子供が生まれて初めて迎える正月は、初正月と言います。

初正月では、子供のこれからの成長を願い、

破魔弓や羽子板を飾るという風習があります。

 

しかしこの破魔弓や羽子板、一体誰が買うの?と疑問に思う方は多いです。

その子供の親が買うのか、それとも祖父母が買うべきなのか、

祖父母が買うなら母方?父方?などなど、いろいろ意見があります。

 

今回は、初正月の破魔弓や羽子板の由来や慣習をまとめていますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

実際のところ破魔弓や羽子板はいらない、という意見もありますが、

そういう場合は代わりにどうしたら良いのか、

使い終わった破魔弓・羽子板の処分方法についても解説しています



スポンサーリンク





初正月の意味は?破魔弓や羽子板を飾るのはどうして?

初正月の由来について

初正月は、子供が生まれて初めて迎える正月のことを言います。

昔は、現代と違って衛生面や栄養面があまり整っておらず、

その上医療体制も不十分であったため、子供が無事に生まれたとしても、

そのまま大きく育つことが難しい時代でした。

悲しいことに、1歳にも満たないままに命を落としてしまうことも

珍しいことではありませんでした。

 

そのため、親や親戚、ご近所の方々は、

その子が病気にならずに元気に育つことを願いながら、

子供の成長の節目に合わせて様々なお祝いをしていました。

 

初正月はその内の一つで、

子供が生まれて、初めてお正月を迎えることができたことをお祝いする行事です。

初正月では、男の子の場合は破魔弓や破魔矢、

女の子の場合は羽子板を飾るのが慣習となっています。

 

初正月に破魔弓を飾る理由は?

初正月に飾る破魔弓には魔除けや厄除けの力があると言われています。

 

破魔弓の由来は、中国の言い伝えから来ているという説があります。

「鍾馗(しょうき)」という武人が、悪霊を弓で祓ったというものです。

このことから、弓矢には邪気を祓う力があると信じられ、

その後日本にも伝わり、弓矢を使って鬼や悪魔を祓う儀式を行うようになりました。

そして、その儀式で使っていた的のことをハマ、

矢をハマ矢、弓をハマ弓と呼んでいたのです。

 

そのうち、ハマに鬼や悪魔を祓うという意味で「破魔」という漢字が当てられるようになり、

江戸時代には、魔除けの縁起物として初正月に破魔弓を飾るようになったのです。

 

ちなみに、破魔矢には、「無患子(むくろじ)という」木の種が使われています。

文字通り、「子が患わ無い」という無病息災のお守りとしての効果があります。

 

初正月に羽子板を飾る理由は?

初正月に飾る羽子板にも、無病息災の力があります。

 

羽子板で遊んだことがあるという方は、最近では少なくなってしまったと思いますが、

その由来は奈良時代の「毱杖(ぎっちょう)」という遊びだと言われています。

名前の通り、杖で鞠を打ち合うホッケーのような遊びだったようですが、

そのうち羽子板で黒い玉を打ち合う遊びに変化していきました。

 

羽子板で使われている黒い玉も無患子の種で、無病息災の力があります。

また、羽根の付いた黒い玉が飛び交う様子が、

蚊を食べるトンボに似ていることから、

子供が蚊に刺されて病気にならないことを願って、羽子板遊びをしていたようです。

 

たかが蚊で、と思うかも知れませんが、

昔の人にとって蚊は病気を媒介するやっかいな対象でしたし、

現代でも、途上国では蚊による病気感染によって何人もの人が亡くなっているのです。

病気にならないように願って羽子板をするというのも、理解できますよね。



スポンサーリンク




破魔弓や羽子板は誰が買う?それともいらない?

さて、破魔弓や羽子板を飾る意味はご理解頂けたかと思いますが、

ここからは、その破魔弓や羽子板を誰が買うのかという問題に移ります。

一般的に、破魔弓や羽子板といった縁起物は、

子供の両親ではなく、両親の親御さんが用意するのが一般的です。

 

ただ、ネットで調べて見ると「母方の実家が用意する」、「父方の実家が用意する」

「両方の実家で折半する」などなど色んな意見があり、

結局誰が買うのが良いのかよくわからなくなってしまうこともあります。

 

ここでは、破魔弓や羽子板を贈るようになった由来から、

誰が買うのが一般的と言われているのかを解説していきます。

 

ただ、最終的には各家庭の方針に従うしかありませんし、

誰が買うにしても、縁起物の力には関係ありませんので、安心してください。

 

一般的にお祝い事の飾り物は「母方のご両親」が買う

「お嫁に行く」という言葉がありますが、

昔は、お嫁さんのご両親は嫁ぎ先の親御さんに遠慮して、

なかなか子供や孫に会いに行くことができませんでした。

そのため、子供や孫の成長の様子を確認に行くきっかけの一つとして、

子供の成長を祝う節句などの折に、お祝い品を準備して贈るようになったのです。

 

このような時代の背景があるため、

現代でも母方のご両親が用意するのが一般的とされています。

ただ、婿に行った場合には、

逆に父方のご両親が贈ることになります。

 

破魔弓や羽子板はいらない?

