お供えなどに掛ける、のし。

ひとことに「のし」といっても

実は色々な種類がありますよね?

 

法事やお盆などのお供えには

どののしを使うのが望ましいか

ご存知ですか?

 

今回はそんな、法事やお盆などの

お供えに使う、のしについて

詳しく調べてみました。

 

お供えののしの色は何色?

法事とお盆とでは違う?

関東や関西でも違うの?

 

一緒に見ていきましょう!



スポンサーリンク





そもそものしって何?

お通夜やお葬式などの弔事や

結婚式などの慶事

法事やお盆などのお供えなどに

使われる、のし。

 

そもそも、どんな時にどののしを使うのか

その違いや、選び方って難しいですよね。

 

赤色や金色の入った、のしは

何となくおめでたい慶事やお祝い事なのかな?

という認識はあっても

それ以外の色ののしは分かりにくい!

 

私は、のしを購入する際は

いつものしの外袋に記載されている

「用途欄」に頼ってしまっています。

 

そんな分かりにくい、のしですが

そもそも、のしとは何のことを

指しているのかご存知ですか?

 

のしと聞くと「お供えなどに掛ける紙」を

思い浮かべる方が多いですよね?

もちろん、私もそうなのですが

実は、あの紙自体は「のし」ではないそう。

 

あのお供えにかける紙は

掛け紙やのし紙などと呼ばれ

本来、のしとは

 

のし紙の右上あたりに書かれている

六角形のかたちをした絵のようなもの

 

のことを、指すそうです。

 

また、そののしが書かれている

のし紙や掛け紙は、

お祝いの時にしか使われることがないそう。

 

なので、お通夜やお葬式はもちろん、

法事やお盆の時のお供えには

のしの書かれていない

のし紙を使うことになるそうです。

 

なお、法事やお盆などのお供えに

こののし紙をかける意味としては

 

故人への敬意の気持ち

遺族の方への労わりの気持ち

 

などを表しているそうですよ。



スポンサーリンク




お供えののしの色!法事やお盆などのお供えに使われるのし紙とは?

のしやのし紙をかける意味が

少しわかってきたところで

法事やお盆などのお供えには

どのようなのしが使われるのか。

 

右上にのしの柄が入っていないのし紙で

あることは分かりましたが

その他の水引の結びや色、

表書きや名前の書き方などについても

ひとつずつ見ていきましょう!

 

法事やお盆のお供えののし紙!水引の結び方は?

のし紙の水引の結び方!

これもいくつか種類がありますが

法事やお盆などのお供えには

 

結び切り

 

と、呼ばれる結び方の

のし紙が使われます。

 

この結び切りと呼ばれる結び方は

一度結ぶとほどけないとされているそうで

弔事はもちろん、結婚式などの

 

一度きりであって欲しいこと

何度も繰り返したくないこと

 

などの際に、この結び方の水引の

のし紙が使われるそうです。

 

法事やお盆のお供えののし紙!水引の色は?

お葬式やお通夜などの

のし紙の水引は、黒と白。

 

この色の由来は、日本は昔から

色によって格付けを表すことがあり

格付けの位が高い方から順に

 

金色、銀色、紫色、赤色、藍色

緑色、黄色、黒色

 

と、表されていたそうです。

 

人が亡くなるということは

何より忌なことであると考えられていた為

お葬式やお通夜などの

のし紙の水引の色は黒色とされたそうです。

 

では、法事やお盆などのお供えは

何色の水引が印刷されたのし紙に

なるのでしょうか。

 

関東、関西など地域による色の違いは

詳しく後述させて頂きますが

一般的な法事やお盆の

のし紙の水引の色としては

 

・法事:黒白、黄白、(青白)

・お盆:黒白、黄白、(青白)

 

などになるようです。

 

青白の色の水引については

昔使われることが多かったものの

現在では、ごく一部の地域のみで

使われているそうです。

 

その為、全国的に主に

使われている色としては

黒白、黄白になるそうです。

 

また、同じ法事でも故人が亡くなってから

満49年目となる五十回忌法要については

故人が先祖の仲間に入る「弔い上げ」と

呼ばれるおめでたい法事とされているそう。

 

その為、五十回忌法要ののし紙の色は

黄白が主ではあるものの、

おめでたい色である赤白でもいいと

されているそうですよ。

 

法事やお盆のお供えののし紙!表書きは?

のしの色に次いで、

分かりにくいのがこの、表書き。

 

表書きもいくつかの種類があるので

悩んでしまいますが法事やお盆などの

お供えの表書きは

 

御供、御供え物、御仏前

 

などになるそうです。

 

また、お供えに「物」ではなくて

現金を持って行く場合もありますよね?

 

その場合、のしの色については物と

同様でいいようですが

表書きについては

 

御供え物料、御仏前

 

などにするといいそうです。

 

なお、現金とお供え物

両方持って行く場合は

現金の表書きと、お供え物の表書きとが

重ならないように注意をする必要が

あるようですよ。

 

法事やお盆のお供えののし紙!墨の色は?

法事やお盆などのお供えの、のし紙。

先の表書きについては、予め

のし紙に印刷されていることも多いですが

その下の名前は自分で書かなくては

なりませんよね。

 

筆ペンなどを使って丁寧に

書いていくことが大切になるのですが

お通夜やお葬式の際は薄い墨で

書きますよね?

 

その理由としては

 

亡くなった知らせを聞いて、急いで墨をすった為

亡くなってしまったという悲しみの涙で墨が薄れてしまった為

 

に、墨が薄くなってしまったと

されているのですが、

法事やお盆の墨の色は

どうなのでしょうか。

 

この答えは、薄墨で名前を書くのは

四十九日までとされているそう。

 

なので、四十九日を過ぎた

法事やお盆のお供えののしであれば

薄い墨ではなく、濃い墨で

名前を書くとされているそうです。

 

筆ペン、お持ちですか?

