子丑寅卯辰巳・・の干支。

普段、干支を意識することって

ほとんどないですよね?

 

年賀状の作成を始める時期くらいに

「あれ?来年の干支は?」などと

思うくらいかもしれません。

 

そんな時、皆さん恐らく呪文のように

「子丑寅卯辰巳・・」と、

順番に数えていくと思いますが

そもそも、この干支の順番!

なぜ、この順番なのか気になりませんか?

 

この干支の順番の由来や意味は?

干支の動物たちのレースで決まったって本当?

 

今回は、そんな干支の順番について

調べてみました。

レースなのか、どうなのか!

一緒に見ていきしょう!



スポンサーリンク





そもそも干支って何?

「干支」と聞くと恐らく多くの方は

子丑寅卯・・のあの干支を

思い浮かべることと思いますが

実はこれ、干支は干支でも

十二支と呼ばれるもの。

 

本来、この十二支と、もうひとつ

十干(じっかん)と呼ばれるものを

合わせて干支と呼んでいるそうです。

 

十干とは、中国の陰陽説や

五行思想からなるもので

 

甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)

戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)

壬(みずのえ)、癸(みずのと)

 

などになります。

 

十二支とは、お馴染みの

子丑寅卯辰巳・・などの動物の干支になるのですが

本来は、この十干と十二支とを組わせたものが

干支とされているそうで、例えば1年目の干支は

 

十干の甲(きのえ)

十二支の子(ねずみ)

 

を、合わせて甲子(きのえね)となるそうです。

その為、本来の干支をひと回りするには60年!

 

還暦を迎える60歳に時に

生まれた時と同じ干支を

迎えることになるそうです。

 

還暦のお祝いには

「赤いちゃんちゃんこ」を着たりしますよね?

それは、この干支が一周し

また一から始まるという意味が

込められているそうです。

 

また、野球場の甲子園ってありますよね?

あの甲子園は甲子の年に出来た為に

縁起を担ぐ意味もあって甲子園と

名付けられたそうです。

 

また、丙午の生まれの男女は

気が強いなどと言われ、昔は

敬遠されていたこともあったそう。

 

そんな様々な云われのある干支ですが

私達に馴染みが深いのはやはり十二支ですよね?

 

なので、今回はこの十二支の干支について

深く掘り下げていこうと思います!



スポンサーリンク




干支の順番の由来はレースで決まった?

私達に馴染みの深い、十二支の干支。

 

干支の動物達、順番通り

全て言うことが出来ますか?

実は時々「あれ?」と、詰まる私。

 

まずは、改めて干支の動物達の

順番をおさらいしてみましょう!

 

子(ね、ねずみ)・丑(う、うし)、寅(とら)・卯(う、うさぎ)

辰(たつ、りゅう)・巳(み、へび)

午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)

戌(いぬ)・亥(い、いのしし)

 

に、なりますよね!

 

リズミカルに「子丑寅卯辰巳」で

ここで一度区切って、その後

「馬未申酉戌亥」と、繋いで

覚えている方が多いかもしれません。

 

そんな十二支の干支ですが

この動物達の順番がなぜこの順番なのか

その由来をご存知ですか?

 

実はこの干支の順番は

動物達のレースで決まったと

言われているそうです。

 

可愛い干支の動物たちのレース!

どんな様子なのか気になりますよね?

 

時は、むかしむかしの大昔。

神様が

 

「12匹の動物達を毎年順番に

その年の干支として表したい!

その干支となる動物や順番は

自分に挨拶に来た順番で決める!

それらを決めるレースを開催しよう!」

 

と、干支にするべく12匹の動物や

その干支の順番を決めるレースを

開催したそうです。

 

そのレースの結果が、私達がよく知る

子丑寅卯辰巳・・の干支の動物達で

あの順番通り、子が1着、丑が2着でレースに

ゴールしたとされているのです。

 

が!

 

このレースの裏話がとても面白い!

 

なぜ、この順番になったのか。

単純にレースを競ったのではなくて

動物達の個性が垣間見られる

面白エピソードが多々あるので

ちょっと紹介したいと思います。

 

干支の順番の由来のレース!子、丑の裏話!

干支の動物やその順番が

レースで決められたとは驚きですが

まずは、干支の順番のツートップ!

 

1着、2着のゴールを決めた

ねずみと牛のレースの裏話から

見ていきましょう!

 

神様が催されるレースの話しを

耳にした牛。

 

自分の歩みが遅いことを自覚している牛は

他の干支の動物達よりも早く

夜が明ける前にレースのゴールに

向けて出発したそうです。

 

そんな牛の様子を牛の小屋から

コッソリ見ていたねずみは

牛に「背中に乗せて!」とお願いしたそう。

 

心が優しい牛は「どうぞ」

 

そのままレースのゴールへと

向かったのですが

なんと!ゴール直前にねずみは

牛の背中から降りて牛より先に

ゴールのテープを切ってしまったのだとか!

 

普通なら、「ズルイ!ふざけるな!」と

なるところですよね?

 

ところが牛は「ま、2着ならいいか」と

トップをねずみに譲ってしまったそうです。

 

牛さん、優しすぎる!

