バチっとくる静電気。

一瞬ですが、とても痛いですよね。

 

その静電気、実は人だけでなくパソコンも感電する事があるのを知っていますか?

 

しかもパソコンは電気機器なので、当然「電気攻撃」にはとても弱いです。

パソコンが静電気によって感電すると、

起動しなくなったり最悪データが飛んでしまったりする事があります。

 

そこでここではパソコンが静電気に感電するとどうなるのか、

またパソコンの静電気の除去方法、

さらにパソコンのおすすめ静電気除去グッズなどを紹介します。



スポンサーリンク





静電気って何?

パソコンが静電気に感電するとどうなるのかやパソコンの静電気の除去方法、

またおすすめの除去グッズなどを紹介する前に、まずは

「静電気とは何なのか」について少し見ていきましょう。

 

冬にウールでできた衣服を脱ぐ時、

また車のハンドルに触れた時などにバチッと起こるのが静電気です。

 

静電気というくらいなのですから「電気」なのでしょうが、

普通電気を生み出すには火力や水力などパワーが必要です。

 

そんな発電施設もないのに、

静電気の電気は一体どこから電気が生まれているのでしょうか。

 

静電気について理解するには、少し科学の知識が必要です。

 

では次の項目では簡単に、静電気の仕組みについて説明しますね。



スポンサーリンク




静電気の仕組みは?

それでは静電気の仕組みを説明します。

 

今ここに存在しているあらゆる物質をを細かく細かく見ていくと、

全て「原子」というとても小さな物質から構成されている事が分かります。

 

人も動物などの生き物だけでなく、金属や空気、

そして地球自体も小さな原子が無数に集まってできています。

 

原子は、陽子(ようし)と中性子(ちゅうせいし)で構成された原子核と呼ばれるものと、

それを軸に周りをまわり続ける電子(でんし)から成り立っています。

 

そして静電気で大切なのは、

中央にある陽子

原子核を軸に回っている電子

 

の2つになります。

 

実はこの陽子と電子は、どちらも「電気の力」を持っています。

ただこの2つは電気の方向性が全く逆で、

 

・陽子→プラスの力を持つ電気

・電子→マイナスの力を持つ電気

 

となっています。

 

普通原子は陽子と電子を同じ数だけ持っています。

ですから、そのままでは電気の力としてはお互いに力を打ち消し合い、

プラスでもマイナスでもありません。

 

ところが、電子と言うのは原子核の外側を周っていますから、

他の物質と触れるとその原子の枠から飛び出して他の物質に移る事があります。

この電子の移動が「静電気」です。

 

そして、電子が飛び出して行ってしまった原子の方は、

電子の持つマイナスのパワーが減るので陽子のプラスの力が勝り、

その物質自体がプラスの電気を持つようになります。

 

一方別の原子から電子を奪ってしまった原子は、

電子が増えてマイナスのパワーが増えるので

その原子自体はマイナスの電気を持つようになります。

 

このような「プラスかマイナスかの偏った電気の力を持っている」事を、帯電と言います。

 

原子には元々プラスの電気の力とマイナスの電気の力が同じ数だけあったので、

「プラマイ0」という事で原子自体が非常に安定していました。

 

ですが原子が移動してしまい原子がプラス、あるいはマイナスの電気を帯びてしまうと

原子が不安定になり、元に戻ろうとします。

 

プラスの電気を帯びてしまった原子は、マイナスの電気を帯びている原子を見つけると

電子を奪ってマイナスの力を増やそうとし、

マイナスの電気を帯びてしまった原子は、プラスの電気を帯びている原子を見つけると

自分の持っている原子を投げ飛ばしてマイナスの力を減らそうとします。

 

このような電子の移動でも、静電気が起きます。

 

帯電した物質に触るとビリビリッ!となるのは、この為です。

 

つまり、静電気が起きる(起きやすい)のは

物質と物質が触れ合って単純に電子が移動する時

プラスの電気を帯びた物質がマイナスの電気を帯びた物質に触れた時

マイナスの電気を帯びた物質がプラスの電気を帯びた物質に触れた時

 

という事になります。



スポンサーリンク




パソコンが静電気に感電するとどうなる?

