お供えや引き出物、香典返しに物を贈る時は、のしをしますよね。

そのような商品をお店で購入した場合、

「内のしにしますか、外のしにしますか?」と店員に聞かれる事は多いと思います。

 

でも、内のしと外のしの違いって何でしょうか。

 

どちらも似たようなものですが、

違いがあるならちゃんと相応しい方を選びたいですよね。

 

そこでここでは、内のしと外のしの使い分け方や、

お供えや引き出物・香典返しなど渡す物によってどちらを使えばいいかなどを説明します。

 

相手に贈り物を送りたいけど、

内のしにしようか外のしにしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。



スポンサーリンク





のしってそもそも何?

内のしと外のしの使い分けを説明する前に、まずは「のし」について見てみましょう。

そもそものしって何なんでしょうか。

 

のしは日本にある風習の一つで、

本来は「おめでたい事があった時に渡す贈り物に付けるもの」でした。

 

まず贈り物に「掛け紙」をし、そこに送り主の名前や何祝いなのかを書き、

その紙を水引という紐で縛ります

 

そして最後に掛け紙の右上に「のし」(あわび貝を薄くのして干したもの)を

飾って完成です。

 

この掛け紙・水引・のしを全て合わせて「のしをかける」と言います。

 

今は掛け紙に水引・のしが全て印字されているので、

それらが印刷された一枚の紙をさして「のし紙」と呼ばれています。

 

のしはおめでたいものの象徴なので元々は

結婚や出産などお祝い事の贈り物にしか使いませんでしたが、

現在はお葬式関連や香典返しの時にも使われています。

 

お葬式関連に使われる場合、

めでたいイメージのあるあわび貝(のし)はふさわしくないので、

のし紙からのしをなくした「掛け紙」と呼ばれるものを付けます。



スポンサーリンク




関連記事:お見舞い封筒の閉じ方やお金の向きは?連名の名前の書き方についても詳しく解説!

内のしと外のしの使い分け方は?

のしには内のしと外のしがありますよね。

 

では内のしと外のしの違いって何なのでしょうか。

また、内のしと外のしの使い分け方はどうすればいいのでしょうか。

 

まず内のしと外のしの違いについて説明します。

最初に言いますと、内のしと外のしで書き方や内容に違いはありません。

 

全て同じです。

では何が違うのでしょうか。

 

お供えや引き出物、香典返しなどの贈り物を渡す時、

だいたいは包装紙で贈り物を包んでますよね。

 

その包装紙の上に巻くのが「外のし」です。

包装紙の下、つまり商品に直接巻くのが「内のし」になります。

 

ですからもし贈り物に包装紙を巻く場合、

内のしをするとのしは包装紙を解かない限り見えません。

 

では次に内のしと外のしの使い分け方について説明します。

 

まず内のしですが、内のしはお供えや引き出物、香典返しを

相手に「宅配便など業者を介して」て送る時に使います。

 

宅配や人の手に任せる場合、外のしにしていると

破れたり汚れたりしてしまう可能性があります。

 

破れたり汚れたりしたのしを相手に贈るのはとても失礼なので、

内のしにして包装紙でカバーされている方が安全です。

 

また、あまり仰々しく「御祝いです!」としたくない場合も、

目立たないように包装紙の下にまく内のしを使う事があります。

単に御祝いのお返しである内祝いなどがそうですね。

 

では外のしはいつ使うのでしょうか。

それはお供えや引き出物・香典返しを「自分で直接相手に持っていく」場合に使います。

 

相手に直接持っていく時は相手に渡した時その品物が

「何の御祝いか・誰からか」がすぐ分かるように相手からすぐ見える所にのしをつけます。

ですから外のしになります。

 

内のし・外のしの使い分け方は難しそうですが、

だいたいは「渡し方」で変わるだけなのでこうしてみると意外と簡単ですよね。

関連記事:風水で枕の向きはどうする?恋愛運や金運をアップさせるには?

お供え・引き出物・香典返しは内のしと外のしどっち?

