車を運転していたら

ガソリンランプが点滅!

 

ドキドキ!

 

焦ってしまいますよね。

勝手がわかっている場所ならまだしも

旅行先や高速道路などだと

プチパニック状態です。

 

今回はそんな

ガソリンランプについて

徹底的に調べてみました。

 

ガソリンランプは点滅してから

何キロ走るのか、

普通車と軽自動車とは違う?

 

また、万が一

ガス欠になってしまった際の

対処法なども合わせて

紹介したいと思います。

 

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





ガソリンランプが点滅!あと何キロ走る?

ガソリンがギリギリで

走行中にガソリンランプが

ピカピカと点滅!

 

このピカピカするランプは

ガソリンランプや給油ランプなどと

呼ばれていますが

正式名称は「燃料残量警告灯」と

いうそうです。

 

どんな呼び名であれ、この点滅の状態は

「いつ車が動かなくなるのか」などと

ハラハラしてしまいますよね。

 

実は、我が家の場合、車の運転は夫が担当で

慎重派な夫はガソリン量には敏感なので

ガソリンランプが点滅したことはないのですが

それでも走行中に

 

「ガソリンがヤバイ!」

 

などと、言われると

「あと、何キロ走るのかしら?」などと

ドキドキしてしまいます。

 

そんな時、せめて慌てないように

夫をサポートしたいもの。

 

その為には、きちんとした

知識を養っておくことも大切なので

しっかりと勉強しておきたいのですが

まず、ガソリンランプが点滅してから

車は何キロ走るのか!

 

その答えとしては、約50キロ!

 

ガソリンランプが点滅しても

国産車であれば約50キロは

走ることができるそうです。

 

なぜ、50キロなのか。

 

この理由は、高速道路などの

SA間の距離が50キロ程になるから。

 

高速道路を走行中に

ガソリンランプが点滅しても

次のSAまでにはたどり着けるように

SAとSA間の50キロ程は

走れるようになっているそうです。

 

また、これは「車両保安基準」と

呼ばれる法律で定められてもいるそうです。

 

ただし!

 

中にはSAとSAの距離が

200キロにも及ぶ

高速道路もあるそう。

 

出発前にガソリンの残量や

SAの場所などを確認しておくことが

大切なようです。

 

また、これは国産の車のみの話しで

外国の車には当てはまらないそうなので

注意が必要なようですよ。



スポンサーリンク




ガソリンランプが点滅!軽自動車は何キロ走る?

同じ国産車であっても

普通車や軽自動車などで

違いはあるのでしょうか。

 

ガソリンランプが点滅後

50キロ程は走れるとのことですが

軽自動車も同じ?

軽自動車だとやっぱり少し短い?

軽自動車は何キロ走る?

 

色々と気になりますよね!

 

その答えは、軽自動車も

ガソリンランプが点滅後

50キロ程は走れる

 

そうです。

 

そもそも、ガソリンランプは

残りのガソリンの満タン時の約20%をきると

点滅するようになっているそう。

 

例えば

 

普通車であれば、ガソリン満タン量が

50リットルであることが多い為、

その20%というと、10リットル程。

 

軽自動車のガソリン満タン量は

30リットルであることが多い為

その20%は、6リットル程になります。

 

なので、あくまで平均的ではありますが

 

普通車:ガソリンの残量が10リットル程でガソリンランプが点滅

軽自動車:ガソリンの残量が6リットル程でガソリンランプが点滅

 

することが多いようです。

 

ただし、普通車であれ軽自動車であれ

車種によってガソリンのタンク容量は異なる為

ガソリンランプが点滅した際の

ガソリンの残量は、その車種によって異なるので

注意をしてくださいね。

 

とはいえ、普通車・軽自動車

いずれにしても多くの場合は

ガソリンランプが点滅後も

50キロ程は走れることが多いそうです。

 

また、ご自身の車が

 

燃費(1リットルあたりで何キロ走るか)が、どのくらいなのか

ガソリンの残りがどのくらいで、ガソリンランプが点滅するか

 

などを、把握することで

ガソリンランプが点滅後

何キロ走るのか、正確な距離を

知ることが出来るそうです。

 

例えば、1リットル当たり

10キロを走る燃費の車だった場合。

 

ガソリンの残りが10リットルで

ガソリンランプが点滅するとして

それでも10リットルあれば

100キロは走れてしまいますよね。

 

お持ちの車の燃費については

車の取扱説明書に書いてあるので

確認しておくと安心かもしれませんよね。

 

また、車種によって

ガソリンランプの点滅の

タイミングは異なり

もっと少ないガソリンの残量で

点滅することもあるそう。

 

ガソリンランプが点滅してからも

多少は走れることは多い為、

まずはは落ち着くことも大切ですが

そこに過信してしまうのは禁物!

