日焼けが心配な時は、日傘をさせば安心ですよね。

最近の日傘はちょっと変わった生地を使っていたり

端にフリルがついたりしたものなどオシャレなものも増えました。

 

でも実は、日傘の効果は日傘の色や生地によって違うんです。

日傘の色や生地の選び方を間違えてしまうと、せっかく日傘をしても

結局日焼けをしてしまうという事もあるんです。

 

そこでここでは、色や生地の違いで変わる日傘の効果や

どういう時に効果ないのか、

またしっかり日差しを遮りたい時の日傘の選び方を紹介します。

どんな日傘を購入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





日傘の色の選び方

今は日傘と言っても色んな種類のものがありますよね。

色も様々ですし、使われている生地もたくさんあります。

 

そこでここではまず、

日よけとして効果の高い日傘の色の選び方を紹介しましょう。

日焼けは肌が紫外線を浴びる事によって起こります。

 

つまり、紫外線を透過させない色を使っている日傘が、

日よけとして効果の高い日傘になります。

 

では紫外線を透過させない色は何かというと、一番は「黒」です。

黒色に太陽の光を当てた時に下に透過する紫外線率は1.7%程度というデータがあります。

つまり、黒色のものを身に着けているだけで紫外線は99%近く防げるんです。

 

また、基本的に「濃い色」は紫外線を透過させにくくなっています。

ですから黒でなくても、「紺」・「こげ茶」なども紫外線を防ぐには役立ちます。

 

逆に紫外線を透過させやすい色としては、一番は「白」です。

また「薄い色」も透過させやすい色になります。

 

ですが、紫外線を透過させやすい白色や薄い色でも、

UVカット加工をしているなら全く問題はありません。



スポンサーリンク




関連記事:帽子で髪型が崩れる!髪がぺちゃんこにならない方法!

日傘の生地の選び方

では次に、日傘の生地の選び方について説明しましょう。

 

紫外線を防ぐ効果のある生地は、基本的に「厚い生地」である事が重要です。

確かに薄い生地より厚い生地の方が日差しをよく遮ってくれそうですよね。

 

その上で日よけに効果の高い生地を見ていくと

「ポリエステル」「麻」「綿」などが該当します。

 

ですが、さらに重要なのは「UVカット加工」です。

 

UVカット加工がされていれば紫外線は間違いなくカットしてくれますし

生地が厚くなくても大丈夫です。

 

もししっかり日よけをしてくれる為の日傘を探すなら、

まずは「UVカット加工」されている生地から見ていきましょう。

関連記事:雨の日は髪の毛がボサボサ・チリチリ!簡単にできる湿気対策をご紹介!

日傘の効果が高いもの・効果ないものは?

さて、ここまで日よけ効果の高いものとして日傘の色と生地を見てきました。

 

日よけの効果の高い色は「黒色」、または「濃い色」です。

そして日よけの効果の高い生地は「厚いもの」で「ポリエステル」・「麻」・「綿」です。

 

ですから逆に「白色」や「薄い色」、「薄い生地」は

日よけの効果ないように見えますよね。

ですが実際は少し違い、これらの評価はそれ自体の純粋な能力だけを見た場合です。

 

現在売られている日傘で大事なのは「UVカット加工」です。

 

例えばUVカット加工がされていない黒色の日傘と

UVカットがされている白色の日傘の紫外線透過率を比べた場合、

なんと白色の日傘の方が紫外線をカットします。

 

ですから白色の傘でもUVカット加工がされていれば効果ないなんて事はありません。

つまり、色や生地が何であろうと、UVカット加工があれば大丈夫という事です。

 

オシャレを考えて淡い色や薄い生地の日傘を選びたい時は、

UVカット加工のものを選ぶようにしましょう。

 

ただ、UVカット加工は数年で効果がなくなってしまうものがあります。

UVカット加工の寿命よりも日傘自体の寿命は長いですから、

UVカット加工が切れても紫外線カットができるように

あえて黒色や厚い生地を選ぶ選び方も手です。

 

また、日傘に白色を選ぶ場合はUVカット加工がされていたとしても少し注意が必要です。

色には「光の反射率」というものがあります。

 

黒は光を吸収するので反射率はとても低いのですが

白はその反射率が高く、光を強く跳ね返します。

 

例えば傘の裏側が白色だった場合、

地面に当たった太陽の光を内側の白色が反射してしまい、

傘の中から日焼けしてしまうという事もあります。

 

ですから、もし白色の日傘を選びたいなら

外側は白色でかまいませんが、内側が白色の日傘は避けた方が良いでしょう。



スポンサーリンク




関連記事:春の紫外線対策!紫外線量や時間帯についても詳しく解説!

日焼けを防止する効果の高いオススメ日傘♪

 

 

こちらも晴雨兼の折り畳み日傘です。

 

折り畳みの傘は使わない時は小さくできるので便利な反面、

開いたり閉じたりする手間が面倒ですよね。

 

特に雨の日に使った時なんかは、どんなに注意していても

畳むのに手がベショベショに濡れてしまいます。

 

その手間を極力省いたのがこちらの「開くのも閉じるのもワンタッチで済む日傘」です。

ボタンを押してワンタッチで開く傘はたくさんありますが、

なんとこの日傘、閉じる時もワンタッチで大丈夫なんです。

 

折り畳み傘が欲しいけど畳むのが面倒という方はぜひ

こちらの傘を使ってみてください。

 

 

「晴れている日に傘をさす」って、なんとなく優雅なイメージですよね。

せっかくそんな日傘という文化があるのですから、日傘を楽しんじゃいましょう。

 

そこでオススメなのが、こちらの日傘です。

こちらの日傘は外側に贅沢なフリルがあしらわれたお姫様のような日傘になります。

 

この日傘をさしているだけで、

なんだか自分がもっとかわいくなったような気がしてしまいますね。

 

フリルは恥ずかしいという方でも、

日傘にはこのようなフリルがついているものは多いですからおかしくはありません。

気分を盛り上げたい時にもかなりオススメですよ。

 

 

「黒色が日よけにはいいというけれど、晴れの日だからこそ明るい色の日傘を使いたい」

という方もいると思います。

そんな方にオススメなのが、こちらの日傘です。

 

こちらは外側の生地が明るい花柄になっていますので、

華やかな印象を持つ事ができます。

反面内側は黒なので照り返し対策はバッチリです。

 

またこちらは生地にかなりこだわっており、

遮光率は100%、そして遮熱性を高めて中を涼しく保つようになっています。

 

さしているだけで暑い日でも快適に過ごす事ができますよ。

 

ただ値段が少し高めなので、

誰かのプレゼントや何かの記念日に購入してみるといいかもしれませんね。



スポンサーリンク




関連記事:法事の服装!女性のパンツスーツはOK?夏と冬にふさわしい服装を解説!

まとめ

日傘の効果は色や生地よって異なります。

選び方を間違えると「効果ない」とまでは言いませんが

日焼けをしてしまう事はあります。

ですから、しっかり日焼け対策をしたいなら色や生地はきちんとした選び方をしましょう。

 

ただ、UVカット加工がされていれば

日焼けしやすい色や生地でもきちんと紫外線をカットしてくれます。

 

その場合は、UVカット加工の寿命だけチェックしておけば

自分の好きな色・生地を自由に選ぶことができますよ。

ぜひ自分の好きな日傘を選んで、晴れた日に楽しく出歩けるといいですね。