いざという時に慌てないために

一本常備しておくと安心ですよ!

 

 

濃い墨色と薄墨両方供えた

筆ペンです!

慶弔どちらにも使えるのが安心ですよね。

 

あの書道家、武田早雲さんの

モデルの筆ペン!

 

少し硬めのペン先なので

筆ペンに慣れていない方でも

サインペンのように書けるはずです。

 

お通夜やお葬式、四十九日前の

法事は薄墨で。

四十九日を過ぎた法事やお盆は

濃い墨で。

 

書きやすいこの筆ペンで

故人を想って、丁寧に名前を

書くようにしましょう。



スポンサーリンク




お供えののしの色!関東や関西で違う?

少しややこしいイメージの

のしではありますが

法事やお盆などのお供えに

使うのし紙については

だいぶわかってきましたよね。

 

のしの色についても、

一部地域では青白もあるものの

一般的には、法事でもお盆でも

黒白、黄白が主であることがわかりました。

 

とはいえ、こののしの色!

 

先にも少し触れましたが

関東や関西などの地域によって

少しの違いがあるようです。

 

やっぱりややこしい?

 

大丈夫です!

詳しく紹介していきますので

じっくり見ていきましょう!

 

お供えののしの色!関東の色は何色?

まずは関東地方の

お供えののしの色を

見ていきましょう!

 

関東地方のお供えの

のしの水引の色は

 

・法事:一周忌の法事までは黒白、三回忌以降は黄白

・お盆:黒白

 

に、なるそうです。

 

お盆については、関東の多くの地域は

黒白の水引ののし紙になるそう。

 

法事については、関東の場合

黄白の色は三回忌になるまで

使ってはいけないと

されているそうです。

 

その為、一周忌までは黒白。

三回忌以降の法事から

黄白の色の水引ののし紙を使うと

されているそうです。

 

お供えののしの色!関西は何色?

続いて関西ののしの色を

見ていきましょう!

 

関西のお供えののし紙の

水引の色は

 

・法事:四十九日の法事からは黄白

・お盆:初盆は黒白、それ以降は黄白

 

に、なるそうです。

 

関西ではお通夜や告別式では

黒白の色ののし紙を使うものの

四十九日以降の法事では黄白を使うそう。

 

お盆も、初盆のみが黒白で

それ以降は黄白になるなど

関西では黄白の色の水引の

のし紙を使うことが多いと

いうことですよね。

 

例えば、自分が関東に住んでいても

相手が関西だった場合や

相手に合わせた色にすることが大切です。

 

一番安心なのが、相手に確認することですが

もし、聞けない相手の場合は

お供えを購入したお店か、葬儀屋に

確認するといいようですよ。



スポンサーリンク




関連記事:火事見舞いののし袋の書き方!表書きや裏書き・金額について詳しく解説!

内のし、外のしって何?

法事やお盆などのお供えののしについて

色々見てきました!

のしの色や選び方、表書きについてなどが

わかってきましたよね!

 

では次に、のしが用意出来たら

お供えにはどのように

のし紙をかけたらいいかを

見ていきましょう!

 

のし紙のかけ方には

内のしと外のしとがあり

 

・内のし:お供えの箱に直接のしをかけて、その上から包装紙で包む

・外のし:お供えを包んだ包装紙の上から、のし紙をかける

 

などの違いがあるそうです。

 

お盆や法事などのお供えを

内のしにるすか、外のしのするかについては

実は、どちらが正しいというのは

特にないそうです。

 

ただ、一般的には

 

法事やお盆に出席しない場合、お供えを送る場合は、内のし

法事やお盆に出席し、直接お供えを手渡しする場合は、外のし

 

に、するといいとされているそう。

 

直接出席する場合は、法事やお盆が

行われる場所に多くのお供えが並びますよね?

その為、一目で誰からのお供えかが

分かるように外のしにするといいと

されているそうですよ。

 

どちらにするか迷ったら、

購入先のお店の方に相談するのが

安心ですよね。

関連記事:退職時の菓子折りを渡すタイミングや渡し方!のしは必要?

法事やお盆のお供えの相場ってどのくらい?

お盆や法事のお供えののしは

もうバッチリですか?

関西、関東など地方によっての

違いがあるので注意をしつつ

心を込めてお供えをしていきたいもの。

 

気持ちが一番大切ではあるものの

お供えの相場ってどのくらいなのか。

実はちょっと気になりますよね?

 

そこで、最後に

なかなか人には聞けないお供えの

金額の相場について調べてみましたので

紹介したいと思います。

 

お供えものの場合、

 

食べ物やお線香、ろうそくなど消えてなくなるもの

日持ちがするもの

故人の好んでいたもの

 

などが好ましいとされていて

金額の相場としては

三千円~一万円くらいがいいと

されているそうです。

 

また、現金を持参する場合は

五千円~一万円くらいが

相場であるとされているそう。

 

とはいえ、これは一般的な金額であり

相手との間柄、地域性や家のしきたり

会食や手土産があるのかなどでも

変わってくるそうです。

 

上記の金額を目安に

しっかりリサーチするなどして

お供えも、のしも失礼のないように

していきましょう。



スポンサーリンク




関連記事:内のしと外のしの使い分け方!お供えや引き出物・香典返しの場合は?

まとめ

法事やお盆のお供えの

のしの色について見てきました。

 

関東や関西などの地域によって違いがあるなど

のしって意外と奥深いことがわかりましたよね。

 

法事やお盆は定期的に行われるものです。

 

きちんと頭に入れて

慌てることなくお供えののしを

選べるようにしておくことも

故人の方への敬意に繋がるのかも

しれませんよね。