近年では、東京でも冬の間に1~2度は大雪が降って、

交通機関が麻痺したり、車の事故が起きたりと大変なことになっていますよね。

雪に慣れていない地域では、こういった事態は当たり前のことと言えば

当たり前とも思えますが、それでも雪への対応は心得ておきたいものです。

 

とくに、電車や車に乗ったりしなくても、自宅周りに雪が溜まっているのも

滑りやすくて危ないですし、思わぬ大怪我につながりかねません。

 

そんなことが起きないように、お家の周り、自分や家族が頻繁に通る場所くらいは

雪かきをしておくと安心ですよね。

今回は塩を利用した雪かきのコツや、使いやすい道具などもご紹介したいと思います。

どんな地域にお住まいでも、覚えておいて損はないですよ!



スポンサーリンク





雪かきに塩をまくのがいい!理由は?

「雪かきの時には塩を使うのがいい!」と、よく耳にしませんか?

なんだか塩を雪にまくのは、逆に雪が凍ってしまうようなイメージを

持たれている方もいるのではないでしょうか?

 

ですが、塩をまくのは本当に効果的で、

雪を溶かす手段として多くの場所で使われています。

実は雪の日の道路、高速道路「凍結防止剤」としてまかれているのが塩なんです!

では、なぜ塩がこんなに効果があるのかを解説していきます。

 

皆さんご存知の常識ですが、水は通常0℃で凍りますよね。

水が凍る温度、つまり液体が凝固し固体化する温度のことを「凝固点」と言いますが、

これは全ての液体が同じというわけではなく、

水でも、不純物が混じると変わってきます。

 

水が凍るときのメカニズムは、水の分子がエネルギーを失って

お互いにくっついてしまうことで凍ります。

しかし、水に不純物が入ったときには、この分子の間に邪魔が入り凍りにくくなります。

これが凍結防止剤としての塩の役割ということですね!

ちなみに、水に不純物が入り凝固点が下がる現象のことを「凝固点降下」と呼びます。

 

塩は吸湿性が高く、水に溶けやすいという性質を持っていることと

手軽に安価に入手できるという理由もあって、

凍結防止剤として広く用いられているんですよ!

 

素朴な疑問ですが、せっかく道路に塩をまいても、そのあとに雪が降ったり

溶けてきた雪のせいで、塩が薄まっていくような気がしませんか?

もちろん、塩が薄まっていくという現象はありますが、

ある程度以下の濃度になるまでは、凍結防止の効果を発揮してくれるので

効果の持続は期待できるんですよ。

 

では、この塩の性質を活かした、自宅でもできる雪かきのコツを

次の項目で紹介してみたいと思います!



スポンサーリンク




塩を使った雪かきのコツは?塩の量はどれくらい?

塩の持つ性質が、雪が凍るのを防止してくれるということは理解できましたね!

では早速、家庭でもその性質を活かした雪かきの方法を取り入れてみましょう。

 

簡単にできる雪かき方法!

まずは、日中から雪が降っている場合から。

夜の間に、玄関前など凍って欲しくない場所に雪に塩をまいておきましょう!

そうすることで翌朝、塩の効果とともに、

日が昇ったときに太陽の暖かさと相まって、一気に雪が溶けていることも。

そうなれば、雪をどけるだけなので非常に手っ取り早いですね!

 

この時に、塩をまく量の目安ですが、雪の上に小さく凹凸ができる程度でOK。

普段料理に使っている塩でも大丈夫ですが、

道に雪をまくとなると思っている以上に塩を消費してしまいます。

そのため、ホームセンターで販売されている凍結防止剤

または融雪剤を使うのをおすすめします!

 

ちなみに塩害が心配されるので、ガーデニングをしている部分や

植物や木を植えている場所には、こういった凍結防止剤などをまくのは

控えておいた方が安心ですよ。

 

咄嗟の雪かきに使える応急処置!

しかし厄介なのは、夜間、寝ている間に雪が降り

朝起きたら凍ってしまっていた場合です。

時間があれば、先ほどご紹介したように必要な場所に塩をまいて

日光を利用して雪を溶かします。

 

しかし、よく出入りするような場所やお子さんやお年寄りがいるお宅では

氷や雪がそんな場所にあるのは怖いですよね!

そんな時には、応急処置としてお湯をかけます。

熱湯でなくてかまいませんが、水はやめましょう。

かえって氷を大きくしてしまう可能性があります。

 

そして、氷や雪が溶けてきたらブラシやスコップなどを使って

一気にまとめて、排水溝や陽の当たる場所の方にどけてしまいます。

このとき、水が残っていると再度凍ってしまうので、

しっかりと水分が残らないように雪かきしておきましょう。

 

最後に、仕上げとして塩をまいておきます。

やはりこの時も、雪の上に軽く凹凸ができる程度の量をまきます。

この仕上げをしておくだけで、また雪が降っても凍りにくくなりますし

溶かしやすくしてくれる効果があるので、次の雪かきがぐっと楽になりますよ!