静電気が起きる仕組みはなんとなく分かったと思います。

ではさっそく本題の、「パソコンと静電気」の話に移りましょう。

 

ふとした拍子にバチっと静電気に当たってしまうと、痛いですよね。

実はそれはパソコンも同じで、パソコンも静電気にあたるとダメージを受けます。

 

人の場合は、「痛いっ!」と痛みはあるものの

「静電気でケガをする」という事はありません。

 

ですがパソコンの場合は違います。

 

パソコンは電子機器なので電気の力に弱く、ちょっとした静電気でも

 

パソコンが起動しなくなる。

マウスカーソルがおかしくなる。

データが飛ぶ。

 

などの不具合が発生します。

 

人の場合は一瞬のささいな傷みだけですが、

パソコンにとって静電気は「即入院レベル」のダメージだという事です。

 

今はパソコンは仕事をする道具だったり大切なデータを保存する記憶媒体だったりと

生きていく中でかなり重要なツールとなっています。

 

パソコンが壊れて純粋に仕事ができなくなるのも困りものですが、

パソコンに入れたデータをこまめにバックアップを取っている人はあまりいませんので

「データが飛ぶ」というのは一番勘弁してほしいですよね。

 

ですから、パソコンはできるだけ静電気に感電させないようにするのが大事です。

パソコンはどうやって静電気に感電する?

では、パソコンはどうやって静電気に感電するのでしょうか。

 

パソコンが静電気に感電する原因は2つあります。

1.静電気を帯びた人がパソコンに触れる。

2.静電気を帯びたパソコンに人が触れる。

 

さきほども説明した通り、静電気は生き物だろうと無機物だろうと発生します。

静電気を帯びた人がパソコンに触る事によってパソコンが感電する事もありますが、

パソコンの方が静電気を帯びていて、人が触る事によって電子が移動し

パソコン(と人)が感電するという事もあります。

 

では、2つの原因とその対処法について順番に詳しく見ていきましょう。

 

【1.静電気を帯びた人がパソコンに触れる】

まず1の「静電気を帯びた人がパソコンに触れる」という原因です。

 

パソコンは人が触って使うものですから、人がパソコンに触れるのは仕方ありません。

 

ですが、人がパソコンに触る時に帯電(原子がプラスかマイナスのパワーを帯びている)

していると、パソコンに触れた時に静電気を起こしやすくなります。

 

例えばウールのセーターやカーペットなどは静電気を帯びやすい物質です。

 

冬などはついつい、ウールなどでできた服を着たまま、

ふわふわのカーペットの上でゴロゴロと転がったり横になったりしがちですよね。

 

それ自体はとても気持ちいいですが、

物質が激しく擦れる事で体が静電気を帯びてしまいます。

 

その状態でパソコンに触ってしまうと、お互いにバチっときてしまう訳です。

 

【2.静電気を帯びたパソコンに人が触れる】

では次に、静電気を帯びたパソコンに人が触れた場合について見ていきましょう。

 

人ではなく、パソコンの方が帯電している場合があります。

それは以下のような原因があります。

 

パソコンの内部にほこりが溜まっている。

近くにウールなど静電気を発生させやすいものがある。

 

ほこりは静電気を発生させやすく、パソコンの内部にほこりが溜まっていると

パソコンを少し動かしただけで帯電してしまう事があります。

 

また、パソコンを床に置いて使う人もいますが、

もしカーペットなど静電気が起きやすいものの上でパソコンを使うと

パソコンとカーペットが擦れてパソコンが帯電しやすくなります。



スポンサーリンク




パソコンや人の静電気を除去する方法は?

では、パソコンや人の静電気を除去する方法はあるのでしょうが。

ちゃんとあります。

 

この場合も、人が静電気を帯びている場合の対処法と、

パソコンが静電気を帯びている場合の対処法の2つに分けて説明しますね。

 

人が静電気を帯びている場合の対処法は?

ではパソコンが感電しないように、

人が静電気を帯びないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

 

それは意外と簡単です。

静電気は電気が溜まっている状態で起きるので、その電気を放出すればいいんです。

それには

 

木製の物に触る。

金属の物に触る。

手を洗う。

ハンドクリームを塗る。

部屋の湿度をあげる。(50%~60%)

 

このような方法があります。

 

木製の物や金属の物に触るというのは、

パソコンを触る前に別のものに触れば、そこから電気が流れていくという仕組みですね。

 

木製よりも金属の方が効果は高いですが、「バチっ!」が怖い人は木製でも大丈夫です。

 

また、手を洗ったりハンドクリームを塗るなど

「パソコンを触る部分に潤いを持たせる」と帯電しにくくなります。

 

さらに、静電気と言うのは乾燥した場所で起こりやすいので

加湿器などで部屋の湿度を上げるのもおすすめです。

 

パソコンが静電気を帯びている場合の対処法は?

