ビジネスマンにとって、新年最初のご挨拶回りでかかせないのがお年賀です。

またこれから一年間お世話になる取引先へのご挨拶ですので、

失礼の無いようにしっかりと務めなければなりません。

 

しかし、意外とお年賀についてのビジネスマナーを学ぶ機会は少ないので、

「いつまでに渡せば良いのか」「のしはいるのか」などなど、

細かい部分で疑問も多いはず。

 

そこで今回は、お年賀のビジネスマナーについて解説していきます。

いつまでに渡すのか、渡し方やのしの付け方はもちろん、

お年賀の品物の選び方についてまで詳しくまとめていきますよ。



スポンサーリンク





お年賀のビジネスマナー!いつまでに渡す?

お年賀とは

「お年賀」とは、日頃お世話になっている方への

新年のご挨拶にお渡しする贈答品のことを言います。

 

元々は、新しい歳神様をお迎えして祀る際に神棚へあげる「御年玉」と呼ばれるお供え物を

正月の年始挨拶の時にお互いの家で贈り合う文化でした。

 

それがそのうち、神棚へのお供え物以外にも、挨拶の時に手土産を持参するようになり、

それを「お年賀」と呼ぶようになりました。

ちなみに、「御年玉」は正月に子供たちに配る「お年玉」の起源になりました。

 

一般的にお年賀は目下の方から目上の方へ贈るのが一般的で、

「またこれから今年一年お世話になります」という意味が込められています。

逆に、年末に「今年も一年ありがとうございました」という意味で贈るのが、

お歳暮になります。

 

ビジネスマナー的にはいつまでに渡すべき?

お年賀をいつまでに渡すべきなのかと言うと、

一般的には元日を避けた松の内(1月7日)までに行くのがマナーとされています。

知り合いの家などでは3が日のうちに渡してしまうという方も多いと思います。

 

ただ、3が日のうちに会社にお年賀を持参しても、

大抵はお休み中で、それはそれで非常識です。

そのため、ビジネスマナー的には

相手方の会社の新年のお休み明けから松の内までの期間に渡すのが良いでしょう。

 

ちなみに、松の内の期間は地方によって様々です。

関東地方は1月7日ですが、関西、山陰、名古屋などは1月15日までとしています。

 

松の内は、育った地域と働いている地域が違えば勘違いしてしまうこともありますし、

いつまでに贈るべきなのかは会社の考え方なども絡んでくる微妙な問題です。

毎年お年賀を持って行く関係ならば、

例年は何日に行っているのか上司などに聞いておくとマナー違反を避けられます。

 

ちなみに、お年賀を渡す前に松の内を過ぎてしまった場合には、

寒中見舞いとして贈るのがマナーです。

 

喪中の場合

自分、あるいは相手が喪中の場合にはお年賀は贈ってはいけません。

代わりに、「寒中見舞い」を贈りましょう。

持参するタイミングも松の内を避け、

立春(2月4日ごろ)までの寒中に伺うようにしましょう。

 

ただ、これだけでは年始の挨拶を逃してしまうので

事前に「喪中につき年始の挨拶を控えさせて頂きます」などと

ハガキか何かで伝えておきましょう。

 

会社が喪中というケースは珍しいですが、

珍しいためにいざ起こるとマナー違反をしてしまいがちです。

ビジネスマナーとして、頭の片隅に置いておきましょう。



スポンサーリンク




お年賀の渡し方!のしは付けるべき?

お年賀にのしは必要?

お年賀に、のしは必須です。

ビジネスマナー以前の問題ですので、必ず付けるようにしましょう。

 

また、のしは紅白5本蝶結びのものを用います。

蝶結びののしには繰り返して起こって欲しい祝い事という意味があります。

表書きは「お年賀」、「御年賀」とするのが一般的です。

「御年始」や「賀正」は新年のご挨拶の意味で、

贈答品という意味は含まれていませんので、細かく言うと相応しくはありません。

このあたりは、個人間でもビジネス的にも変わりません。

 

松の内を過ぎてしまい、仕方なく寒中見舞いとして出す場合にも、

上と同様ののしで、表書きを「寒中御見舞」とすれば大丈夫です。

ただし、喪中の場合の寒中見舞いでは、のしはNGです。

のしではなく、白のかけ紙や短冊に「寒中御見舞」と「名前」を書いて渡しましょう。

 

お年賀の渡し方は?

