洗濯機でこたつ布団を洗うときには、

まず、そのこたつ布団が水洗い可能かどうか確認してください。

こたつ布団の種類によっては、水洗いができないものもあります。

こたつ布団の脇や裏に洗濯表示がついているので、確認しましょう。

 

水洗いが可能な場合は、次に、ご自分の洗濯機の

容量を確認します。

十分なサイズの洗濯機であれば、洗濯機で洗うことができます。

 

洗濯機にこたつ布団を入れるときは、洗濯ネットを使います。

洗濯ネットは、洗濯機で洗う場合には必ず必要です。

使わなければこたつ布団が傷んでしまう可能性が高いからです。

何年も使うことになりますので、丁寧に扱えるよう、

洗濯ネットはきちんと用意するようにしましょう。

 

使う洗濯ネットは、こちらのように布団用の大きなものを選びます。

大きさはこたつ布団の大きさに合わせてください。

100均などの薄くて敗れる可能性のあるネットは避けたほうが無難です。

布団など、重いものを入れた場合、普段より摩擦のちからが強く、

ネットが破れてしまう危険があるからです。

 

洗濯ネットにこたつ布団を入れたら、

洗濯機の「大物洗いコース」や「毛布コース」で洗います。

洗濯時間は長めですので、時間に余裕をもって洗濯するようにしましょう。

 

また、洗剤はおしゃれ着用の洗剤がおすすめです。

このほか、布団用の洗剤があるばあいは、こちらを使うこともできます。

こちらのように、布団専用の洗剤を利用してみるのも良さそうです。

ただし、こたつ布団は一年に1,2回しか洗わないので、

普段の布団を洗うときにも活用するのが良いですね。

 

浴室で洗う方法

こたつ布団が洗濯機に入らない場合や、

自分の手で丁寧に洗いたい場合は、浴室などで手洗いすることもできます。

 

この場合は、汚れが目立つ部分を外側にしてこたつ布団を浴槽に入れ、

布団がつかるくらいまでお湯を浴槽に入れます。

洗剤や、必要に応じて漂白剤などを溶かした状態でお湯を入れるようにします。

 

布団がお湯につかったら、裸足でとにかく布団を踏みます。

たくさん踏んでいると、驚くくらいお湯が汚れていくのがわかります。

お湯が汚くなりすぎて気になる場合は、

お湯を入れ替えて、洗剤を新しく入れ、更に踏みます。

 

一通り洗い終わったら、十分にすすぎ洗いを行います。

柔軟剤を入れる場合はこのタイミングで入れるようにします。

洗濯の段階で、洗剤を含んだお湯を沢山吸い込んでいるので、

すすぎ洗いのときはしっかりとそれらを吐き出せるように、

複数回行うようにしてください。

 

足踏みで洗った直後の布団は、

外で干す前に、浴槽の脇にたてかけて水分を出す必要があります。

そもそも重くて外に持っていけないことが多いからです。

足で踏んでできるだけ水を出したり、絞ったりして、水分を少しでも

出すようにしてください。

 

洗濯したあとの脱水、乾燥方法

こたつ布団の洗濯が終わったら、次にするのは脱水です。

このときは、いくつか注意点があります。

 

1つ目は、洗濯機での脱水は控えめにすることです。

洗濯機の脱水を行いすぎると、こたつ布団の中の毛がダメージを受けることが多いです。

予定よりも早めに停止させることなどを心がけてください。

 

2つ目は、自然乾燥をする場合の場所です。

外に持っていき、天日干しをする場合は、風通しの良い日陰に置きます。

普通に物干し竿に吊るしても良いですが、

よく乾くようにするためには、

こちらのような4つ折りできるすのこマットを利用するのがおすすめです。

下側にも空気が通り、乾くのが早くなります。

 

こたつ布団は洗濯が終わったら押入れにいれることが多いので、

乾燥はしっかり行いましょう。

中に水分が残っていると、そこからカビがはえてしまって、

次のシーズンに出すときにはカビが広がっている…ということになりかねません。

乾かすために天日干しをするときも、しばらく晴れる可能性が高い日に

数日間行うと良いですね。

 

以上が、自宅でできる洗濯の方法となります。



スポンサーリンク




関連記事:こたつ布団の収納方法や収納場所!圧縮袋や収納袋のおすすめもご紹介!

こたつ布団を自分で洗うのが難しい場合の洗濯方法は?

自宅でこたつ布団を洗うのは少し大変…という場合には、

自宅以外で洗うこともできます。

主に、

コインランドリーの利用

クリーニングの利用

の二つです。

 

コインランドリーの利用

コインランドリーでは、大型の布団などを洗える洗濯機が置いている場所も多いです。

自宅で洗濯機を使って洗うのが難しい場合は、

コインランドリーを利用すれば洗うことができます。

 

コインランドリーでは布団の洗濯方法などのマニュアルが記載されていることも多く、

基本的にはそれに従って洗濯するようにしましょう。

このとき、洗濯ネットに入れるのは忘れないようにしてくださいね。

 

費用は、洗うだけならば1000円以内で収まる場合が多いようです。

しかし、布団は重いのである程度乾燥させることになります。

乾燥機を使うと、値段はそれに応じて上昇します。

 

乾燥をする場合、完全に乾くまで乾燥させると時間がとてもかかるので、

半乾き程度の状態で、家に持ち帰って干すご家庭も多いようです。

費用や時間の問題を考慮して、乾燥については判断するようにしてください。

関連記事:こたつでかゆいのはダニ?対策について詳しく解説!

 

クリーニングの利用

クリーニングを利用する方法は、お金はかかりますが、

一番手間がかからず、また洗いのこしや乾燥不足などの危険もない、確実な方法です。

時間が十分に取れなかったり、

しっかり洗えるか不安な場合は、クリーニングに頼んでしまいましょう。

一般的に金額は布団一枚あたり2000円から3000円のことが多いです。

 

このときはただ業者に持っていくだけなので注意はありませんが、

クリーニングに出す場合は、念の為洗濯表示を見て、

クリーニングができる素材であることを確認してから持っていくようにしてくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:こたつの消し忘れで火事になる?電気代や防止法についても詳しく解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬になるとつかうこたつ布団、

毎年快適に使うためにも、また、長く大切に使うためにも、

洗濯をしっかりしておくことは重要です。

 

こたつ布団は普通の布団と同じように

自宅で洗うこともできますし、

コインランドリーやクリーニングを利用することもできます。

 

ご自分のかけられる手間や時間、お金などを考慮しつつ、

しっかりこたつ布団の洗濯を行って、

毎年快適にこたつ布団を利用できるようにしたいですね。



スポンサーリンク