 

やはり、ガソリンランプが点滅したら、

出来れば点滅する前に

早めに給油をすることが大切なようですよ。



スポンサーリンク




ガソリンランプが点滅!ガス欠の前兆はある?

ガソリンランプが点滅して

50キロ程は走れるとはいえ

ドキドキヒヤヒヤしながら運転!

 

もしも、実際にガス欠になる場合は

どのような前兆があるのでしょうか。

 

まずは当然、ガソリンランプが

点滅しますよね。

その後、

 

1、車内に振動が起こる

2、アクセルの効きが悪くなり、アクセルを踏んでもエンジンメーターが上がらない

3、アクセルを踏んでも、加速しない

4、スピードが落ちる

5、停止する

 

などになるそうです。

 

これは、高速などでも怖いですが

一般道であっても恐ろしいですよね!

 

また、ガス欠を起こすことで

車へのダメージもあり

エンジンの故障に繋がることも

あるそうです。

 

自分の車の故障は仕方ないとしても

周りの方に迷惑をかけて

事故などを起こしてしまっては大変です!

 

これらのことを踏まえて

万が一、ガス欠になってしまった場合は

どうすればいいのか、次の項目で

紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク




ガス欠になった場合の対処法は?

ガソリンランプは点滅したものの

「まだ大丈夫だろう」もしくは

「なかなかガソリンスタンドが見つからない」

などで、車を走らせ続けていたところ

 

ついにガス欠!

 

こんな場合はどうしたらいいのか

その対処法を紹介していきたいと思います。

 

ガソリンランプが点滅後ガス欠になった場合の対処法①路肩に車を寄せる

まず、一番に防がなくてはならないのは

後ろの車からの衝突!

 

もし、衝突されて

事故に繋がってしまっては

自分だけの問題ではすまされなく

なってしまいますよね。

 

そんな事故を防ぐためには

ガス欠になってしまったら

まず、ハザードランプを点灯させて

路肩に車を寄せること!

 

路肩に寄せることすら出来ない!

そんな場合は自力で車を押して

路肩に寄せていきましょう!

 

キーをニュートラルにして

車のドアを開け、ドアの付け根を押すことで

車を人力でも動かしやすくなるそう。

 

2人以上いる場合は

前後から車を押せば

なお動かしやすいそう。

 

そんな様子を見た通りがかりの方が

手伝ってくれる可能性もありますよね。

恥ずかしいなどと言ってないで

事故を防ぐことが先決!

 

何としてでも車を路肩に

寄せるようにしましょう。

 

ガソリンランプが点滅後ガス欠になった場合の対処法②ガソリンスタンドを探す

車を路肩に寄せて

事故に繋がる可能性がなくなったら

次にガソリンスタンドを

探していきましょう!

 

土地勘があって

「この辺のガソリンスタンドがある」と

分かる場合はいいですが、

分からない場合などはスマホなどで検索!

 

近くにガソリンスタンドがあるようであれば

いくつか対処法があるようです。

 

1、ガソリンスタンドまで車を押していく

「目と鼻の先、あと少しで

ガソリンスタンドがある!」

 

などの場合は、先の自力の方法で

車をガソリンスタンドまで押していくのが

手っ取り早い方法になるそうです。

 

1人ではちょっと難しいかもしれませんが

2人以上いるのであれば

可能な方法になるそうですよ。

 

2、携行缶でガソリンを補給する

携行缶と呼ばれる金属で出来た缶に

ガソリンを補給してくれる

ガソリンスタンドもあるそうです。

 

携行缶は、車に常備していれば

車はその場に置いて、携行缶だけ持って行くことで

補給してくれるのですが、中にはそれらのサービスを

行っていないガソリンスタンドもあるそう。

 

ガソリンの悪用防止の為に

ガソリンの持ち運びを行っていない

ガソリンスタンドもあるそうなので

予め電話で確認をしておくと安心ですよね。

 

また、自分で携行缶を持っていない場合

ガソリンスタンドによっては

保証金や身分証などが必要にはなるものの

携行缶を貸してくれることもあるそう。

 

とりあえず、携行缶で少しのガソリンを補給して

その後、車を走らせてガソリンスタンドに行き

ガソリンを満タンにして

携行缶を返すようにするといいそうです。

 

保証金は携行缶を返すときに

戻ってくるようですが

実はこのサービスを行っている

ガソリンスタンドも少ないようです。

 

特にセルフのガソリンスタンドは

行っている可能性は低いそうです。

やはりガソリンスタンドには

事前にきちんと確認をするようにしましょう。

 

この携行缶、ご存知でしたか?