お年賀の渡し方としてまず一番大切なのは、「直接訪問して渡す」ということです。

最初に説明した通り、新年の挨拶の手土産がお年賀です。

売り場から直接配送するのはビジネスマナー的にも個人間マナー的にも良くないです。

 

伝統的なマナーとしては風呂敷に平包みにするというものもありますが、

ビジネスマナー的にはそこまでする必要はありません。

 

お年賀の渡し方の基本としては、

お年賀は紙袋に入れて持参し渡す直前に紙袋から出して、正面を向けて渡しましょう。

タイミングは出会ってからなるべく早いほうが良いです。

打ち合わせの開始前や着席する前にスッと渡しましょう。

 

ちなみに紙袋ごと渡すのはマナー違反ですが、相手が持ち帰りやすいように

お年賀を渡した後に「紙袋はご処分ください」などと紙袋も渡すのはOKです。

 

また、ビジネスマナー的に重要なのは、訪問する前にアポイントを取っておくことです。

会社によっては年明けすぐに忙しくなるといったこともありますので、

相手の都合に合わせた訪問を心掛けましょう。

アポイントの際には、「ご挨拶のみで、すぐに失礼いたします」と伝えておくと、

相手方も予定を合わせてくれやすいですよ。

 

相手方が喪中の場合の渡し方ですが、

「あけましておめでとうございます」はこちらからは言わない方が無難です。

「昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします」くらいにして、

相手方があけましておめでとうございますと言ってきた場合には、

少し控えめにおめでとうございますと答えましょう。



スポンサーリンク




関連記事:厄年の期間はいつからいつまで?立春から節分までなの?

お年賀におすすめの品物は?

お年賀の予算は?

お年賀の予算は、一般的には3000円前後、高くとも5000円以下が多いようです。

もちろん毎年贈る関係があるならば、

どんなものを贈っているのかは必ず確認しておきましょう。

 

お年賀の品物選び

相手の好きな物を選ぶ、というのはあくまで個人間でのお年賀です。

 

ビジネスマナー的には、やはり会社に相応しいお年賀を贈るべきでしょう。

どの会社でも実用性があり、かつそんなに高価なものでないというのが理想のお年賀です。

 

一般的にビジネス上でのお年賀の品物で多いのは、

タオルやボールペン、カレンダーなどが挙げられます。

どの会社でも使えますので、どこに何を渡して…などと考える必要がないので楽です。

 

ただ、会社同士の付き合いの長さなど様々な要因で、

もう少ししっかり品物を選ばなければならないこともあります。

その場合には、単価の安いタオルやボールペンではあまり格好が付きません。

菓子折りやコーヒー、紅茶などを選択するのが無難と言えます。

 

飲食物を贈る際には、その部署できちんと人数分に行き渡るかどうかを意識しましょう。

見当違いの菓子折りを贈ってしまうと、印象も良くないです。

また、日持ちがすること、一個ずつ個包装であることもポイントになります。

 

銀座千疋屋 フルーツクーヘン

果汁を混ぜ込みしっとりと仕上げた、銀座千疋屋のバームクーヘンです。

2層の色合いが特徴的で、箱を開けたときの彩りも非常に美しいです。

バームクーヘンは若い方から年配の方まで親しみやすいお菓子ですので、

様々な年代がいる会社への贈り物としてはぴったりです。

 

千疋屋という大きなブランドも、贈り物を選ぶポイントになります。

120日という日持ちもお年賀としては十分すぎるくらいです。

関連記事:お賽銭のやり方!神社とお寺では違う?マナーを詳しく解説!

 

モロゾフ ファヤージュ

繊細なクッキーにスライスナッツをぎっしり敷き詰めて香ばしく焼き上げたお菓子です。

組み合わせを吟味された4種類のチョコレートがそれぞれサンドされています。

36個入っているので、ある程度の部署に持って行けますね。

モロゾフは神戸二大ブランドの1つで、贈り物にもよく選ばれています。

 

コーヒー ネスレバラエティギフト

会社でコーヒーを飲まないなんてことはまずありませんので、

安定感のある贈り物と言えます。

こちらの商品は、インスタントコーヒーの他にも

カフェモカや抹茶ラテなどさまざまな味があるので、

より多くの方に楽しんでもらえるかと思います。



スポンサーリンク




関連記事:1月の風物詩や行事といえば?行事食やイベントには何がある?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスマナーにおけるお年賀を渡す期間は、

3が日が明けてから松の内までと意外と短いです。

その時になってから渡す物やタイミングを考えていては、

間に合わなくなってしまうこともあります。

 

また、毎年お年賀を贈り合う関係の会社であれば、

例年の雰囲気を事前にリサーチしておくと、スムーズにお年賀も選べると思います。

一年の始まりで躓いてしまわないように、いつまでに用意するのか、

渡し方はどうするのか、しっかり準備をして望みましょう。



スポンサーリンク