では、パソコンが静電気を帯びないようにするにはどんな対処法があるのでしょうか。

それには以下のようなものがあります。

 

パソコン内部のほこりを除去する。

パソコンを放電させる。

 

パソコンの内部のほこりを除去する方法ですが、これは確かに有効ではあります。

ですがパソコンに詳しくない人がこれを行うと

解体したパソコンを元に戻せなくなる事もありますので、

パソコンを自作できる人などパソコン内部の事がしっかり分かっている人がやりましょう。

 

簡単なのは、次のパソコンを放電させるという方法です。

 

さきほど人の場合でも説明した通り、帯電してしまった電気は放出してしまえば

静電気を起こす事もなくなります。

 

では、パソコンを放電させる方法について説明しましょう。

デスクトップ型とノート型で若干違うので、分けて説明しますね。

 

デスクトップ型

1.パソコンをシャットダウンする。

2.パソコンの電源コードを抜く。

3.2~3分、その状態にしておく。

 

これで放電ができます。

後は元通り電源コードをコンセントに差し込んで、普通にパソコンを起動させてください。

 

ノート型

1.パソコンをシャットダウンする。

2.パソコンの電源コードを抜く。

3.パソコンの内部に設置されているバッテリーをはずす。

4.2~3分、その状態にしておく。

 

これで放電ができます。

 

デスクトップ型と違うのは、ノート型には充電用のバッテリーがあるので、

それもはずす必要があるという事ですね。

 

後はバッテリーを戻し、電源コードをコンセントに入れて、

普通に起動させてください。

パソコンの静電気を除去するおすすめの静電気除去グッズは?

パソコンも人も静電気を帯びる事がありますが、対処方法はあります。

 

ですが、毎回毎回パソコンに触れる前に金属に触れたり手を洗ったりして

静電気をなくすのは大変ですし、

パソコンを使おうとするたびにまずはパソコンの静電気を放電させる為に

電源を落としてコードを抜いて…というのも面倒ですよね。

 

でも大丈夫です。

 

今は簡単にパソコンの静電気を除去させる事ができる静電気除去グッズが

たくさんあります。

それを使えば、いちいち手間をかけずとも気軽に静電気を除去する事ができますよ。

 

そこでここでは、

パソコンの静電気を除去するおすすめの静電気除去グッズを紹介します。

 

パソコンの静電気を除去するおすすめの静電気除去グッズ①

ビーシェイプ

 

こちらはぺんてるから販売されている、

ビーシェイプという携帯型の静電気除去グッズです。

 

使い方は、ドアノブなど「ビリっとくるかも…」と思う場所に触る前に、

ビーシェイプの先端を当てます。

そうするとビーシェイプが放電してくれますので静電気がなくなります。

 

さらにこちらのビーシェイプの面白い所は、

静電気が除去できるとモニターに顔のマークが表示される事です。

 

パソコン以外でも車や部屋のドアなど色んな場所に使えるので

マルチに使用できて使い勝手の良い商品ですよ。

 

安定した性能の良さと持ち運びに便利な小ささですので

静電気除去で悩んでいたらまずこちらを選ぶのをおすすめします。

関連記事:セーターの静電気の除去対策!素材で発生しやすいのは?

 

パソコンの静電気を除去するおすすめの静電気除去グッズ②

パチカット

 

次におすすめする静電気除去グッズは、

富士パックスから販売されているこちらのパチカットです

 

こちらは静電気を除去してくれる厚めのシートで、壁やテーブルなどに貼り、

静電気が起きそうなものに触る前にこのシートに触る事で電気を放電させます。

 

セルフのガソリンスタンドなんかでは、

静電気よってガソリンが爆発しないようにこのようなものをよく見かけますね。

 

こちらは何度も貼り直しができるタイプなので、

パソコンを置いているテーブルに貼っておけばパソコンを触る前に

ちょっとそこに触るだけで静電気のリスクをなくす事ができます。

 

とにかくパソコンだけは静電気から守りたいという方は、

このような動かさずパソコンの傍に貼り付けて置けるタイプがおすすめですよ。

関連記事:スカートが静電気でくっつく!防止対策や除去方法を徹底解説!

 

パソコンの静電気を除去するおすすめの静電気除去グッズ③

静電気除去加工マウスパッド

 

次におすすめする静電気除去グッズは、

サンワサプライから販売されているこちらの静電気除去加工マウスパッドです

 

こちらはその名の通り、体の静電気を除去してくれるマウスパッドになります。

 

導電性の強い銀を繊維に編み込んでおり、

手が触れるだけで帯電している電気を放電してくれます。

 

静電気は油断するとすぐ帯電してしまいますが、こちらならマウスを使うごとに

帯電するそばからすぐに放電してくれますからかなりの静電気を除去してくれますよ。

 

パソコンの操作をパソコン自体についているパッドではなくマウスで行っている人、

静電気を帯びやすい人にはぜひおすすめの静電気除去グッズです。



スポンサーリンク




関連記事:こたつでかゆいのはダニ?対策について詳しく解説!

まとめ

静電気は一瞬痛いだけなので大した事なさそうに感じますが、

繊細な電子機器であるパソコンにとっては大ダメージです。

 

特に冬はお互いに静電気を帯びやすいので、大切なパソコンとそのデータを守るためにも、

上記で説明した静電気の除去方法や

静電気除去グッズを使って静電気を除去してくださいね。



スポンサーリンク