車に常備されていますか?

 

我が家は常備していないので

さっそく探してみました!

二千円程で購入できるようです。

 

 

ガソリンランプが点滅したら

すぐに給油する。

 

もしくは点滅する前に

早め早めに給油することが

何よりも大切ですが

万が一の場合に備えておくと

安心かもしれませんよね。

 

UN規格で安心安全な携行缶を

車に常備して、安心安全な運転を

するようにしましょう!

 

また、中には電話をすれば

ガソリンを持ってきてくれる

ガソリンスタンドもあるそう。

 

近くにガソリンスタンドが

あるようであれば、いずれにしても

電話で相談だけでもしてみると

いいかもしれませんよね。

関連記事:車のゴキブリの駆除対策!侵入経路はどこから?

 

ガソリンランプが点滅後ガス欠になった場合の対処法③ガソリンスタンドが無い場合!

ガソリンランプが点滅後ガス欠!

とりあえず路肩にはよせたものの

ガソリンスタンドが近くにない!

 

そんな場合はどうすれば

いいのでしょうか。

やはりいくつか方法があるようです。

 

1、友達や家族に頼む

頼れる友達や家族に

お願いできるようであれば

ガソリンを持ってきてもらうことも

ひとつの方法です。

 

とはいえ、先の通りガソリンの持ち運びには

携行缶が必要だったり、持ち運びをさせてくれる

ガソリンスタンドが少なかったりと

ちょっと大変なお願いごとになりそうです。

 

もしも、快く助けてくれる友達がいたら

しっかりとお礼・・ランチくらいは

ご馳走するべきかもしれませんよ。

 

2、ロードサービスやJAFを呼ぶ

JAFに加入していればJAFを

呼んで助けてもらいましょう!

 

加入していればガソリン代のみ。

 

加入していないと入会金、出張料等々で

ガソリン代としては、

かなり割高になってしまいますが

事故に繋がってしまうよりずっといいですよね!

 

JAFについては、都市部はもちろん

高速道路や山奥などでも対応してくれますし

ガス欠だけでなく、車のカギの閉じ込めや紛失

タイヤのパンクなどにも対応してくれるので

加入しておくと安心です。

 

また、任意の自動車保険に

加入されている場合は

その自動車保険のロードサービスを

利用できることが多いそう。

 

保険会社によって違いはあるものの

24時間電話受付対応や

ガス欠の時はガソリンを持ってきてくれる

サービスを行っていることも多いそうです。

 

せっかく加入しているのであれは

助けてもらうべき!

 

自動車保険などの詳細については、

トラブルが起こる前に

よく確認しておくことも

大切なのかもしれませんよね。

関連記事:ハエ退治の方法!屋内で簡単な方法はコレ!

ガソリン給油の注意点!

ガソリンランプが点滅して

何キロ走るのか。

色々と見てきましたが

最後に給油についての注意点を

少し紹介したいと思います。

 

まず、頭に入れておくべきことは

高速道路でガス欠になった場合は

罰則、違反になるそうです。

 

その上、高速道路では

事故などに繋がってしまいがち。

 

普通車でも軽自動車でも

ガソリンランプが点滅後も

案外走れることが分かりましたが

やはり、過信は禁物!

 

ガソリンランプが点滅する前に

早め&余裕を持った給油を

心掛けるようにしましょう。

 

また、ガソリンの給油をする際は

常に満タンにされていますか?

それとも価格や量などで刻んで少しだけ?

 

我が家は恥ずかしながら

「二千円ぶんだけ給油をしよう」

などいうことが多々あるのですが

実は、満タンに給油をするほうが

金額あたりの給油量が多くなる場合もあるそう。

 

小刻みに給油をするよりも

長い目で見るとお得に繋がる場合もあるそうです。

また、

 

給油の手間

ガス欠の不安

 

などの面からも、ガソリンは

満タンに給油をすることが

おすすめなのだとか。

 

確かに満タンに給油をするほうが

時間の節約にもなりますよね!

 

これからは、ケチケチしないで

ガソリンの給油は満タンに!

そう、心掛けたいと思います。



スポンサーリンク




関連記事:スタッドレスタイヤへの交換はどこでする?費用や保管方法も徹底解説!

まとめ

ガソリンランプが点滅してから

何キロ走るのか、軽自動車の場合や

ガス欠をした際の対処方法などを

見てきました。

 

ガソリンランプが点滅しても

意外と車は走ってくれるもの。

 

とはいえ、ガソリンランプが

点滅するまで給油を怠るのは

やはりNG!

 

メーターを常にチェックして

ガソリンが少なくなってきたら

給油をして、安心安全な運転を

するようにしましょう!



スポンサーリンク