では、お供え・引き出物・香典返しは内のしと外のしのどちらになるのでしょうか。

基本的にはお供えも引き出物も香典返しも宅配業者に頼む場合、「ほぼ内のし」です。

 

本来香典返しなどの「お礼のお返し」はお祝いです!と

主張するものではありませんから内のしにし、

 

逆にお供えや引き出物は誰から送られたのかまた何の贈り物かが分かるように

外のしなのですが、

外のしにするとどうしても汚れるので

今は贈り物に関係なく宅配で相手に送る場合はほぼ内のしにする方がほとんどです。

 

逆にどの贈り物でも「直接持っていく場合」は外のしになります。

 

香典返しや内祝いの場合は内のしでもかまいませんが、

もらった相手も贈り主を把握しなければいけませんので

相手からも見やすい外のしでつけていく人が多いです。



スポンサーリンク




関連記事:法事の服装!女性のパンツスーツはOK?夏と冬にふさわしい服装を解説!

お供えや引き出物・香典返しにおすすめアイテム♪

 

ではここで、お供えや引き出物・香典返しにおすすめのアイテムを紹介します。

 

最近はのし紙の「〇〇祝い」などの目的や贈り主の名前を

お店の人に書いてもらう事も増えましたが、

中には「自分で書きたい」という方もいると思います。

 

のし紙に書く場合は筆ペンを使いますが、

普段筆ペンを使わない方には少し扱いが難しい文房具ですよね。

そんな時におすすめなのが、こちらの「ぺんてるの筆ペン」です。

 

普段筆ペンを使わない方でも書きやすいように設計されているので

スラスラ書くことができますよ。

 

特にのし紙なんかは字にも気合が入りますよね。

ぜひこのぺんてるの筆ペンで、思いを込めて字を書いてみてください。

 

 

法事やお彼岸で個人の家へお邪魔する事がありますよね。

その時は、仏壇に供える為のお供え物を持っていきます。

そのお供え物に何を選ぶか、意外に迷ってしまいますよね。

 

そこでおすすめなのがこちらの「かりんとう」です。

 

お供え物と言えば「日持ちがするもの」「後で皆で分けられるもの」が人気です。

その2つを兼ね備えたお菓子がこちらのかりんとうです。

 

かりんとうはお年寄りも好物の方が多いですから喜ばれやすいですよ。

 

特にこちらのかりんとうは2013年に全国菓子大博覧会で

金賞を受賞したお菓子ですからおいしさは折り紙つきです。

お供え物で迷ったら、ぜひこちらの商品を見てみてくださいね。

 

 

結婚式でもらえる引き出物、もらえる事自体は嬉しいんですが、

帰る時にはかなりの荷物になりますよね。

 

特に遠方から結婚式に参加した場合、

中身が食器などだと重さがかなり負担になってしまいます。

 

そこで引き出物はぜひ「持ち帰りが簡単な軽い物にしたい」という方に

オススメなのが、こちらの「今治タオル」です。

 

高級タオルで有名な今治タオルですが、こちらは引き出物仕様となっており

さくら柄のとても華やかな色合いになっています。

 

タオルならどんな人も使いますから用途としても十分ですよね。

引き出物を軽くしたい方は、ぜひこちらのタオルをセレクトしてみてください。



スポンサーリンク




関連記事:葬式でのネイルマナー!色は?隠すには手袋がいい?

まとめ

内のしと外のしの違いは、包装紙の内側につけるか外側につけるかという事だけなので

内容的には全く同じです。

 

昔は「こんな時は内のし」、「こんな時は外のし」ともっと細かいルールがありましたが

宅配が普及した今ではシンプルに「業者に届けてもらう時は内のし」

「自分で持参する場合は外のし」という具合になっています。

 

ですから内のしと外のしでそんなに悩まなくて大丈夫ですよ。

 

また今はお供えや引き出物・香典返しの商品もネットで色んなものから

選ぶことができますので、ぜひあなたらしいものをセレクトしてみてくださいね。