 

これが干支のツートップ

子、丑のはじまりになったと

言われているそうですよ。

 

干支の順番の由来のレース!寅卯辰巳午未は小競り合い!

子丑ときたら、次の干支!

寅、うさぎ、龍、へび、馬、ひつじの

レースの様子を覗いてみましょう!

 

まずレースを競い合っていたのは、龍と寅。

お互い譲らず小競り合い!

 

いいレースだったようなのですが

ピョンピョンと軽やかに飛び跳ねながら

うさぎが登場!

なんと、ピョンピョン跳ねながら

龍のレースコースに侵入してしまったそう!

 

進路妨害受けて遅れをとった龍は

寅に追い抜かれ、挙句うさぎにも

追い抜かれてしまったそうです。

 

次々に追い抜かれた龍は

呆然としていましたが

ふと、後方を見るとすぐそこに、へびが!

 

今度は、龍とへびとの小競り合いの

レースが始まったのですが

実はへびは、空を飛べる龍のことを

尊敬して一目置いていたのだとか。

 

その為、レースの勝利を

龍にゆずったそうです。

 

その後、レースのゴールについたのは

馬とひつじで、順番に7着8着の

ゴールになったそうです。



スポンサーリンク




 

干支の順番の由来のレース!申酉戌亥のレースの行方は?

さて、ラストのチーム

猿、鶏、犬、いのししの

レースの様子を見ていきましょう!

 

犬猿の仲って言う言葉、

聞いた事ありますよね?

犬と猿は仲が悪い!

 

これはこの時代からあったようで

このレース中、猿と犬との喧嘩が勃発!

 

その為、足の速そうな猿と犬なのに

こんなにもレースの順位が遅くなって

しまったそうです。

 

また、そこへ猿と犬との仲をとりもち

仲裁したのが、鶏。

 

猿と犬の間を仲裁しながら

レースも猿、鶏、犬の順に

ゴールをしたそうですよ。

 

喧嘩をしていて遅くなり

挙句、猿に先を越されて

とりにも先にゴールされてしまった、犬。

 

私は、大の犬好きなので

こういうちょっと残念なところが

たまらなく愛おしいです!

 

そして、レースの最後に

ゴールしたのが、いのしし!

 

いのししってものすごく速いスピードで

走れそうな気がしませんか?

 

なのに、なぜ最後?

 

これは、いのししの猪突猛進の

性格に由来していて、猪突猛進のいのししは

ただひたすらまっすぐに走っていて為

神様の目の前を通り過ぎてしまったそうです。

 

猪突猛進が過ぎる!

 

結果、引き返してレースの

ゴールを切ったために

最後になってしまったそうですよ。

関連記事:新しい財布をすぐ使うのはNG?寝かせる効果は?金額や方角・期間も詳しく解説!

 

干支の順番の由来のレース!干支に入れなかった動物達!

干支の順番の由来!

干支の順番がレースで決まったとは

楽しい話しですよね!

レース展開もなかなか面白かったです!

 

このレースが由来となって

干支の動物達や順番が決まっていったのですが

実はこのレースにはまだ続きがあり

他にもレースに参加していた動物がいたそうです。

 

それは、猫とカエルとイタチ!

 

実は、12番目のいのししの後、

13番目にカエルとイタチが

レースをゴールしたのだとか!

 

カエルは12着以内に入れなかったと

すぐに諦めて帰宅したもののイタチは諦めきれず

神様に「どうか、自分も干支に入れて欲しい」と

頼んだそうです。

 

その結果、干支には入れなかったものの

他の干支の動物達には内緒で

毎月の1日を「ついたち=つ・イタチ」と

呼ぶという約束をとりつけたそうです。

 

また、なぜ干支に猫が入っていないのか!

 

これは猫好きの方が納得いかない

疑問だったりしますよね!

 

猫が干支に入れなかった・・

この原因はねずみにあるそうです。

 

猫にレースの日にちを聞かれたねずみは

わざと1日後の日にちを猫に教えたそう。

 

その為、レースの翌日に必死に走って

神様のもとにたどりついた猫でしたが

「レースは昨日だった」と、干支に入れなかったうえに

神様からお叱りを受けてしまったそうです。

 

それ以降、猫はねずみを見ると

追いかけまわすと

言われているそうですよ。



スポンサーリンク




関連記事:2019年の干支は亥!意味や由来・性格について詳しく解説!

干支の由来と動物の意味とは?

さて、ドキドキなレース展開を

楽しませてくれた干支の動物たちですが

実は、干支の動物達の順番の由来はレースではなく

それぞれの動物達が持つ意味が

関係しているとも言われているそうです。

 

動物達の意味?

どういうことなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

 

時は、紀元前1400年頃。

中国の殷の時代に干支は始まったと

言われているそうです。

 

当時の干支は、天文学として用いられ

木星の位置を表すために使われていたそうです。

 

木星は12年をかけて空を1周することから

木星の軌道を12に分け、12に分けたそれぞれに

一文字の漢字に当てはめて表していたそうです。

 

この一文字の漢字には

植物の成長を表す意味があり

これが干支である十二支の

 

子丑寅卯辰巳馬未申酉戌亥

 

に、なるそうです。

 

当時は、この干支には

植物の成長を表す意味がある為

私達に馴染みのある、子=ねずみなどの

動物の意味はなかったそう。

 

具体的に、

干支が持つ植物の意味を見てみると

 

・子の意味:これから成長しようとする種の状態

・丑の意味:芽が種子の中にあるものの、まだ発芽していない状態

・寅の意味:発芽して植物が育っている状態

・卯の意味:植物の草木が覆い茂っている状態

・辰の意味:植物がさらに成長をみせようとしている状態

 

・巳の意味:植物の成長が極限である状態

・午の意味:植物が極限を過ぎて衰え始めている状態

・未の意味:植物が茂りすぎ、果実が熟し始めている状態

・申の意味:果実がちょうど成熟している状態

・酉の意味:果実が成熟しきって収穫時期の状態

 

・戌の意味:植物が枯れ始める状態

・亥の意味:植物の生命力を種の中に蓄えている状態

 

などになるようです。

 

干支の動物の意味など、

どこにも感じませんよね?

 

では、なぜ植物の意味を持つ干支が

動物へと繋がったのかというと、

一般市民に、この干支を浸透させたいが為に

馴染みのある動物を干支に割り当てたそうです。

 

確かに、干支を覚える際に

植物の種子が極限で・・などと覚えるよりも

子はねずみ、丑は牛、寅はとらで、卯はうさぎなど

動物で表されていた方が

ずっと覚えやすいですよね?

 

とはいえ、適当に動物を

割り当てたわけではなく

きちんと縁起がいい意味を持つ動物達を

選び割り当てたそうです。

 

干支に選ばれた動物達には

それぞれ選ばれるべく意味があり

選ばれるにふさわしい動物たちに

なるようです。

 

干支の動物達には

どのような意味があるのか

見ていきましょう!

 

・ねずみ(子):強い繁殖力を持つことから、子孫繁栄を意味する

・うし(丑):よく食べよく働くことから、誠実さや粘り強さを意味する

・とら(寅):黄色は金運のシンボルであり、

狩の際の力強さなどから、強い行動力や活力を意味する

 

・うさぎ(卯):前に跳び跳ねることから、縁起がいい飛躍を意味する

・龍(辰):中国では権力の象徴を意味する

・へび(巳):金運のシンボルであり、脱皮をすることから再生や命を意味する

・馬(午):左馬は幸せのシンボルとされ、倒れないことから

人生の失敗がないことを意味する

 

・ひつじ(未):群れで生活をすることから、家族安泰を意味する

・さる(申):知恵のシンボルであり、語呂合わせで「去る」となることから、「魔、不幸、困難を去る」を意味する

・とり(酉):動きが機敏であることから積極性を意味し、

「とりこむ」という語呂合わせで商売繁盛も意味する

 

・犬(戌):子孫繁栄や子宝のシンボルで、忠実や忠誠を意味する

・いのしし(亥):いのししの肉が病気の予防効果があるとされ、

無病息災を意味する

 

などになるようです。

 

こうして、植物の意味を持つ

「子丑寅卯辰・・」などの漢字に

縁起がいい意味を持つ動物達を

それぞれ当てはめて、私達に馴染みのある

干支の十二支が生まれたと言われているそうです。

 

もともとは植物だった、干支。

深く浸透されるようにと

動物達を割り当てたことには

少し驚きましたよね!

 

とはいえ、植物の意味としても

動物の意味としても、とても縁起がいい干支。

 

そんな縁起のいい干支の動物達を

もっと身近にお部屋に飾ってみませんか?

こんな可愛い置物があります!

 

 

干支の動物達がクルっと園を描いて

並んでいる置物です!

 

その年の干支の動物を

真ん中の座布団に座らせてあげて

飾るといいそうです。

 

皆で順番を待っているみたいで

とっても可愛い!

先のレースの話しが

思い浮かびますよね!

 

お正月はもちろん、普段飾っても

縁起がよさそう!

嬉しいことをたくさん呼び込んで

くれそうです。

 

もっと、シンプルな干支の

置物がいいな・・という方にはこちら!

 

 

素敵なビードロの干支の置物です!

 

シンプルなので、

どんなインテリアにも

きっと馴染むはず!

 

開運招福の意味を持つ

ビードロの干支の置物で

素敵な幸せを招いちゃいましょう!



スポンサーリンク




関連記事:北枕で寝てはいけない理由は?北枕で寝るとどうなる?

最後に

干支の順番の由来やその意味、

レースで決まったのかどうかや

そのレース模様はどんな様子だったのか

などを見てきました!

 

ただ何となく「子丑寅卯・・」と

覚えていた干支ですが

干支って、とても意味が深いものなのですね!

 

その年の干支の意味を知ることで

少し深みのある月日を送れそうな気もします。

 

可愛い干支の動物たちの

レースの模様も一緒に思い浮かべながら

ハッピーで楽しく!

充実した毎日を送るようにしましょう!



スポンサーリンク