 

しかしこの方法は、車には使えないので注意してください!

車に傷をつけたり、錆を呼んでしまいます。

大切な車は車内のヒーターで車全体を温めて、外から地道に雪を落とすように

してくださいね。



スポンサーリンク




関連記事:こたつ布団の洗濯の頻度は?洗濯ネットはなしでもいいの?

雪かきに使う道具はなにがおすすめ?

せっかく凍結防止処置のために塩を用意していても

雪かきの道具がなければ意味がないですよね!

ホームセンターでの買い物ついでに、雪かき道具も揃えておきましょう。

 

まずはスコップを用意しましょう!

一番、気軽なのはプラスチック製のスコップ。

とにかく軽いのが特徴で、女性や子供でも使いやすいスコップです。

溶けた雪をどこかに集める場合や、軽い雪を運ぶ場合などには最適です。

しかし、凍った雪を砕いたり、重い雪に対しては不向きで、

破損してしまうこともあるので気をつけましょう。

 

プラスチック製のスコップで、しかも組み立て式なので

軽いうえに、コンパクト!

使わない時期には、バラして収納できるので場所をとりません。

 

軽くて使いやすいので、雪かきだけでなく、ガーデニングや家庭菜園で

土を掘ったり、お庭を整えるのにも使えて、用途は様々。

ある程度の広さで家庭菜園をする場合には必須アイテムですよ。

 

次にアルミ製のスコップは、プラスチック製のものよりも

耐久性が高く、少し凍った程度の雪を砕いて運ぶくらいならラクラクです。

スコップ自体の重さは1キロ程度なので、女性でも問題なく使えるでしょう。

しかも錆びにくいもの嬉しい特徴ですね。

 

降雪が例年多い地域なら、アルミのスコップがおすすめです。

スコップ本体が軽く、小回りが利くので雪を砕いてすくって運ぶ

という一連の作業が、女性で一人でもラクラクできますよ!

 

砂利や砂なども運べるので、庭仕事などにも大活躍。

お庭がある家なら1つあると便利ですね。

 

最後に、鉄やスチールでできたスコップ。

これは非常に丈夫で、硬い雪を砕いたり、重い雪を運ぶのにも重宝します。

しかしスコップ自体が重いので、雪をすくい投げる場合には体に負担がかかります。

また、重いので女性には扱いにくいので、使える人が限られてしまいます。

 

鉄製のスコップのなかでも、比較的軽量で使いやすいサイズです。

しかも剣型なので、硬く凍ってしまった雪や氷、または硬い土砕くのには最適です!

 

皿部分には焼入処理がされているので、とっても丈夫。

ガンガンと氷や雪を砕いてもスコップが破損する心配がありません。

普段からよく雪が降る地域なら、鉄製のスコップが重宝します。

関連記事:マンションの結露対策グッズ!除湿器の効果や結露の原因も詳しく解説!

あると便利な道具はコレ!

スコップは雪かきの必須アイテムですが、

車など傷をつけたくないところには、使えませんよね。

 

そんな時には、スノーブラシがあると便利。

スノーブラシは、ブラシと氷などを砕けるスクレーパーがそれぞれ両端について、

1本になった道具で、簡単に車の窓ガラスの雪を払えます。

また、車だけでなく家の窓や塀などに積もった雪を払うときにも使えます。

軽くて持ちやすいので、お子さんが手伝いたいと言ったときにもいいですよ!

 

また、自宅にあるもので融雪剤の代用をする時には、黒いゴミ袋が一番!

一箇所に集めた雪を早く溶かしたいという場合には、黒いゴミ袋を被せておきましょう。

太陽の光を吸収しやすくなるので、そのままにしておくよりも早く雪が溶けますよ!



スポンサーリンク




関連記事:日陰の雪の溶かし方!土をまくのは?簡単な方法はコレ!

まとめ

塩には雪が凍るのを防止し、

さらに溶かしやすくしてくれる効果があるということが分かりましたね。

雪が降った翌日など、道路を走っていると道の端に白いものが溜まっているのは

凍結防止剤の塩だったんですね!

 

家庭でもこの効果は手軽に活用できるということも分かったので、

ぜひ次に雪が降ったとき、もしくは確実に降ることが分かっているときには

塩で対策をしてみましょう。

雪かきの道具も、頻繁に買い換えるようなものではないので、一度揃えてしまえば

急な積雪にも慌てることがありませんよ!