最近では、破魔弓や羽子板は別にいらない、という家庭も増えています。

厄除けや無病息災の縁起物として、確かに大事な風習ではありますが、

実際に飾るスペースや処分の手間などを考えた時に、

「羽子板はいらないから、代わりにお祝い金を」という意見も多いのです。

 

子供の祖父母から贈られることが多いので、

直接いらないとは言いにくいということもあるかと思いますが、

「最近は用意しない家も珍しくない」とそれとなく伝えてみるのも良いでしょう。

 

ちなみに、初正月のお祝いを現金で渡す場合の相場は、

2万円~5万円と、だいたい破魔弓・羽子板の相場くらいです。

もし破魔弓・羽子板はいらないと言われた場合には、

そのくらいの金額を包み、「祝 初正月」と熨斗に記載して贈ると良いでしょう。

 

破魔弓 久月 維新 8号

幅22cm×奥行き18cm×高さ38cmの破魔弓です。

ケース入りなので掃除などのお手入れも簡単で、

収納時も安全に保管することができます。

 

また、破魔弓を購入すると

もれなく子供の名前と生年月日を手書きした

特性の名入れ木札を1枚プレゼントされます。

並べておくと箔が付きますよ。

 

羽子板 匠一好作 コンパクト 六面ガラスケース

日本画の美人画を模範した、優しげな表情と気品高い情感をかもしだす顔が特徴です。

子供の無病息災と、気品高く育つ願いを込めて飾ってください。

マホガニー塗り半つや消し仕様の精巧な作りは

文部大臣賞を受賞したこともあるほどです。

六面のガラスケースに入っているので、何年もそのままに保管することができます。

レーザーカット技法で作成される名前札も付いてきますよ。



スポンサーリンク




関連記事:受験生は初詣に行くべき?行かない?東京の合格祈願で有名な神社は?

破魔弓・羽子板のお返しは必要?処分方法はどうする?

子どもの成長に対する祝い事へのお返しは不要

破魔弓や羽子板を頂いたとき、

そのお返しをどうしようかと考えることもあると思いますが、

基本的にお返しは不要です。

 

贈って頂いたときに、きちんとお礼を伝えればそれで良いです。

できれば、子供を交えて両親と一緒に食事をする、写真をとるなど、

子供と過ごす機会を設けてあげるとより良いかと思います。

 

両親が遠方の場合には、贈って貰った破魔弓や羽子板と子供を一緒に写した写真と

お礼の手紙を送るなどしてみると良いでしょう。

関連記事:年賀状は捨てる?捨てない?捨てるタイミングや捨て方を詳しく解説!

 

破魔弓・羽子板の処分方法はどうする?

破魔弓や羽子板は、一般的に12月中頃から飾り始め、

小初月の1月15日に一度片付けることが多いです。

初正月の場合は1月末頃まで飾っていても良いとされていますし、

その後の桃の節句や端午の節句に再び飾るのも良いです。

 

破魔弓や羽子板の役目は、子供が15歳になると終わると言われており、

その後は処分することになります。

ちなみに、お下がりで下の子の分として使うというのは、NGです。

破魔弓や羽子板の厄除けは、贈られた子供の身代わりとして発揮します。

役目を終えた破魔弓や羽子板を、別の子供の厄除けとして使うことはできません。

 

破魔弓・羽子板を処分するときは、寺社で供養してもらうと良いでしょう。

近くの神社やお寺で供養を受け付けている場所があれば、

持参して、いくらかの費用を払えば供養してもらえます。

 

また、自治体のごみとして捨てるという処分方法もあります。

破魔弓や羽子板を普通のごみとして捨てることに抵抗がない方であれば、

寺社で供養してもらうよりも安く、簡単に処分することができます。



スポンサーリンク




関連記事:正月はいつまで?挨拶・飾り・休みの期間・年賀状はいつまでなの?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

破魔弓・羽子板は子供の厄除けや無病息災を願うための縁起物です。

初正月から15歳になるまで飾るので、

買うときはケース入りのものを選ぶと、最後まで綺麗に飾ることができますよ。

 

一般的には母方の祖父母が買うことが多いですが、

物によっては10万円近くするものもありますので、

母方と父方で折半したりすることも珍しいことではありません。

もし子供の両親がいらないと考えているなら、

破魔弓や羽子板の代わりにお祝い金を用意するという方法もあります。

 

役目を終えた破魔弓や羽子板は、

これまで子供を無事に守ってくれたお礼も込めて、

近くの寺社で供養して貰うと良いでしょう。



スポンサーリンク